新古今和歌集の

誰もみな涙の雨にせきかねぬ空もいかがはつれなかるべき
              藤原忠経

という歌の訳をどなたか教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

No.1さんのに補足です。



これはわかっているかな??
5・7・5・7・7でできているので区切って考えてみましょう。

誰もみな 涙の雨に せきかねぬ 空もいかがは つれなかるべき

そしてわからない単語の下に(縦書きだから横かな??)単語の訳を書いて
少しずつ訳を完成させていきましょう。

誰もみな…役が想像できますね。書いてみてください。
涙の雨に…これも想像できますね。書きましょう。
せきかねぬ…単語の意味を調べて、たぶんこれかな??という訳を書きましょう。
空もいかがは…単語の意味を調べて書きましょう。「空」はわかりますからね。
つれなかるべき…単語と助動詞「べし」(終止形)を調べます。

和歌は普通の作品より少し訳しやすいですね。
ちょっと工夫するだけで、自分で訳すことができます。
頑張って!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なアドバイスありがとうございます。
少しずつ区切って考えればいいのですね。
頑張ってみます!

お礼日時:2001/11/01 19:10

 ・せき……動詞「堰く」(せきとめる)の連用形。


 ・かね……補助動詞「かぬ」(~できない)の連用形。
 ・いかがは……反語の副詞(どうして~)。
 ・つれなかる……形容詞「つれなし」(そ知らぬふりをする)の連体形。

 あとは自分で考えましょうね。宿題ですか? 自分で考えた(あるいは、調べた)ことを示したうえで、質問するようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
もう少し自分で調べたことを示してから
質問をすればよかったのですね。
すみません。
今度から気をつけます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 19:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古今和歌集

古今和歌集の分かりやすい訳が載っているサイト無いでしょうか?自分でも探してみましたがあまり良いのに巡り合えません。お願いします。

Aベストアンサー

私は、古今和歌集の和歌を調べる場合いつもこちらの方のサイトを見ますので、ご紹介します。

参考URL:http://www.milord-club.com/Kokin/index.htm

Q文学→古今和歌集

『思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを』

現代訳
(あの人のことを)恋い慕い続けて寝たから、あの人が(夢に)見えたのだろうか。
夢だと分かっていたならば、目覚めないでいたのに。

について
和歌に含まれた『恋』について120字程度の感想を考えているのですがこの場合どう書いたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>夢だと分かっていたならば、目覚めないでいたのに。
こういう主題で感想を書くときは個人的な体験に及びそうでなかなか書きにくいですよね^^;

まあこころのままに書けばいいんでしょうが、一方的に私の感想を適当につらつら並べてみます。いい歌だから^^)
「夢だと分かっていても」という言い方ではなくて「夢だと分かっていたなら」という言い方がよく痛さを強調しているなあと思います。
現実世界が、夢に比べてさえどれだけ絶望的に感じられているのかが、よく出ていると思います。
誰かに贈った歌なんだろうと思いますが、その時の関係がそこそこうまくいってたら「やっぱりこの人すごいなあ」と惚れ直すんじゃないでしょうか。破局寸前なら呑気にこんな歌贈ってないだろうし。

Q新古今和歌集の現代語訳付きの原文を探しています

初めまして。
よろしくお願いいたします。
新古今和歌集を読破したいと考えているのですが、
原文だけのものだと心もとないので、原文と現代語訳の両方が載っている書籍を探しています。
できれば、文庫がありがたいです。
もし、ご存知の方がおられれば、ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

補足を有難うございます、#1です。

そういえばあったような・・・と、昨晩、積読本をごそごそやっていたら、岩波文庫の「新訂 新古今和歌集」を見つけました。買ったはいいものの、どうもそそらないなぁ~と、開けてもいなかったのですが・・・パラパラめくってみると全巻掲載されていますし、注程度の語訳と注釈が載っています。先にオススメしたものに比べるとあっさりした内容になっていますが、その分「言葉」をしみじみ味わうにはこちらが良いかなぁ~と言う印象です。食わず嫌いして損したみたい(笑)私も今から読んでみたいと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003010116/qid%3D1117590615/249-4204841-5405123

Q古今和歌集の歌の意味が知りたいのです。

古今和歌集11巻 548 
秋の田の ほのうえをてらす いなづまの 光のまにも 我やわするる 
(読み人しらず)    

の歌の意味を教えていただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「秋の田の稲穂を照らし出すいなびかりの光はほんの一瞬の間のものですが、その一瞬の短い間もわたくしがあの人への恋の思いを忘れましょうか」
(新古典文学大系版の校注による)

「我やわするる」は疑問の形をとった反語で、
「いえ、決して忘れるはずなどないでしょう?」
の意味がこめられています。

Q新古今集の藤原清輔の歌

新古今集の藤原清輔の歌、

薄霧のまがきの花の朝じめり秋は夕べとたれかいひけむ

の意味を教えてください。

風姿花伝にも引用されている歌です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「    崇徳院に百首奉りける時      清輔朝臣
 薄霧の まがきの花の 朝じめり 秋は夕べと たれかいひけん」

という歌ですね。
訳は「薄霧の漂うまがきに咲いている花の朝湿りの素晴らしさよ。秋は夕暮れが趣深いとは、誰が言ったのだろうか。」

となります。
『枕草子』の冒頭「春は曙~」から連想してこの和歌を作ったようです。
でも別に「秋は夕暮れ」の趣を否定しているわけではないところが、良い歌とされている所以だと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報