邪馬台国畿内説では、「三角縁神獣鏡は魏より邪馬台国に対して特別に作られた鏡のために中国国内では発見されない」との考え方があったと思います。当時の魏において特別の鏡を作って邪馬台国以外に周辺の国に与えたような史実があるのでしょうか ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

砂金」に関するQ&A: 砂金について

A 回答 (5件)

私が聞いた(読んだ)ことのある唯一の例が、下の参考URLにある「モンゴルで特注品と思われる鏡が見つかっている」という意見です。

それがいつの時代の話なのか(筋からすれば魏だろうが)、どうして中国製と判断したのか、どれくらい見つかっているのか、などについては、申し訳ありませんが、私は全然知りません。

勿論、「モンゴルで特注品と考えられる鏡が見つかった」という事は、下の参考URLでも「そういう例がないわけではない」といっているように、「三角縁神獣鏡=魏鏡(特注品)」という仮説が、「他に例が無い」という理由では否定されない、という事にすぎません。ですから、「三角縁神獣鏡=魏鏡」仮説を積極的に支持するには、別の理由が必要ですよね。
いうまでもなく、「三角縁神獣鏡=例の銅鏡百枚」という仮説は、更に別の理由が必要でしょう。

白状すると、「特注品仮説」のように、新たな発見が無い限りは答えがでそうもない(だって、「特注品仮説」って、成立しない事を論証するのは、事実上不可能ですから)事を延々とやっているのに、ちょっと嫌気がさして、最近は真面目に「邪馬台国がらみ」の本とか読まなくなってしまいました。その程度の人間の書いている事なので、「自信なし」としました。

参考URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~k-salt/bbs0001/bbs/5 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。教えていただいたURLを見ていたら何か疲れてしまいました。tiuhtiさんの気持ちに近くなってしまいそうです。

お礼日時:2001/11/09 19:31

こんばんは。


こう言う分野に、私も注目してます。
tiuhtiさんの仰る通り、
>「三角縁神獣鏡=例の銅鏡百枚」という仮説は、更に別の理由が必要でしょう
は、同感です。
>「三角縁神獣鏡=魏鏡(特注品)」という仮説が、「他に例が無い」という理由では否定されない
と言う事は、確かです。

だからと言って、突拍子な回答もできませんし。『教科書どおりの回答』では自信有りで、私的な意見としては自信なしです。

この邪馬台国がらみの話、「百人考古学者がいれば、百通りの説がある」、考古学の鬼門です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。だからこそ興味は尽きないのですが・・・
何度も回答をいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2002/05/20 23:41

ご返事有難うございます。



hableさんの申しています通り、官僚たちや、周囲の有力者を説得する理由が、魏の曹操の時代からありました。
それはやはり”不老長寿伝説”に関係があり、魏の曹操以来歴代の皇帝が、委国を不死伝説の島と思いこんでいた記述があります。その国の、巫女である、卑弥呼に何らかの羨望の意が有ったのかもしれません。

三国志魏志の中に、『滄海詩』と言う武帝の詩があります。直接、委国は指していませんが、偈石山から東海を望み、感慨を述べた詩が載っています。
その孫が明帝が、銅鏡を卑弥呼に与えるのですが、委国のみすぼらしい遣いに、”遥か遠い委国から・・・甚だ哀れ・・・”と、わざわざ言った事がのってます。
どうも、一連の「魏志」を読んで来ると、歴代皇帝が、委国に楽園伝説を抱いていたことが解ります。

ぜひお読みになるなら、「三国志」その中でも”魏志”の原文にチャレンジしてみては、いかがでしょか。
歴史家の偏見が挟まれていないものが、最も良いと思います。

参考になさって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「三国志」・・・いつかはチャレンジをしてみたいと思います。いろいろ教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 18:48

三角縁神獣鏡は、畿内説に係わらず、邪馬台国が魏国朝貢にさいして贈られた鏡です。

日本国内からしか発見されていません。

当時の東アジアは、政情が非常に複雑でした。高句麗を抑止するために、楽浪郡を置いたのは有名ですよね。でも、朝鮮半島は、馬韓、辰韓、弁韓などの小国は、常に権勢しあっていたと言われています。
また、黒龍江付近の砂金の権力を背景にした、ツングースカ族の軍事的圧力もあったと言われています。
その方面から見れば、やはり邪馬台国のような後進国でも、軍事的パートナーとして、非常に重要でした。

そこで、特別扱いで、特に卑弥呼がシャーマンだったと言う事で、「鏡」が最もふさわしいと考えました。また、当時、青銅の需要を大陸に頼っていた事もあり、青銅鏡が与えられたのです。
魏から贈られた「三角縁神獣鏡」には、魏国文帝の黄初四年、明帝の景初二年のものと、その子、少帝の正始元年、正始五年のものが有ります。
実際には、日本国内で発掘された、魏国産と刻まれている鏡は230枚以上ありますが、上記の年号のものが本物で、その他の物は、邪馬台国周辺の小国家が、魏にあやかって作った、彷製鏡(模造鏡)でわないかと言われています。

なお、特別あつらえでしたが、景初二年に邪馬台国の難斗米が使者として、魏を朝貢しましたが、黄初四年はそれ以前のものですから、当時すでに有った、「三角縁神獣鏡」で間に合わず、追加発注の形で、足りない分は後から楽浪郡へ届けさせたといいます。当時、鏡100枚は、大国魏にしても相当の出費でしたので、生産もまにあず、あった三角縁神獣鏡を全て与えたのではないかと言うかたもいます。

ただ、『魏志』は、写本によって誤字、誤写が多いことで有名で、それが邪馬台国論議を複雑にしています。
また、発見される鏡が「大阪・黄金塚古墳」の三角縁神獣鏡のように、古墳時代になってから、古墳に埋葬者と共に発見されるので、支配階級の特権者が世襲的に保存継承していたとも言います。

ですが、最近は、これらの全ての三角縁神獣鏡が、全て国内で生産された説を有力視する動きもあります。

ごめんなさいね。厳しい質問のし方を要求しました。ですが、様々な見方をする方々がいますので、すこし絞り込んだ質問をお願いしました。

ですが、「三角縁神獣鏡」が今のところ日本でしか発見されていないのは事実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。魏の周辺諸国には邪馬台国以外にはそのような史実は見つかっていないと理解しました。
当時の魏がどのくらい官僚制度が確立されていたかわかりませんが、もしかなり確立されていたら前例の無い事をするのにはそれなりの抵抗があったのではないかと推測します。そのようなことを示唆する文献でもあれば又面白いのですが・・・

お礼日時:2001/11/02 19:45

>当時の魏において特別の鏡を作って邪馬台国以外に周辺の国に与えたような・・



とございますが、周辺の国とは、「魏の中国周辺の諸国」のことか、
「邪馬台国周辺の委国の中の諸小国」のことかな?
結構、デリケートな回答が必要ですので、補足願います。

この回答への補足

周辺の国は「魏の中国周辺の諸国」のことです。宜しくお願いいたします。

補足日時:2001/11/01 16:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

砂金」に関するQ&A: 北海道で子供向きな場所

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスイマセン!カーラジオでニュース、邪馬台国の畿内説に有力な発見。

素朴な疑問(考古学ファンってどんな人)?

四国に行ってましたが、車中のニュースで、邪馬台国・畿内説・卑弥呼の宮殿跡発見とか決定的な証拠etcと熱心な解説、しかも発掘現場には今日だけで3,600人、明日の予想は5,000人が集まるとか言ってました。


研究者や考古学ファンの方には申し訳ないですが、田んぼや畑を掘り起こし、殆ど手作業で木片や穴を探し、出土品を求めておられます。
そして、現場の説明会となれば、雨の中、交通の便も悪く足場も悪い所へ多勢のファンが集まっておられるシーンを見聞しました。


私は、鎌倉以降の歴史・人物・忠臣忠孝の物語には非常に興味がありますが、誠に恥ずかしいのですが・・・神話の世界or実在や心理描写の具体的な印象が無い考古学の世界は良く分りません。

教科書でも魏志倭人伝等の中に少しは話が出てましたが、推理小説的に所在や存在を推理する程度しか興味はありません。
(九州でも畿内でも、どちらに有っても居ても良いと思うし、推理小説的な興味しかない私には学説&研究についてチンプンカンプンです。)


そこで質問は、熱心な研究者の皆様には誠に失礼な事かもしれませんが・・・

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?

◇発掘現場や現地説明会の開催情報収集と参加資格、同好会的な団体があるのでしょうか、実際に見学会には、どんな内容や面白さがあるのでしょうか?

◇考古学で注目の研究やミステリーのテーマーには、今、どんな人物・事件・対象があるのでしょうか?

お分かりになる部分だけで宜しいので、不勉強な私が厚かましい申し出で誠に恐縮ですが、何卒、よろしく教えて頂けませんでしょうか・・・。
お願い申し上げます。

素朴な疑問(考古学ファンってどんな人)?

四国に行ってましたが、車中のニュースで、邪馬台国・畿内説・卑弥呼の宮殿跡発見とか決定的な証拠etcと熱心な解説、しかも発掘現場には今日だけで3,600人、明日の予想は5,000人が集まるとか言ってました。


研究者や考古学ファンの方には申し訳ないですが、田んぼや畑を掘り起こし、殆ど手作業で木片や穴を探し、出土品を求めておられます。
そして、現場の説明会となれば、雨の中、交通の便も悪く足場も悪い所へ多勢のファンが集まっておられる...続きを読む

Aベストアンサー

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?
組織化されているわけではないのでなんともいえません。
学生から社会人、定年退職後の人までさまざまです。
定年退職後に地域史興味を持つためか、年齢層はやや高いかもしれません。

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?
「考古学」は、「遺跡や遺構、遺物から歴史を研究する」ので「年代」で決まるものではありません。「戦跡考古学」と呼ばれる分野では太平洋戦争中の軍事施設も「考古学」の対象です。
「歴史学」の一分野なので、化石などは「古生物学、人類学」になります。

◇発掘現場や現地説明会の開催情報収集と参加資格
新聞や地元広報誌です。参加資格はありません。
発掘調査は全国で年間1万件弱ありますが、大半は開発に先立って行われるため、見学することができないものもあります。
地元の教育委員会文化財部局に問い合わせるのが一番です。

◇同好会的な団体があるのでしょうか
研究者による専門的研究会からアマチュアによる同好会もあります。

◇見学会には、どんな内容や面白さがあるのでしょうか?
日本の場合、遺跡の多くが地下にあるため、発掘調査が終わると埋め戻されて保存するしかないので発掘調査見学会が実物を見られる唯一の機会である場合が少なくありません。また開発に先立つ発掘調査の場合は、調査後には遺跡が破壊されてしまいます。
それ故に見学会には多くの人がくることになります。

◇考古学で注目の研究やミステリーのテーマーには、今、どんな人物・事件・対象があるのでしょうか?
遺跡を発掘調査した結果からさまざまな歴史的事実を研究し、その結果として人物や事件などが解明されることはありますが、そのために考古学研究するというわけではありません。

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?
組織化されているわけではないのでなんともいえません。
学生から社会人、定年退職後の人までさまざまです。
定年退職後に地域史興味を持つためか、年齢層はやや高いかもしれません。

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?
「考古学」は、「遺跡や遺構、遺物から歴史を研究する」ので「年代」で決まるものではありません。「戦跡考古学」と呼ばれる分野では太平洋戦争中の軍事施設も「考古学」の...続きを読む

Q邪馬台国の徳島説。地元が徳島なんですが、邪馬台国は近畿や九州でもなく徳

邪馬台国の徳島説。地元が徳島なんですが、邪馬台国は近畿や九州でもなく徳島県であると言う説を聞きました。なんとなく信じられないのですが、一体、何が根拠でなんでしょうか?

Aベストアンサー

>一体、何が根拠でなんでしょうか?

皆さんの回答通り、邪馬台国は日本全国に存在します。
有力な説としての「近畿説」では、魏志倭人伝の記述は「途中で方位が狂っている」事を前提として近畿に落ち着いています。
魏志倭人伝の記述通りに進むと、奄美諸島・琉球列島に至りますからね。

では、徳島説というより「四国=邪馬台国」とする説がありますね。
説を述べている方によると「魏志倭人伝(大宰府天満宮所蔵)には、倭地絶在海中州島山と邪馬台国の所在地が書いている」との事が発端らしいですね。
彼(大杉博)が出版した「四国は死国にされていた」(自費出版)「邪馬台国の結論は四国山頂説だ」(たま出版)に、詳しく載っています。
興味があれば、ご購読下さい。

まぁ、邪馬台国に関しては、色んな方が色んな主張を述べているのが面白いですね。出版物も多いです。
質問者様がお住まいの徳島県剣山山麓(旧三好町?)には「邪馬台国四国宣言書」の看板が立っているようです。

徳島は歴史的に面白い土地ですよね。
平家の落人伝説。源平安徳天皇生存説。足利尊氏の子孫である阿波公方(直系子孫は、現在京都在住)。犬神伝説。子泣き爺伝説・・・。
時間があれば、散策したいです。

>一体、何が根拠でなんでしょうか?

皆さんの回答通り、邪馬台国は日本全国に存在します。
有力な説としての「近畿説」では、魏志倭人伝の記述は「途中で方位が狂っている」事を前提として近畿に落ち着いています。
魏志倭人伝の記述通りに進むと、奄美諸島・琉球列島に至りますからね。

では、徳島説というより「四国=邪馬台国」とする説がありますね。
説を述べている方によると「魏志倭人伝(大宰府天満宮所蔵)には、倭地絶在海中州島山と邪馬台国の所在地が書いている」との事が発端らしいですね。
彼(...続きを読む

Q三角縁神獣鏡

三角縁神獣鏡は中国大陸では発掘されていないと聞いていますが本当でしょうか?又、銅鏡を作成するに際して三角縁にすることが製造上何か合理性はあるのでしょうか?どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

本当です。すべては日本国内で出土しており、中国大陸では
1枚も出ていません。

こちらなど参考にして下さい。
「三角縁神獣鏡」で検索すると、たくさん引っかかりますが。

参考URL:http://yamatai.cside.com/tousennsetu/sinnzyuukyou.htm

Q画文帯四仏四獣鏡は古墳時代の仏教徒が作った物?

5世紀頃の副葬品と言われていますが
日本で造られた物なのでしょうか?
3、4世紀以前の物は存在しないのでしょうか?
それともこれは渡来品ですか?

Aベストアンサー

ここにある説明では、日本で製造したコピー品があるような説明になっています。
http://www.iida-museum.org/cgi-bin/bunkazai/weblib.cgi?mode=read&indx=&class=&word=%89%E6%95%B6%91%D1%8El%95%A7%8El%8Fb%8B%BE&cond=%91S%82%C4%82%CC%8F%F0%8C%8F%82%F0%8A%DC%82%DE&page=0&view=1
「本鏡と共通したものに河内国金剛輪寺伝来の一面(現京都国立博物館蔵)がある。本鏡は大和王権による配布鏡である可能性が強く、当地方の重要度を物語る資料といえる。」
http://www.museum.city.nagoya.jp/siryohokan03.html
「この故宮鏡は、大須二子山古墳、千葉県鶴巻塚(つるまきづか)古墳と岡山県王墓山(おうぼさん)古墳の、3面の画文帯仏獣鏡と同型の鏡の可能性が高い。同型の鏡というのは、もとになる1面の鏡から型取りして複数の鋳型(いがた)を作り、その各鋳型で鏡を鋳造する。もとが同じ鏡だから、文様や銘文、傷までそっくりな鏡ができる。」
 
コピーは、原型を使って作るので、原型ができた後で造られたことになり、
 
http://www.emuseum.jp/detail/101143?d_lang=ja&s_lang=ja&word=&class=10&title=&c_e=&region=&era=&cptype=&owner=&pos=1&num=5&mode=detail&century=
「文様や図像からみて、原鏡は4世紀頃に中国で製作されたと考えられる。しかし、日本出土品は、いずれも原鏡を粘土などに押しつけて鋳型を作り鋳造した踏返し鏡で、確認できる例は5~6世紀の古墳から出土しているので、その製作年代は5世紀以降に下ると考えられる。」
 
また、模様から考えて、道教、神仙思想、仏教の混淆したもので中国の当時の宗教事情を反映していて、原型を造ったヒトは、いわゆる仏教専門の信者や仏教専門の帰依者などではないでしょう。
 
日本では、王権あるいは有力部族が地方勢力を勢力下にしたときに、権力・権威の証し・ステータスシンボルとして配布したもので、いわゆる宗教とは関係がないと考えても良いと思います。 中国や朝鮮からまだ経典がきて、専門の僧が宗教儀式を行うようなことは、この時代の日本にはなかったでしょう。 中国、朝鮮から高度な技術や品物と技術者、有力者が日本にたくさん渡来しましたから、そうした人が自分の信仰や宗教的儀礼を持ってきたことはあるはずです。
日本への仏教の公の伝来は6世紀です。(上記の状況では、それ以前に、個人的に持ち込んだ道教、神仙思想、仏教はあったでしょう)
四獣鏡という名前からもわかるように、もともと、中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣で本来は仏教とは無関係で、後に中国に仏教が伝わったときに、それも取り込んで新たな中国式神仏混淆の宗教になったものです。 鏡を重視するのもそのためです。(仏教には関係ないです)

ここにある説明では、日本で製造したコピー品があるような説明になっています。
http://www.iida-museum.org/cgi-bin/bunkazai/weblib.cgi?mode=read&indx=&class=&word=%89%E6%95%B6%91%D1%8El%95%A7%8El%8Fb%8B%BE&cond=%91S%82%C4%82%CC%8F%F0%8C%8F%82%F0%8A%DC%82%DE&page=0&view=1
「本鏡と共通したものに河内国金剛輪寺伝来の一面(現京都国立博物館蔵)がある。本鏡は大和王権による配布鏡である可能性が強く、当地方の重要度を物語る資料といえる。」
http://www.museum.city.nagoya.jp/siryohokan03.htm...続きを読む

Q邪馬台国九州説は、どうしてこうも往生際が悪いのか。

邪馬台国九州説は、どうしてこうも往生際が悪いのか。

邪馬台国九州説を唱える人たちは、どうしてこうも往生際が悪いんでしょうねぇ。
最近次々と発見された新証拠によって、邪馬台国は畿内説でもはや間違いないのです。
マキムク遺跡が邪馬台国で、箸墓古墳が卑弥呼の墓。卑弥呼=モモソ姫でもう確定なのですよ。

それを何をいまさら、九州説など唱えているのでしょうか。
じつに往生際が悪い。いい加減に負けを認めたらどうです。
フッフッフッ

Aベストアンサー

C14年代測定法や中国歴代史書からは、近畿説は成立しませんから、九州説はなくなりませんねぇ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報