図書をデータベース化して書名、著者等で索引できるようにする方法又はソフトを
知りたい。
可能ならば書名、著者には中国文字を使用したい。PC上では使用してます。
分類等は適宜考えますので、基本のデータベース化についてお教えを。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

図書をデータベースにするのでしたら、ファイルメーカーPROがお勧めです。


アクセスでも良いんですが、構築がわりと手間がかかります、又テキスト系に強いので良いかと思います。
素人でも簡単にデータベースが出来ます。

この回答への補足

ご連絡謝謝!
「ファイルメーカーPRO」というのがソフト名ということでしょうか。
通常ソフトを売っている電気店店頭等で手に入りやすい一般的なソフトでしょか。
若しそうでなければ恐縮ですが、販売会社等教えていただければ幸いです。
多くもない中国語蔵書を個人で、しかも、ど素人が、索引で利用できるようにして
皆さんの役に立てようという意図ですから、索引さえできればいいということで簡単な程助かります。ご面倒掛けます。よろしくご教示の程お願いします。

補足日時:2001/11/01 18:53
    • good
    • 0

正直細かい状況がわかりませんが、お勤め先の資料室の


データベース化を考えていらっしゃるのですか?(会社・自宅・学校等)

蔵書冊数が何冊(和書・洋書の冊数等)や
データを何から作るのか(台帳・現物の本・目録等)等を
書いていただいた方がレスつきやすいのではないでしょうか。

勤務先等の場合、「ファイルメーカー」や「Access」にて
データベース化してもし担当の方が異動したら
そのシステムは誰もわからなくなってしまう可能性も
ありますよね。そのあたりも考慮する必要があるかと思います。
(詳しい方がいるのならかまわないと思いますが、
もしいらっしゃれば既に聞いてますよね。)


各メーカーから図書管理ソフトが販売されています。
そうゆうソフトを検討なさるのも良いと思いますし、
中国語のフォントやデータの作成等アドバイスして
くれるのではないでしょうか?
YAHOOやgooにて検索すればいくつか出てくるでしょう。
とりあえず、カタログでも請求なさってはいかがですか?


個人的には中国語のデータを入力しておいても
一般の方(日本人)が検索できるのかなとも思います(笑)

ひょっとしたら、ヨミから検索できるのかもしれませんが。



ファイルメーカーPROは普通の電気屋ではわかりませんが
ちょっとしたパソコンショップには置いてあると思いますよ。


がんばって!

参考URL:http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%BF%DE%BD …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産目録の書き方について

今回、調停を申し立てました。
調べのつく通帳などの財産は少ないのですぐにわかり目録を提出できました。
しかし、車や電話番号などの財産を提出するのを忘れていたのですが、通帳などと同じように目録に電話番号だったら03××××…と書いたものを出し、車だったらワゴン車2台とか簡単な書き方で宜しいのでしょうか?

わかりずらくて申し訳ありません。
正しい書き方があるのでしょうか?

Aベストアンサー

特定しなければならないです。
「ワゴン車2台」では、万一、そのワゴン車が入れ替われば、わからなくなります。
従って、社名、車種、登録番号、型式など必要です。
電話ならば、東日本電信電話株式会社、電話番号などです。

Qデータベースの索引

oracle masterの問題関連で質問があります。
一般的にデータベースで
CREATE INDEX myind ON mytbl(a,b,c)
と索引を作成した場合に
SELECT a FROM mytbl ORDER BY a;
この場合myindの索引は使用されるのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。

>ご指摘の通りorder byでは索引されないのですね。
私はそんなことはいっていませんよ。
参考URLはご覧になりましたか?

こちらの「Order By句の使用」のところにも同様のことが書かれています。
http://www.int21.co.jp/pcdn/oracle/article/optimizer.html

「Order By句では、表にNot Null指定されてる場合に限り索引が使用されます」
ということではないですか?
今、手許にOracleがないのでテストしていませんので自信ありとはしませんが。

参考URL:http://www.int21.co.jp/pcdn/oracle/article/optimizer.html

Q目録の書き方をご教授お願いします

友人の結婚祝いに有志でプレゼントを贈ります。

そこで、目録を添えて祝いの品を送りたいのですが、その目録の体裁といい文言といい、どうもパッとしません。

もし、参考になるような文言や書き方を紹介しているサイトなどがありましたら、ご教授をお願いします。

Aベストアンサー

私も以前、PTAの寄贈品の目録を作るときに
役に立ったサイトですが・・・
oosakiさんが思い描いてるような目録って
↓こんな感じのですか?

参考URL:http://www.sanei-web.com/hude/catalog/hude011.html

Qcsvデータをデータベース化

現在あるcsvデータを保存しているんですがそれをLinuxサーバでデータベース化させたいです・・・

どのような方法をとればいいでしょうか?
OSはとりあえずRedhat,DataBaseのほうは使ったことはないですがPostageSQL・MySQLはもちろん使用でき、もしかしたらOracleも使用可能かと・・・

ちなみに新しく構築するLinuxServerは、csvのデータを保存してあるサーバーと隔離するためにメール受信になると思います。(SMTPなら問題が少ないと思うので・・・)

このような状況でデータを蓄積させたいのですが・・・

アドバイスよろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

こんにちわ。

Oracle を使うのであれば、Oracle9i から外部の
テキストデータを読取り専用の表としてアクセスできる
ようになりました。 (外部表)
更新も索引定義もできませんが、外部表を経由して
一般の表にデータを登録すれば簡単にデータの移行
ができます。
ユーザ登録 (無料) が必要ですが、OTN Japan に
情報がありますので、Oracle を使う場合はこちらで
情報を集めてみては如何でしょうか?

参考URL:http://otn.oracle.co.jp/

Q目録カードの書き方がよく分かる本

図書館司書の勉強をしているのですが、目録カードの書き方がよく分かりません。
大学で使っているテキストは、説明文と演習問題(回答無し)だけで、記入例がほとんど載っていないので、分かりづらいです。
実際の記入例がたくさん載っている本を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。大学で資料組織法を教えています。
確かに,記入例の多い本はあまり見かけなくなりましたね。

昔は,日本図書館協会が自ら,標題紙や奥付のコピーとカードの実例が抱負に載った本を出したりしていたのですが。
(NCR87に従って書誌事項を書いておきます。)

日本目録規則1965年版実例集 : 岩淵泰郎編さん
東京 : 日本図書館協会, 1971
179p ; 27cm
¥2000
(標目指示は省略)

大学図書館などではもしかしたら所蔵しているかも知れません(NACSIS Webcatでみたら所蔵館数117と出ました)。
ただし,NCRの1965年版は基本記入方式ですので,現在の目録規則とは根本的な発想が違いますし,ISBD区切り記号も使われていません。
勤務予定の図書館(おめでとうございます)が,今日でも1965年版に従っているというのなら別ですが,そうでなければ,初心者は下手に見てしまうと混乱するかも知れません。

おそらく,いま学習中の目録規則は,1987年版改訂2版ですよね? だとすると,少なくとも1987年版改訂版に準拠したテキストを見るのがよいでしょう。
(改訂版と改訂2版との大きな違いは,第9章・電子資料の扱いですので,図書などに関してはほぼ同じと考えてかまいません。)

その条件を満たす本で,記入例が多いものをいくつか挙げてみましょう。

いわゆる司書課程に準拠したテキストシリーズのなかでは,

資料組織演習 : 吉田憲一編
東京 : 日本図書館協会, 1998
(JLA図書館情報学テキストシリーズ : 10)
ISBN4-8204-9725-1 : ¥1800

が比較的説明が丁寧です。しかし,標題紙や奥付のコピーは演習問題としてはたくさん出てくるのですが,解説文のところにはあまり出てきませんね。

それ以外では,

資料組織法 / 志保田務,高鷲忠美著. - 第4版 
東京 : 第一法規, 2000
ISBN4-474-00603-8 : ¥2524

があります。
この本は,説明の文章についてはいささか簡潔すぎて自学自習にはあまり向かず(教室で先生が説明を補う,という使い方をするのにちょうど良い),また時には専門的だったり妙に細かいこともありますが,別冊の目録実例集が便利です。
これには,目録の実例が実際の図書の標題紙や奥付などと共に掲載されており,これがなかなか便利で現場の人に愛好者が多いようです。
(ただ,それぞれの実例について,「なぜこういう書き方をするのか」という説明はありません。)

また,

和書目録法入門 : 柴田正美編
東京 :  日本図書館協会, 1995
(図書館員選書 ; 8)
ISBN4-8204-9427-9 : 1900円

は,B6判とコンパクトな大きさながら,実際の標題紙や奥付もかなり載っており,シリーズ名の通り,現場の図書館員向けの実践的な内容が詰まっています。

これをさらに発展させ,実例を豊富にして説明も詳しくしたのが,

目録作成の技法 : 植田喜久次著
東京 : 日本図書館協会, 1992
ISBN4-8204-9209-8 : ¥2524

です。これはおすすめです!
実際に目録をとる作業をやっていて,これは悩むだろうなあ,というような例がたくさん載っており,それに対して,答えをポンと載せるだけでなく,そんなときに「どういうふうに考えて記述するか」という根拠が丁寧に説明されています。
巻末の練習問題も,すべてに回答と説明がついています。

なお,
>J-BISCは個人で買って手元に置ける値段ですか?
置けるものなら置きたいなあ。(笑)

1948-68年版が241,500円。(48年版,49年版…と分かれているわけではなく,48-68年版で一つの商品です。)
1969-83年版が378,000円。
1984-91年版が241,500円。
カレント版(1992年以降のデータを収録)はリース制で,年間契約147,000円。契約すると,年6回,新しいデータを収めたCD-ROMが届き,古いものは返します。
発売は日本図書館協会です。

なお,このほかに「J-BISC 教材版」というものもあります。
これは,J-BISCのデータのうち,1994~96年の3年分をそっくりそのまま収録したものです。
お値段は31,500円と,本物に比べるとかなり安いですが,それでも個人で買うには…
また,目録規則は「日本目録規則 新版予備版」(1977年)に準拠しているので,ISBD区切り記号は使われていません。
現在のJ-BISCでは,原則として「1987年版改訂版」を使用していますが,完全にその通りではありません。
国会図書館には「日本目録規則 1987年版 改訂版」適用細則,という独自のルールがあるのです。
たとえば,図書に関してはこちら。
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/ncr1.html

この規定をじっくり読んでいると,NCRの規定では曖昧だったり,判断に困るような事柄について,ルールを補充してあったり,注が付いていたりして,「さすがは日本中の本の目録をとっている国会図書館ならではだ」と感心させられたりします。多少専門的かも知れませんが,なかなか参考になりますので,一度ご覧下さい。

説明が長くなってしまいました。
No.3の回答者の方もおっしゃっているように,「なぜこう書くのか」と考えることが大事です。
そのためには,NCRを手元に置いて,規則本文をきちんと読んで考えるようにしましょう。
また,わからなければ,どんどん先生に(ただし目録規則に詳しそうな人に。先生によって得手不得手もありますので…)聞いてみて下さい。
勉強がんばって下さいね。

参考URL:http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/ncr1.html

こんにちは。大学で資料組織法を教えています。
確かに,記入例の多い本はあまり見かけなくなりましたね。

昔は,日本図書館協会が自ら,標題紙や奥付のコピーとカードの実例が抱負に載った本を出したりしていたのですが。
(NCR87に従って書誌事項を書いておきます。)

日本目録規則1965年版実例集 : 岩淵泰郎編さん
東京 : 日本図書館協会, 1971
179p ; 27cm
¥2000
(標目指示は省略)

大学図書館などではもしかしたら所蔵しているかも知れません(NACSIS Webcatでみたら所蔵館数11...続きを読む

Qデータベースウィンドウを表示しないで、データベースウィンドウを更新する

http://support.microsoft.com/kb/304256/ja
マイクロソフト技術情報で、RefreshDatabaseWindow メソッド は、 Access2000形式で保存されたプロジェクト(ADP)で動作しませんと出ており、データベースオブジェクトの作成、削除、または名前の変更が行われた後で、データベース ウィンドウを更新する処理が、データベースウィンドウを表示している状態でしか更新できません。データベースウィンドウが表示されていない状態で、データ入力フォームが表示されて、何かの処理がされたときにデータベースウィンドウを最新の状態に更新したい場合、何か方法をご存知の方いらっしゃいましたらご指導ください。
テーブル作成をした後、テーブルにアクセスする処理をしようとするとテーブルがないため、エラーになってしまうことがあるのですが、一時的にデータベースウィンドウを表示させてF5を押下して最新にして作成したテーブルが表示されるとエラーは発生しません。

Aベストアンサー

こんにちは、
どうしてデータベースウィンドウが表示されていてはいけないのか、わかりませんが、
処理の実行中に
画面の描画をストップさせて、データベースウィンドウ
を表示→処理→データベースウィンドウを非表示→
画面の描画をスタートさせてはいかがでしょうか。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2229389

Q贈呈目録の書き方

大学生です。
今度追い出しコンパにて後輩たちに記念品を贈るのですが、
贈呈目録の書き方が分かりません。

何か参考になるサイトなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

http://riraku7.web.fc2.com/kinenhin/mokuroku.html
http://www.warakutaya.com/kinenhin_mokuroku.html
http://www.rakuten.ne.jp/gold/orchidhills/manners/present-7.htm

何度も経験はありますが、内容はとても簡単です。
上のサイトが役に立ちます。
問題は字です。
筆で書くので字のうまい、下手はごまかせません。

QOracleでルールベースでの複合索引

数十万件のデータをバッチ処理を行っているのですが、パフォーマンスが悪く困っています。
その原因となりそうな部分について質問します。

テーブルAに複合索引を作ります。
create unique index uk_A on A(AA,AB,AC,AD);
このテーブルに検索をかけます。そのときにWhere句に書く列の順序は、パフォーマンスには関係ないのでしょうか?
select max(AD) from A where AA=1 and AB=2 and AC=3;
としたときと
select max(AD) from A where AC=3 and AB=2 and AA=1;
としたときの、パフォーマンスの違いです。

このバッチ処理の中で、Aのテーブルに多数のデータを追加するために、コストベースにはできません。また、このSQL文は、プロシージャの中で使用しています。

範囲検索の場合のことは、講習でもあったのですが、等価結合のことは出てきませんでした。

どなたかご存知の方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Oracle7.2とかの時代では、そんなこともあったかもしれませんが、現在は、賢いので、Where句に書いてある順番には、影響されません。

数十万件から、抜いた件数が、かなり多い場合、インデックスがあることが邪魔をすることがあります。
それは、インデックス自体がテーブルである関係上、ほとんどのレコードにヒットしてしまう場合は、インデックスを読む分をプラスするのと、テーブル本体を全件なめるのとでは、後者の方がいいことがあるためです。

また、相手にするレコードが多い場合、必然的にネットワークやミドルウェアが扱うデータ量が増え、Oracle自体の検索スピードより、その部分のボトルネックが影響している場合もありますので、ストアドプロシージャを使って、DB側で処理するようにすると改善する場合もあります。

Q御祝いの目録の書き方がわかりません

母の古希の御祝いに旅行をプレゼントすることになったのですが、どこへ行きたいともはっきり言わない(遠慮しているんですが)ので、目録を渡してとりあえずどこかへ旅行してもらおうと兄弟一同で決め、プレゼントを目録にして贈ることにしました。
ところで、旅行を親族にプレゼントするときの書き方をどなたか御存知ありませんか。2日後には渡さなければならないのですが。

Aベストアンサー

↓がいちばん参考になるのではと思います。

参考URL:http://www.mizuhikiya.com/howto/shugi-mokuroku.html

Qアクセスで大分類・中分類・小分類を作っています。

アクセスで大分類・中分類・小分類を作っています。

コンボボックスを連動させて,作成したのですが?

データー入力後,例えば中分類を変更しても,大分類や小分類がそのままで登録されてしまうのです。

それではダメですよね・・・

その部分がデータとしてあっていればいいのですが,違うければ弾いて欲しいやり方を

ご教示していただきたいのです。。。

ちなみに!

大分類に SELECT DISTINCT 配置署所 FROM ボンベ管理クエリ;

中分類に SELECT DISTINCT 署所記号番号 FROM ボンベ管理クエリ WHERE 配置署所=[大分類];


小分類に SELECT [ボンベID], [容器記号番号] FROM ボンベ管理クエリ WHERE 配置署所=[大分類] AND 署所記号番号=[中分類];


中分類と小分類には,イベントとして

Private Sub 小分類_Enter()
Me.小分類.Requery
End Sub

を書き込んでいます。

  ※ この質問をする場合のカテゴリ選択のようにしたいのです・・・・

ぜひどうかよろしくお願いします。

アクセスで大分類・中分類・小分類を作っています。

コンボボックスを連動させて,作成したのですが?

データー入力後,例えば中分類を変更しても,大分類や小分類がそのままで登録されてしまうのです。

それではダメですよね・・・

その部分がデータとしてあっていればいいのですが,違うければ弾いて欲しいやり方を

ご教示していただきたいのです。。。

ちなみに!

大分類に SELECT DISTINCT 配置署所 FROM ボンベ管理クエリ;

中分類に SELECT DISTINCT 署所記号番号 FROM ボンベ管理クエリ W...続きを読む

Aベストアンサー

そのフォームは単票でしょうか。
帳票なら以下の方法ではできません(コントロールを重ねないと不可能だと思います。)

現状のフォームをコピーし、コピーした方で動作確認してみます。
レコードが更新されても良いようにバックアップは取っておきます。

コピーした方のフォームに記述してあるイベント関係のものをすべて削除し、
以下の記述と置き換えてみます。

Private Function EnterCheck()
  Dim vN As Variant
  Dim i As Long, j As Long

  vN = Array("大分類", "中分類", "小分類")
  For i = LBound(vN) To UBound(vN)
    If (Me.ActiveControl Is Me(vN(i))) Then
      For j = LBound(vN) To i - 1
        If (IsNull(Me(vN(j)))) Then
          Me(vN(j)).SetFocus
          Exit Function
        End If
      Next
      Exit For
    End If
  Next
  With Me.ActiveControl
    .Requery
    .Dropdown
  End With
End Function

Private Function UpdateCheck()
  Dim vN As Variant
  Dim i As Long, j As Long

  vN = Array("大分類", "中分類", "小分類")
  For i = LBound(vN) To UBound(vN)
    If (Me.ActiveControl Is Me(vN(i))) Then
      For j = i + 1 To UBound(vN)
        Me(vN(j)) = Null
      Next
      If (i <> UBound(vN)) Then
        Me(vN(i + 1)).SetFocus
        Exit Function
      End If
      Exit For
    End If
  Next
End Function

Private Sub Form_Load()
  Dim vN As Variant
  Dim i As Long

  vN = Array("大分類", "中分類", "小分類")
  For i = LBound(vN) To UBound(vN)
    With Me(vN(i))
      .ValidationRule = "Is Not Null"
      .OnEnter = "=EnterCheck()"
      .AfterUpdate = "=UpdateCheck()"
    End With
  Next
End Sub

Private Sub Form_BeforeUpdate(Cancel As Integer)
  If (IsNull(Me.小分類)) Then Cancel = True
End Sub


※※ 操作は、必ず "大分類" → "中分類" → "小分類" の順であるとします。

※ Enter 時の動き
どのコンボボックスの Enter でも同じ処理を走ります。
まず、Enter になったのは「誰」を求めます。
求まったら、前操作のコンボボックスが入力されているか確認します。
値が設定されていなければ、そのコンボボックスにフォーカスを移動します。
値が設定されていれば、 Requery 後 Dropdown 表示します。

※ AfterUpdate 時の動き
どのコンボボックスの AfterUpdate でも同じ処理を走ります。
まず、AfterUpdate になったのは「誰」を求めます。
求まったら、後操作のコンボボックス値を Null に変更します。
次のコンボボックスにフォーカスを移動します。

※ フォームのオープン時
各コンボボックスに上記関数を実行する様、イベントに設定していきます。
また、入力規則に念のため Is Not Null を設定しておきます。
既に値が設定されていて、Delキー 等で削除された場合エラーとなるように・・・

※ フォームの更新前処理
コンボボックスは、必ず "大分類" → "中分類" → "小分類" の順と決めたので、
最後の Me.小分類 が Null なら Cancel = True として、更新を拒否します。

※ コンボボックス3つの処理をまとめましたが、個別に記述しても良いと思います。


※※ 検証等は十分に行ってください。また、不具合等あれば修正してください。

そのフォームは単票でしょうか。
帳票なら以下の方法ではできません(コントロールを重ねないと不可能だと思います。)

現状のフォームをコピーし、コピーした方で動作確認してみます。
レコードが更新されても良いようにバックアップは取っておきます。

コピーした方のフォームに記述してあるイベント関係のものをすべて削除し、
以下の記述と置き換えてみます。

Private Function EnterCheck()
  Dim vN As Variant
  Dim i As Long, j As Long

  vN = Array("大分類", "中分類", "小分類")
  For i...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報