テロについて漠然としか分からずいろいろな用語がでてきてもあまり分かりません
まず一つ目は、PKOとPKFの相違について。二つ目は、APECのテロ関係の共同声明について。三つ目炭素菌問題について。皆さんはどう考えますか?
どうか教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

yandhsさんこんにちは。



PKOは国連平和維持活動(Peace Keeping Operation)
PKFは国連平和維持軍(Peace-Keeping Forces)の略です。

PKOは平和的活動なので、自衛隊が支援できる。
PKFは具体的に「軍」と銘打っているので、軍を持たないという日本国憲法に
違反するので、参加できない。
・・・というのが、今の考え方のようです。

APECはその名の通り経済について話し合う場ですが、今回は
状況が状況だけに、このような内容になっても仕方ないでしょう。
実際にテロが経済を抑圧しているとも言えますので。

炭疸菌問題については、日本の対応が、あまりハッキリと見えないのが
心配ですね。
ただ、日本国民(私もですが)は炭疸菌問題については、まだまだ
他人事のように感じているように思います。

以上です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q対米テロで小泉首相の直後声明は「まずく」ありませんか?

 今朝、福田官房長官が但し書きをつけましたね。
 小泉首相の「全面的に支援する」でしたか?あの言葉はとても、非常にまずくありませんか?言質を取られたらどうしようもありません。各国元首がテロに対する批判に徹している中で他に言いようもあったのでは。
 問題は二つ、
1.「何に対してどこまで支援するか」という目的語が抜けているため、どのようにでも解釈されてしまうのでは?
2.国としての主体、意思を放棄するとも取れる、言葉一つで日本の対外評価をがっくり下げる言葉ではないのでしょうか?
 常に2言多いといわれる私に取ってさえ、「これはまずいよ~!」と慌てさせた小泉首相の発言。本当にまずいかどうか、皆様のご意見を伺いたい。
 聞いてみたところバイト先の店長は同意見で「今はごたごたしているから誰も何もつっこまないけど、前森首相の失言と同じ。後になったら野党がいろいろ言うのでは」というものでした。

Aベストアンサー

根本的な問題として、小泉総理の発言は記者会見の場で
「今後のアメリカの対応を支持する」というものと電話会談での
「必要な援助と協力をする」というものであって、日本のマスコミに
ありがちな言葉の切り張りって感じがしますね。

さて、この事件、ここに書込みされている方は所詮アメリカのやる事
だから関係ないだろう。そんなことを言ったら日本までテロの標的に
なるじゃないかという主旨の発言が多いですね。確かに、これは
アメリカの事件です。しかし、犠牲者に日本人がいることを忘れては
ならないと思います。路上爆破テロでたまたま日本人が通りかかって
犠牲というのであれば、不運だとは思いますが、あのビルに日本企業が
入っていることはテロ組織も承知のはずです。意図的にではないにしろ
テロの標的として日本人が犠牲となったわけですから、日本の指導者で
ある小泉総理が「毅然とした対応をとることを支持する」と発言する
ことは良いことだと思います。

各国元首がまだなのに、日本が先駆けて支持表明をしたことに
「まずいよ~」と思っていらっしゃるようですが、平時は日本が国際社会で
リーダーシップをするべきだと言う人まで、いざ、事件があると各国の対応を
見て判断しなければならないとか言い出すところに本音と建て前社会だなー
って思いましたよ。むしろ、日本が先駆けて表明したことには大きな意義が
あると思います。湾岸戦争のときの対応はまさに後手、後手であり、結局
支援金だけだせばいいという結果になってしまいました。しかも、高額の
支援金を捻出したにも関わらず、クゥエートの感謝ポスターには掲載されない
馬鹿らしさ。あの頃から国際社会では行動しなければ認められないという
認識をみんなが持ちはじめましたよね。

小泉総理が即座にG8議長国であるイタリアの首相と電話会談をしたところ
をみると、アメリカが直接行動を起し、G8がそれを支えるという構図にし
日本が国際社会に貢献できる国であると示したかったのではないかと思います。
もっとも、アメリカの対応はNATOの条約発動へと移ってしまいました。
つまり、欧州の主脳はアメリカの報復攻撃に対して軍事的にも協力することに
決めたんですね。この辺がなぜアメリカの基地防衛に自衛隊を出すんだ、とか
国民の税金を何だと思ってるんだなーんて、えらい平和ボケした人がいるなって
感じですね。

もしも、小泉総理の宣言が遅れたら、アメリカ国民は「日本は冷たい国だ」
と思い国際社会は「日本はテロに甘い国だ」と判断するでしょう。その見返りに
多額の支援金を要請されるかもしれません。逆に「最初から協力するから
なんでも言ってくれ」というのはアメリカ人気質から考えると「その気持ちで
十分だ」という反応でしょう。いつも不思議なんですが、この手の批判を
する人達って仕事場などに外国人がいて、彼らと議論しているのでしょうか?

根本的な問題として、小泉総理の発言は記者会見の場で
「今後のアメリカの対応を支持する」というものと電話会談での
「必要な援助と協力をする」というものであって、日本のマスコミに
ありがちな言葉の切り張りって感じがしますね。

さて、この事件、ここに書込みされている方は所詮アメリカのやる事
だから関係ないだろう。そんなことを言ったら日本までテロの標的に
なるじゃないかという主旨の発言が多いですね。確かに、これは
アメリカの事件です。しかし、犠牲者に日本人がいることを忘れては
...続きを読む

Q自爆テロする人はどうして犯行声明や遺書を残さないのでしょうか?

ロンドンの地下鉄自爆テロがありました。
テロリストは平凡な暮しをしていたイギリス系モスリムだそうです。

テロをする人は自分の命をかけて、自分の意思を貫き通します。
しかるに、どういう理由でテロをするのかを全く主張しないというのはどういうことでしょうか?
宗教的なことが要因でしょうか。

神風特攻隊の人はほぼ全員が遺書を書いています。
家族に最後の言葉くらいは残しておきたいというのが人間の心理ですね。
自爆テロ犯は、自分のやっていることが正しいと信じているのだと思います。
だとしたら、メッセージをマスコミに流してもらった方が得策だとおもえるのですが…。

彼らの行動の指針はどこからでてきているのでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ロンドンの自爆テロについてのニュースで読んだのですが、どうも、実行犯たちは主犯に騙されたのではないか、ということです。
つまり、例えば、時限爆弾ではあるが置いてから1時間後に設定してあるからきみたちは被害を受けないなどと言われて実行した可能性が強いのだそうです。というのは、彼らは往復切符を買っていたから・・とか。帰るつもりでいたらしい、というのです。
まだ確たる証拠はないようですが。
ひょっとしたら、これを地下鉄の某駅から乗ってくる誰それに渡してほしい・・・などと、爆弾ということを知らされずに運んだ可能性もありますね。
状況証拠的には、どうも騙された可能性があるようです。
主犯が逮捕されたら真相が分かるかも知れません。

Q今まで世界で重大なサイバーテロは起こってませんよね。大規模なサイバーテロは不可能?

10年位前に インターネットを利用したサイバーテロ:
原発のシステムコンピュータに進入して原子炉を暴走させる,
米軍のシステロコンピュータに進入して核弾頭を強制発射させる,
航空管制等のシステムコンピュータに侵入して次々に航空機を強制墜落させる,
病院のシステムコンピュータに侵入して医療機器を誤作動させる
などなど
がいずれ起こるようになると噂されていた記憶がありますが

せいぜい政府機関のホームページにアダルト画像を表示させたり などのいたずら程度しか起こっていません。

9/11テロでも知ったようにアメリカを大変恨んでいるテロ組織も相変わらず多数存在するかと思います。
サイバーテロの方が手っ取り早く,重大な結果をもたらせるかと思いますが現在そのような重大なサイバーテロは全く発生していません。

結局,サイバーテロって意外と難しいのでしょうか?

せいぜいホームページのいたずら程度が精一杯??

Aベストアンサー

>10年位前に インターネットを利用したサイバーテロ:
そもそも、この前提が間違っていまして、原子炉制御だの軍用だのはインターネットに直結などしていません。
ですから、貴兄が例に出した「テロ」は起こしようがないのです。

「テロ」に近い被害を出したことは結構あります。
通称「F5攻撃」と呼ばれるものが一般的で、サーバコンピュータを故障させてネット機能を低下させるというものです。
先日は北朝鮮(?)がアメリカにコレをやり、政府機関のWebなどに被害がでています。嫌がらせの域を越えていませんが。

スパムメールも、ある意味でサイバー攻撃と言われています。

Q共同声明

共同声明

鳩山内閣は「どうせ出来ない」事をアメリカと共同声明として出したのですか?

日本国として、こんなことをして良いのですか?

日本国民として、こんな政府の存在を許しても良いのですか?

Aベストアンサー

許して良いわけないですが、次の衆院選までどうしようもないです。

せめて、参院選では、一人として民主党の立候補者を当選させないということで反抗するしかありません。

Q漠然と心配になる

品種改良して新しい品種が次から次へと出来ているが、かなり遠い未来を考えたときに、遺伝子操作によって開発された作物と同じように危機感を感じてしまう。
また、
今でこそ環境に優しい農薬などが出ているが、野生の動物が摂取する可能性も否定できない。
その頃に私達は生きていないので、「どうでも良い」と税金を払って生活していくのが普通なのだろうか?

最近は違法電波などの取締りをメディアで見ていないが、携帯電話の普及によって違法電波は減ったのだろうか?
自然からも電波は出ていると思うが、自然の電波と人工の電波同士が干渉、または、人工同士の電波が干渉して自然環境に悪影響がでることはないのだろうか?

Aベストアンサー

半世紀前にカーソン女史がのろしを上げた農薬による自然汚染問題は、その後多くの科学者によって様々な改善と分析がなされて現在に至っています。人間たちのそのような努力によって、現状として小鳥たちが絶滅するにはいたらず、いまなお人間の種としては繁栄が続いているわけでしょう。
電波と磁場の人間への影響についても様々な実験やら分析がなされており、現在では有意の悪影響はないというのがおおかたの結論になっているようです。

私個人の考えですが、人間は今60億の個体がいて、それぞれの考えも思いも異なっています。彼らの一部であれ、知性も知識もあるたくさんのひとびとがそれぞれの立場から大は宇宙からの巨大隕石の到来の可能性から、作られ続けている様々な人工物の(環境への)危険性を疑い、監視し続けている以上、人類が早晩それらのために絶滅するような可能性は(まったくないわけではないでしょうが)限りなく小さいと思っています。つまり、私は人類のそういったワールドワイドのメカニズムというか安全システムを信じているわけです。

わたしたち一般の人間は、むしろ逆に新しい人工物が人類をより幸せにする可能性の方が大きいだろうという前向きの思いを持って限りある人生を楽しんだほうがいいのではないか、と考えていますが甘いでしょうかね。

半世紀前にカーソン女史がのろしを上げた農薬による自然汚染問題は、その後多くの科学者によって様々な改善と分析がなされて現在に至っています。人間たちのそのような努力によって、現状として小鳥たちが絶滅するにはいたらず、いまなお人間の種としては繁栄が続いているわけでしょう。
電波と磁場の人間への影響についても様々な実験やら分析がなされており、現在では有意の悪影響はないというのがおおかたの結論になっているようです。

私個人の考えですが、人間は今60億の個体がいて、それぞれの考えも思い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報