最新閲覧日:

ノートPCの『PC9821NR15』について教えてください。

諸元
 ペンティアム150MHz
 TFT液晶
 16MBメモリー
 CDROMドライブ搭載
 FDドライブ取り付け可能

『このPCはPC/AT互換機?それともPC9801シリーズなのでしょうか?』

NECで確認しようとしましたが、これについては一切触れていませんでした。年式やCPUを見ると判断しかねます。ご存知の方、返答をお待ちしています。

A 回答 (5件)

私もノートではありませんが9821を使っていました。


NECは9801から始まって9801M,Fなどと進化してきたのですが
その規格ではATなど他の規格についていけなくなりました。しかし、昔の
ソフトが使えることが9801を名乗る最低条件なので、ハードを最新の物に
対応させる代わりに昔のソフトは動かないかもしれないとして98シリーズではあるけれど9801では無いとして発売したのが9821です。その後同じように
AT互換機の部品を大々的に採用しAT互換機ではないNEC独自の新しい規格として
NXシリーズを発売しました。これはNECは98とそのユーザーを見捨てるのか
という批判に対応するために言っていたようですが、AT互換機そのものであることは今では皆さんご存じの通りです。
9801の互換機と言うにもちょっと違いますね。AT互換機でなければ動かない
ソフトをお持ちとのこと。ならば9821ではだめです。
最近では9821を動作対象外にしているソフト、OSも多くあまり買うメリットはないのではないでしょうか。中古市場も崩れかけているようですし。
昔はいいマシンだったんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

そうですか、残念です。前のお礼の中にも書き込みましたが、シンプルなデザインで画面も大きくて気に入ってしまったのですが。
でも、21の側面を少し覗いたような気がしてうれしくもあります。(^^)

短い時間の間でこれだけの回答をいただき有難うございました。
また分からないことがありましたら質問をさせていただきたいと思いますのでそのときはよろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/31 02:20

上位互換機ということでしょうか?



そうですね。まあ詳しくは説明しませんけど、01シリーズと21は厳密には異なります。
だから9800シリーズと書いてくださいね。

この回答への補足

今思い出しました。 21ってPCIが扱えるようになったものでしたっけ?

補足日時:2001/10/31 01:49
    • good
    • 0

一つ補足というか、訂正ですね。


PC9801シリーズかAT互換機となるとこれは01型番ではないですから、ATでも01でもないと言うことになります。

9821は、PC9800シリーズもしくはPC98x1シリーズとなります。9
801は21の前の世代に当たり、9801同じ構成を継承したものを9821といいます。
9801と9821は厳密には異なりますからご注意を
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前、9801やPC486などを使っていたことがあるので9801系は分かるのですが、9821になってからは全く手にしたことがないのでどういった違いがあるのかは知りませんでした。 簡単にいうと、9801シリーズの上位互換機ということでしょうか?

お礼日時:2001/10/31 01:13

PC9801シリーズです。



交換式のベイを持ったNECのノートですね。

元ユーザーでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Res有難うございます。

CDROMドライブをはずしてFDドライブを取り付けるようですね。
オークションで見ていたらすごくシンプルで好感が持てたので欲しくなったのですが、どちらか分からないとその後の使い道が違ってきてしまうので事前に知りたかったものですから。(^^;
素早い回答、有難うございました。

お礼日時:2001/10/31 01:06

PC-9800シリーズです。


型番が9821ですからね。
これは9801の後継機で、AT互換機とは異なる物です。

もし何かあれば補足を
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Res有難うございます。

ノートPCが必要になったのですが、AT互換機でないと動かないソフトがあったものですから事前に知りたかったので助かりました。
有難うございました。

お礼日時:2001/10/31 01:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ