実は私はメキシコの女性と付き合っていました、
結構良い仲で彼女が帰国後も連絡を取り合い、日本国内の婚姻届を提出したのですが突然彼女が音信不通になってしまったのです。

メキシコの大使館には、婚姻の為の渡航ビサの申請までしか終わっておらず、メキシコの法律では彼女は今だ私と結婚していない状態です

2~3日1回づつ時間を変えて連絡しているのですが、全く連絡が取れない状態が3ヶ月以上続いているので、もうあきらめて次の人生を考えようと思うのですが、日本国内では、彼女と結婚している事になっているので、何ともなりません、

どの様にすれば婚姻が解消できるのでしょうか?

A 回答 (3件)

「配偶者の生死が3年以上明らかでないとき」が離婚の第3原因です(770条1項3号)。


参考HPを紹介しますが
最終的には役所に相談された方が良いのでは・・・

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/JRS-enterprise/rikon.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/10/31 23:19

専門家に相談された方が良いですよ。


市役所などにもありますが、法律相談を受けた方がよいですよ
市役所などは無料だと思います。

各地区で、弁護士会があります。時間によりますが5千円から1万円くらいです

http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/10/31 23:19

>突然彼女が音信不通になってしまったのです。



外国籍の方との身分行為(戸籍に関する届出)は準拠法(どこの国の法律で扱うか)がどこになるのか・・・。といった問題も無くはないのですが。

今回の場合、相手が見つかっておりませんので、それがこれからも続いた場合には当然に協議離婚(お話し合いの上で)が不可能な状態にありますので、住所地を管轄する家庭裁判所に行ってもらい、最終的には裁判離婚という形になろうかと考えます。

数ヶ月の音信不通では裁判も難しいものがありますので、何とかして彼女の行方を捜された方がよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/10/31 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重婚で婚姻無効?(2)婚姻取消しに遡及効が無い理由

 (a)婚姻無効が遡及する仕組み
 (b)婚姻取消しが遡及しない理由
 (c)婚姻取消しでも子は嫡出子である理由

 この3点を、常識に逆らって以下のように説明してみました。
 批判をお願いします。

 *********

(1) 婚姻の定義-婚姻は実体である

 憲法第24条「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の・・・」

 * 両性の合意のみに基いて成立した(男女関係の)実体が、婚姻である。


(2) 婚姻無効の設定-無効な婚姻と有効な婚姻の切り分け

 民法742条第1項「当事者間に婚姻をする意思がないときは婚姻無効」

 * 婚姻をする意思がない男女関係は婚姻ではない。
 * 婚姻意思を有する男女関係の成立が、婚姻の成立である。


(3) 婚姻成立の規定-成立要件説の完成

 民法742条第2項「当事者が婚姻の届出をしないときは婚姻無効」

 * 婚姻意思が有っても届出をしないと婚姻は不成立。(実体がない)
 * 婚姻意思を持って届出をしたら(実体の存在が確認され)婚姻は成立。
 * 届出をしないときは、婚姻実体があるとは認めない。

 民法739条の届出により、民法742条第2項で婚姻が成立し、同時に739条で効力を生じる。
 届出がないと婚姻ではないので、全ての婚姻は法律婚となる。
 民法は法律婚主義を完成している。
 成立した婚姻が(届出により)効力を生じたら法律婚になる。
 「婚姻の成立」とは「法律婚の成立」ではない。
 届出において、742条に対して婚姻意思が必要となるが739条に対しては必要ない。
 届出により婚姻が成立(婚姻実体が生成)し同時に効力が発生するので、民法は成立要件説を完成している。


(4) 婚姻効力の規定-婚姻取消し

 民法第739条 婚姻は、戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その効力を生ずる。
 民法第740条 婚姻の届出は、その婚姻が第731条から第737条まで及び前条第2項の規定
        その他の法令の規定に違反しないことを認めた後でなければ、受理する
        ことができない。
 民法第743条 婚姻は、次条から第747条までの規定によらなければ、取り消すことができない。
 民法第748条 婚姻の取消しは、将来に向かってのみその効力を生ずる。

 婚姻効力を介して、739条と748条は対になる。739条で生じるのは効力なので748条で消滅するのも効力である。
 婚姻取消しにより、740条に規定する実質要件に違反した婚姻は効力が無いことが確認される。
 同時に共有財産を処理し子の処遇を定めることで、婚姻の成立は終了し婚姻の実体は消滅する。
 婚姻の成立(婚姻実体)が終了するのは、裁判確定の時である。

 故に

 ★ 婚姻無効 - 婚姻の成立(婚姻実体の有無)を問う規定。
 ★ 婚姻取消し- 婚姻の効力を問う規定。


(a) 婚姻無効が遡及する仕組み

 民法742条第1項は、憲法24条の意を享けた条文である。
 「無効な婚姻」即ち「実体が無い婚姻」は、実体がないから効力を発生できない。
 当初から実体がないので、効果も一切無い。
 そのため、民法742条には効果を規定する必要がない。実際に効果を記述した条項はない。
 婚姻成立の無効化は遡及するように見えるが、実は遡及する訳ではなく、始めから無いだけである。
  

(b) 婚姻取消しが遡及しない理由

 法律行為の取消しは基本的に遡及して効力が消滅する。
 婚姻取消しで効力が遡及して消滅した場合は、結婚当初から裁判までの期間に、法的に成立だけして効力の無い婚姻が残ってしまう。
 民法は742条で法律婚主義を完成しているので、「成立して効力の無い婚姻(事実婚)」は存在できない。
 従って、民法の婚姻取消しは遡及できない。
 故に、婚姻取消しには遡及効が無い。


(5) 嫡出推定-親子関係成立は婚姻の効力ではない

 民法第772条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
      2 婚姻の成立の日から200日を経過した後・・・

 嫡出推定は婚姻の成立に対して作用する。
 親子関係の成立は婚姻の効力ではない。
 民法に規定する婚姻の効力は、夫婦同氏・生存配偶者復氏・同居協力相互扶助義務・成年擬制・夫婦間契約取消権の5項及び夫婦財産制である。
 従って、婚姻を取消しても子が嫡出子である理由は、遡及効が無いからではない。
 婚姻取消しにおいて子が嫡出子である理由は、子の出生時点で婚姻が成立していることによる。

 民法では、婚姻届・離婚・取消し・婚姻無効、いずれの場合も「婚姻成立と効力発生」又は「婚姻終了と効力消滅」が同時となる。
 そのため、[ 婚姻成立 = 法律婚成立 ]としても齟齬が出ないので、婚姻取消しには遡及効がないから子が嫡出子であるように見えるだけである。


 *********

 ということなんですが、考えたのは素人です。
 法律に詳しい方の御意見をお願いします。
 中国婚姻法の婚姻無効を読み込んだところ、民法では法的に婚姻が成立しなければならないはずだと考えました。

 素人が議論しようというワケではありません。なんか削除されそ

 参考
 http://blog.goo.ne.jp/cloudsflower/e/e6750c669d8f99162231d84bd1cfc681

 (a)婚姻無効が遡及する仕組み
 (b)婚姻取消しが遡及しない理由
 (c)婚姻取消しでも子は嫡出子である理由

 この3点を、常識に逆らって以下のように説明してみました。
 批判をお願いします。

 *********

(1) 婚姻の定義-婚姻は実体である

 憲法第24条「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の・・・」

 * 両性の合意のみに基いて成立した(男女関係の)実体が、婚姻である。


(2) 婚姻無効の設定-無効な婚姻と有効な婚姻の切り分け

 民法742条第1項「当事者間に婚姻をする意思がない...続きを読む

Aベストアンサー

度々恐縮です。

参考と書いてあるブログを拝見しましたが、問題の所在は何処にあるのでしょうか?法律について研究している、等であればそれはそれで正しいスタンスだと思います。ただ実際に「自分の子が婚姻無効によって、国籍が滅失しそうで、困っている」ということであれば、単に国籍法第3条に基づいて、改めて国籍を取得させればよいのではないでしょうか?

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji163.html
(認知された子の国籍の取得)
第三条 父又は母が認知した子で二十歳未満のもの(日本国民であつた者を除く。)は、認知をした父又は母が子の出生の時に日本国民であつた場合において、その父又は母が現に日本国民であるとき、又はその死亡の時に日本国民であつたときは、法務大臣に届け出ることによつて、日本の国籍を取得することができる。
2 前項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を取得する。

Q離婚し、婚姻中の氏の継続使用の届出をしていましたが、婚姻中の氏を使用し

離婚し、婚姻中の氏の継続使用の届出をしていましたが、婚姻中の氏を使用していることから前夫から再婚の意思があると勘違いされてしまい、つきまといなどの嫌がらせを受け、日常生活に与える影響がかなり大きくなってきました。そのため氏の変更の申し立てをしたいのですが、前夫にも家庭裁判所から聴取などあるのでしょうか?だとしらら怖いのでやめておこうと思うのですか・・・ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。

書き忘れました。

氏の変更の申し立てには、氏を変更したい理由を資料として提出する必要があります。
質問者さんの場合、前夫からの嫌がらせが理由にあたります。
その際、警察に被害届を出してあれば、その資料に使えるかと思います。
資料に不備があったり、不足があれば、裁判所から質問者さんに直接問い合わせはあります。
このような理由での申し立ての場合なら、前夫のところには連絡は行かないか、
あらかじめ、質問者さんに、前夫に連絡してもよいかという確認があると思います。

Q外国人が日本国内で無免許状態で違反をした場合

スイス国籍の友人が、レンタカーを借り、スピード違反をしてオービスで撮られたので呼び出し状がきました。

1つ発覚した問題は
「無免許状態だった」ことでした。

警察の話によると「外国人登録をしている者で、ここ1年で3ヶ月以上自国に帰っていないので有効期限が切れている」とのことでした。
私も色々調べてみたところその規定があることを知りました。

●運転前、彼は自国の免許とJAF(社団法人 日本自動車連盟)の翻訳書を携え、
JAFにこれで運転しても大丈夫かと確認したところ、大丈夫だと回答されたそうです。

●レンタカー屋でも大丈夫ということで借りれました。


●JAFに後日確認すると、担当した者もその規定を知らなかったと言われました。


スピード違反に関しては納得しております。
無免許運転についていくつかお伺いしたいのですが

(1)この状況で、
無免許運転の罰則を回避する方法や違反が軽くなる可能性はありませんでしょうか。
また交通裁判をした方がよいのでしょうか。


(2)彼は過去にも2度レンタカーを借り、運転したことがあります。
このことは警察には伏せておいた方がいいのでしょうか。
いずれのレンタカー屋でも同じように免許を見せ、運転できると言われました。

(3)違反が確定した場合、罰則金は30万程です。
もしJAFを相手取り民事裁判をした場合、勝てる可能性はあるのでしょうか。

バタバタしていてお礼は遅くなるかもしれませんが、必ずさせていただきます。
ご教授の程
よろしくお願いいたします。


[補足]
当人について
●来日5年以上 ●ここ1年で3週間ほど自国に帰っていた

翻訳書類について
●JAFからの翻訳書類に同封されていた紙には
「この翻訳書類で運転この翻訳文で自動車等を運転できるのは、日本入国日から最大一年間です(日本を出国し再入国した場合には、再入国日から一年間が有効となります)。」
との一文はありますが、
今回該当する下記の規定については何も書いてありませんでした。

[◇日本で外国人登録をしている人が出国し、当該国で新しい外国免許証を取得してきても、出国から入国までの期間が3ヵ月以上経過していない場合、その免許証は日本では無効、つまり運転者は無免許とみなされます]

スイス国籍の友人が、レンタカーを借り、スピード違反をしてオービスで撮られたので呼び出し状がきました。

1つ発覚した問題は
「無免許状態だった」ことでした。

警察の話によると「外国人登録をしている者で、ここ1年で3ヶ月以上自国に帰っていないので有効期限が切れている」とのことでした。
私も色々調べてみたところその規定があることを知りました。

●運転前、彼は自国の免許とJAF(社団法人 日本自動車連盟)の翻訳書を携え、
JAFにこれで運転しても大丈夫かと確認したところ、大丈夫だと回答されたそ...続きを読む

Aベストアンサー

素人考えではありますが、

>無免許運転の罰則を回避する方法や違反が軽くなる可能性はありませんでしょうか。
>運転前、彼は自国の免許とJAF(社団法人 日本自動車連盟)の翻訳書を携え、
JAFにこれで運転しても大丈夫かと確認したところ、大丈夫だと回答されたそうです。

JAFは責任ある当局ではありませんし、本人の出入国記録を調べる権限もありません。
誤った指導をされたときは、それはおかしいのではないかと確認できなければなりません。
法令を知らないことを理由に責任を回避することはできません。
「法の不知は許されず」と言う当然の法理があります。

>彼は過去にも2度レンタカーを借り、運転したことがあります。
このことは警察には伏せておいた方がいいのでしょうか。

憲法の規定により自己に不利な証言を強要されることはありません。

>違反が確定した場合、罰則金は30万程です。
もしJAFを相手取り民事裁判をした場合、勝てる可能性はあるのでしょうか。

書類の説明内容を改善するように要求することはできるかもしれません。
JAFは説明不足だったわけですが、そもそもその説明文を記入する法的義務が
あったのでしょうか?まったくなにも説明しなくても良かったのかも知れません。
それにここ1年で3ヶ月以上自国に帰っていないことも知りえないはずです。
レンタカー会社にも車を貸した責任があるのでしょうか?違反を未然に防ぐ義務が
あるのでしょうか?
詳しくは弁護士に相談すべきでしょう。

素人考えではありますが、

>無免許運転の罰則を回避する方法や違反が軽くなる可能性はありませんでしょうか。
>運転前、彼は自国の免許とJAF(社団法人 日本自動車連盟)の翻訳書を携え、
JAFにこれで運転しても大丈夫かと確認したところ、大丈夫だと回答されたそうです。

JAFは責任ある当局ではありませんし、本人の出入国記録を調べる権限もありません。
誤った指導をされたときは、それはおかしいのではないかと確認できなければなりません。
法令を知らないことを理由に責任を回避することはできません。
...続きを読む

Qオーバーステイの彼と結婚しました。ビサのことで教えてください。

こんにちわ。
オーバースティのイランの彼と結婚しました。

彼は自分のパスポートで18年前に日本にきました。

今、下記のような状態にあります。
そこでビサのことで質問なんですが。。。

日本での結婚の届け(完了)→イラン式の結婚の儀式(完了)→大使館に結婚の届け(完了)→入管でビサの申請(今から)という時にあります。

もしここでイランに帰って、日本に戻ってきたらどうなるのでしょうか?
入管でオーバーステイの者がビサをもらうのには、かなりたいへんだと聞きました。

できれば、この先日本で生活したいので、ビサをもらうべきですが、ビサを取得するのによい方法あったらお知恵をかしてください。
たとえば、イランに一度帰って、日本にもう一度ビサを申請しビサをもらうとか。。。
わからないことだらけで、どうしていいいか迷っています。

不法滞在なので、今捕まってしまったらと思い、彼には、仕事をひかえてもらっています。
生活もかかっているので、このような状態が長く続くのも、思い相談したいと思いここにきました。

何卒アドバイスよろしくお願いします。

こんにちわ。
オーバースティのイランの彼と結婚しました。

彼は自分のパスポートで18年前に日本にきました。

今、下記のような状態にあります。
そこでビサのことで質問なんですが。。。

日本での結婚の届け(完了)→イラン式の結婚の儀式(完了)→大使館に結婚の届け(完了)→入管でビサの申請(今から)という時にあります。

もしここでイランに帰って、日本に戻ってきたらどうなるのでしょうか?
入管でオーバーステイの者がビサをもらうのには、かなりたいへんだと聞きました。

できれば...続きを読む

Aベストアンサー

>入管でビサの申請(今から)という時にあります。

違反状態で日本に滞在したまま、在留資格を正規化するのであれば、在留特別許可を受けるしかありません。
在留特別許可(在特)を求めての出頭でも、在特申請という手続は存在しません。違反状態にある者が「在特を申請する」なんて自己に都合の良い誤解に基づいた言い方や主張をすれば、確実に警備官、審査官、審理官の心証は悪くなります。

まずは、居地を管轄する地方入管の警備部門に出頭してください。退去強制手続きの中で口頭審理の請求、異議の申し出を行い、在留を特別に許可する理由があると認定されて、初めて正規化処理が完了します。
審査、審理の過程で「もう国に帰れ」とか「一度帰って手続した方が良い」とか微妙な恫喝や誘惑をしてきますが、帰国してからの再来日は在特より何倍も難しいものです。

>不法滞在なので、今捕まってしまったらと思い、彼には、仕事をひかえてもらっています。

賢明です。ハラルフードを扱う食材屋に行きたくなるでしょうが、食材屋やその近辺では摘発、職質の確率は高まります。

ターミナル駅に行かないことも心がけましょう。大使館の近辺も実は摘発狙いで警察官が職質をかけることも多いようです。
入管への出頭で、ターミナル駅に出向くこともあると思いますが、出頭直前にターミナル駅前の交番の警察官に職質をされアウトという例も多々あります。もし、自ら出頭するのであれば、ターミナル駅から2、3離れた各駅停車駅で下車しタクシーを使うぐらいの慎重さは必要です。

もちろん、入管取次ぎの行政書士に依頼すれば出頭の頻度が極端に下がりますから、価値はあります。

入管取次ぎの行政書士であっても、やる気の無い方はいます。代書行為で終始させようとしたら駄目だと思ってください。「入管にコネがある」とか、詳しく事情を聞かずに、「このパターンは大丈夫」と言い切る先生も要注意です。

「日本人配偶者と離婚しても、新たに日本人の恋人と結婚すれば在留できる」と安請け合いし、待婚期間や書類入手、その他の確認ミスをして外国人女性が出国しなければならなくなった、という大ちょんぼをされた先生もいました。こう書くと、東京、神奈川近辺の入管取次ぎの行政書士の先生は「あぁ、あの先生ね。実は他にもね・・・」とすぐに解ることでしょう。でも、その先生はかなり盛大に宣伝されていますし、色々と理由をつけて簡単な案件しか受けません。そして簡単な案件で大ちょんぼを連発しています。選び方は難しいです。開業されている先生は他の先生のことを表向きはとやかく言いませんから。

>生活もかかっているので、このような状態が長く続くのも、思い相談したいと思いここにきました。

在特狙いであれば、「このような状態」が最短半年、通常1年超、長い場合で2年くらいは覚悟する必要があります。

>入管でビサの申請(今から)という時にあります。

違反状態で日本に滞在したまま、在留資格を正規化するのであれば、在留特別許可を受けるしかありません。
在留特別許可(在特)を求めての出頭でも、在特申請という手続は存在しません。違反状態にある者が「在特を申請する」なんて自己に都合の良い誤解に基づいた言い方や主張をすれば、確実に警備官、審査官、審理官の心証は悪くなります。

まずは、居地を管轄する地方入管の警備部門に出頭してください。退去強制手続きの中で口頭審理の請求、異議の...続きを読む

Q通販で商品が違ったので連絡。返金してきました。

通販で商品が違った。書籍で2005年の品を頼んだ(3000円)のに、1995年の品が来ました。連絡すると表書きは2005年になっているのに、注意書きに1995年と書いてあるとの事。ちなみに納品書も2005年になっています。TELで話をしてみたら、「店」に落度は無い。とのことでした。腹ただしくていったんTELLを切りました。すると先方から黙って返金処理がありました(話は決着していません)。後でなにか言われたら、品物を辺却(当方払い?わざわざ)する義務があるのでしょうか。
(宜しくお願いします。)

Aベストアンサー

貴方は注文してきた物と違う物が届いたので、納得しないと言う訳です。

ですので、返品し代金を返してもらう権利はあります。
店の方から、代金を返金してきたのですから、貴方が一度受け取った品物を貴方が受け取るには、その代金を払わなければ受け取る資格はありません。
違う物であるという主張をした訳で、お店は返金をしたのですから、貴方は間違えて送られてきた物を返す義務があります。
連絡がこなくても同じです。

売り主が正しい物を用意できなければ、その代金を返せばよいと言う事になり、間違った物を貴方にプレゼントしなければならないと言う決まりはありません。


貴方がその商品を返さないのであれば、お店はその商品の代金を貴方から回収する権利が発生します。

単にそれだけの話となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報