今度,生活排水をテーマに授業を行う予定です。
子どもにインパクトを与えるような,
生活排水の写真が,どこかにおちてないでしょうか。

A 回答 (1件)

『生活排水の写真が,どこかにおちてないでしょうか』


何所にも落ちていないでしょうね。
やはり捜しに行かないといけませんね。
『子どもにインパクトを与えるような』生活廃水は無いですね。あるとしたらそこらの生活廃水で汚された『どぶ川』の写真で十分でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活排水について

生活排水について

生活排水などの汚染された水が、河川や海に流れ込み問題となっています。
私たちが出している家庭からの水や、工業排水などは下水処理場できれいにされてから排水されているのではないでしょうか。

そしたらなぜ、河川等が汚染されるのでしょうか。

わかる方、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

水質汚濁の原因は、大きく2つです。

1つは、ポイ捨て投棄などによるゴミが雨などで川に流れ込み河川が汚れるというパターン。

これは、下水が整備されていようがいまいが、大人であろうが子供であろうが加害者になり得る行為です。場合によって、食べ残しやのみ残しをそのまま河川や地面に捨てればそれが最終的にどうなるかは想像が付くことで、10万人いてそのうち1000人がそういった行動を毎日とっていれば、それなりに河川は汚れます。特に、雨の日に溝などほとんど水の流れない場所の流量が増えると大量のゴミが河川に流れ込み、結果的に海や川が汚れるのです。日本は1億2千万人いますから、その1%がそれに対する節操が完全にないとしても120万人分のポイ捨てゴミが流れ出すことになります。

さらに、それとセットになって問題となっているのは産業廃棄物の不法投棄、不法遺棄、そして敷地内放置です。これは、山に多く産廃をそのままの形で山に捨てたり、自分で山に敷地を買ってそこに置いておき管理しないというパターンがあります。最近は不景気ですから、管理が行き届かず汚染物が流れ出したり、場合によっては会社が廃業して・・・ということも。

尚、最近、太平洋で問題となっているのはこの投棄ゴミ問題で、太平洋上に潮流によってゴミが集まる太平洋ゴミベルトと呼ばれる場所があることが分かっています。


もう一つは、排水。一般に住宅で下水を設置できるのは都市部が中心です。例えば山奥の山村では浄化槽はあっても完全に汚れを取り除く高度下水処理ができるほどの屎尿が集まらない場合もありますし、海沿いや島の古い世帯では、浄化槽を設置するスペースもなく、下水処理の配管を通すにも高低差の都合上難しい場合があります。
住宅の下水処理は、都市部で新しい家ほど進みますが、古い住宅や狭い土地に建てられた住宅、山間や海沿いで土地が低い世帯では、設置自体が楽ではないか設置していないケースも多いです。
工業廃水も然りです。基本的に条例などで義務となっていても、違反者はいつまでもいますからね。さらに、下水が十分に普及していても古くから設置されている下水管の場合は、それに亀裂が入っていて地中でしみ出してしまい地下水が汚れるというケースも希にあります。

まあ、一時期よりきれいになった川もありますが、逆に人口の増加などで汚れている川もあります。ただ全体で言えるのは、人そのものの考え方はあまり変化していないということかもしれません。下水は整備されても、路上で煙草をポイ捨てしたり、ガムをポイ捨てしたり、ペットボトルをゴミ箱以外に捨てていたら、きれいにはならないでしょう。

お金が欲しい余り、産廃を山に投棄している人が、増えればやはり川は汚れます。
そして、これから問題となるのは今の日本の基盤は高度経済成長期に作られており、ライフラインの多くが老朽化しているということです。これを放置すれば同じように、再び汚れが増えるでしょう。

水質汚濁の原因は、大きく2つです。

1つは、ポイ捨て投棄などによるゴミが雨などで川に流れ込み河川が汚れるというパターン。

これは、下水が整備されていようがいまいが、大人であろうが子供であろうが加害者になり得る行為です。場合によって、食べ残しやのみ残しをそのまま河川や地面に捨てればそれが最終的にどうなるかは想像が付くことで、10万人いてそのうち1000人がそういった行動を毎日とっていれば、それなりに河川は汚れます。特に、雨の日に溝などほとんど水の流れない場所の流量が増えると大量のゴ...続きを読む

Q子どもが体育の授業中に怪我をさせたらしい

昨日、運動会が終わったところです。高学年として頑張った組み立て体操ですが、今日、担任の先生から思わぬお電話を頂きました。
娘と二人組でペアになっている女の子が、木曜に肩車からの組み立て体操の練習中、娘が失敗して女の子の足に落ちたとかで、金曜日体育を休んでいたけれども、土曜の本番には今まで頑張って来た成果を無駄にしたくないと足を引きずりながら頑張ってすべての競技に臨み、その結果余計に足を痛めて病院を受診、骨が折れているか、ひびが入っているかも知れないけれどまだ診断がついていないというのです。取りあえず、相手のお宅にお見舞の電話を入れてくださいということでしたので、すぐそのようにしました。
娘は超のつく運動音痴で、落下も十分考えられますし、相手の女の子には特訓にも一緒に付き合ってもらったせいもあり、夜だったこともありすぐに相手のお宅へお詫びとお見舞のTelをしました。
また、診断結果を知らせてくださいと伝え、明日改めてお宅へお詫びにうかがうつもりです。

ただ、ちょっと気になったことがあり、お尋ねしたいのです。

・娘が「木曜日に自分の失敗のせいで怪我になった」という点について、全く把握していない。保健室等にも行かなかったそうです。
・金曜に担任の先生から、相手の@@さんが足を怪我していると言うことは聞いていたけれど、娘が失敗して落下したせいとはまったくきいていなかった。
・骨折しているかどうかというのは、X線ですぐに診断がつかない場合もあるのか。担任の先生がいうには「子どもの骨だからすぐに診断が付かないと言われたそうで・・・」とのこと。(掛かった病院をお聞きしたら、市内でも大きい総合病院でしたが、土曜なので救急受診だったとも考えられます)

先生からの連絡もありましたので、対応を急いだつもりですが、「怪我をしてから数日経っている」「まだ診断がはっきりしない」という点で、疑問があります。
どのように対応すればよいのでしょうか。疑問を口にするのは加害者の立場としては憚られるのでしょうか。

昨日、運動会が終わったところです。高学年として頑張った組み立て体操ですが、今日、担任の先生から思わぬお電話を頂きました。
娘と二人組でペアになっている女の子が、木曜に肩車からの組み立て体操の練習中、娘が失敗して女の子の足に落ちたとかで、金曜日体育を休んでいたけれども、土曜の本番には今まで頑張って来た成果を無駄にしたくないと足を引きずりながら頑張ってすべての競技に臨み、その結果余計に足を痛めて病院を受診、骨が折れているか、ひびが入っているかも知れないけれどまだ診断がついてい...続きを読む

Aベストアンサー

まず、

>骨折しているかどうかというのは、X線ですぐに診断がつかない場合もあるのか。担任の先生がいうには「子どもの骨だからすぐに診断が付かないと言われたそうで・・・」とのこと。(掛かった病院をお聞きしたら、市内でも大きい総合病院でしたが、土曜なので救急受診だったとも考えられます)

ですが、
救急の当番は大抵の病院では一人の医師(何科かわからない)が当直をしています。(各科で一人づつ当直をしている病院もありますが)ですのでその先生が読影(レントゲン写真を精査する)できるレベルではなかったことも考えられます。実際にレントゲンを全く見れない医師もたくさんいます。確かに子供の骨は見ずらいですがわかる人が見ればわかります。数日経たないとはっきり見えない場合もありますが。

>金曜に担任の先生から、相手の@@さんが足を怪我していると言うことは聞いていたけれど、娘が失敗して落下したせいとはまったくきいていなかった。

授業中の事故ならば監督責任は学校側にあります。治療費なども学校の加入している保険などでなんとかできるんじゃないでしょうか?

>足を引きずりながら頑張ってすべての競技に臨み、その結果余計に足を痛めて病院を受診、骨が折れているか、ひびが入っているかも知れないけれどまだ診断がついていないというのです。

悪化させたのは被害者自身でありあなた方に非はありません。
しかし人道的な面で一応謝罪に行った方がよいでしょう。(慰謝料などは支払う必要はないと思います)それと同時に学校側に監督責任を追及しましょう。

まず、

>骨折しているかどうかというのは、X線ですぐに診断がつかない場合もあるのか。担任の先生がいうには「子どもの骨だからすぐに診断が付かないと言われたそうで・・・」とのこと。(掛かった病院をお聞きしたら、市内でも大きい総合病院でしたが、土曜なので救急受診だったとも考えられます)

ですが、
救急の当番は大抵の病院では一人の医師(何科かわからない)が当直をしています。(各科で一人づつ当直をしている病院もありますが)ですのでその先生が読影(レントゲン写真を精査する)できるレ...続きを読む

Q生活排水の写真

今度,生活排水をテーマに授業を行う予定です。
子どもにインパクトを与えるような,
生活排水の写真が,どこかにおちてないでしょうか。

Aベストアンサー

『生活排水の写真が,どこかにおちてないでしょうか』
何所にも落ちていないでしょうね。
やはり捜しに行かないといけませんね。
『子どもにインパクトを与えるような』生活廃水は無いですね。あるとしたらそこらの生活廃水で汚された『どぶ川』の写真で十分でしょう。

Q小学校1年生 落ち着いて授業を受けれない子どもについて

(長文になります)
小学校1年生の母親です。
子どもの発達、学習態度について悩んでいます。

息子は3歳児から保育園に通っていました。その頃から絵画や製作などの一斉活動をする時、先生の指示で理解してすぐに動くことができず、個人的な指導が必要でした。
じっとしているのが苦手で話を聞く時などもゴソゴソ動くことが多く、自信のないことには取り組むことがなかなかできませんでした。
とは言え、友達との大きなトラブルもなく仲良しの友達もでき楽しく保育園生活を過ごしていました。

年長の個人懇談(6月)で『やはり個人指導が入らないと理解できないことが多いので小学校に入ったら大変だと思います。支援学級を考えた方がいいのでは・・・』ということを言われました。
私としては、個人指導が必要とは言え、まだ年長になったばかりで月齢の低い息子(12月生まれ)は卒園までの数か月で成長するだろうにこの時点でそのような決定をしなくてはならないのかと担任の先生の言葉にショックと違和感を感じました。

しかし、その後の子供の様子は運動会ではソーラン節の難しい振付もしっかり覚え、体形移動もちゃんとこなし、しっかり者の友達にひっぱってもらいながらも組体操などもきちんと他の子供たちと比べて劣ることなく頑張っていました。
三学期最後の参観日では難しい折り紙も先生の指示に従ってやり、わからないところは『先生ここわからない~』と尋ね、雑巾で机を拭いたりシートを敷いたりといったグループ活動も率先してやっていたので、ようやくみんなに少しずつ追いついて来たと安心していました。

ところが、小学校に入ってその安心が再び不安に変わりました。息子の通う小学校に同じ保育園の友達が一人しかおらず、その子とも別のクラスになり周りがまったく知らない人間となり、じっと座って
授業を受けるという新しい環境に変わったところで息子の学習態度に問題が出てきました。

やはり授業中、先生の指示を理解して動くことができず個人指導が必要なようで、授業中の態度も物を落とすことも多く、離席することもあるというのです。
参観の時も積極的に授業に参加する様子もなく、何をするのもワンテンポずれてる感じを受けました。
(プール参観の時は他の子供さん達と変わりなく活動していました)
担任の先生は先生の机の隣に息子の机をおき、個人的に関わってくれたりそれができない時は介助の先生が時々フォローしてくれるような感じで現在に至っています。

友達関係のことが気になりましたが、先生からは性格が穏やかで優しく、時々おもしろいユニークなことを言うので友達からは好かれて皆が寄ってきていますよ。と言ってもらっています。
確かに息子の発想はとてもユニークなところがあり、大笑いさせられることがあります。

息子の様子をみているとADHDの症状が少しあてはまるところがあります。
注意力、集中力に欠ける、忘れ物が多い、集団行動がとりにくい、興味のあることにはかなりの集中力はあるが、興味のないものに関しては無関心、同じ姿勢を保つことが苦手でごそごそ動くことが多い・・・といったところです。
ADHDの特徴である多動性や衝動性といったものはあんまり感じられません。

公文に年長の頃から通っていますが、学習は順調に進んでいると言って頂いているので知能的な問題は今のところないように思います。
家で過ごす分には全く問題は感じませんし、スイミングや英語といった習い事もしていますがそこでも特に問題はないようです。

担任の先生との面談をもつ予定になっていますが、今後の学習の仕方として支援学級への勧めもあるのではと思います。

私たち夫婦は息子の学習が一番できる環境、能力を発揮できる環境が一番という考えで一致していますが、心のどこかではできれば普通学級で・・・という気持ちも否めません。

ADHDの診断も受けた方が良いのかも悩んでいます。

まずはこちらで同じようなお子様をお持ちの方の経験談や学校の先生からの率直な意見などをお聞かせ頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

(長文になります)
小学校1年生の母親です。
子どもの発達、学習態度について悩んでいます。

息子は3歳児から保育園に通っていました。その頃から絵画や製作などの一斉活動をする時、先生の指示で理解してすぐに動くことができず、個人的な指導が必要でした。
じっとしているのが苦手で話を聞く時などもゴソゴソ動くことが多く、自信のないことには取り組むことがなかなかできませんでした。
とは言え、友達との大きなトラブルもなく仲良しの友達もでき楽しく保育園生活を過ごしていました。

年長の...続きを読む

Aベストアンサー

>個人指導が必要とは言え、まだ年長になったばかりで月齢の低い息子(12月生まれ)は
>卒園までの数か月で成長する

えーとまず、園の先生がたは、毎年毎年たくさんの「年長さん」を見てきているのですよ。
その中で「この子は」って思ったということです。
3月ならまだしも、4月で学年が変わる日本なら12月生まれは「遅いから目立って遅れる」というほど遅いわけでもありません。

それからまずADHDを疑っていらっしゃるようですが
それはまあ、いいのですが
必ずしもADHDとは限らない。
多動や衝動のないADDかもしれない
発達の偏りや社会性の問題かもしれない。
あまり親が決めつけて、当てはまる、当てはまらない、などとやらないほうがいいのと
>ADHDの診断も受けた方が良いのかも悩んでいます。
ADHDの診断を受けるかどうか、じゃなくて
診断は医師が何にするか決めますし
一度でつくとも限りません。経過観察も大事です
何より学齢期に入ってしまっているので、生まれつきか、環境や育成の問題かとの区別もつきにくくなります

年齢が上がれば子が受診を嫌がることもあります。

今、現に介助や個別指導が必要ということですが
集団にかかる負担、スタッフの負担、そのことが原因で事故などにつながりかねないです
習い事は「少人数」「1時間強」がせいぜいでしょう?
何時間もハイペースで集中しないと行けない学校とは違います。

一番怖いのは、診断があろうが、あるまいが、お子さんが失敗ばかり重ね
注意されることが多く、クラスの子からもそのような扱いをうけることで
いじめにつながったり、自分に自信をなくしてしまうことで
二次障害を起こすことです。
普通級にいられるレベルの子が、こじらせて精神の病気になったり障害を起こすことで
普通に生きられなくなってしまうこと。これはかわいそう。

また低学年はしっかり支援級で集団生活を学んでから普通学級に移るというケースもあります。
失敗ばかり「もう限界」という状態まで、失敗体験を繰り返したうえで支援級となると
本人は「ダメだからいかされた」というマイナスイメージにしかなりません。
その辺も早めに移るほうがいいケースです。
また通級指導など、特定の時間だけ抜けだして指導を受けるケースなどもあります。
こちらが心を開いて相談していかないと、情報や選択肢を減らしてしまいますよ?

もう一つに普通級に「いるためにも」お子さんがなぜそうで、どういう支援が効果的かわかるほうが
よほどいいと思います。
診断がついていても、なぜ、どうして、こうなっているがわからないと手が打てませんし。
診断がついていても、普通級で大丈夫!って言われるお子さんだっています。

何か勝手に診断がついたら終わり、みたいに思っていませんか?
逆に、支援級を勧められるというのは、必要だから勧められるからです。

支援の流れ、診断がついたら余計に支援級といわれると思いますか?
うちは逆に、早くから発達の相談や訓練はしていました。
小学校は支援級押しでした。私もそうしようと思いました。
でも長く指導してくれた発達の先生たちが「絶対普通級だよ!」といって学校にまで電話してくれて。
面談も重ね、親が理解し、必要な支援制度を利用する気があることもプラスになり普通級へ。
入ってみると支援を適切にしながらなら、問題ない、親の手助けもだんだんはずれていき。
入学して支援級の話をこちらからしても、通級の話をこちらからしても「必要ない」と学校が言います。

支援を受ける状態になれば、通級や放課後デイ、など利用で切る制度も増えます。

逆に将来、支援学校や障害枠で働ける人ならいいんですよ。
その道があるから。
でも軽度、グレーで普通の子と同じレベルを要求され、同じコースを走らないと行けない子は
今の年齢から長年かけて、最終的に自立を目指したほうがいいと思いますヨ?
働かないといけませんからね普通に。
義務教育が終われば、支援はどんどん手薄くなります。
診断を受けずに高校入試で奇異な行動があれば不合格ですが
診断を受けて別室受験で合格し、卒業する子もいます。

支援のコミュニティに早くからかかわれば、地域の高校や支援学校の入学条件
支援学級からの進学状況などの情報もキャッチできれば
長い目で進路を考えながら、今必要なこととバランスをとりながらやっていけます。

診断があっても、必要なければ支援級へ行かなくていいですし
診断がなくても、通常級で問題があるならいられなくなることもあるでしょう。
支援級の入る条件も地域に寄りますが。うちは診断は必須じゃないです

テストを受ければ、分野ごとの得て不得手も見えます
勉強はトップクラスでも整理整頓や集団行動が苦手なうちの子。優等生に見えて心理テストすればストレスがちがち
もう一人は教科によって学年再開レベルから、何学年も先の問題までとけたり…
そういうバランスの悪さ、点数にして先生に見せないと「怠けてる」としか思われませんからね。

親がこうしてほしいといえばモンペでも相談や支援の担当がつけばそちらから言ってもらえます。
診断もない、相談もしないのに「同じことができないのを受け入れろ」というのは
預かるほうからしたら大変でしょう。

せっかくの利用できる制度や、普通級で過ごしやすくするための工夫を逃しているかもしれません

限界まで頑張ってダメだったら、と言ったときにすぐに予約はとれません。子供も応じません
年内には来年度の人員予算などが決まってくるし(支援関係は、手厚く一人当たりのスタッフの手が多い分予急には無理です)
年が明ければクラス編成なども本格的に始まるでしょう。

後から早くやっておけばというよりは、早めにうごいて、必要なければ捨てて行けばいいのです。

診断だって、すぐにつくとは限りませんよ。
もどかしいほど経過観察がある場合もありますし
もちろんすぐにつく場合もありますが。

今必要な手助け、支援、をまず考えましょうね。
学校側だって適切な指示や対応して、普通級に適応できるようなら、支援級よりそのほうがいいでしょうし。

>個人指導が必要とは言え、まだ年長になったばかりで月齢の低い息子(12月生まれ)は
>卒園までの数か月で成長する

えーとまず、園の先生がたは、毎年毎年たくさんの「年長さん」を見てきているのですよ。
その中で「この子は」って思ったということです。
3月ならまだしも、4月で学年が変わる日本なら12月生まれは「遅いから目立って遅れる」というほど遅いわけでもありません。

それからまずADHDを疑っていらっしゃるようですが
それはまあ、いいのですが
必ずしもADHDとは限らない。
多動や衝動のないADDかも...続きを読む

Q生活排水と水質調査

以前にも質問はしたのですが、なかなか良い調査方法がありません。生活排水と川のかかわりについて調べる方法を教えて下さい。なるべく数字で結果を残せるものが良いです。それとも生活排水と川は直接は関係していないのでしょうか?できるだけ明日5月24日の朝までに知りたいです。

Aベストアンサー

期限を過ぎてしまっているようなので恐縮ですが、計測機器は基本的にどれもとても高価なものです。特に記録紙が付いたもので安価なポータブル型というものはあまり見た事がありません。ですから、環境レポートというものを自分で作ろうと思うのであれば、パックテストやレンタルの計測器などで数か所定点観測を行い、観測日の天候、気温、水温などを記録し、手持ちの黒板に詳細を書いてデジカメで写真を撮って記録に残される事をお勧めします。これと河川周辺の世帯数との関連を示すグラフを作成して分かりやすく解説を加えたら良いでしょう。本当に正確な数値が解らなければ比較にならないというのであれば、所属県の保健協会へサンプル試料を持ち込んで計測してもらうという手もあります。但しこれには1検体1項目につき数千円の費用がかかることを覚悟下さい。
また、わざわざ自分で計測しなくても、定点観測を自治体が行っている所もあります。特に河川を大切にしている自治体や、河川の上流部に鉱山跡があるような所は、詳細な調査資料が必ずあります。その河川を管理する自治体に出向き開示請求を行えば、開示してくれる所はしてくれるでしょう。その資料を基に、ご自分で世帯数、支流の数などを調べ、関連性を調査する手もあると思います。

期限を過ぎてしまっているようなので恐縮ですが、計測機器は基本的にどれもとても高価なものです。特に記録紙が付いたもので安価なポータブル型というものはあまり見た事がありません。ですから、環境レポートというものを自分で作ろうと思うのであれば、パックテストやレンタルの計測器などで数か所定点観測を行い、観測日の天候、気温、水温などを記録し、手持ちの黒板に詳細を書いてデジカメで写真を撮って記録に残される事をお勧めします。これと河川周辺の世帯数との関連を示すグラフを作成して分かりやすく...続きを読む

Q小学校の授業中の話です。勉強の時間なのに他のことをしている子どもについて、どう指導しますか?例えば、

小学校の授業中の話です。勉強の時間なのに他のことをしている子どもについて、どう指導しますか?例えば、キャップや消しゴムで手遊びしていたり、別の勉強をしていたりといったことです。

Aベストアンサー

はっきりやめるように言えばいいだけです。
それでもやってしまうのが子供。
繰り返し注意すれば、名前を呼ばれただけで何を注意されているか
理解するようになります。
それと他の質問を読んで感じたのですが、あまり理想を高くしない方がいいですよ。
生まれ月もほぼ1年の差がある、性格も能力も違う子供が
何十人も一緒の教室にいるんです。
中には塾で先取りしすぎて授業が退屈な子もいるでしょうし、
十を聞いても一回では一しか理解できない子もいます。
生徒が一人残らず手遊びもせず授業を真剣に聞いてくれるなんてあり得ません。
軍隊じゃないんですから。
こういう子がいるというより、子供なんてこんなものだ、
と思って指導した方が気持ちにゆとりが出ます。
あまりどう指導したら、と思い詰めず、色々試しながら
経験を重ねていってほしいと思います。

Q生活排水の検査について

生活排水の検査項目の中で、重金属・毒物検査というのはどういうものなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

・生活排水とは
し尿や、炊事、洗濯、入浴など人の生活に伴い排出される水のことです。

重金属
具体的にはカドミウム(新潟県のイタイイタイ病の原因です)、亜鉛等

以下は質問の趣旨とはずれますが、参考までにあげておきます。これは生活排水についてではなく水道水についてですがご了承ください。

水道水の水質に関する基準には、水道法に基づく「水質基準項目」(水質基準に関する省令)と、これを補完する「快適水質項目」及び「監視項目」があります。平成15年4月1日から鉛の水質基準が強化されました。
具体的には、農薬・重金属については健康に関する項目(29項目)に定められています。


※質問の趣旨についての確認ですが、数値や基準についてか、具体的検査の中身を聞かれているのか迷いました。今回は数値や基準をメインにしてみました。
違っていれば、補足のところに書いていただければ回答したいと思います。

参考URL:http://www.jwwa.or.jp/mizu/yougo/menu.htm

Q子どもの勉強,いつから厳しく?

仮に,公立小→公立中(荒れていない普通のクラス,部活に入るという前提)→公立または私立の上位高校→そこそこの大学に進学という進路を目指すとします。
中学受験は早熟な子でないと厳しいというし,うちの子どもには高校受験のほうが向いていると思います。なのでそういうお子様は,今回は別の進路選択ということにさせてください。

上の進路を目指す場合,初めから優等生なら問題はないのですがそうでない場合,いつ頃から「気合い」を入れて勉強するようになれば間に合うでしょうか?
個人差が大きいと思いますが,流石にこの辺りで「おっ!この子は優秀かも?!」というくらいに伸びていれば見込みがでてくるのでしょう?
うちは,小学生のうちは好きなだけ好きな事をさせる方針できました。中学受験が半分以上の学区にいるため,周りの多くの子はかなり先取り学習をしています。
そのため,本人も高学年になり「勉強しなくちゃ」という意識がようやく芽生えて来たようで机に向うようになりました。ただし,受験組のように毎日数時間もするわけではありません。今でも毎日,これでもか~!と言う位,外で遊んだりスポーツをして小学生生活を満喫しています(運動好きですが得意ではないのでその進路選択はありえません><)。
流石に,周りの子をみていると焦りも出てきます。毎日こんなに勉強している子たちに,高校・大学受験の頃までに追いついたり逆転できるのかな?と。
小学校卒業までに,小学校の範囲くらいは完璧にさせるつもりではいますが・・・
のんびりし過ぎでしょうか?

仮に,公立小→公立中(荒れていない普通のクラス,部活に入るという前提)→公立または私立の上位高校→そこそこの大学に進学という進路を目指すとします。
中学受験は早熟な子でないと厳しいというし,うちの子どもには高校受験のほうが向いていると思います。なのでそういうお子様は,今回は別の進路選択ということにさせてください。

上の進路を目指す場合,初めから優等生なら問題はないのですがそうでない場合,いつ頃から「気合い」を入れて勉強するようになれば間に合うでしょうか?
個人差が大きいと思...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。国立大学4回生です。
そこそこの大学だと思いますのでお邪魔します。
私は公立小学校→公立中学校→公立高校受験失敗で中堅(偏差値60ぐらい)進学校へ進学→現役合格です。

私は小学生5年まで週5日で習い事をしてました。
ピアノ・体操・テニス・英会話・習字等々・・・
小学校6年で初めて塾に行きました。
そのときは天狗な私の鼻を折るために母親に無理矢理入塾テストを受けさせられました。笑
学校のテストではほぼ90~100(減点はほとんど計算間違いや誤字脱字)で勉強をなめてましたね(苦笑)
で入塾テストで国語75点と数学85点ですごくショックを受けたのを覚えています。(結局一番上のクラスへ入塾できたのですが)
で塾へ入ると上がいるんです。
負けず嫌いにがんばっていった感じです。
高校でも挽回可能ですよ。
私は学区で2番手の公立高校を落ちました。
でも同じ中学の友達で、私の落ちた高校に受かった子や学区1番手の高校に行っていた友達より上の大学に行きました。(もちろんそれらの高校から私より上の大学に行った子もたくさんいます。)
その時は、行ける大学じゃなくて行きたい大学にいってやるという思いが原動力でした。

大切なのは、本人のモチベージョンと知的好奇心!?だと私個人的に思います。
私もプリント類全然親に見せなかったですよー笑
よくぐちゃぐちゃのプリントが出てきて怒られました。
提出物も遅れたり(未だになおってません...)
中学の内申点ではいたい思いをしました。。。
その部分は’厳しく’した方がいいと思います。
ですがそれだけ活発なお子さんですので、あんまり勉強に気合いをいれるともったいないと思います。
中学校に行けば三者面談などで成績を見せられますし、
やり直しの習慣もそれからでも遅くないと思います。
やり直しをさせる方法の一つに
やり直しを使って満点を取れるような小テストを作ってあげることがあります。やればできるんだよー作戦☆
私が家庭教師をした子たちでほめてのびるタイプの子はこれで理科や社会,数学はばりばりのびました。(小テスト作るのが少々手間ですが)
あとは、社会とか理科であれば実生活とつなげてあげると
(例えば地理だと果物の産地とか買い物のときとかもはなせます。
歴史上の偉人にも小学生が好きそうなエピソード満載です。)
「なんで!?」とか「すごい」とか反応があります。
反応があればこっちのもんです。いろんな付属知識と一緒に覚えてくれます。親御さんもお仕事とかしててお忙しいかと思いますが、
特に小学生の間は、知的好奇心を満たすための勉強をした方が、後々勉強嫌いになりにくいと思います。

あと、夏休みや冬休みの楽器の復習用ワークがよく売っていますよね。
あれをさせて、答え合わせは親がやる。(約束の日までにちゃんと終わればご褒美あった方ががんばってやると思います笑)
あの手の問題集は大体網羅されているのでよい復習と確認になります。

これぐらいで大丈夫だと思います。
あと勘違いしてはいけないのは、
中学受験したから
塾に行ったから
勉強ができるわけではないということ。

いくら進学実績のある中学校や塾に行っても実績を出したのは卒業生で自分ではないです。ここを勘違いして塾とかでやたら科目をとって、子供本人は疲れてしまって身に付かず・・・お金がもったいないです。

あんまりストイックにせず、今のままのびのびしてた方がいいと思います。
長々とえらそうに失礼しました。この中に質問者様の参考になることが少しでもあればと思います。

こんにちは。国立大学4回生です。
そこそこの大学だと思いますのでお邪魔します。
私は公立小学校→公立中学校→公立高校受験失敗で中堅(偏差値60ぐらい)進学校へ進学→現役合格です。

私は小学生5年まで週5日で習い事をしてました。
ピアノ・体操・テニス・英会話・習字等々・・・
小学校6年で初めて塾に行きました。
そのときは天狗な私の鼻を折るために母親に無理矢理入塾テストを受けさせられました。笑
学校のテストではほぼ90~100(減点はほとんど計算間違いや誤字脱字)で勉強をなめて...続きを読む

Q生活排水の対策

先日、私の家の近くで行われていた環境メッセに足を運んだのですが、疑問に思ったことがありましたので、どなたかご教授願います。
生活排水の対策として、窒素リン除去型の浄化槽を開発されていたり、河川浄化の研究をなされているところがございました。なぜいま、そのような対策がなされるようになったのでしょうか?生活排水は江戸時代でも発生しているはずですので、その頃は垂れ流しで、どんどん環境を悪化させていて、最近になって対策が進められてきたという事なのでしょうか?

Aベストアンサー

>富栄養化を防止できる具体的な窒素リンの濃度がわかりませんでした。除去すると言う事ならば、それなりの目標があると感じたので。
実際に友好な具体的な濃度というのは、それぞれ個別の湖や池や海によって異なると思いますが、年平均の基準値がいくらというのは、その利用目的の適応性(たとえば、それが水道水源なのか、工業用水源なのか、漁業用水源なのか、農業用水源なのか、環境保全のためなのか)に応じて、一応決められています。例がないと気になると思いますので、一例だけ挙げると、湖沼で「環境保全」を利用目的の適用性とした例で、全窒素1mg/L以下,全リン0.1mg/L以下となっています。

ただし(!)、超えたからといって、それが即、富栄養化でどうのこうのということが起こったり、超えた=確実に富栄養化で何かが起こるというわけではなく、これらの値は、現実的に有効性のある(達成可能で、意味のある)値か、あるいはある程度どこに適用しても問題が発生しないように余裕を持たせた値だと思います。この点については、確認したわけではないので、分かりませんが。

>そこらへんに生えている植物を分析したら、このような割合で窒素リンが含まれていると言う事ですか?
これについては、私もそういう話を聞いたというだけで、記憶が曖昧なので何とも分かりません。余計なことを書いてしまい、申し訳ありません。

>富栄養化を防止できる具体的な窒素リンの濃度がわかりませんでした。除去すると言う事ならば、それなりの目標があると感じたので。
実際に友好な具体的な濃度というのは、それぞれ個別の湖や池や海によって異なると思いますが、年平均の基準値がいくらというのは、その利用目的の適応性(たとえば、それが水道水源なのか、工業用水源なのか、漁業用水源なのか、農業用水源なのか、環境保全のためなのか)に応じて、一応決められています。例がないと気になると思いますので、一例だけ挙げると、湖沼で「環境保...続きを読む

Q授業中におもらし、、、授業中にトイレに行くなと先生が言った

小学1年の孫娘のことでご相談いたします。

●昨日授業中にお漏らしをして、帰ってきました。
●休み時間は夢中で遊んでしまうらしく(一人っ子なのでお友達と一緒の時間が楽しいようです)トイレに行かずに授業中に行くことが何度か あったようです。
●そのためか、先生から「授業中にトイレに行ってはいけません」と注意を受けたようです。
●昨日も「トイレに行きたかったけど、先生がダメと言ってたから。」と、我慢したようですが、休み時間まで間に合わなかったようです。
●「トイレに行きたい時は授業中であっても、ちゃんと先生に言って行くのよ」と教えたのは祖母の私です。
●授業中に何度位行ったのかは、まだ聞いていませんが、途中でトイレに行く児童がいると、どれだけ授業に差し障りがあるのでしょう。
●高学年になれば自分の膀胱の限界も分かるでしょう。
●もらすことはありませんが、普段でもぎりぎりまで行きません。
●孫の母親は「自分が悪いのだから、仕方が無い」と言いますが
授業中にトイレ禁止は行きすぎではないかと思います。
●これから先生に会おうかと思っているのですが、私の考えは間違っておりますでしょうか。

小学1年の孫娘のことでご相談いたします。

●昨日授業中にお漏らしをして、帰ってきました。
●休み時間は夢中で遊んでしまうらしく(一人っ子なのでお友達と一緒の時間が楽しいようです)トイレに行かずに授業中に行くことが何度か あったようです。
●そのためか、先生から「授業中にトイレに行ってはいけません」と注意を受けたようです。
●昨日も「トイレに行きたかったけど、先生がダメと言ってたから。」と、我慢したようですが、休み時間まで間に合わなかったようです。
●「トイレに行きたい時は授業...続きを読む

Aベストアンサー

途中でトイレに行く児童がいるとこどもたちが授業に集中できないし、授業中にトイレに行かないよう指導するのは普通だと思いますが、腹痛をおこした時などやむを得ない場合もありますし、お漏らしをさせてまでトイレに行かせないのは行き過ぎと感じます。お漏らしについて先生から何も連絡がないのでしょうか。先生と話し合うのは間違いとは思いません。でも担任との1対1の面談ではなく校長も含めた3者面談の方が学校としての方針もありますしトラブルがないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報