あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

教育>地学で質問させて頂きましたが、回答がなかったので(地学は人気がないのかな?)、このカテゴリーで質問させて頂きます。

静力学平衡(静水圧平衡)の式
Δp/Δz=-pg/RT
がありますが、この式と気温・気圧の関係が分かりません。
気象学では、気温(T)が高いと気圧(p)が低くなります(台風など)。何故でしょう?
また、気温(T)が低いと気圧(p)が高くなります。何故?
静力学平衡の式を見る限り、逆の関係ではないでしょうか?

初歩的な質問ですが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

静力学平衡(静水圧平衡)の式は、高度(上下方向)と気温・圧力を関係付ける式です。



ですので、台風などでも、地上のある場所で上下方向に観測するならこの式が成り立ちます。(例えば、圧力は高度により変化し測定点の高度はそれぞれ異なるのでこの式を用いて観測データの高度補正が出来ます。)

一方で、水平方向の関係はこの式では算出出来ません。なぜならこの式は垂直方向の力の釣り合いから算出しますので。ですので、静力学平衡の式からは議論出来ないというのが回答です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
もうちょっと自分の頭で考えてみます。

お礼日時:2005/08/29 13:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気圧の計算

海抜0m と海抜1,000 m のところの気圧の差を計算とかで出せるのでしょうか?
全くの素人です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
理科年表に載っていました。
高度と気圧の関係は下記のようになっているそうです。

h=18410.0×(log10P0-log10P1)

h:標高(m)
P0:海抜0mの気圧(1013.25hPa)
P1:標高hmの気圧(hPa)

この式で海抜1000mでの気圧P1を求めると、

P1=10^(log10P0-h/18410.0)=894.1hPa

となります。
但し、上記の標高hには、気温と湿度を決定し、別表に基づいた補整値が加減されなければなりません。ですから、正確な標高は別表がなければ求めることはできません。また、今回のように気圧を求める場合の補整表は掲載されていませんでした。
ですが、とあるHPで見付けた標高1000mでの気圧は898.8hPaとなっていましたから、だいたいの値でしたらこれで計算ができると思います。

Qシアとは?(気象学)

気象学で、よく「シア」という言葉を
聞くのですが、いまいちイメージが湧き
ません。ご存知の方、いらっしゃいまし
たら、どうかお教えください。

Aベストアンサー

 シアー(もしくはシヤー)の定義は、風向、風速(どちらか一方でも良い)が急に変化しているところを結んだ線です。
 しばしばその線に沿って気流が収束することになります。

 図で書くとこんな感じです。

北  ↓ ↓ ↓
↑--------- シアーライン
   → → →

  矢印は気流の流れ

 いかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較