痔になりやすい生活習慣とは?

ツクツクボウシの鳴き声についてなのですが、鳴き声が二種類ありますよね。「ツクツクボーシ、ツクツクボーシ、ツクツクボーシ」というやつと「フゥィギョー、フゥィギョー、フゥィギョー」というやつです。(分かりにくい擬音で申し訳ない)

確か、蝉は求愛のために鳴いているのだったと思うのですが、ツクツクボウシはこの二種類の鳴き声を使い分けているのでしょうか?または二種類の鳴き方をする意味があるのでしょうか?友人に訪ねられたのですが答えられるわけがありませんでした。

蝉に詳しい方がいらっしゃいましたらご教授願います

A 回答 (3件)

2種類を使い分けて鳴いているというか


鳴いている途中と鳴き終わりの部分ではないでしょうか。

よく聴いていると
鳴き始めと鳴いてる途中と鳴き終わりで鳴き声が変わります。
lot453e5a72f さんの言う
「ツクツクボーシ、ツクツクボーシ、ツクツクボーシ」が鳴いている途中
「フゥィギョー、フゥィギョー、フゥィギョー」が鳴き終わりです。

私はこんな感じで聴こえます
「ジーーーージジジ・・・ジン、ジン・ジン」(鳴き始め)
「オーシ、ツクツクオーシ、ツクツクオーシ・・・」(途中)
「ツクツクシー、ツクツクフゥィギョー、ツクツクフゥィギョー・・・」(鳴き終わり)
(こちらもわかりにくい擬音で申し訳ない・・・)


たまにツクツクボウシ同士で邪魔し合ってる(?)ときもありますよ
その時には他の鳴き声にあわせて「ジーーッ」って鳴いてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かに途中で鳴き方が変わりますよね。ツクツクボウシが「そろそろ鳴き終るべきだろうかなー」と考えている図を想像したら少し笑えました。

お礼日時:2005/08/26 22:33

今晩は。


「フゥィギョー、フゥィギョー、フゥィギョー」とは
もしかしたら、鳴き終る前の鳴き声のことではありませんか?

それでしたら、私自身はっきりどのツクツクボウシも終わりの方でその鳴き声を出すと確かめたわけでは無いのですが、その鳴き声に聞き覚えはあります。

全体を通してツクツクボウシの鳴き声なのではないかと思うのですが…。

求愛以外のために2種類の鳴き声を使っているのかどうかは、ちょっと?です。

確かニイニイゼミも途中で声の調子が変わったかと思います。それも全体でニイニイゼミの鳴き声なのではないかと…。それと同じ事なのではないでしょうか?

他に「ジィィィィ…」という鳴き声を他のオスが妨害するために出すときがあると↓こちらのURLにはありました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%AF% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり二種類あるというわけではないみたいですね。皆さん、質問に答えてくれてありがとうございました。

お礼日時:2005/08/26 22:40

今日の毎日新聞「余禄」をご参照ください。



昔の人は「ツクツクホーシ」と聞こえたらしい。
「美し良し」「筑紫恋し」と聞こえたとも言う。

今はやはり「オーシツクツク」と聞こえるという。
真偽の程は毎日新聞26日付けへ、どうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
訊きたいのは使い分けについてなのですが。ちなみに読売をとっているので毎日新聞は読めそうに無いです…

お礼日時:2005/08/26 22:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツクツクボウシの合いの手

ツクツクボウシが鳴いていると、近くにとまっているもう一匹のせみが「ジイーっ」と合いの手を時々入れます。合いの手を入れられたほうは、リズムがとりにくくなるらしく、とちったりしています。この習性はいったい何なのでしょうか?

Aベストアンサー

鳴いている途中のツクツクホーシに近づくと曲がカウントダウンの様な警戒の曲に変化しイントロ同様エンディングを向かえ泣き止んでしまいます 警戒の曲の途中で急いで近づくと「ジッ」と一声残し飛び去りますが、その際少量の液体を放っていく場合があります 危険が迫っているのが解っているのならば、直ちに飛び去れば良いのに、とはお思いにはなりませんか また鳴いていない状態のツクツクホーシに近づくと飛び去るまで反応が フル演奏<警戒曲<無演奏の順で早いように思います 恐らく曲の演奏=弁の収縮であり樹液の吸入と連動しているのではないか?と考えます 調子良く飲んでる時にいきなりダッシュは出来ないのでしょう 少しは吐いたりしてしまい、また、隣で始められると始めから鳴いていたセミは共振共鳴等により、樹液の吸入に不具合が生じてしまい、ご質問の様の事態となるのではないでしょうか?半翅目の昆虫は甲虫類に進化で遅れがあるからなのか、ある能力に特化している種が多いと思います 水棲昆虫の多く、奇怪な頭部の南米産ハゴロモ類、他にセミついては11年セミ17年セミは素数年で発生する事で天敵の出現を防いでいる、といった説もあります ウグイスの鳴き声練習競い合いも面白いですよ  

鳴いている途中のツクツクホーシに近づくと曲がカウントダウンの様な警戒の曲に変化しイントロ同様エンディングを向かえ泣き止んでしまいます 警戒の曲の途中で急いで近づくと「ジッ」と一声残し飛び去りますが、その際少量の液体を放っていく場合があります 危険が迫っているのが解っているのならば、直ちに飛び去れば良いのに、とはお思いにはなりませんか また鳴いていない状態のツクツクホーシに近づくと飛び去るまで反応が フル演奏<警戒曲<無演奏の順で早いように思います 恐らく曲の演奏=弁の収縮で...続きを読む


人気Q&Aランキング