『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

構成力や演出力が上手い漫画家、
魅せ方が上手だなと思う漫画家を教えて頂ければ嬉しいです!!
私が思うのは
王道の鳥山先生です。

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

浦沢直樹さん[MONSTAR」とか。

あれだけ大勢登場人物を出しながら、整理がついているのはすごい。「20世紀少年」は、ちょっと破綻?きちんと着地できるのか心配です。
かわぐちかいじさん。キャラの顔がワンパターンという点に目をつぶれば、話は大きいし、情緒的な部分も大味すぎず、よいです。
あ、でもこの質問、もしかして、画面だけのことなのかな?そしたらちょっと的はずれですね、すみません。
では、大友克洋さんに1票。高野文子さんにも1票。
    • good
    • 0

画力ではなくて構成力や演出力ですよね?



私は断然「山田芳裕」ですね
代表作に「デカスロン」「ジャイアント」がありますが
おすすめは「度胸星」ずいぶん前打ち切りになりましたが
続編を望む声がいまでも多い作品です。

あの富樫義博もファンだっととか。

セリフよりも表情でキャラクターの心情を
表現するすばらしい漫画家だと思います。

参考URL:http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=2375
    • good
    • 0

他の方が書かれた様に浦沢直樹さんのストーリーの演出力は凄いですよね。

いろんな所に伏線がはってあり、それが上手く繋がっています。 他にも、私的には「カイジ」などを書かれてる福本伸行さんの演出力が凄いと思います。いろんな比喩表現を使ったりして、ギャンブルをしている最中の焦りや危機感などをリアルに伝えています。ただ絵は上手くないけど。。
    • good
    • 0

構成や演出もそうですが、全てにおいて突出してるといえば、井上雄彦さんかなぁと思います。


スラムダンクはつまらないって言う人聞いたことがありません。
    • good
    • 1

「BANBi(バンビ)」という漫画(コミックス全6巻)を描いているカネコアツシさんをオススメします!



なにかのインタビューで読んだのですが、
昔、カネコアツシさんは映画の監督になりたくて映画の学校に通っていたそうです。で、「映画だったら莫大なお金がかかるけれど、漫画ならどんなアングルでもどういうカットでも撮れる(描ける)」という理由で漫画家になったそうです(うろおぼえですが)。

しかも今連載中の「SOIL」という漫画は、ストーリーの見せ方、構成力がさらにパワーアップしていると思います。
    • good
    • 0

hunter hunterや幽遊白書の冨樫義博


絵は迫力あるし、構成も上手い。
ただみんな知ってると思うが
サボり癖と週刊ジャンプの手抜きっぷり、
言ったら・・・・
作者があきてしまうと構成もおかしくなることも
    • good
    • 0

僕も荒木先生はお勧めなんですが、荒木先生は天才過ぎて話についていけない時があります。

あと、絵が特徴的なので注意が必要ですね。
ですがストーリ展開の上手さ、独創性や演出力はかなりのレベルだと思います。
ほかの漫画家ですと、森川ジョージ先生(はじめの一歩)や皆川亮二先生がお勧めです。
    • good
    • 0

昔のものですいません。


手塚治の「ブラックジャック」、
ちばてつやの「あしたのジョー」や「ハリスの旋風」。
最近ほめっきり漫画を読まなくなりましたが、これらはたまに読みたくなる本です。特に、あしたのジョーはTV版のよりコミック版の方が断然好きです。
    • good
    • 0

大友克洋の「AKIRA」(講談社)第3次世界大戦後の世界を生きる少年たちの生き様を描くSF大作。


荒木飛呂彦の「ジョジョの奇妙な冒険」(集英社)ジョースター一族にまつわる怪異なストーリー。

なんかいいと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画投稿者です。担当編集者に担当を止めると言われました…

人生でかつてない程落ち込んでいます。

担当をやめるというのはよくあることなのでしょうか。
それとも私によっぽど才能がないと判断したのでしょうか。


もともと、持ち込みで担当になると言ってもらって
一緒に投稿作のプロット・ネームの相談をさせてもらって
完成したのは1本です。
(その投稿作はデビューの賞はとれませんでした。
しかも持ち込みの作品より成績下がった…)

その後プロットを何本か(6本)提出しましたが担当さんの求める技術を
つけられなかったらしく、見切りをつけられました。

「私があなたを何年指導してもデビューできる保証はない」
いや、ぶっちゃけ「何年指導してもデビューできるとは思えない」が
本音だったと思います。

担当についてもらって半年くらいしか経ちません。
短期間でそう判断されたのはつらいところです。
(短期間ではないのかな?一応プロット合計で12本見てもらったし)


私としては漫画家の夢をあきらめる気はないので投稿は続けます。
ただ一気に自信がなくなりました。
一応過去にも別の会社でも担当が付く賞はとれてたのである程度の自信はあったんです。

才能ないのかなぁ… はぁ…頑張らなきゃ

ちなみに「担当さんの求める技術」は「主人公の気持ちを描く」
ということです。
私の主人公は漫画的で人間らしくないそうです。
(雑誌の批評には「キャラは充分」って書いてあったんだけどな…)

同じような経験された方いますか?

また、「こうしたらいいんじゃない?」などアドバイスが
ありましたら宜しくお願いします!

人生でかつてない程落ち込んでいます。

担当をやめるというのはよくあることなのでしょうか。
それとも私によっぽど才能がないと判断したのでしょうか。


もともと、持ち込みで担当になると言ってもらって
一緒に投稿作のプロット・ネームの相談をさせてもらって
完成したのは1本です。
(その投稿作はデビューの賞はとれませんでした。
しかも持ち込みの作品より成績下がった…)

その後プロットを何本か(6本)提出しましたが担当さんの求める技術を
つけられなかったらしく、見切りをつけられま...続きを読む

Aベストアンサー

booterです。まあまあお待ちになって。
気分を毒されたのであれば言葉だけでなく、心から謝ります。申し訳ありません。
文体を普通に戻しますね。

人間臭いマンガとしては・・・と描かれているのですが、
文脈を辿るとそういう風に思われたのかもしれません。が、ちょっと誤解が生じているようです。
下記に挙げた作品なんですが、人間臭いマンガだから勧めたのではありません。
言葉足らずだったと思われますので、少し前回の回答に補足しますと、
・G戦場ヘヴンズドア
・燃えよペン・吼えろペン・新吼えろペン
・編集王
これに「コミックマスターJ」を加えても良いのですが、
これらに共通するテーマは何か・・・を考えれば、分かるかと思ったのですが、
これは漫画家と編集の葛藤を描いているマンガですね。
「私はこういったマンガを描きたいのに、編集がOKを出さない・・・何故だ」
というような。

質問者さんがマンガに対する意気込みが消沈しかかっていたようなので、
この作品郡を挙げさせて頂いたのです。
漫画家を志した人間であるならば、上記の作品にピンと来る事を期待したのですが言葉足らずであったようです。
人間臭いマンガを書く際のヒントではありません。
その人がマンガ自体への熱意をどこに向けるべきかの一助となるべく
消沈しかかっている質問者さんへの回答として挙げさせて頂いたのです。

もし私が、私の趣味で人間臭いマンガを挙げろ、とするならば、
小林まこと「柔道部物語」、西原理恵子「ぼくんち」、中島徹「玄人の独り言」
等、鼻が曲がるくらいの人間臭いマンガを挙げていたでしょう。
また、antidaemonさんが好むようなスマートな人間臭さを紹介したいのであれば、
「起動警察パトレイバー」「勇午」でしょうか。

浦沢直樹は「パイナップルアーミー」「マスターキートン」「YAWARA」
「PLUTO」「MONSTER」を読んでいます。
マスターキートンの「靴とバイオリン」「シャトーラジョンシュ1944」のような作品が好きですね。
antidaemonさんがおっしゃる通り、浦沢関連は下記に挙げる半分が未読です。
「Happy」「20世紀少年」これと、初期作品ですが、これらの展開のグダグダさに途中で挫折しました。
また大友もAKIRAは読了しましたが、何も感銘を覚えておらず(アニメから見たのが失敗だったか)。

>マンガ制作における劇構築や人物描写をするのに必要な「技術」を軽視し、
技術については、他人が書いてくれたものの流用ですが、
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-244.html
で挙げさせて頂いたつもりです。
antidaemonさんが挙げた「物語の体操」と「キャラクター小説の作り方」の両方とも言及されていますよ。
全て読まれたのでは何も言いませんが、途中にきちんと書いてあります(そこまでが長いのか・・・)。

>特殊な経験やこだわりや情熱を盲目的に賛美するその態度
これは主に二つの見方があるようです。
私のように、どんどんいろいろな経験を積むべきだ、という人間と、
経験を積んだ所で素晴らしい空想はできない、という方ですね。
私は無論前者なのですが、私が言っておきながら何ですが、
こうした押し付ける態度による弊害もあると今回のご意見で認識致しました。
ここの点で反省しております。

>作劇の王シェイクスピア先生が聞いたら一笑に付すでしょうね。
ご意見は承りました。
これは私の個人的見解なのかもしれませんが、シェイクスピアは、「過去の人が作った作品をリメイクして自分の作品とした」作品が多いのです。
これを前提にして仰られていますか? 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%A2
シェイクスピアは4大悲劇とベニスの商人を一応読了したのですが、
wikipediaに無い事を私の記憶を辿って書いて見ます。
確か、ベニスの商人は4部構成です。
話しを構成する4つの柱がそもそもシェイクスピアの創作ではなくつなぎ合わせたものです。
巻末のあとがき・解説には、「既にあった4つの話しを滑らかに再構築するその手腕が素晴らしい」と書いてあったのを思い出しました。
この過去の作品を繋ぎ合わせて自分の作品とする、つんくのような仕事をすべきだ、と仰られていますか? 
恐らく違うのでしょうが、残念ながらシェイクスピアは無から有を生み出した作家とは違うのです。

antidaemonさんもそうかもしれませんが、過去に漫画家を目指した自分と質問者を重ね合わせ、
質問者さんは回答者からアドバイスを受け、いろいろと愛されているようです。

ただ、私のアドバイスの仕方が悪かったかと思います。
恐らくantidaemonさんからアドバイスを受けた方が伸びるタイプでしょう、きっと。皮肉ではないです。
しかし私からは、やはり質問者さんを技術力をつけるのではなく漫画家として成長させる為、
例に挙げたマンガを読んで頂きたいという姿勢は崩せません。

アドバイスをあげられる「ホンモノ」が登場したようなので、「ニセモノ」は去ります。
antidaemonさんの挙げるアドバイスを読んで下さいな。
そして、時間があれば私の挙げる本を近い将来見て頂きたいです。

booterです。まあまあお待ちになって。
気分を毒されたのであれば言葉だけでなく、心から謝ります。申し訳ありません。
文体を普通に戻しますね。

人間臭いマンガとしては・・・と描かれているのですが、
文脈を辿るとそういう風に思われたのかもしれません。が、ちょっと誤解が生じているようです。
下記に挙げた作品なんですが、人間臭いマンガだから勧めたのではありません。
言葉足らずだったと思われますので、少し前回の回答に補足しますと、
・G戦場ヘヴンズドア
・燃えよペン・吼えろペン・新吼...続きを読む

Q漫画で賞を取るのに絶対に抑えておきたいポイント

こんにちは、初めて質問させて戴きます。

私は1年ほど前から漫画を描き始め、今は入賞することを目標としていますが、「入賞するために絶対に抑えておくべきポイント」ってありますか?

例えば起承転結、自分の絵柄にあった雑誌に投稿・持ち込みをするなど。

些細な事でも結構ですので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

起承転結は大事ですが、ストーリーよりもいかに見せどころを作るかということが重視されると思います。
10年ほど前ですが雑誌の応募作品へのコメントを見ていた時、「絵柄、ストーリー、共に申し分ないですがキャラクターに魅力が感じられません」といった評価が最も多かったです。
逆に「キャラクターは大変魅力的ですが起承転結をしっかりしましょう」といった評価は存在しませんでした。
絵柄とキャラクターへのダメ出しが多かったです。

自分の絵柄にあった雑誌に投稿することは重要ですが、描いている人が意外と気がついていないのが「話の内容と絵柄があっているかどうか」です。
このサイトで以前見た質問ですが、「少女漫画誌へ行ったら絵が少女漫画っぽくないと言われ、少年誌へ行ったらなんか少女漫画っぽいねと言われ、ファンタジー誌へ持って行ったらどんな読者層を狙っているのかわからないと言われた」というものです。

この人は絵柄と描きたい内容が一致していませんでした。
少女漫画のような絵柄で少年誌のような話を描いてもどちらにも居場所がなくなるだけです。

心構えとしては、プロになるなら「描きたいものをたくさんの人に読んでもらいたい」という気持ちを捨てることです。
クリエイターはみんなそうですが、クライアントに「こういうの描いて」と言われて「いえそれは描きたくありません」と言ったらクビにされるだけです。
なので雑誌をよく選ぶことは大切です。
絵柄が近いからといって、恋愛漫画が苦手なのに少女誌に行っても嫌いな方面を描かされ続けるだけですから。

小説誌でしたが、編集者からのアドバイスとして
「ここをもっとこうした方がいいというリテイクを拒否する作家がいる。例えば、ヒロインがツンデレすぎて可愛くないからもっと態度を軟化させた方がいいという編集者に対し『嫌です!このヒロインは僕が10年間愛し続けてきたヒロインなんです!変えたくありません。このかたくなさがいいんだ、この子はそんな簡単に男に尻尾振ったりしないんだ!』という作家は扱いづらい。どんなにいい作品を書く作家だとしてもデビューさせたくない。賞に応募するといいところまでいくのにその後仕事が来なかったり持ちこむと上手く行かない人は自分の人間性を見直して。書きたいものを書きたいなら同人誌でやった方がいい」

とありました。

起承転結は大事ですが、ストーリーよりもいかに見せどころを作るかということが重視されると思います。
10年ほど前ですが雑誌の応募作品へのコメントを見ていた時、「絵柄、ストーリー、共に申し分ないですがキャラクターに魅力が感じられません」といった評価が最も多かったです。
逆に「キャラクターは大変魅力的ですが起承転結をしっかりしましょう」といった評価は存在しませんでした。
絵柄とキャラクターへのダメ出しが多かったです。

自分の絵柄にあった雑誌に投稿することは重要ですが、描いている人が意...続きを読む

Q【コミックマーケット】”壁”と”島””大手”違いを教えてください!!

こんにちは、宜しくお願い致します。

コミックマーケットのサークル配置で”大手””壁””島””お誕生日席”などの呼び方を耳にするのですが、いまいち違いがわからないので教えてくださいm(__)m

具体的には今年の冬コミでの一日目(29日)での配置で教えていただきたいのです。

私の中で、一般に言う一日目東の”大手”は 東1A など、”A”のサークルだと思っていたのですが、この認識は正しいでしょうか?
Aは端にありますが、”大手”と”壁”サークルとの間に違いはあるのでしょうか?

”島”と”お誕生日席”もあわせて教えて下さると嬉しいです。

もうこんがらがってしまってわからなくなってしまいました。。
宜しくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

前の方とほぼ一緒ですが…。
壁→四方の壁をグルッと囲んでいる場所が壁です。サークルの人は壁配置とかいうこともあります。ここに配置される=大手ではないです。ジャンルによってサークルが少なかったりすると始めたばっかりなのにそこに配置されたりとかもします。けれどそこに配置されてもソコソコでるサークルさんではあります。
シャッター前で外に並ばせるようなサークルは超大手とかいったりします。
大手→昔からやっていていていつも壁配置のサークル。列も長蛇で漫画家さんがほとんどです。ジャンル関係なしについているお客さんがいっぱいいてどんなイベントでも基本的には壁配置の方達です。
中大手(中堅とか…)→コミケで『なんちゃって壁』と読んでいる場所があるのですが(通称なので一般的ではないと思います。大通りのあたりに一列ドンとあってちょっと他の島と離されている列のことです)そこに配置されるサークルさんとかお誕生席に配置されるサークルさんがこう呼ばれることがあります。ただこの『なんちゃって壁』に持ってこられるのはいつもではなく、コミケが特集するカップリングやジャンルによって変動があります。
島→背中合わせで一列を島と呼ぶときと、島の真ん中あたりの配置のサークルさんなんかを島配置、島中、島サークルなどなどといいます。ジャンルやカップリングで「××の島行ってくる!」など言ったりもします。
お誕生席→島の角の出っ張りのサークル。そのすぐ横、島が始まる角の配置はそのまま角といったりします。大通りに面して内外どっちのお誕生席、角配置でそのサークルの大小が分かったりもします。大通りに向いているか近いお誕生席と角のほうが列ができるサークルさん(=売れている)サークルさんです。

前の方とほぼ一緒ですが…。
壁→四方の壁をグルッと囲んでいる場所が壁です。サークルの人は壁配置とかいうこともあります。ここに配置される=大手ではないです。ジャンルによってサークルが少なかったりすると始めたばっかりなのにそこに配置されたりとかもします。けれどそこに配置されてもソコソコでるサークルさんではあります。
シャッター前で外に並ばせるようなサークルは超大手とかいったりします。
大手→昔からやっていていていつも壁配置のサークル。列も長蛇で漫画家さんがほとんどです。ジャンル関...続きを読む

Q最近漫画家デビューの年齢は上がってきているのですか?

13歳のハローワークをはじめ、よく漫画家は25歳を過ぎると
デビューはほぼ無理と聞きます。
特に少年漫画や少女漫画など、若い感性が必要とされているからとか
読者と年齢が近い方が共感を得やすいからとか
若い方が編集が自分好みに作家を育成できるからとか
色々理由は聞きます。

でも、最近雑誌をみていると30代前半でデビューしていたり
マンガスクールなどでXX賞をとっている人がいます。
最近は年齢はあまり関係なくなっているのでしょうか?
もしくは、出版社によって違うのでしょうか?
私が見た雑誌は小学館のちゃおなんですが、
例えばこれが集英社や講談社だと、やっぱり若い人しかデビューできなかったりするんですか?
(経験が必要なビジネス誌・エロ系の雑誌はのぞきます)

Aベストアンサー

ちゃおでなく申し訳ないのですが、同じ小学館が出してるサンデー(マガジン、ジャンプなどの少年漫画に比べて年齢層が低い)に持ち込みに行った友達が編集部の人に、年齢制限はないそうですが狙ってる年齢層があるのでそれに共感できるような作品を描ける人を募集してる。と言われたそうです。
例えば中学生をターゲットにしてる雑誌なら若い方が現代の中学生の心理をわかってると思うし(数年前中学生だったし)30歳の場合だと今の中学生からみたらどこか古いイメージが否めないかもしれません。でも古いイメージでも描ける人はいますから、一概に言えませんが…。

>よく漫画家は25歳を過ぎるとデビューはほぼ無理と聞きます。
これは多分、年齢が上がるごとに自分の作品の感性が固まっているからではないでしょうか。
まだ若いうちは試行錯誤が続いてる状態の人が多いですし、編集者の意見も素直(?)に受け入れるというか。
年齢が上がってる人の場合、自分が今まで築き上げたものがあるし、簡単に曲げられない、という頑固な面があるからかもしれません。
ただ、柔軟性のある人ならば年齢は関係ないと思いますが。

ちゃおでなく申し訳ないのですが、同じ小学館が出してるサンデー(マガジン、ジャンプなどの少年漫画に比べて年齢層が低い)に持ち込みに行った友達が編集部の人に、年齢制限はないそうですが狙ってる年齢層があるのでそれに共感できるような作品を描ける人を募集してる。と言われたそうです。
例えば中学生をターゲットにしてる雑誌なら若い方が現代の中学生の心理をわかってると思うし(数年前中学生だったし)30歳の場合だと今の中学生からみたらどこか古いイメージが否めないかもしれません。でも古いイメ...続きを読む

Q漫画のプロットを書くときのテーマが思い浮かばないのですが

16ページ程度の漫画のプロットを書こうと思うのですが、
その書き方で、最初にテーマを決めたほうがいいと言われたのですが、テーマとはどんな物にすれば良いのか分かりません
漠然としたものでいいと言われたのですが

友情、復讐、家族愛ぐらいしか思いつかないので
プロットもなかなか書けません
どんなテーマがあるのか、教えてほしいのでお願いします。

たくさん上げてくれると助かるので出来たらお願いします

Aベストアンサー

「最初にテーマを決めたほうがいいと言われた」
まったく間違っています。
短編ならアイデアあるいは全編構成あるいは要のシーンを
案出するのが先です。テーマを先に決めたら無意味に条件を
厳しくするだけですよ。
上記の用件を満たせばテーマなんかなくてもプロットは成り立ちます。
テーマなしで体裁がわるいならそれらしい味付けを
あとから足せばよく、それは簡単です。

漫画は根本的に視覚的活劇です。
何も思い浮かばないならまず絵的な見せ場を考えなさい。
アクション漫画でなくても同じことです。

Q1000本のワインがあって、1つは毒入りです。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければなりません(理由はAに書きます)
しかし4時より後に飲んだ場合は24時より後に死ぬ可能性があるため、毒を見逃す可能性があります。

ゆえに10時より後には飲めません。


A、もし10時以内に飲んだ場合
死んだとしても最初に飲んだワインによるものなのか後に飲んだワインによるものかわからないからです。
一本目の死ぬ可能性のある時間帯は10~20時
二本目を例えば9時に飲んだとしたら死ぬ時間帯は19~29時になります。
つまり19~20時に死んだ場合、その死が一本目によるものなのか二本目によるものなのかわからないからです。


ゆえに1人1本しか検査できません。

従って1000本には1000人必要です。





こういう答えがでたんですが、答えは10人なんだそうです…

先生にだされた問題だとか。


どうして10本になるのでしょうか?


困ってます。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければ...続きを読む

Aベストアンサー

ついでに書いておこうかな(^^)
2進数                 10進数
 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1   1番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0   2番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1   3番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0   4番目のワイン
 ・・・【中略】・・・
 1 1 1 1 1 0 0 1 1 1  999番目のワイン
 1 1 1 1 1 0 1 0 0 0 1,000番目のワイン
奴隷は上に1があればそれを飲む
 A B C D E F G H I J  10人

Q”絵がうまい”科学的に解明すると?

よろしくお願いします。”絵が上手い”というのは、科学的に説明できますか?先天的な脳の特質(才能と呼ばれるのでしょうか)として、学術的に説明されるものでしょうか?

上手い絵、才能のある絵といっても広域ですが、ここでいう”上手い絵”は、写実性、基本のデッサン力の安定性をさします。

自分は物心ついた時から、物の形をなぞるのがわりと得意で、いわゆる”リアルな絵”というものをある程度は描くことができました。好きこそものの上手なれなのか、素質があったから楽しくて好きになったのか、絵を描く職に就いています。ちなみに父も美大で洋画の講師をしています。

ふと、絵を描く能力、見たものを写し取る能力などをつかさどる分野が脳内にあり、そしてそれは遺伝したり、また発達・未発達があったりするものなのかな、と疑問に思いました。

音楽の分野に”絶対音感”というものがあるように、先天的に絵の才能をつかさどる脳機能はあるのでしょうか?芸術としての良し悪しはさし除いて、科学的なご見解を承ります。

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんの絵の才能は幼年期の環境から身に付けたものであり、遺伝でもらえるような代物ではありません。素晴らしいことだと思います。
私の友人は子供の頃からずば抜けて絵が上手く、美大へ進み、とうとう本物の画家になってしまいました。斯く言う私は絵を描くことが大の苦手なのですが、何故か楽器の演奏がけっこう得意です。
この友人との決定的な違いは、友人の家には漫画の本が山ほどあったということです。片や、私は子供の頃に漫画本を買ってもらったことはほとんどなかったのですが、母親が音楽好きで家にはたくさんのレコードがりました(ステレオセットがまだ珍しい時代です)。友人は自分の才能に磨きを掛けてプロになったわけですが、私には私に与えられた環境があったのだと思っています。

絵の才能が視覚機能に関係するものであることは言うまでもありません。ここでは視覚情報を処理し、運動機能によってそれを的確に再現する能力が要求されます。従いまして、絵が上手いというのは以下の三つの脳機能に裏付けられます。
「視覚処理能力:視覚連合野」
「空間認知機能:頭頂連合野」
「描画技能:大脳基底核、小脳」
このような機能には遺伝的な体質による能力の個人差はあると考えられます。ですが、脳といいますのは学習する臓器であるため、それが先天的な能力として才能に反映されるのは極めて僅かでしかありません。

脳といえども遺伝的な個人差があります。ですが、そこは産まれたときにはほとんどが白紙状態であり、先天的な能力を発揮するどころか、逆に生後学習が行われなければ何もできる状態ではないのです。
因みに「絶対音感」といいますのは先天的な能力ではなく、これは生後学習によって獲得されるものです。「学習臨界期」といい、ある程度の年齢を過ぎ、脳の聴覚神経が完成してしまうと幾ら訓練をしても習得することができなくなります。
視覚にも学習臨界期があり、視覚形成期にある程度の視覚学習を行いませんと、物の形が認識できなくなるという「視覚音痴」になります。もちろん、通常の成長ではこのようなことはまず起こりませんが、少なくとも視覚の発達においては遺伝的な体質よりも幼年期の学習環境の方が遥かに重要であることは間違いないです。

「視覚処理」といいますのは見たものを分類する作業であり、形の識別や色彩感覚などが含まれます。この機能の個人差は比較的大きいと思いますが、最終的な優劣は環境や訓練によって幾らでも変わってしまいます。
「空間認知」では視覚処理された色や形に位置関係の把握が行われるわけですが、果たして脳内でこれができなければ絵は描けません。これにも個人差というのはあると思いますが、絵を描くひとが物の大きさや角度を正確に把握するためには当然それなりの訓練が必要となります。
では、このような視覚情報を基に筆を動かしているのは実は大脳皮質の運動野ではなく、小脳や大脳基底核に学習された「熟練運動記憶」というものです。我々の腕の関節は七軸が自由に動きます。逆に言いますと、線引きやコンパスを使わずに直線や円を描くのはほぼ不可能ということです。視覚情報を基にこの七軸の関節を上手くコントロールしているのが小脳の熟練運動記憶です。ですから、大脳皮質で幾ら考えても絵は上手くなりません。読んで字の如く、この能力は繰り返し使われることによって精度が向上します。当たり前ですよね。

ひとそれぞれに才能の異なるのは、それが幼年期の学習環境にあるからです。これにより、親の才能は子供に譲り渡されます。質問者さんは与えられた環境から才能を身に付け、鍛錬を続けてきたのだと思います。
もちろん、親からもらった遺伝子が与えられた環境に適していたために才能が開花したという考えを否定することはできないです。ですが、昔たいへん偉いひとが「1%の才能と99%の努力」と言いました。ならば、それがどのような生後環境であったとしましても、残りは99%の可能性ということになります。

こんにちは。
質問者さんの絵の才能は幼年期の環境から身に付けたものであり、遺伝でもらえるような代物ではありません。素晴らしいことだと思います。
私の友人は子供の頃からずば抜けて絵が上手く、美大へ進み、とうとう本物の画家になってしまいました。斯く言う私は絵を描くことが大の苦手なのですが、何故か楽器の演奏がけっこう得意です。
この友人との決定的な違いは、友人の家には漫画の本が山ほどあったということです。片や、私は子供の頃に漫画本を買ってもらったことはほとんどなかったのですが、母親...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む


人気Q&Aランキング