最新閲覧日:

こんにちは。よかったら回答ください。

先日、トイレが詰まってしまい、業者の人に来てもらいました。すると、木の根が下水道に入り込んで詰まってしまったと言われました。同じ事が前にも一度あり、下水の管を直さないとまた詰まると言われ、大家さんへ伝えてもらいました。

下水道を直さなかった大家さん側に問題があるように思えるのですが、不動産屋はこっちに請求書を送ってきました。前回もこっちに送ってきたので、抗議の電話をしたのですが、のらりくらりと逃げられたので仕方なく払いましたが、二度目となるとさすがに……

この場合、支払う必要があるのですか?教えてください。
ちなみに家はテラスハウスで家の周り一帯は大家さんの土地です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

前の二人の方のおっしゃるようにご自分で修理の負担をする義務はない思いますが、manbou-goodsさんも払わない、大家さんも払わないということになると泣かされるのは業者だったりすることになります。


そして次の修理以来の時にはその業者は来てくれないかもしれません。
現在お住まいの物件が人気物件であれば大家も強気に出てくるかもしれませんし、不人気物件で退去されたくないと思っていればすすんで修理してくれるかもしれません。

そのあたりは駆け引きになってくるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

No1さんの回答で結構だと思いますが、確認をしておきます。


「木の根」の木は、誰が植えたものですか?
大家さんが植えたのなら良いのですが、manbou-goodsさんが植えたとなると話がややこしくなりますので。
始めに払った修理費用も立て替えたという解釈で、今回の分と含めて請求できるはずですが・・・。
    • good
    • 0

 トイレの詰まった原因が、下水管にあり、その下水管は賃貸人の管理・管轄内にありますので、修繕義務は賃貸人側にあります。

したがって、修繕費用を支払う義務も賃貸人側にあります。判例によれば、その修繕が賃貸人が成すまで或いはその修繕費用を賃貸人が支払うまで、賃借人は家賃の支払いを拒むことができるとされています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報