知人の40歳女性。右膝に事故や怪我をしていないのに正座のような状態や膝立ちから足を伸ばそうとすると、何かが挟まっている感じと激痛とで足が伸びきらなくなる時があり、近所の大きな病院の整形外科を受診。レントゲンで骨に異常がないのを確認した後日のMRI診断は、半月板損傷。半月板の左右にある2ヶ所のストパー?のうち、外側1ヶ所がつぶれていて、めくれた個所がはさまって痛む場合もあるので、その場合は切除、ちぎれたものがあれば除去するしかロッキングの治療方法はないとの診断を受け、その場で間接鏡手術(腰椎麻酔)の予約。手術は7日後。手術前日入院、術後翌日退院。退院後は消毒に1週間毎通院。■手術前夜に行われる説明で、担当医に確認しておくべきことは何でしょうか?長期入院すれば、安静期間が延び知人も安心なのですが、何分にも子供が小さく、入院中は夫が仕事を休むので夫の仕事も入院期間以外は休めません。子供や身の回りの世話を頼める人がいませんので、早期退院は助かる反面、慣れない松葉杖での子育てが不安です。■個人差もありますが何日間杖の使用が必要でしょうか?■杖をつかわない方法は避けたほうが無難でしょうか?■体重を多少かけて歩けるようになるには、術後何日かかるでしょうか?軟骨は再生出来ず、代替品もないので、補助食品として、グルコサミン・コンドロイチンを服用し、ゼラチンを含む食品の摂取も心がけますが■他におすすめの食品や運動があれば教えて下さいませんか?今後は、体重を減らし、畳生活も改善します■長持ちさせる為に、今後は避けたほうがいいこと。行動したほうがいいこと。変形性関節症の症状も出始めているとも言われて、いずれは人工関節?と知人はかなりショックを受けています。少しでも慰めてあげられたらと思い、ご経験者の方や専門的見解からもご意見が伺えたら有難いです。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門家です。



半月板損傷で関節鏡手術を受けられるとのこと。さぞかし心配なこととお察します。
ですが、翌日退院を勧めて下さる先生ですからかなり関節鏡に習熟した先生とお見受けしますので、安心されてもよいかと思います。不慣れな先生だと1~2週間は入院なんて言ったりもしてますから。
1.確認すべきこと
実際はその手術にもよります。傷んだ半月板を切除したのなら麻酔が覚め次第歩行許可が出ますし、半月板を縫合したら数週間は免荷(足を着けない)歩行となりますので、術後安静度を今一度確認して下さい。また、術後にどの程度まで活動してよいかも聞いておいて下さい。基本的には2~3週間は深い膝屈曲(しゃがむ)は禁止されますが、自動運動で膝をよく曲げ伸ばしするようには指導させるはずです。仕事については(主婦でしょうか)重量物の扱いなどは制限されます(子供さんを抱き上げるなど)。
2.杖の使用
基本的には不要です。ただ、痛みの感じ方は十人十色なので、荷重時歩行時痛を訴える方にはお貸ししますが、せいぜい1~2週間で、痛みが引き膝がよく曲がるようになれば早期に手ぶらで歩いてもらいます。台所に立つなどの家事仕事では普通に立てますよ。
3.荷重歩行
先にも述べたように縫合しなければ麻酔が覚め次第全荷重歩行可能です。しかし、関節鏡を挿入した傷(1cmほど、2~3カ所)からの出血、半月板切除した所からの出血はあり得ますから、あくまでも日常生活で歩くレベルです。いきなりスポーツを許可するほどではありません。術後に関節内に水がたまる(水腫・血腫)ことは時々ありますので、大人しくしておくのに越したことはありません(それでも屈伸運動は続けて下さい)。
4.サプリメント
それらは基本的は「食品」です。「治療薬」ではありませんのでご自由に摂ってかまいませんが、効果が出るのにはまだ疑問がありますし、なにせコストパフォーマンスが悪いです(高価なだけ)
5.生活
体重コントロールと、太ももの筋肉(大腿四頭筋)増強を心がけて下さい。よく膝が痛いとTVショッピングなどでサポーターを薦めていますが、筋肉というサポーターが元々あるので有効に使って下さい。経済的・時間的に余裕のある方へは水中ウォーキングを薦めています。

ま、以上のことはたぶん主治医から術前後、あるいは外来通院に際して説明指導があるかと思いますので、よおく聞いておいて下さい。とはいえ、聞いただけでなくそれを実践することが大事です。特に四頭筋訓練なんて効果が実感しにくく楽しくない事ですから、地道な努力が必要です。頑張って下さい。

長文失礼しました。参考にして下さい。
ではでは

この回答への補足

質問を締め切って、良回答、次点回答の両方にポイント付与の手続きをしたかったのですが、ひとつの質問に対して、同じ回答者に両方のポイントの付与が出来ないことがわかりました。大変申し訳ないのですが、良回答の手続きをして、一旦質問を締め切らせて頂きます。

補足日時:2005/09/13 17:13
    • good
    • 8
この回答へのお礼

soo-chan様
この度はご丁寧な回答を頂戴し、心強く有難い限りです。
幾度も拝読し、お蔭様で手術に関する不安は解消されつつあります。
術後に水腫・血腫とありますが、安静にしていれば防げることでしょうか?
これは一度なると癖になると聞いたことがあります。また抜く時が痛いとも。
また別の不安が・・・。
そして、いずれ半月板がすりへって完全に失なわれた場合(変形性間接症)は
人工関節の治療になるのではと思うと将来が不安なのです。
今は、右ひざをかばうので、気のせいもあってか、
左ひざにも鈍い痛みを感じる時があります。(ロッキングは起こりませんが)
右ひざ同様、左ひざも確実に損傷してしまうものでしょうか?

今更ですが、なぜ?半月板損傷になったのか、考えてみました。
幸いにも今まで事故や怪我にもあわないで参りました。
最近の出来事では、39歳で3人目を出産後、恥骨結合離開で歩行困難となり、
靭帯の自然治癒に1年程かかりました。この3度の出産もひざには負担が大きかった?
10代20代では、卓球、スキー、スケートのスポーツの経験があります。
やはり体は確実に老化しているという現れなのでしょうか?
もともと、体質的に弱いという場合もありえるのでしょうか?
昔の女性は幾人もの出産をし、尚且つ、現代と比較すれば過酷な労働条件だったにも
かかわらず、半月板損傷の症状に限れば発生確立は現代より少ないのではないかと思います。
日常では車を使用せず、歩くことを心がけていますが、それでも現代は便利になりすぎて、
運動不足による機能低下も原因のひとつではないか。特に幼少時から成長期にかけての
運動不足、ゼラチン質の食事内容が乏しいのも無関係ではないような気がします。
これからの子育てにも生かしていきたいので、ご存知なことがあれば教えて下さいませんか?
お忙しい所恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

お礼日時:2005/08/28 01:14

No.1 専門家です。



ご理解いただけまして嬉しく思います。

さて、まだ悩み深い点があるようですので、長文になりますが回答させて頂きます。

1.血腫・水腫
血管のない半月軟骨で純粋に切れていれば出血することはありません。これがより軟骨辺縁で切れていれば血管層を含むため手術処置により出血することがあります。微少な出血なら放置してもほとんどが自然に止血されますが、明らかに吹き出るような出血だと焼灼凝固にて止血操作をします。しかし術後に「過剰に」動くとそこから再出血して関節内血腫となる事がありますので、「日常生活レベルの活動」に止めて下さい。
繰り返しますが、ほとんどの場合は放置しても血は止まりますのので、これを過度に恐れてじっと動かないのは膝にとって悪影響です。速やかに膝は少しでも曲げ伸ばしして下さいね。
また血腫を放置すると血は止まりますが、関節内の炎症反応が起こり、関節液が溜まる水腫となります。この場合は、水を抜いて炎症を収めるヒアルロン酸やステロイド剤を注入しますが、数回行わなければならない事が殆どです。また、関節液は粘性を有するため通常の血管注射より太い針を使うので、その痛みには.... 耐えて下さい。
2.将来(人工関節)
半月板切除したヒト「全て」が、将来、人工関節しなければならない程、膝が変形するとは限りません。あくまでも膝を壊す一要因でしかありません。かくいう私も20年前に半月板切除していますが、現在無症状でスポーツもできています。
ただ、少なからず変形性関節症には移行して、水腫がが出たり、健常人より膝の愁訴が多いようにはなるでしょう。そこで、初回のアドバイスにもあるように、四頭筋訓練など予防策を講じればよいかと思います。
3.要因
半月板損傷の原因は、若年者は殆どが外傷(スポーツ、事故、転倒)です。中高年を越すと仰られるように年齢なりの変性(傷んでくること)が主となり、特に大きな外傷でなく発症します。階段を1段抜かしただとか、振り返りで膝を捻ったとかです。この場合、若年期に外傷歴があればその可能性はアップするでしょう。
> 幼少時から成長期にかけての運動不足...
これは証明する手だてがありません。現代の子供は身長も体重も増加傾向で栄養過多であり、軟骨が脆弱(ぜいじゃく)になっているとは思いません。むしろ、運動能力・反射神経が低下していれば、ケガする率は高くなっているでしょう。
とはいっても、私が若年者で診てきた患者さんたちは高度なスポーツを行っている上でのケガでした。逆にヲタのようなひ弱なヒトがつまずいて損傷なんて状況は皆無です。
> 昔の女性は半月板損傷の症状に限れば発生確立は現代より少ないのではないか...
確かに発生確率は少ないかも知れませんが、結局軟骨は変性し摩耗して変形性関節症に至るお年寄りは後を絶ちません。日本で年間何千人もの方が人工関節手術を受けていることでしょう。それは、人種的問題、環境、特に労働条件やケガなど今と比べても非常に劣悪な状態だからこそでしょう。

とはいったものの、正直このあたりの話は得意では無いので(あまりにも規模が大きすぎで類推の域を出ない)、勘弁して下さい。

個人的な意見からすると、子供は素直に元気に伸び伸びと育ててあげればよいと思います。半月板損傷なんて優性遺伝する訳では無いですから。
話からするに食べ物なんかを強く意識されている様ですが、サプリメントなんかに頼る位なら、好き嫌いなく万遍なく食べられる食事を考えてあげるのがより重要かと思います。

駄文長文、失礼いたしました。
手術が無事終わることをお祈りします。

この回答への補足

厚かましいお願いにもかかわらず、お時間を割いてまで、ご丁寧にありがとうございます。気分がふさぎこみがちでしたが、ご助言のおかげで心が軽くなっていくのが感じられます。教えてgooのシステム上では、十二分に納得のいく回答を頂戴した折には質問を締め切ってポイントを付与することになっていますが、お礼欄をお借りして手術経過をご報告出来たらと考えていますので、勝手ながら、ポイントは今しばらくお待ち下さいます様お願い申し上げます。本当にありがとうございます。

補足日時:2005/08/29 00:10
    • good
    • 6
この回答へのお礼

soo-chan様 こんにちは。頂戴した適切なご助言は「お守り」として入院時に持参しました。術後、執刀医に手術詳細を質問してみたのですが、お忙しいので、手術中に撮影した写真を見ながらの簡単な説明しかなく、十分納得出来なかったことが残念でしたが、外側半月高原中央部に亀裂、めくれがあった個所は切除し、他滑膜炎の個所は平らにし、実質2泊3日で退院。術後経過も良好、退院時も松葉杖不要、伸展装具リチャードも術後5日目からなくなり、現在はテーピングを日毎に緩めながら、リハビリの先生のご指導に従って毎日自宅でリハビリしています。ついサボりたくなる現実ですが、こらえて頑張っています。この度はご丁寧で適切なご助言を頂戴出来たおかげで、様々な場面で大変心強く過ごせました。心より御礼申し上げます。また困ったことが起こった場合は、こちらへ相談させて頂くかも知れません。
その時にもご縁があってご助言頂ければ幸いです。soo-chan様のご健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。

お礼日時:2005/09/13 17:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • スポーツ外傷・スポーツ障害<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

    スポーツ外傷・スポーツ障害とはどんな外傷・障害か  スポーツによる外傷・障害は、急性の外傷と慢性の障害とに分けられます。外傷とはいうまでもなく、骨折、脱臼(だっきゅう)、捻挫(ねんざ)、打撲(だぼく)(挫傷(ざしょう))、肉ばなれ、腱断裂(けんだんれつ)、靭帯(じんたい)損傷などです。  一方、障害とは主としてスポーツによる使いすぎ(オーバーユーズ)を原因として発生するものです。すなわち、腱、靭帯あるいはそ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半月板の内視鏡手術後の経過について

左膝外側の半月板損傷のため内視鏡手術を受けて一週間たちます。先日医師の診察を受け抜糸もしたところ、経過は問題なしということでした。
手術後から幸い、膝の痛みは無いのですが、片足に比べかなり腫れており(といっても、医師曰く「だいぶ腫れは引いてきましたね・・・」とおっしゃいましたが)、歩行も足を引きずってしまいます。特に、階段の上り下りのような曲げ伸ばしは、膝自体の痛みではなく膝上から太ももにかけての筋(上手く表現できませんが)に負担がかかるような重い感じの痛みを感じています。
とはいえ、まだ手術後一週間ちょっとですし、足を引きずって歩いている負担が太ももにかかっている痛みだろうか・・・、あるいは、手術をしたことによる新たな痛みなのか・・と、少々の不安を感じております。医師の診察は一週間後なのですが、同じような手術を受けたことのある方や専門の方など、術後の他部位への影響や歩行が普通にできるようになったのはどれくらい後のことか教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も20年近く前に内視鏡手術を受けました。
まだ内視鏡手術もそれほどメジャーではなく、ただ私の持病のために内視鏡という手段を取りました。
結局私の場合には、全身麻酔でしか出来なかったということもあり、2週間の入院で、1ヵ月後に『普通に歩いて大丈夫』と言われましたがまだ少し腫れていましたし、実際には歩きにくかったです。そして『半年は激しい運動など控えてください』と言われました。
実際には、それ以降、ひざを酷使するようなスポーツ(スキーなど)は全くやっていませんし、今でもときに『ひざに負担がかかったな』とおもうと傷む事はあります。

現代なのでもっと進歩していると思いますが、腫れが引くのには月単位の時間がかかり、走り回れるようになるには3ヶ月、半年位を見ておいた方がいいのではないでしょうか?

なんと言っても、”ひざのクッション”ですから、

Q半月板損傷で手術しました。どれくらいで日常生活に戻りますか?

4月に円板状半月板ということで手術しました。
ところがまだ、腫れが完全に引かずまた膝を完全に伸ばせず、完全にしゃがむことも出来ません。手術した足のほうの腰から張りが出ていて膝までの筋が痛いです。(膝をかばっているからだそうです)
手術前の膝の痛さはなくなりました。

このまま、いつまでリハビリに通うのだろうかと心配になりました。個人差があるし、腿の筋肉がまだ戻っていない(自分でみてもはっきりわかります)ので仕方がないといわれ自分でも納得は出来ました。
しかし、まわりに手術した人もいないので遅い人でもどれくらいで直ったのかを経験者や有識者の方にお聞きしたいと思いました。

執刀してくださった先生はスポーツドクターで腕は確かだと思います。リハビリは週2回通い、マシンを使った筋トレマッサージ等をしています。リハビリの先生も丁寧に指導してくださいます。家でも、足あげなどのメニューを毎日こなしてます。
年齢は40代前半、今の病院の前に通っていたところで2ヶ月近くテーピングをしてたのですっかり腿の筋肉は落ちてしまっていました。いたみ始めが去年の9月だったのでずっとかばって生活していました。

長くなり申し訳ありませんがよろしくお願いします。

4月に円板状半月板ということで手術しました。
ところがまだ、腫れが完全に引かずまた膝を完全に伸ばせず、完全にしゃがむことも出来ません。手術した足のほうの腰から張りが出ていて膝までの筋が痛いです。(膝をかばっているからだそうです)
手術前の膝の痛さはなくなりました。

このまま、いつまでリハビリに通うのだろうかと心配になりました。個人差があるし、腿の筋肉がまだ戻っていない(自分でみてもはっきりわかります)ので仕方がないといわれ自分でも納得は出来ました。
しかし、まわりに手術...続きを読む

Aベストアンサー

2年前に半月ばんの手術しました。入院は1週間 リハビリなし。仕事もしていたので1か月休職しました。
その間は、足も曲げれず椅子を2台並べ足はまっすぐ状態。足は引きずる・・普通には歩けませんでした。
仕事を始めて、それがリハビリになったのか
それなりに歩けるようになり、正座もできるようになりました。
残念ながら、前十字靭帯もぶっつりきれてたので
再度手術になりました。
時間が解決してくれます。かばいすぎはよくないですよ。
結構散歩なんかは、いいですよ。

Q関節鏡視下手術の術後について

半月板を損傷し、MRI検査の結果、関節鏡視下手術をすることになりました。いろんなご意見を見ても聞いても、これが最善策のようです。ただ、その後の松葉杖使い、歩行などの不便な点や、どれくらいでスポーツなどに復帰できるのか等に不安があります。最近、手術を受けた方がいらっしゃったら、どんなことが不都合だったか、どんなリハビリに苦労したか、また、手術中のことでも、小心者の私に教えて下さい。手術の覚悟をしたいんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

患者サイド経験者として、失礼してikapaguさんへの補足質問に関しても含めて詳細綴らさせて頂きました。

手術日の服装&術後のおトイレについて --------

術前点滴を打ち始める前に前打ち合わせの術着(当然ながら上半身は素肌に着用)に着替える。
 ↓
手術室に行く30分ぐらい前に肩に筋肉?注射を打たれる直前に最後のトイレに行った後、前張りを張ってT字帯をつけ点滴をつけている方の腕を肩からもろ肌脱いだ状態にする。
 ↓
ストレッチャーに乗って手術室に向かい手術室の大本の入り口で病室の看護婦さんに別れを告げ術場のストレッチーに乗り換えてから手術台に乗り換えることとなるはずですが・・・
そのさい、術場のストレッチャーに術着とT字帯は寝たままはだけ脱ぎ残して全裸(前張りオンリー)になって手術台に移動。
ただし、術着を脱ぐ前に首からしたは布で覆ってもらえます。その布の下で、看護婦さんの介護のもとの脱衣となります。そして、オペ台への移動中も・その後も、体を動かすたびに看護婦さんが処置部以外の胴体は常に隠すべく布をずらして覆ってくれますので安心して下さい。(でも、腋の下のお手入れお忘れなく!)
 ↓
手術台に乗ったら、点滴していない腕には血圧計がつけられ心電図もセットされ患部の消毒が完了したら麻酔タイム・・・あとは、下半身の自覚記憶は皆無となります。
 ↓
尚、術中の心身の不都合・要望は枕元で血圧・心電図等・状態管理している看護婦さんを頼るとよいです。(枕の調整でも何でもしてくれますし、表情見て何かを察知すれば直に声がけもしてくれるはずです。)
 ↓
術後は、エストレッチャーに移る際に脱いでいた術着とT字体をつけて(そのさいに、前張りは外してもらう方が下腹部にも麻酔が効いているので剥がれるさいの痛みがなくて済みます。看護婦さんが患者意思確認後、布の下で慣れた手検討で剥がしてくれるはずです。)その日は、そのままの服装で休むこととなる。
 ↓
当日は、麻酔の関係もあって上体を起こさない方がよいので(頭をあげると、後日頭病みの原因ともなります。)寝たままでトイレもベットの上。

全身麻酔の場合は尿道に管を入れての常時排泄ですが、下半身麻酔の場合は横になったまま便器での排泄となる。(関節鏡での膝の手術ならば、特別な事情がない限り下半身麻酔ですので・・・。)
ただ、麻酔が下腹部の麻酔が切れて感覚が戻る前に膀胱が張り過ぎるような場合には尿道に管を一時的に入れて排尿させてもらえます。
(何も飲んでなくても、点滴で水分摂取しているので尿は溜まってしまうわけです。)

ちなみに、患部に血抜きの管が入った場合はチューブ内への出血の完全停止の確認・許可が出るまではベット上での排泄となります。
でも、関節鏡による処理だけならば手術翌日には血は止まっている場合が大半だと思いますので・・・翌日から松葉杖で自分でトイレに行けるはずです。

尚、ベット上での排泄字には女性は股の間にティシュを挟んで伝わす感じで排泄するのが普通なので乾拭き後用に厚手のウエット(ベビー用のおしり拭きがお薦め)を用意しておくとよいです。
翌日以降、1人でトイレに行けるようになっても抜糸までオフロに入れないので清拭のさいの部分拭き用としても重宝します。

ちなみに、必ず手術前日に麻酔科の担当医と術場の看護士(女性とは限らない)の方が病室に説明にこられるはずなので・・・事前に心配なことや依頼ごとがあったら、そのさいに確認・お願いするとよいかも?
あと、前日の入浴前には膝の患部周辺の産毛を看護婦さんが剃りに来るはずです。

術前の肩の注射・補足 / 気分をリラックスさせる効果もあるるみたいです。ただし、圧を感じる痛~い注射です。痛いものと覚悟していると間違いないです。
あと、後々・痛みしこりが残りやすい注射ですので・・・打った直後に痛いぐらい力いっぱい・しかと揉んでおいてもらうとよいです。(看護婦さんも心得ておられるはずですが・・・足りないと思ったらリクエストされるとよいかも?プロの揉み方って別物なので自分でするより確実。)

腰椎麻酔・補足 / 横向いて丸まった状態で腰に打ちまが・・・
しかと膝を抱いて針をさされたさいにピクリって腰を反らせることないようにするのが肝心です。
上手い先生ですと、麻酔薬挿入中も圧を感じるだけで痛みはほとんどない感じです。


松葉杖について --------

手術前に杖の長さ合わせをするさいに、未経験方には使い方の指導・練習タイムがあるはずですので心配不要です。

尚、トイレや洗面のさいは大きなポケットのある上着をはおって必要なものはポッケに入れてしまうか・・・もしくは、身につけるかにすれば楽です。
(手に持とうと思うと、どうしても杖でガチャガチャしてしまいますので・・・)

でも、不便だったりすることは看護婦さんだけでなく同じ病室の方達や見舞い人の皆さんも自然とサポートしてくれるはず!
「手術したのだから少しぐらいは痛くて当たり前!多少は、不便でも当たり前!」、お膳の片付け等も両手松葉杖の間は無理せずに甘えてしまえばよいのです。

病室内の関係も、もちつもたれつ・・・手術前や退院前には、逆に術後の片をサポートしてあげましょう。


手術中について --------

ちなみに、私の膝は完治はない状態なのでオペは諸々で既に6回(うち関節鏡オンリーのオペは3回)しているのですが・・・。
手術中には、いつもクラシック音楽が流れていました。私は、出頭医の好みにおまかせでしたが・・・やはり、患者さん自らが楽曲リクエスト持ち込み依頼される場合もあるという話でした。
(ただし、当然・・・出頭医の仕事の邪魔になるような担当医師の好み外のものは厳禁。無難選曲で!)

ただ、何れにしても関節鏡のオペの場合はメインの治療処置時間は短いので手術時間の大半が術前(計測器セット・消毒・麻酔・他)・術後(縫合・患部消毒保護・他)処理と移動時間といった感じです。

緊張し過ぎて疲れて、逆に自然とウトウトしてしまったら目を閉じて何も考えずに一時・眠りに落ちるのもお薦め・・・。
逆に、予想外にリラックスでき好奇心の塊になれたならば・・・自分の膝の状態把握・理解の為にも、処置・合間で驚異の小宇宙の世界をモニターで見せてもらうのもお薦めです。

驚異の小宇宙・生中継・余談 / 血液を風圧で完全に飛ばした状態で見せてくれたので、膝内は予想外に奇麗な世界でした。痛んだ軟骨がクラゲのように舞ってみえて神秘的ですらありました。


リハビリについて --------

血抜きの管が抜けた日からにベット上で横になった状態での関節屈伸リハビリ(潤滑油を呼ぶ為にも肝心)・他リハビリ(膝の上の筋力キープがネック)もスタートするはずですが、でも半月板軟骨損傷のオペ後のリハビリは靭帯損傷などと違って楽です。

関節鏡でのオペならば、傷も小さいですし回復も早いので筋力低下も少ないでしょうし・・・そんなに心配はいらないはずです。

術後は、冷却装置で患部を冷やしてくれるはず(施設差ありかも?)ですが・・・装置が外れた後(orなかった場合)やリハビリしていて熱持って病む様だったら、アイスノンをもらって膝を冷やしてあげると楽になります。


スポーツ復帰について --------

単に半月板の損傷といっても、個人状況差はつきものです。
術後の経過・膝の屈伸の障害具合や筋力の問題等・リハビリの進行によっても時期はズレるでしょうし、スポーツ復帰に関しては経過観察しつつの決定となるはずです。


最後に! --------

普段なかなか読みだせない本とかをかかえて行っての読書三昧も可能です。めったにとれない休養タイムだと思って過ごすには、関節鏡オペの入院期間はジャストだと思います。

患者サイド経験者として、失礼してikapaguさんへの補足質問に関しても含めて詳細綴らさせて頂きました。

手術日の服装&術後のおトイレについて --------

術前点滴を打ち始める前に前打ち合わせの術着(当然ながら上半身は素肌に着用)に着替える。
 ↓
手術室に行く30分ぐらい前に肩に筋肉?注射を打たれる直前に最後のトイレに行った後、前張りを張ってT字帯をつけ点滴をつけている方の腕を肩からもろ肌脱いだ状態にする。
 ↓
ストレッチャーに乗って手術室に向かい手術室の大本の入り口で病室の...続きを読む

Q半月板損傷の手術の入院期間って大体どのくらいですか?

半月板損傷の手術の入院期間って大体どのくらいですか?

Aベストアンサー

手術内容にもよります。
半月板切除手術のみなら翌日だったか翌々日には退院です。
この場合は歩いて大丈夫らしいです。

私の場合、半月板切除と縫合の両方を行いましたので、2~3週間の入院でした。
絶対に下に足を付けてはいけなくて車椅子生活です。

ちなみにリハビリは体調にもよりますが手術後、翌日からスタートします。
私は麻酔が抜けず翌日は吐き気と目眩で翌々日から車椅子に乗って、リハビリが始まりました。

Qひざの半月板の手術をした方の体験談をおききしたいのですが?

ひざの半月板の手術をした方の体験談をおききしたいのですが?
MRI を撮りましたところ、医師は、とりあえず様子を見ましょう、と言われました。
で、痛みが強くなれば、注射、手術ですね、と言われました。
手術は脊椎麻酔らしく、怖いですし、3週間くらい(安静?入院?)があるとのことでした。
あと、きちんと治らないケースもある(回復にはかなり、期間が必要など、いろいら不安な点が多い感じです)
多少は水も溜まっているとのこと。
40才代だから、よくあることです、とか、、?
なんか、説明が、急を急ぐのか、急がないのか、よくわからないのです。
すいません、体験談をお聞かせいただければ幸いでございます。

Aベストアンサー

回答者1&4です。あぁ、書き忘れました。

半月板除去と言っても、半月板を全部摘出するんじゃないと思います。まぁ、もちろん全ての半月板が傷ついてどうにもならない状態なら全摘する事もあるみたいですけど・・・・。最近は傷ついた部分の半月板だけを摘出して傷の無い部分は温存するというのが一般的みたいです。

それと、半月板を縫い合わせるという手術法もあります。どういう場合にそれが適応されるのかは詳しく知りませんが、綺麗にスッパリ切れてる場合に縫合するような事を私の担当医は言っていたような気がします。

Q半月板損傷 仕事や運動はしない方がいいですか?

すみません。とても不安なので、質問させていただきます。

約2ヶ月前に右膝の半月板辺りを使いすぎにより傷めてしまい、
普通に歩くのも痛みを感じていました。
少し時が経ってから病院に行き、医者のMRI診断結果は、「半月板に小さな傷があるかもしれない。痛みが今無いのであれば手術する必要はありません。」
と言われ、現在2ヶ月目になります。
痛みは全く無くなって普通にスポーツも出来る位に回復したのですが、
膝を曲げた時にほんの若干引っかかるような感じでコクコクっと2段階音が鳴ります。、
この症状は痛みがほとんど取れた受傷一ヶ月後くらいからずっと続いていて、あまりマシになっていません。

今現在、趣味程度で、軽いランニングマラソン、キックボクシング、ソフトボールをやっています。
・・・そこで質問なのですが、

(1)半月板に傷がある現在、痛みが全く無くてもこれらのスポーツは出来るだけやめておいた方がいいのでしょうか??

(2)これらのスポーツをやる事によって、また傷が大きくなったり、他の部位(軟骨など)を
  損傷してしまう等の悪い方向に行ってしまうのでしょうか??

(3)手術無しで、このコクコク鳴る症状から回復した方はいらっしゃいますか??


ストレッチや膝の筋肉を付ける運動(筋トレ)は良いと皆からお聞きします。
ですが僕の好きなスポーツはどうなのか気になって仕方がありません。
出来るだけ多くの方からの回答お待ちしております。
宜しくお願い致します。

すみません。とても不安なので、質問させていただきます。

約2ヶ月前に右膝の半月板辺りを使いすぎにより傷めてしまい、
普通に歩くのも痛みを感じていました。
少し時が経ってから病院に行き、医者のMRI診断結果は、「半月板に小さな傷があるかもしれない。痛みが今無いのであれば手術する必要はありません。」
と言われ、現在2ヶ月目になります。
痛みは全く無くなって普通にスポーツも出来る位に回復したのですが、
膝を曲げた時にほんの若干引っかかるような感じでコクコクっと2段階音が鳴ります。、
...続きを読む

Aベストアンサー

半月板は血管が通っていない為に自然治癒能力がありません。ですから一度損傷すると元の形には戻りません。膝がコクコクなるのは半月板の表面が損傷により滑らかでない為か、関節の咬み合わせが悪い為であると思います。

コクコクは痛みを伴わなければそんなに心配はいりません。スポーツもできると思いますが程度の問題です。痛みが出たらすぐに中止するべきです。また一度損傷していますので損傷していない人よりは再度、損傷しやすくなっいます。ですからスポーツで損傷が大きくなる事は十分考えられます。半月板が潰れてしまえば、軟骨にも影響が出ます。半月板があっても過度の使用で軟骨は損傷しますよ。
つまり、程度の問題で、うまく傷と付き合っていくしかないですね。

関節の咬み合わせが悪い場合は、関節機能異常の改善法としてAKA博田法という整形外科などで行われている手技療法があります。日本AKA医学会のホームページを参照してください。

お大事にしてください。

Q半月板損傷の切除手術について

40代後半男性です

12月ぐらいから、膝が痛み
某病院の整形外科にてMRI検査を受け、
半月板損傷(中程度、縦断裂)の診断を受けました
この怪我は、完全治癒は不可能であることは
その医師の話でも、いろいろなHPの内容から理解しました。
治療方法としては、半月板の切除(部分)があることも知りました。

現在、痛みは少々あるものの歩行は不自由なくできるまでに回復しています
医師の診断では手術の必要はないそうですが、それは普通の生活に戻るためにはとのことで、強い運動とかはできないとのことです。

しかし私は陸上競技(マスターズ陸上)とソフトボールを
行っており、どちらも今後も行いたいと考えており
医師にそれを言ったら、絶対無理、そんなことは考えるべきでないと言われました。

しかし、いろいろなHPの内容では、手術でのスポーツ復帰をしている人も多くいるようです。
その場合、長期的にはリスク(膝変形症等)があることも知りました

長くなりましたが、部分切除手術を本気で考えていますがこのような場合、手術によりどの程度まで運動できるようになるのでしょうか?

もし実際にこのような手術を経験した方がいたら
どの程度の、半月板損傷の症状に手術を行い、
以前に比べどの程度まで運動できるようになったか教えてくれませんか
又、手術の費用、入院期間、普通に歩けるまでの日数、運動開始できるまでの日数(個人差はあると思いますが)も教えてください

40代後半男性です

12月ぐらいから、膝が痛み
某病院の整形外科にてMRI検査を受け、
半月板損傷(中程度、縦断裂)の診断を受けました
この怪我は、完全治癒は不可能であることは
その医師の話でも、いろいろなHPの内容から理解しました。
治療方法としては、半月板の切除(部分)があることも知りました。

現在、痛みは少々あるものの歩行は不自由なくできるまでに回復しています
医師の診断では手術の必要はないそうですが、それは普通の生活に戻るためにはとのことで、強い運動とかはできないとの...続きを読む

Aベストアンサー

あくまで私個人としての経験ですので、参考程度として下さい。なお、現在41歳の男です。

発端)20歳の頃、バイクに乗っていて車と衝突、その際バイクと車に左足を挟まれ負傷。左足は腿
   から下が内出血し、腫れが引くのに1ヶ月かかった。その後約15年間は1~2ヶ月に1週間程度の
   割合で左膝に激痛。病院にリハビリに通うものの良くならず、別の病院に変わってから「半月板断裂」
   の診断を受けた。(最初の病院では単に事故の後遺症で、良くならないと言われていた)

治療)内視鏡手術による断裂部切除。全体の約半分位は切り取られたと思う。(手術当初はモニターで見て
   ました)
   手術後は3日ほど入院して、その後退院。コルセットをしばらく付けてました。1~2ヶ月通院しな
   がらリハビリ。手術後すでに6年ほど経過しましたが、生活上の支障はありません。
   なお、安静期間は会社の夏休みと有給休暇で最小限に抑えました。
   普通に歩けるまでは1ヶ月はかかったと思います。

費用)幸い保険が使え、生命保険からも費用が出たため、自己負担は10~20万円の間であったと思います。
   入院期間が短かったのも費用が安く付いた理由だと思います。

運動)当時私はバトミントンをやっていましたが、復帰するまでに半年はかかりました。その後次第に足を
   慣らしていき、1年後には普通に出来るようになりました。運動量としては、1週間に2~4時間く
   らいです。医師からはあまり無理は出来ないと言われていましたが、痛くなったらやめるつもりで最
   近まで続けていました。(所属しているクラブが休部になってしまったので、現在はやってません)

現在)左膝の痛みは現在全くありません。手術前は膝がカクンと鳴って、関節が外れそうになるような妙な
   感触がありましたが、それもなくなりました。
   私の場合は手術して正解でした。手術前のようにびっこを引いて歩くこともなくなったのですから。
   術後のスポーツは痛くなったらやめるという割り切った考えで、体の様子を見ながらこれからも続け
   ていきたいと考えてます。

現在、50歳半ばの伯父も同様の手術をして入院していますが、こちらは完治するまで入院するとのことで
1ヶ月以上はかかるようです。
重量物を運ぶ仕事で半月板を痛めたようですが、復帰後はもう、同様の仕事はしないそうです。
   

あくまで私個人としての経験ですので、参考程度として下さい。なお、現在41歳の男です。

発端)20歳の頃、バイクに乗っていて車と衝突、その際バイクと車に左足を挟まれ負傷。左足は腿
   から下が内出血し、腫れが引くのに1ヶ月かかった。その後約15年間は1~2ヶ月に1週間程度の
   割合で左膝に激痛。病院にリハビリに通うものの良くならず、別の病院に変わってから「半月板断裂」
   の診断を受けた。(最初の病院では単に事故の後遺症で、良くならないと言われていた)

治療)内...続きを読む

Q教えて下さい。半月板損傷は自然に治りますか?

こんにちは。
半月板損傷は手術しなくても治りますか?教えて下さい。

MRIをとったら半月板が真っ白になっていて損傷しているとのことで
手術も考慮しないといけないそうです。
もし、再生可能なら手術しないですむかとも思い考え悩んでいます。

手術しないで治された方はいらっしゃいますか。私は歩くのがやっとの状況が
50日くらい続いています。今度の診察日にどうするか一応話し合いをします。

最初の病院が全然ダメだったので今は市立病院に通っており、歩けなくて病院に行けないことや台風で予約を変更してりで、長くなりました。
けがをしたのは先先月の8月21日です。

左内側半月板損傷が正式名だそうです。
ご経験の方ぜひ教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No3です
今も、夜湿布を貼るほど痛いのですね
お辛いことと思います
私も痛みが取れるまでは、直接膝を伸ばして寝ると痛いので毛布で足枕をしてました
ところで、今も痛みが取れないのはまだ炎症があるからかと思います
アイシングはしていますか?
半月板損傷で探していた時に見つけたページです
http://blog.livedoor.jp/p208bwk6/archives/51299452.html
このページに載ってる全部は無理でしたが、冷やしたりしていたら、痛みが取れました
もし良ければやってみてください
あとはとある整体に何度か行ったら 半月板を通常の位置に戻してもらい、
痛みがなくなりました
なので、そのうち松葉杖を返却しに行こうかなと思っています
痛いのってほんと辛いですよね
心配になったので また回答しました
早く痛みが取れますように
お互い辛いですよね
頑張りましょうね!

参考URL:http://blog.livedoor.jp/p208bwk6/archives/51299452.html

Q半月板損傷疑いに対しての関節鏡検査

夫なのですが、2年ほど前に関節痛のため整形外科を受診し、軟骨がささくれ立っていて痛みを伴っていると言われ関節注射をし、様子を見ましょうとのことでした。

2年前は体重90キロ以上の巨漢で周りと大差なくバレーボールをしていたせいで関節に負担が来たんでしょうとのことでした。そのときより20キロ以上ダイエットし、バレーボールもし、1年ほど前から空手もやり始めました。

2年間さほど痛みは訴えてはいなかったのですが、最近また痛いと言い始めたので、受診しました。

2年前のMRIとさほど変わりないが、痛みが続いてるので関節鏡を勧められました。MRIでは半月板損傷ははっきりせず、1,2,3と段階があるとしたら、2段階目ぐらいだと思う、関節鏡をしても損傷があるかもしれないし、ないかもしれない。医学的には関節鏡をしたほうがいいといえる。どうしますか?と、判断を問われました。

外見的な検査はこれ以上ない、関節鏡をしてもあるかもしれない、ないかもしれない・・・。痛みがあるのならやった方が良いのか・・・。
絶対しましょうと言われればやるしかないと思えるのですが、あるかもしれない、ないかもしれないと言う点で悩んでいます。
関節鏡をして損傷が見つかり手術して良くなった人もいますが、治らないと言う事も聞きます。
整形的な手術ははっきり治るという保証がない気がしてこれ以上悪化したら・・・と不安もあります。

しかし、関節鏡をしたら原因がはっきりするのかなぁ・・とか。

夫には好きなスポーツを痛みなくやらせて上げたいのですが、検査を受けた方が良いか教えてください。
また、1週間の入院と言われていますが、費用はどのぐらいかかりますか?

夫なのですが、2年ほど前に関節痛のため整形外科を受診し、軟骨がささくれ立っていて痛みを伴っていると言われ関節注射をし、様子を見ましょうとのことでした。

2年前は体重90キロ以上の巨漢で周りと大差なくバレーボールをしていたせいで関節に負担が来たんでしょうとのことでした。そのときより20キロ以上ダイエットし、バレーボールもし、1年ほど前から空手もやり始めました。

2年間さほど痛みは訴えてはいなかったのですが、最近また痛いと言い始めたので、受診しました。

2年前のMRIと...続きを読む

Aベストアンサー

膝関節は、3つの骨が組み合わさった精密な関節ですし、全体重がかかってきますから、非常に重要な関節でもあります。

半月板は、3つの骨のクッションの役割をする「軟骨」ですが、軟骨は一度壊れると自然に治癒することはありません。(普通の骨には血管があり、骨折すると、血液中の骨になる細胞が修復しますが、軟骨は血管がないので、修復しないのです)

つまり、いちど「ささくれ」ができると、治らないのです。

痛いので関節を動かさないと、半月板が上下の硬い骨と癒着して動かなくなってしまいます。

従って、整形外科の専門医のお勧めは、「もう手術の磁気ですよ」ということですから、だましだまし関節を使うより、思い切って手術をされることをお勧めしたいと思います。

非常に細い鏡で、モニタを見ながらささくれ立った軟骨をきれいに削って整復し、骨との癒着部分を切り離していきます。

部分麻酔で十分ですから、ご主人もモニタで手術の様子を見ることもできないことはありません。

軟骨部分はX線写真には写りませんので、画像の骨と骨との隙間の部分の厚さで想像するより、内視鏡で観察するのがベストなのです。

健康保険がききますので、費用はわずかです。

膝関節は、3つの骨が組み合わさった精密な関節ですし、全体重がかかってきますから、非常に重要な関節でもあります。

半月板は、3つの骨のクッションの役割をする「軟骨」ですが、軟骨は一度壊れると自然に治癒することはありません。(普通の骨には血管があり、骨折すると、血液中の骨になる細胞が修復しますが、軟骨は血管がないので、修復しないのです)

つまり、いちど「ささくれ」ができると、治らないのです。

痛いので関節を動かさないと、半月板が上下の硬い骨と癒着して動かなくなってしまい...続きを読む

Q入院します

来週、膝の半月板の手術で入院します。
5日目に退院する予定です。
2社の医療保険に入ってるのですが、いずれも
保障の対象が5日目からとなっています。
手術代+入院費用で10万以上するようです。
ただ4人部屋なのでベッド代は無料だと
聞いています。

そこで質問ですが、
5日目の午前中に退院する場合、5日目の
1日分は保障対象になるのでしょうか。
その場合、国保で高額医療費の申請をして、
差額を医療保険に請求するのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。
>「入院5日」と書いてくれるかどうかは
病院の方針によって変わるものなのでしょうか。

通常は4泊5日ですから「入院5日」ですが、「午前中の退院なので1日おまけし、当日は計算にいれません」などという親切な(?)病院もあります(個人病院などでは)

>私のほうで依頼できるものでしょうか。

病院に「5日入院しないと保険が下りない」と言えば、配慮してくれる病院もあります。

billy24 さんの加入している保険で「膝の半月板の手術」が給付の対象になるかどうかが解りませんが、対象であれば「入院日額」の「10倍」だとおもいますので全額出れば

入院(5,000+4,500)+手術(50,000+45,000)が給付金額です(対象でなかったら入院のみですが)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報