結婚して1年。まだ1歳にならない娘が居ます。主人26歳、私25歳。

●結婚してから主人の借金が発覚しました。(サラ金に約100万円)
 主人の親が立て替え返済してくれ、だから利息なしの返済を行っています。

●主人サイドから頂いた結婚の祝い金80万円を知らず知らずのうちに
 主人が使ってしまいました。(問いただすと知人への借金返済などらしい)

●2ヶ月に1回ほどのペースで「麻雀で負けた分を借りてる」と言って
 5万~10万を家計から捻出します。

パチスロや麻雀で作った借金ばかりです。
でも家賃&お米代&車の保険代が要らないので生活できています。

浪費がひどいので小遣いを少なくすると友人に借りてくるのであげないわけにも・・・
--------------------------------------------------------------------------

本格的に離婚を考えている訳ではありませんが、こういった理由からでも離婚は
できるのでしょうか?その場合主人は応じないと思いますが、それでもできますか?

別居でもいいのですが。。。

できるのであればそれを盾にし、心を入れ替えてもらいたいのと、
ずーーーっとこんなのが続いて、我慢できなくなったときのことを考えて。


どなたか詳しい方、アドバイスください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

現在、離婚調停申し立てしている専業主婦です。


質問者様と同様に夫の浪費で口論となり、市町村の無料法律相談したところ、弁護士に約定書を作成して貰いました。作成費用5万円でした。

>ずーーーっとこんなのが続いて、我慢できなくなったときのことを考えて。
約定書は夫婦間の取り決めごとを確認し、両名が捺印する。
約定書を作成していれば万が一夫婦間に破綻をきたした場合、効力を発揮してくれるでしょう。
ただし、強制力はありませんが充分盾になると思います。

お子様が1歳未満では共働きも不可能ですよね。
幸い、ご主人様の暴力や暴言もないのが救われますよね。
    • good
    • 0

離婚原因に該当します。



お互いの話し合いで解決に向かうことができれば、それに越したことはありませんが、それが難しい場合は、家庭裁判所の調停手続を利用することをお勧めします。

離婚の調停の内容は2パターンあります。円満調整型と夫婦関係解消型です。必ずしも、離婚を前提としなくても、今後の婚姻生活を継続させるための方策を話し合ったりもできます。

申立手続は、家庭裁判所の窓口で親切に説明してくれるので、ご自分でできます。費用は、原則として1700円と低額です。
以上、参考にしてください

参考URL:http://www.mb.megafit.net/~yamadaya/mag1back6.htm
    • good
    • 0

>主人の浪費で離婚ってムリ?



無理ではありませんが離婚は調停前置主義を採用しています(家事審判法18条)ので、即、訴訟はできません。調停をされてはいかがでしよう。家庭裁判所で相談してください。以外と親切です。
    • good
    • 0

まだお子さんも幼いようですし、出来ることなら親子三人で穏やかな生活をおくっていただきたいと思います。



ところで、質問の件ですが、
>2ヶ月に1回ほどのペースで「麻雀で負けた分を借りてる」と言って
>5万~10万を家計から捻出します。

26歳という年齢から考えますと多額のような気がしますが、問題はそれを控除した後にあなたとお子さんの生活が成り立つか(逆に言えばご主人の収入がそれなりにあるか)ということに関わってくるかと思います。

民法第770条第1項に夫婦の一方が離婚の訴えを提起できる場合が規定されており、5号に「その他婚姻を継続しがたい重大な事由のあること」というどうとでも取れる条文の規定があります。

もし離婚の訴えを提起できるとしたらこの部分となるのではないでしょうか。

重大な理由であるかどうかは、この場では確認しづらいことでもありますし、匿名とはいえネット上に詳細を載せるのも抵抗があるでしょうから、公的な相談を用いることをお勧めします。

市区町村役場で行われる法律相談、裁判所で2週~1月くらいの割で弁護士が無料法律相談を受け付けているかと思います。
時間が限られておりますので、効率的な質問をされるためにはこの事例の場合「戸籍謄本、源泉徴収票、家計簿」などを持参されるとよろしいかと思います。
    • good
    • 0

 配偶者の浪費は有効な離婚原因のひとつです。

浪費といっても程度が問題ですが、日常生活に重大な影響を及ぼす程度のものであれば、浪費による夫婦生活の破綻を理由に離婚することが可能です(配偶者が同意しないのであれば、審判離婚・調停離婚・裁判離婚となります)。お互いの努力によって夫婦生活を修復・維持することができる段階である場合、すぐに離婚を認められることは難しいでしょうが、あなたの再三の忠告にも従わず、浪費を続けているようであれば有力な離婚原因となると思います。おっしゃるように、「このまま、このような生活が続くのであれば離婚を考える」と相手に言い聞かせることは十分に意味のあることだと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借金返済者が返済のお金を渡したという証明書類とは?

少しややこしいんですが、簡潔に書きます。


過去に母にお金を借りていたんですが、昨年まとめて返済しました。
(ここでも相談したんですが)その際に、自分で完済証明書と領収書を作成して「全ての借金を完済したので、一切の借金はありません」というサインを母にしてもらいました。

ここからが本題で、今になって母が「借金返済した時にサインしたようなものが欲しいから、署名をしてほしい」と言ってきたんです。

内容を聞くと、あなたが私に借金完済の為にお金を渡しましたというもので、それにサインしてくれたらいいとい言うのですが、こんな書類ってあるんでしょうか?

本来、借金を返済した人が領収書なり完済証明書を発行してもらうのなら分かりますが、その逆っていうのはありえるのでしょうか?


もし法的に書類を作るとなると、何という書類になるんでしょうか?
お金を貸していた母が作ってもいいんでしょうか?

Aベストアンサー

貴方はその金銭貸借については返済の書類は所持していますが、母の立場としては母の死後何らの受け取りを証明する具体的な証拠は無いわけです。
                     
貴方を借主、母を貸主として例えば 「覚書、完済証書」 などの表題で作成すればよい。

                         覚書 or 完済証書
貸主(母上):OOO0 住所:
借主(貴殿):0000 住所:
00年00月00日(貸借の日付け)、金額xxxx、xxx を(貸主、母上)が(借主、貴殿)に貸し付けた金員の内、返済残金000,000は00年00月00日(本件完済日付け)に確かに(貸主、母上:0000)は(借主、貴殿:OOO0)から残金を一括返済金として受領しました。 依ってこれを証する為に双方は記名捺印をしてこれを保管する事とする。

平成00年00月00日

★母上にとって安心するように丁寧に書かれたら如何でしょうか。

Q親が借金を残して死亡したした場合、いつその子供に借金返済を請求できるか

 親が借金を残して死亡した場合、いつ子供に請求できるのか教えてください。
 相続の手続きが終わってからではないかと勝手に思っているのですが、もしそうであれば、死亡から相続手続き終了までの利息はどうなるのかもあわせて教えてください。
 法的な根拠も教えていただけたら幸いです。
 

Aベストアンサー

No2で回答したものです。

追加でご質問のあった点につき,補足いたします。
金銭債務については,遺産分割の対象になりません。遺産分割をするのは積極財産についてです。

簡単に言うと,債務は相続人がその相続分に応じて負担するものなのです。
ですから,そもそも誰が負担するか分からないという事態は生じないのです。
逆に言うと,全額回収するには,全員に請求しないといけませんね。

もっとも,相続人間で,債務は誰々が負担すると決めることがあります。
しかし,これはあくまで相続人間での取り決めで,債権者はこれに拘束されません。
(でないと,資力のない者に債務を負担させ,破産させることなどが横行することでしょう。)

Q浪費の妻の借金を法律的に止める方法

知人の妻がサラ金を繰り返し、知人がほとほと困っております。いろいろ本を読むと、妻を準禁治産者にすれば、妻を自己破産後、悪徳業者が更に貸しても、裁判で無効にできると書いてありましたが、成年後見制度が出来て浪費だけでは準禁治産者に出来なくなったと聞きました。
これにかわる法的対抗策があれば教えてください。

Aベストアンサー

よくサラ金等で利用している情報センターやサラ金会社が共同で運用している相談センターに行ってみたほうが良いでしょう。
前者では、情報開示のほかに貸金業の利用を差し止めることもできる場合があります。
後者は特にあなたのような相談を受けてくれます。
法律に基づいて動くより、このような相談センターを利用した方が先々のためだと思いますが…。

Q借金返済

こんにちは。私の友人があまりにもおかしな状況に置かれていて、自分は法律に詳しくないのでこちらで何らかの情報を得れたらと思い投稿します。友人は女性で彼女の両親はもう亡くなっています。友人の母親は生前土地と家を持っていました。名義は友人の母親です。しかし、この名義を生前、そして亡くなった後も友人は何もしてなくて、気がついたら友人名義になっていました。友人の旦那の父親は借金をしていて、その保証人は友人の旦那です(結婚前から)。そして、結婚後、友人の母親は保証人でもなんでもないのに、その借金を少しずつ返して上げてました(正確に言うと、お金を旦那の父親に渡して、彼が返しに行ってました)。ところが、母親が亡くなって、借金の返済が苦になり、気がついたら母親の土地と家がその借金のために競売にかけられていました。借りている元は農Kで、決して悪徳ではないのですが・・その農Kがその競売の手続きを勝手にやっていたというのです。この中で、旦那の信用度も全くないのですが、このように勝手に今となっては友人の名義となっている土地・家をその旦那が父親の借金の保証人というだけで、勝手にそのような手続きができるのでしょうか?

こんにちは。私の友人があまりにもおかしな状況に置かれていて、自分は法律に詳しくないのでこちらで何らかの情報を得れたらと思い投稿します。友人は女性で彼女の両親はもう亡くなっています。友人の母親は生前土地と家を持っていました。名義は友人の母親です。しかし、この名義を生前、そして亡くなった後も友人は何もしてなくて、気がついたら友人名義になっていました。友人の旦那の父親は借金をしていて、その保証人は友人の旦那です(結婚前から)。そして、結婚後、友人の母親は保証人でもなんでもないの...続きを読む

Aベストアンサー

だいぶお悩みのようですね。こうした場合にはワーストケースに備えることが肝要かと思われますので、ご友人が過去の記憶を失っているのではないとした場合の最悪の可能性を想定してご回答します。

#2指摘のとおり、謄本をあげ、担保設定または相続登記の時期に本人が役場で印鑑証明をあげたて実印入りの委任状等を司法書士等に渡した記憶がないか思い出してみるのが先決かと思われますので、ご確認いだだくのが先決でしょう。
また、ご友人の母親が本当に保証人になっていないのか、債権者に確認することも必要と思われます。というのは、担保提供者は連帯保証人として徴求しておかないと債権者は後日任意売却時に高値で売るための協力が得られない(単なる担保提供者なら、どんな安値でも物件を売ったらそれで責任を果たしたことになるので、「どうでもいいや」的な対応になりがちです。これに対して連帯保証人なら債務完済まで責任が残るため高値で売ったほうが賢明です)ため、債権者サイドとしては後日の回収上の便宜を考えて連帯保証人になってもらおうと交渉しているのが通例だからです。

本題ですが、担保設定または保証等の行為をされていない、単なる債務者の関係者には、相続等で債務や責任が承継されていない限り、請求がいくことはありません。金融機関等では競売等法的措置の前には強制回収のための本部稟議をあげたり等する前に厳格なチェックを経ているのが通常ですので、不実の登記等が過去にされているにせよなしにせよ、債権者サイドから見て何らかの相応の理由があるような外形が発生しているかと思われます。
担保設定はご友人の母親がされていたのが確かであれば、その後ご友人名義に相続登記をされたことが不実の登記である可能性があるでしょう。この場合、担保設定による責任(担保物件を売却により弁済に充てなければならない、ということ)はその後主となったご友人にも承継されます。
担保設定は母親でなくご友人の代になって行われたことが判ったのであれば、そのご友人として登記上なされたことになっている設定が不実の登記である可能性があります。その場合、立証できれば原状回復のため抹消登記を請求できることもあるでしょう。もっとも印鑑証明が設定時には必要なので、何かの理由でこれをご友人が渡したという事情があるならば表見代理として有効な設定行為と認められることも考えられるため、法的にも勝ち目があるとは断言できません。

どの段階で誰が不実の登記を行ったのか、保証人に本当になっていないのか、きっちり確認のうえ、不服があるならば弁護士等に相談されることをお勧めします。役場の市民課等にはボランティアの弁護士等による無料相談がされていることもありますので、一度きっちりした謄本、原因書コピー、母親・旦那の筆跡がわかるような資料、借入の契約にかかる事実・残債のわかるような資料、借入の時点で保証人になっていればその内容がわかるような文書等確認資料持参の上、不明な要点をまとめて相談にいかれることをおすすめします。

だいぶお悩みのようですね。こうした場合にはワーストケースに備えることが肝要かと思われますので、ご友人が過去の記憶を失っているのではないとした場合の最悪の可能性を想定してご回答します。

#2指摘のとおり、謄本をあげ、担保設定または相続登記の時期に本人が役場で印鑑証明をあげたて実印入りの委任状等を司法書士等に渡した記憶がないか思い出してみるのが先決かと思われますので、ご確認いだだくのが先決でしょう。
また、ご友人の母親が本当に保証人になっていないのか、債権者に確認することも必...続きを読む

Q故人の借金返済

故人となった人が消費者金融から数百万の借金をしていて
死後、返済が滞った為に金融会社の人間が自宅に徴収に来て
パニクッタ義母は保険金や預貯金を下ろし返済に行ってしまいました。

一周忌が終わり、実は恥ずかしいから言わなかったけどと
先日その話を聞きました。
私は話を聞いて???
何故義母が返済する義務が?と
義母も冷静になって?と思って消費者金融に間違ったからと
言ったらしいんですが、返してもらったんだからもう遅いと言われた
そうなんですが、本当に遅いんでしょうか?

返済の際にきちんと配偶者に返済の義務がない事を説明しないで
知らん顔して受け取ったとしても、おかしな事ではないのでしょうか?

突然一人身になってしまい、生活も困窮しているので
何とか取り戻す方法はないのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

取り戻すことは不可能かと思われます。
<返済の際にきちんと配偶者に返済の義務がない事を説明しないで・・・
<突然一人身になってしまい、生活も困窮しているので・・・
以上の事から判断して、亡くなられた方と義母の方はご夫婦だと思います。そうなりますと、ご主人の借金も遺産として残る事になり相続放棄の手続きをしない限りは返済の義務が生じます。返済したということはその遺産も相続したとみなされます。また、消費者金融側には、相続放棄の権利を説明する義務はないものと思いますので、残念ながら返済したのは取り戻せないでしょう。
やはり、弁護士に相談して下さい。専門家なら、また違う回答が得られるかも知れません。また、生活に関しては市役所等に相談してみて下さい。生活保護等の援助が受けられるかもわかりません。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報