アメリカでビンラディングッズが人気だそうですが、そういうものを勝手に作って売ってもいいのでしょうか?
犯罪者だから問題無し?

A 回答 (2件)

本来は肖像権などがあり損害賠償などで裁判になりますが、今回相手は


まず裁判にでてきません。
アメリカが犯罪者として捕まえようとしているのですから自分が捕まって終身刑
または死刑になるのを分かっていて出てくるとはおもえません。
仲間がと言う可能性もないでしょう。
そんなことすればアメリカ当局または関係国当局になんらかの理由つけられて
事務所などに踏み込まれていろんなものを持っていかれて、身柄の拘束など
あるでしょうし、かえって不都合な事が多いと思います

それに弁護士もだれも引き受けません。引き受けようものならその後の
仕事がこなくなりますし、仲間と思われて身に危険が及びますから。

今回の場合は犯罪者だからではなく、相手がまず訴えないことが確実だから
やっているのでしょう。

さらにイスラム教は偶像崇拝を禁止していますし、アフガンでは写真やテレビカ
メラでの撮影も禁止しています。
従って肖像権のことを主張するのは彼らの主張する原理主義には矛盾しますので
仮にテロがおきず、友好的状態であってもいってくる事はないでしょう
    • good
    • 0

 一般的に、有名人はパブリシティー権とか、肖像権とかありまして、かってにグッズとかにして売ってはいけないことになってます。

顔やキャラに商品価値が有名人にはありますので、それを保護するのが上記に述べた権利です。
 ビン・ラディンにそれがあるかは、よくわかりませんねー。どうなんでしょう?でも、ラディンがグッズを売った人を訴えるとは思えないからいいじゃないですか?
 アルカイダが変わりに訴えてくるともおもえないし・・・
 ちなみに、犯罪者だから問題ないなんてことはありません。日本で言えば、「石田・・・」とか、「稲垣・・」とかのグッズを勝手に売ったら、その売った業者は訴えられるでしょう。
 全然回答になってなくてすいません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ