私の妹が勤めている会社は雇用保険に加入していないようです。以前、他のサイトでこの件について質問をしたら「それじゃあしょうがない」という回答をもらいました。しかし「教えて!goo」に「会社は雇用保険に加入しなければいけない」という回答があるのを発見しました。妹が雇用保険に加入するにはどういう方法があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 お勤めの会社を所管しているハローワーク(公共職業安定所)雇用保険課にてご相談ください。


 尚、会社の行っていることは違法です。期間が著しく短い労働契約(2ケ月未満)等で加入しなくても良いケースはありますが、文面から察するに明らかに違法のようです。

 因みに、雇用保険の適用事業場とは業種・規模のいかんを問わず、労働者を雇用する事業はすべて適用事業となるとしてます。(雇用保険法第5条第1項)
 但し、常時5人未満の労働者を雇用する個人事業主の行う農林・水産の事業は、暫定的に任意適用事業とされています。(法付則第3条、令付則第3条)

 ほとんど全ての会社が適用事業場ですかね!会社が適用事業所の届出をしていないとしたら大問題です。
 会社に言うと角が立ちそうなのでここはハローワーク(公共職業安定所)雇用保険課の力をかりましょう!解決できます!

 失業したとき困るのは妹さんですから…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心強いお言葉をありがとうございます。
まず間違いなく、妹の会社は雇用保険適用のはずです。
妹にもう少し詳しいことを聞いて、ハローワークに相談してみます。

お礼日時:2001/11/07 21:15

今は、雇用保険と労災保険が一本化されているため、雇用保険だけ加入すると言うことはできません。


小さな会社だと、労災保険料が負担に感じられるため、手続をしていないところもあるようです。
かつて、労働運動が盛んであったときは、労働者が処遇の改善を求めて団結権を行使することもありました。本来は、労働者みんなで考えないといけない問題です。
で、回答にあるように、一人で役所に訴え出たりすると、会社側が犯人探しをしたりして、制度はできたけれど、嫌がらせのようなものを受けて退社せざるを得なくなるということもありがちなことです。
しかし、一人だからと言ってできないことではありません。
社会保険制度の概略を記したサイトを参考に掲げておきます。

参考URL:http://www.ifinance.ne.jp/learn/socin/siv_7.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。妹とよく相談して、できれば私のほうでハローワークに行ってきたいと思います。

お礼日時:2001/11/07 21:18

正しいがわかりませんが、一定数(忘れた)以上の従業員を雇って業務を行っている会社は、


必ず雇用保険制度に加入しないといけなかったと思います。

もし、会社自体が雇用保険制度に加入していないなら、会社が違法ということになります。
ハローワーク(職業安定所)などに密告し、会社が雇用保険制度に加入したら、
妹さんも必然的に加入できるのではないでしょうか。

また、社員契約でなくアルバイトorパート契約だったら、雇用保険には入れてもらえないケースがほとんどだと思います。
この場合は良くわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、会社には加入する義務があるんですね。
もう少し詳しく調べて、ハローワークに相談してみます。

お礼日時:2001/11/07 21:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年賀欠礼 会社用の文章例

年賀欠礼 会社用の文章例などあれば教えて下さい。

探しているのですが、みあたらなくて。。。

個人用なら分かるのですが、会社用(社長や会長)が亡くなった場合はどのような文章で出せばよろしいのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。一例を…
--------------------------------------------------------------
 弊社 、社長(会長)儀、社葬に際しましてはご多忙中にもかかわらず遠路わざわざご会葬いただき、ご厚情のほど誠に有難うございます。
 誠に勝手ではございますが、弊社におきましては喪に服したく、年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げたく存じます。
 本年中に弊社に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに、明年も変わらぬご交撰誼のほどお願い申し上げます。
--------------------------------------------------------------
 使える部分がありましたら使ってやってください。(作成の際は、「、」「。」は省いてください。)

Q雇用保険(失業保険)受給中にパートを始めた 現在雇用保険受給中ですが、3月の終わりからパートを始

雇用保険(失業保険)受給中にパートを始めた


現在雇用保険受給中ですが、3月の終わりからパートを始めました。週3回の4時間です。次の職が見つかるまでの一時的な労働です。
労働時間が20時間未満なら申告をきちんと行えば雇用保険の受給を続けながら働けると思いますが、雇用保険の受給途中にパートを始めた際には20時間未満の労働でも、その職場の契約書?のような、現在の雇用先の証明書?のようなモノを発行してもらい、提出したほうがいいのでしょうか??
それとも認定日に働いた日を申告するだけでいいのでしょうか??

ハローワークの手引きを見てもよく分からなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

認定日に働いた日を申告するだけでいいと思いますよ。
現在の雇用先から証明書のようなものを発行してもらうと、就職とみなされて、失業手当の支給が止まるおそれがあります。
パートも繰り返して、長期に及ぶと就職とみなされると、ハローワークのしおりに書いてありますよ。

Q会社での【部、課】は何といいますか?例、営業部、営業課

こんにちは、みなさん!!

会社で、部とか課ってありますが、これは英語では何と
いいますか?

調べると、department、division、sectionなどとあります。
どれが、正しいのですか?

例、営業部、営業課。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その企業の規模や組織構成によります。一概に課だからdivision
というふうには決められません。
>department、division、sectionなどとあります。
以下は一般例:
department
部門や事業部、大学の学部、官庁の省のようなカテゴリーで使います。
division
課、部、部門、事業部
section
部、課、係など一般のセクション

Q雇用保険加入

雇用保険加入時に同姓同名、同一生年月日が見つかった場合職安の方は会社側に具体的にどういう確認をとるのでしょうか。

Aベストアンサー

ANo.1のjo-zenです。補足します。

>以前の加入というのはすべてを確認するのですか?

⇒雇用保険はひとりひとつの番号を与えられていて、転職しても普通は番号が引き継がれます。しかし、被保険者証を紛失などして、新規ということで作成される場合もなくはないので、その場合は同じ人が複数の番号を持つことがあるのです。その辺のことは、年金問題と共通するものがあります。被保険者証を提出しての手続きの場合は、その被保険者証に記載されている番号で手続きがされますので、重複の照会などは一切ありません。実は複数の番号を持っている可能性はなくはないのですが、考慮されることはありません。被保険者証を紛失しての手続きの場合は、氏名(カタカナ)、生年月日でコンピュータ照会しますが、複数該当する場合も珍しくありません(全国共通ですので沖縄から北海道まですべての都道府県から該当がでることもありえます)ので、その場合は直近の職歴(会社名)で照会されるのです。

Q会社定款にある事業目的の例

会社定款の中にある事業目的について調べています。
後、日本法令からでている本でも参考にしますが、先にどんなものがあるのか知りたいので事業目的例としてどんなものがあるか、できるだけたくさん教えてください。

Aベストアンサー

まず、本を買って読んで下さい。

会社目的はあまりにも数が多すぎますので、きりがありません。

あえて上げるのであれば、日本標準産業分類の「小分類」「細分類」当たりがほぼ使用できます。
http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/

Q契約社員の雇用保険加入

この4月から契約社員で勤務することになったものです。
雇用保険と契約期間についておうかがいしたいと思います。

今回、契約を私は半年でお願いしたのですが、
会社側は1年でないと雇用保険に加入できないといいます。

確かに1年の見込みがないとだめだと思うのですが、
契約期間は問わないと聞いておりました。
しかし、会社側の言い分としては
契約社員の場合は見込みではなく実際の契約期間が1年でないと
雇用保険には加入できませんとのことです。

いろいろなところで調べたのですが契約社員だけがだめだということが
どうも納得いきません。
このような話は本当なのでしょうか?
また、違う場合会社側は何のために1年だと言い張るのでしょうか?
少し会社に不信を抱いております。
お手数おかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No1の者です。お返事おくれましてごめんなさい。
つまるところestima01さんは6ヶ月の雇用契約にして、雇用保険に加入したいということでしょうか?
 それは可能だと思いますよ。契約期間終了後は、「自己都合による退職」ではなく「契約期間終了による退職」となります。
 例えば雇用契約を1年にして、中途で退職したら「自己都合」ということで、給付制限がつきますよね。

 会社が1年はいて欲しい、というのはestima01さんがどうしても必要だからじゃないんですか。
 的外れでしたら、ごめんなさい。m(_ _)m

Q会社の【共有フォルダの整理】で良い方法はありますか?例【無駄なファイルの削除。分りやすいファイル名を付ける。】

こんにちは、みなさん!!

【質問】
会社の業務で使う【共有フォルダの整理】に良い方法はありますか?例:【無駄なファイルの削除。分りやすいファイル名を付ける。】

目的 :必要なファイルがすぐに見つかると、業務上効率が良いからです。

共有フォルダ:部署の共有フォルダ

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

部署の共有フォルダですが、差し支えなければ、共有フォルダの格納サイズ上限と利用ユーザのおおよその数を教えていただいても構いませんか。それによって、整理の方向性の見通しを立てられるのでは? と思ったからです。

例(1)定期的(例えば月毎に1つ)にファイル数が単調増加する。過去のファイルは蓄積目的で参照されることはほとんどない
例(2)利用ユーザの(ローカルディスク以外の)外部記憶装置
例(3)あるプロジェクトの開始から終了まで

ファイル毎にアクセスされる頻度やタイミング、ファイルの生存期間などの性格が例(1)~(3)によってずいぶん異なると思います。同時に無駄なファイルかどうかの判断基準なども異なると思います。

そのあたりを提示いただければ、より効果が期待できる提案を回答者はできるかもしれません。

Q雇用保険に加入するメリット

アルバイトが決まりました。
週5日、1日5時間45分の勤務になります。

勤務先の会社では週5日かつ1日5時間半以上の勤務の場合、社会保険に加入となり、週5日かつ1日6時間以上の場合、雇用保険に加入となるようです。
私の場合、社会保険には加入できても雇用保険には加入できないことになります。

よく分かっていないのですが、私としては雇用保険に入っていたほうがいいような気がするんですが、実際には雇用保険に加入するメリットというのは何でしょうか?
加入しておいたほうがいいなら勤務時間について会社と相談しようと思います。
その結果もし、ダメといわれた場合、自分で全額払ってでも加入したほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 雇用保険は「入った方がいい」とかという議論ができるものではありません。
あなたの場合は5.75時間×5日で週に28.75時間の労働時間になりますから強制加入になります。ただし30時間未満の場合は「短時間労働被保険者」という事になります。この場合は一般の被保険者と違い、失業保険をもらうには月に11日以上の出勤があった月が12ヶ月以上必要になります。つまり一般の被保険者が半年でもらえるところが1年必要になるということです。 どちらにせよ、強制加入ですから会社に申し出てください。
 ちなみに保険料は本人が給料の6/1000、会社が9.5/1000になります。(10月からは本人、会社とも1/1000づつアップしますが・・・)。これらは会社に支払い義務があります。全額自分で払う事はできません。

Q九州で下記条件で働ける会社ってありますか。 転勤無し 給料平均並み 福利厚生平均並み 実態例でも構

九州で下記条件で働ける会社ってありますか。
転勤無し
給料平均並み
福利厚生平均並み

実態例でも構いません。どなたか自分はこうだ!こういう人もいるなどご存知でしたら教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

地方自治体職員を受けてみれば?
転勤なし、給与は平均、福利厚生もきちんとしています。

後は、あなたの年齢や受入条件があっていて、試験を受けて合格するだけです。
(^_^;)

Qパートの雇用保険加入条件は?

パート社員が雇用保険に入るための、条件は
正社員に比べて、1日のうちの3/4以上の労働時間と
1ヶ月のうちの3/4以上の出勤日数との両方を
満たしていれば、必ず入れるものでしょうか?

ほぼ正社員と同じ条件で仕事をしていても、会社から
パートは入れないと断られたらどうする事もできない
のでしょうか?

以上ご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

パートの場合、次の要件を満たしていれば、事業主は雇用保険に加入させる義務があります。
1週間の所定労働時間が20時間以上の場合。
2. 1年以上継続して勤務することが予想されている場合。

上記の条件を満たしていれば、事業主は、雇用保険に加入させなくてはなりません。
加入させない場合は、職安に相談しましょう。

正社員に比べて、1日のうちの3/4以上の労働時間と
1ヶ月のうちの3/4以上の出勤日数を満たした場合というのは、社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる条件です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報