時代劇の「水戸黄門」。
時代劇といったら、まずまっ先に大抵の人が挙げてくれるだろう「水戸黄門」。
(いや、違うだろう、という人がいることはわかっています)

しかし、水戸黄門は御存知のとおり、いろんなバージョンがあり、どうも新しいキャラとか配役になじめないということは多々あります。
そこは百歩譲りましょう。

みなさんにとって、「水戸黄門」にこれだけは欠けてはならないものはなんでしょうか。
ちなみに、これは前提条件とします。
 1.水戸黄門(いなくちゃはじまりません)
 2.勧善懲悪(正義が最後に勝つ)
 3.諸国漫遊(旅に出ない水戸黄門は面白くないかと)

ちなみに、僕は「風車の弥七のいない水戸黄門」はものすごくさびしく感じます。なんででしょうかね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

nabayoshさん、こんばんは。



じいちゃんばあちゃん子だった自分は、子供の頃には(○十年前)よく見ていました。よって私もgunmanさん同様「東野英二郎」黄門じゃないと、やはり違和感があります(東野氏が何かの映画で悪役やってたのを見たときは、大ショックだった・・・)。
よって助さんも里見浩太郎、角さんは横内正でないと何か、「栗貫のルパン三世」みたいな気がします。

私にとっては、この三人キャストが「必須条件」ですね。

弥七、八兵衛はもちろん必要ですが、お銀や飛猿には思い入れが全くありません。

あ、それから15回に1回ぐらいの割合で「印籠が出てみんな『ははーっ!』と恐れ入っているのに、いきなり身を捨ててはむかってくるやつ」が出てくると、なぜか嬉しかったです(体制への挑戦?)。結局角さんとかに斬られちゃうんですけどね(笑)。

この回答への補足

ありがとうございました。
ここらで閉めさせていただきます。

今回のポイントは、何が大事といって八兵衛ほど大事なものはないと気づかせてくれたfreeman108さんの回答、そして共感させていただいたtheodoreさんの回答に差し上げたいと思います。

なお、その他のみなさん(特にigmpさんのテーマソングは欠かせないご意見です)の回答にも感謝はいたします。各人に10nabayoshポイントを差し上げておきます。

それでは、また。

補足日時:2001/11/04 20:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「東野英二郎」黄門じゃないと、やはり違和感
>よって助さんも里見浩太郎、角さんは横内正でないと
初期のイメージがついてしまったんですね。
東野さんはハマリ役でしたね。八兵衛を叱る時なんぞ、「これ、八兵衛」、ものすごく風格があってよかったですよ。

>印籠が出てみんな『ははーっ!』と恐れ入っているのに、いきなり身を捨ててはむかってくるやつ
いるんですよね。これ、確かにたまにないと面白くない。自分の身が危ういと知ったから、自爆テロに走るといった感じでしょうか。

ありがとうございました。参考にします。

お礼日時:2001/11/03 10:08

こんにちは(*^o^*)


小学生時代、毎日時代劇ばかりを見ていたgazeruと申します。
月曜日は、もちろん水戸黄門です。

で、わたしのこれだけは外せないは、nabayoshさんと同じで、やっぱり、「弥七」なんです。
あの赤い風車が、風をきって柱につきささるのを見るのが、何より楽しみでした。
まさに、「きたきた!」って感じでした。
お年をめして、出番が少なくなった時は淋しかったですねえ。
弥七が結婚(もちろん話の中で)した時も子ども心にショックを受けました。

弥七以外だと。
1シリーズの中で必ずといって出てくる「ニセ黄門話」ですかしら。
今回はどの役者さんがニセ者になるんだろうって、ちょっと楽しみにしてました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同志。ありがとう。
飛猿など余計なもんだと思ってしまうのは、僕だけじゃないんですね。

しかも、ニセ黄門とは。
またこれも同志だ。
確かに子供の頃、黄門様の偽物が出る回は楽しく見ていました。

裸の大将もニセ清が出てたなぁ。きっと剽窃ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/02 00:27

そう言えば、


正月の12時間超ワイドドラマでやってた「水戸 光圀」も良かったですよ~。

実在の水戸 光圀に沿ったお話でした。

そう、水戸 光圀は旅に出ないのです。
(ま。当然、藩主が諸国漫遊なんて事はありえないだろうな~。)

当然、八兵衛は居ないので、「水戸 黄門」では御座いません。
(水芸も無いが、間違わないで下さい。)

お題から外れて、すいません。

あ、素人なもんで...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「水戸光圀」なら、許しましょう。
史実に基づくと、つまらないものになってしまうんですね。

そもそも諸国漫遊ものドラマは、「水戸黄門」か「裸の大将」か、くらいしかありませんからね。山下清は諸国漫遊はしたでしょうけど、あんな感じじゃあなかったと思いますし。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/02 00:23

「水戸黄門」と言ったら、群馬生まれの東野英二郎さんの


高笑い以外ありません。それ以外の黄門様は、バッタ者です。
(あくまでも私見ですが)

蛇足:東野英二郎さんは、はっちゃくのお父さんの
  お父さんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うっ、それも極論とは思いながら、捨てがたいかも・・・

そう言えば、
「では、助さん、格さん、参りましょうかな」
という台詞も、東野さんがやらないとダメっぽいかも・・・

思わず頷いてしまいました。
gunmanさんどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/02 00:21

nabayoshさん、お久しぶりです(回答者席では何度もご一緒してますけどね)



「自作ルール」の次は、一転、和みネタですね。
黄金比はしっかり守られているようですね。

これは、水戸黄門に限らず、という事になってしまうかもしれませんが、
勧善懲悪ものの時代劇に欠かせないものといえば、何といっても、
「越後屋」と悪代官との密談シーン。

「そちも相当ワルよのう」
「いえいえ、お代官様ほどではございません」
「クァッ、クァッ、クァッ……」

あとは、御隠居様がヒゲをなでるシーンでしょうか(今の石坂浩二は無いようですが)


あんまり見てないんで、ハズしたかも……
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shino911さん、こんにちは。
この間はどうもありがとうございました。

>「自作ルール」の次は、一転、和みネタですね。
あれも和みネタのつもりだったんですけどね・・・

>黄金比はしっかり守られているようですね。
今ちょっと回答の方が上回っています。だんだん崩れていっていますよ。

>「越後屋」と悪代官との密談シーン。
なるほど。悪いのは大抵代官ですね。しかも癒着。私服を肥やし云々。
悪役のあり方として、ああいう型ができたんでしょうね。

>あとは、御隠居様がヒゲをなでるシーンでしょうか
ヒゲね。初代からずっとあったのにねえ。確かにないとさびしいものです。

ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/01 11:01

水戸黄門といったら、やはり、あのテーマソング!



♪じ~んせい、楽ありゃ、苦ーもあるさー♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

igmpさん、どうも。
確かにあれのない水戸黄門はさびしいですね。
あれも含めて番組と考えなくてはなりませんね。
こいつぁうっかりだ。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 10:57

>「水戸黄門」にこれだけは欠けてはならないものはなんでしょうか


という質問意図とは多少違うのですが、再放送で見た矢七が敵だった頃が好きです(万が一記憶が間違っていたらごめんなさい)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

矢七が敵だった頃があったのですか。なんかそんなのもあったような気がしました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 10:55

八兵衛が居ない水戸黄門は、水戸黄門に有らず。



水芸をやるのは、論外。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに。
専門家にびしっと言っていただくと迫力があります。
水芸は他の時代劇に回してほしいものですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 10:54

毎回、NTTの時報より正確な?( ̄□ ̄;)“定刻”になると角さんが出す「印籠」。


(今回は出る時間がバラバラで出なかったこともあったんじゃなかったかな。)
その次は「うっかり八兵衛」の存在、「お銀」由美かおるさんの入浴シーン(今回、無かったんじゃないかなぁ)て、とこでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時報印籠ですか。定刻である理由はなんでしょうね。べつにそうである必然性はないんですが、印籠は確かに水戸黄門では欠かせない小道具ですね。

お銀の入浴で、白い入浴剤の下に色柄の水着が見えたことがあり、幻滅したのを覚えています。しかし、それが好きで観る人もいるんでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 10:52

水戸黄門は、八兵衛に始まり、八兵衛に終わる。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

八兵衛が大事ですか。
そりゃうっかりしてました。でも、後続の人も八兵衛は欠いちゃならないと言ってますし、人気が高いですね。

個人的には、八兵衛はなんのためについてくるのかわからないんですが・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/01 10:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水戸黄門

時代劇の「水戸黄門」。
時代劇といったら、まずまっ先に大抵の人が挙げてくれるだろう「水戸黄門」。
(いや、違うだろう、という人がいることはわかっています)

しかし、水戸黄門は御存知のとおり、いろんなバージョンがあり、どうも新しいキャラとか配役になじめないということは多々あります。
そこは百歩譲りましょう。

みなさんにとって、「水戸黄門」にこれだけは欠けてはならないものはなんでしょうか。
ちなみに、これは前提条件とします。
 1.水戸黄門(いなくちゃはじまりません)
 2.勧善懲悪(正義が最後に勝つ)
 3.諸国漫遊(旅に出ない水戸黄門は面白くないかと)

ちなみに、僕は「風車の弥七のいない水戸黄門」はものすごくさびしく感じます。なんででしょうかね。

Aベストアンサー

nabayoshさん、こんばんは。

じいちゃんばあちゃん子だった自分は、子供の頃には(○十年前)よく見ていました。よって私もgunmanさん同様「東野英二郎」黄門じゃないと、やはり違和感があります(東野氏が何かの映画で悪役やってたのを見たときは、大ショックだった・・・)。
よって助さんも里見浩太郎、角さんは横内正でないと何か、「栗貫のルパン三世」みたいな気がします。

私にとっては、この三人キャストが「必須条件」ですね。

弥七、八兵衛はもちろん必要ですが、お銀や飛猿には思い入れが全くありません。

あ、それから15回に1回ぐらいの割合で「印籠が出てみんな『ははーっ!』と恐れ入っているのに、いきなり身を捨ててはむかってくるやつ」が出てくると、なぜか嬉しかったです(体制への挑戦?)。結局角さんとかに斬られちゃうんですけどね(笑)。

Qすッごく古い時代劇(必殺必中仕事屋家業)

すいません、30年近く前の番組なんですけど、その中の挿入歌でフルコーラスでは一回くらいしか流れてないんですけど♪だましてください、言葉優しく、たとえあなたが~”という歌なんですけどどなたか題名と歌手名ご存知有りませんか?

Aベストアンサー

調べた結果

小沢深雪さんの「さすらいの唄」だそうです。

参考URL:http://www2.baynet.or.jp/~cinq/epf1.html

Q水戸黄門について

「さきの副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ!」とキメの台詞があります。水戸黄門が副将軍の時の将軍って、誰でしたでしょうか?また、時代劇で水戸黄門が多く、長く、また再放送される理由とはどうお考えでしょうか?(個人的に水戸黄門は好きです)

Aベストアンサー

将軍は、5代目の徳川綱吉です。

1700年12月6日に水戸黄門として知られる水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が73歳で死去しました。
名君の誉れ高い光圀は、将軍の補佐役として「天下の副将軍」と呼ばれることもあるが、当時、実際には「副将軍」という幕府役職は存在しませんでした。
この呼び名がついたのには理由があるります。

光圀の実際の位は「従三位」で官職が「権中納言」と言います。
「黄門」とは中納言の唐名のことです。
水戸藩主は常に徳川将軍のそばにいる家柄ということで、いつしか「天下の副将軍」と称されるようになったそうです。

また、光圀は引退後『大日本史』の編纂に着手。
資料を求めて「助さん」「格さん」のモデルとなった家臣を諸国へ派遣したエピソードから「光圀公が諸国を漫遊して悪を懲らしめる」という講談が生まれ、時代劇の定番ヒーローとして語り継がれるようになった。


水戸黄門が永く愛される理由は、
・老人(水戸黄門)が主人公なので御年寄りに人気
・勧善懲悪のシンプルな作りなので子供や御年寄りに受けが良い
・人がめったに死なないため、喜劇のまま終わる。
※他の時代劇では、必ず人が死にます。
・由美かおるのお約束

~~~~~~~~~~~
「変身願望で心理分析」
筑波大学の井上教授は、長寿番組「水戸黄門」の人気の秘密は“変身”にあると。
越後のちりめん問屋のご隠居が印籠を見せただけで、天下の副将軍になる。
普段隠されているものが実は、“こうなんだ”と正体を現す・・・
これが「水戸黄門」の一つの特徴。
私たちは誰でも、自分に100%満足している人は普通いません。
普段の自分と違った別の人間になりたい、より強い人間になりたい!という、色んな願望の現れの一つが“変身”という形なのだと。

将軍は、5代目の徳川綱吉です。

1700年12月6日に水戸黄門として知られる水戸藩2代目藩主、水戸光圀公が73歳で死去しました。
名君の誉れ高い光圀は、将軍の補佐役として「天下の副将軍」と呼ばれることもあるが、当時、実際には「副将軍」という幕府役職は存在しませんでした。
この呼び名がついたのには理由があるります。

光圀の実際の位は「従三位」で官職が「権中納言」と言います。
「黄門」とは中納言の唐名のことです。
水戸藩主は常に徳川将軍のそばにいる家柄ということで、いつしか「天下の...続きを読む

Q大阪でレコメンを聞きたいんですけど、どうすればいいですか?? ちなみにradikoとradikke

大阪でレコメンを聞きたいんですけど、どうすればいいですか??

ちなみにradikoとradikkerは、試してみましたが無理でした。
現在、radikkerは使えないようです。

お願いします。

Aベストアンサー

大阪にお住まいなら、KBS京都で聴けませんか?
http://www.joqr.co.jp/reco/

Q水戸黄門について

水戸黄門について
水戸黄門は今年(平成23年12月)12月に放送打ち切りになるそうですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

はい、その通りで、先日最終の収録が終わり打ち上げが行われました。
現代放映中の第43部は12月12日で完結し、
12月19日は過去のレギュラー出演者が多く出られるスペシャルが放送される予定です。

Q水戸黄門のロケ(太秦映画村)

ちょっと先の話になりますが
9月の下旬にお友達と京都へ旅行に行くことになりました。
3人で行くのですが一人が時代劇が好きでなかでも
水戸黄門が大好きなのです。(まだ20代の女の子です)
なので「絶対太秦は外せない!!」というのですが
映画村で水戸黄門も撮影をしてるのでしょうか?
その撮影現場は一般人でも見れますか?
そもそも9月下旬になっても水戸黄門の撮影はしているでしょうか?

時代劇・水戸黄門・太秦映画村にお詳しい方
色々教えてください。

Aベストアンサー

http://www.toei-eigamura.com/event/
こちらでご確認ください。
といっても9月下旬のスケジュールはまだ出ていないようです。

水戸黄門の撮影は映画村でもやっていたはずなので、うまくスケジュールが合えば見られるかと思います。

Q水戸黄門の劇に使う効果音

演劇で水戸黄門をするのですが、効果音用に、TVの水戸黄門のサントラを探したのですが、発売されていないようです。そこで、それの代わるサントラや曲があったら紹介していただきたいのですが。

Aベストアンサー

サントラが発売されるそうです。

参考URL:http://www.birdlandmusic.co.jp/cd/birdland.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報