PLL回路とは、どのようなものなのでしょう。また、何に使われているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

PLL発振ということでよろしいですね?


FM送受信機、TV送受信機なんかで出てきますが、周波数を安定させる目的で使用されます。
LC発振→XT発振→PLL発振といった具合で性能が上がると言えます。
LC発振などでは、部品の温度特性により、周波数がなかなか安定しない。
XTのように水晶を用いた発振で安定度はマシになるが周波数は固定される
PLLなら可変周波を安定して出力できる。 といった具合に覚えておけばいいのではないでしょうか?
回路がチト複雑ですが、それに見合った性能を発揮してくれます。
総合電子出版社の実用アナログ電子回路設計法という本でも解説されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

PLLはPhase locked Loopの略です。


ある基準信号と自分で発振(自己発振と言います)した信号の位相(周波数は勿論です。)が合う様にフィードバック制御をかけた発振回路です。代表的なブロック図は位相弁別器、LPF、VCO、分周器(必要に応じて)で構成され、分周器(無い場合はVCO)出力を位相弁別器に戻しフィードバックループを形成しています。

なお、最近では位相弁別器の種類により、アナログPLLとディジタルPLLが実用化されています。

用途としては、家庭では、リモコン対応TVのチューナー回路(ローカル発信器として)、FMラジオやAMラジオのチューナー(選局をリモコンやアップ・ダウンボタンで行うタイプ)、FMのステレオ再生回路、携帯電話、プリンター等数々の所に使用されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒業研究で気温や湿度を使ったものを作成しようと考えているのですが 気温や湿度から求められるもの何かあ

卒業研究で気温や湿度を使ったものを作成しようと考えているのですが
気温や湿度から求められるもの何かありませんか?
個人的には天気などがわかればよいのですが他にも求められることがあれば教えて欲しいです。

Aベストアンサー

「何を使うか」を先に決めるのではなく、「何をするか」をまず決めましょう。そのために何を使うかは、あとで考えればよいのです。

 What が先。How は後。

Q⋆豊臣秀吉のおこなった「惣無事令」とは、どのようなものですか? ⋆また、どのような目的でおこなわれ

⋆豊臣秀吉のおこなった「惣無事令」とは、どのようなものですか?

⋆また、どのような目的でおこなわれたものですか?

⋆そして、どのような結果(成果)がでましたか?

1つでも分かる方ご回答お願いします( 'ω' ;)

Aベストアンサー

⋆豊臣秀吉のおこなった「惣無事令」とは、
どのようなものですか?
  ↑
秀吉の許可なくして、勝手に戦争するな
という法令です。
根拠は天皇です。
天皇の名を借りて、そういう法令を定めました。


⋆また、どのような目的でおこなわれたものですか?
    ↑
秀吉が日本を統一したことを確認
させるためです。
秀吉が、日本の親分であることを
示すためです。


⋆そして、どのような結果(成果)がでましたか?
    ↑
無視して戦争した、伊達政宗は、その後
秀吉のご機嫌を取るために苦労しました。

Q写真のZendriveの回路なのですが、なぜこれでToneになるのでしょうか? また、回路のメインの

写真のZendriveの回路なのですが、なぜこれでToneになるのでしょうか?

また、回路のメインの流れにカップリング的な抵抗を挟むと前のデカップリングコンデンサハイパスだかローパスだかを成形する...みたいな解説もTSの回路などで聴いたことがあるのですがなぜそうなるのでしょうか?

なぜメインの信号上に抵抗を挟んだだけでハイパスフィルターになるのでしょうか?

分かる方ご教授お願いします。

Aベストアンサー

この回路ではまず、初段のOPアンプ部の回路が数Hzの低い周波数から1.5kHzあたりまで+6dB/octの傾斜でゲインが上昇してゆく周波数特性を作り出しています。
この特性を作り出している主役は反転入力とBias電源の間につながれたCR直列回路(Voice調整VR(1kΩ)、抵抗R1(1kΩ)そしてコンデンサC3(0.1uF))とOPアンプ出力と反転入力間に接続された抵抗(ゲイン調整VR(500kΩ)と1kΩの抵抗の直列回路)です。

回路図と周波数特性のシミュレーション結果を添付しましたので、それをもとに説明します。

まず入力IN端子から初段のOPアンプ出力の周波数特性は右上段のV(op1_out)/V(in)特性のようになります。
次に初段のOPアンプ出力から出力(OUT)までの周波数特性は右下段のV(out)/V(op1_out)で表され、周波数1KHzあたりまでゲインがフラットでそこから-6dB/octの割合で周波数の上昇とともに減衰する特性になっています。このローパス特性の遮断周波数はToneVRで調整できます。VRを大きくすれば遮断周波数は低い方へ、小さくすれば高い方へ動かせます。
最終的な入力IN出力OUTまでの特性は右下段のV(out)の周波数特性になります。

この回路ではまず、初段のOPアンプ部の回路が数Hzの低い周波数から1.5kHzあたりまで+6dB/octの傾斜でゲインが上昇してゆく周波数特性を作り出しています。
この特性を作り出している主役は反転入力とBias電源の間につながれたCR直列回路(Voice調整VR(1kΩ)、抵抗R1(1kΩ)そしてコンデンサC3(0.1uF))とOPアンプ出力と反転入力間に接続された抵抗(ゲイン調整VR(500kΩ)と1kΩの抵抗の直列回路)です。

回路図と周波数特性のシミュレーション結果を添付しましたので、それをもとに説明します。

まず入力IN端子...続きを読む

Qハード回路 ソフト回路とわ何か初心者にも分かるように教えて下さいお願いします。

ハード回路 ソフト回路とわ何か初心者にも分かるように教えて下さいお願いします。

Aベストアンサー

私の解釈です。

ハード回路・・・IC等の電子部品を組み合わせて作った機能回路。
製作するためには半田ごて等の工具が必要。機能を変更するためには部品や配線を変更せねばならない。

ソフト回路・・・コンピューターにプログラムとして作成した機能回路。
コンピューターそのものはハード回路ですが使用目的に応じてプログラムを変更するだけで色々な機能を持たせることができる。機能変更のために部品や配線を変更することはなく、プログラムの変更だけでよい。

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報