7月に父が亡くなりました。本人の遺志などを考慮し、無宗教でごく内輪の者たちで飾らない形式の葬儀を行いました。母も長期で療養入院しているため、9月に兄弟とその家族のみで納骨を行います。
墓地は母が主体で10年ほど前に用意していました。最近納骨について墓地と提携している石材店と簡単な打ち合わせをしましたが、無宗教式の納骨についてはあまり経験がないようで、自由にしてくださいといわれるのみ。当方でもかえってイメージが沸きません。(母はクリスチャンなので漠然とキリスト教式の墓を考えていたため、父の墓誌もそれに準じて書いてもらうことにはしました。)

僧侶などが立ち会わない、家族だけの無宗教での納骨の経験があるかたなど、以下の点につきアドバイスをいただければと思います。

1)納骨はどのような手順になるのでしょうか。石材店の作業にしたがえばそれで円滑に流れるでしょうか。
気持ちがこもることが大事だと思いますので、納骨する際に手を合わせるなど基本的なポイントだけ常識に沿って執り行いたいと思っているのですが、ほかに事前に進行を準備して心構えをすることはありますか。また、兄弟とその家族だけ合わせて数人というのは異例なのでしょうか。

2)われわれの服装は葬儀と同様に喪服(男性であれば略礼服に黒ネクタイ)がふさわしいですね。

3)作業をしてくださる方に志を用意しますが、そのほかに配慮することがあるでしょうか。あれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



 お悔やみ申し上げます。

 仏式の祭式に関する仕事をしています。ご参考になるかどうかわかりませんが、少し記してみます。

 無宗教形式であれば、とくにどうしなければならないという規則・次第はないと思います。

 ウチの地元では、お墓の建て替えなどを除き、すでに建立されているお墓に納骨する際などは、納骨はご遺族の方が行うという地域が残っています。(かつてはどこでもそれが普通だったのだと思いますが・・・)お寺さんはその間、読経されているのみで、よほど経験がない方が作業される場合以外は、とくに指示したり手を貸したりはされないように見受けます。(ある程度の年齢の方なら、「そういうもの」として作業されるので、誰も何も言わなくても作業が流れていきます。)

 という訳で・・・必ずしも石材業者さんに作業をしていただく必要はないと思います。墓地の取り決めがあるとか、もうすでに業者さんにお願いしてある場合、また石が重くて一般の方にはお墓を開けられられないという場合は仕方がないですが、無宗教の場合、業者さんに任せてしまうと、結局ご遺族の方は後ろで何するでもなくそれを見てるだけになってしまいかねません。(実際、自分達は、お任せいただける場合は、納骨作業はもちろん、祭礼台の準備、雨天の場合のテントの設営、喪家が用意できないならば御供え物・花の用意までいたしますので。なにからなにまでこちらで行います。)
 いろいろな状況がクリアできるであれば、ご遺族の方々で納骨されるのも、「心がこもる」という意味合いでも良いのではないかと思いますが・・・
 業者さんが来られる場合でも、して欲しい作業内容(例えばお墓を開けたり閉じたりすることだけしてほしいというような感じ)を伝え、それ以外はご遺族で行うこともできるでしょう。

 石材業者さんが来られるなら、その指示に従えば、問題ないと思います。その際、お墓の中に骨壷のまま置くか、骨壷からお骨を出して土に還すのかという点は打ち合わせ済みでしょうか?無宗教なら別にどちらでも構わないと思いますが、事前にご遺族の間でも、業者さんに対しても、はっきりしておいた方がよいと思います。
 お骨を骨壷から出す場合、お墓の中にザラザラっとあけてしまうのも少々生々しいですので、サラシなどの天然素材の袋を作って、骨壷から袋に入れ替え、その袋をお墓に納めるという方法もあります。

 手を合わせる(合掌)も仏式ではありますが・・・とくに何かの思想信条によって、徹底して宗教色は排するのだ、というのでなければ、弔意の表し方はどのような形でもよいと思います。納骨作業がすべて終わった段階で、手を合わせるか黙礼・黙祷など、参列者が想いを廻らせる機会を設ければよいと思います。
 
 参列される方の人数を気にされているようですが、とくに異例と言うふうには思いませんけど。いろんな状況を見聞きしますが、これは何人だから良い悪いという問題ではないでしょうね。

 服装も、ご相談のケースでは規則はないでしょうが、外見でも亡くなった方への弔意・敬意を表するということであれば、喪服ということになると思います。

 3に関しては、記されていること以外にはとくに思い当たりませんでした。

 ご遺族で納骨される場合やご不明な点など、補足いただければ数日かかるかもしれませんが、ある程度のことは再度投稿できると思います。(有用なアドバイスができるかどうかはわかりませんが・・・)では。

 
    • good
    • 10
この回答へのお礼

大変ご丁寧な回答をいただき、ありがとうございます。自分たちでは経験がまったくないので、まさにどのようにしてよいのか分かりませんでしたが、そこをご説明いただき感謝いたします。
やはり、こちらの自由ということのようですね。それもある程度見当ついたとしても、墓地から連絡するように言われた石材店の担当の方があまり要領を得ないのでちょっと心配になりお伺いしました。まさに教えてほしかったことを詳細にご教示いただきました。

お礼日時:2005/08/29 21:09

わたしの義母も先日なくなりました その際も無宗教で葬儀をしました


納骨も無宗教でします。 その際は本来であればお坊さんとうにきてもらうのですが内輪だけで 納骨します。 最近無宗教葬と言うのも多いので大丈夫だと思いますよ

服装は礼服を着ます。 でも そんなに派手でなければ私服でもいいと思いますよ
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。最近はやはり無宗教が多いことは想像がつきます。当方の担当者があまり経験がなくアドバイスも少ないだけかもしれません。自然体で臨むようにとは思っているのですが、ちょっと不安になり質問しています。同じ考えでよいという方がいて安心しました。

お礼日時:2005/08/28 15:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無宗教のお葬式とその後について

親父が80歳になりお葬式の話になると、親父は必ず「わしの戒名なんかいらん、葬式には坊主も呼ぶな」といいます。
僕も親父も無宗教なので、葬式のとき戒名なしでお坊さんに来てもらわないのも斎場によっては、そういう人たちの為の方法もあると思うので別にかまわないのですが、気になるのはお葬式が終わったあとです。
仏壇とかないと、お葬式に来ることのできなかった人が自宅に来てくださったときに拝むものとかないということになるのですが、こういうときはどうすればいいんでしょうか?
あと仏事とは関係なく一周忌のようなものもしたいような気がするのですが無宗教の人たちのための葬儀からその後についてなにか良いアドバイスはないでしょうか?
質問が漠然としすぎてる気はするのですが、経験者の方、「こういう方法にした」とか「こういうことに困った」「やっぱり普通に仏式であげておけばよかった」とか何でもいいのでアドバイスいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>仏壇とかないと、お葬式に来ることのできなかった人が自宅に来てくださったときに拝むものとかないということになるのですが、こういうときはどうすればいいんでしょうか?

 無宗教式で葬儀を執り行いその後も無宗教で通すなら、仏壇もロウソクもお線香もお焼香も何もいりません。無宗教式でも業者に依頼するならば、葬儀後の後飾り祭壇だけ調達しておきます。その祭壇に遺影写真と遺骨を安置します。お花や故人の好物などをお供えしておきます。
 葬儀後ご自宅にお参りにお見えになった方には、そちらの前に着座していただき手を合わせてくださるだけでいいです。
 
 この祭壇は仏式ならば忌明けまでになりその後はお仏壇になります。無宗教ならば忌明けにこだわる必要もないと思いますので、納骨がおすみになるまでそのままでもかまいません。ただ一つの区切りとして50日程度で(仏式の四十九日ごろ)忌明けの偲ぶ会をひらき納骨したほうが気持ちの切り替えができると思います。その後はローボードなどの上に写真とお花程度お飾りしてもいいですし、何もしなくてもかまいません。

>あと仏事とは関係なく一周忌のようなものもしたいような気がするのですが無宗教の人たちのための葬儀からその後についてなにか良いアドバイスはないでしょうか?

 一年の区切りとして偲ぶ会をひらいてもいいですし何もしなくてもかまいません。故人を偲んで会食だけでもいいのです。
 無宗教ですから特にこうしないといけないという決まりがあるわけではないので、要は残された遺族の気持ちの問題です。
 無宗教式の場合はまわりの親戚も一周忌などにこだわっていることは少ないようです(こだわるなら葬儀のときに意見されている)。

>仏壇とかないと、お葬式に来ることのできなかった人が自宅に来てくださったときに拝むものとかないということになるのですが、こういうときはどうすればいいんでしょうか?

 無宗教式で葬儀を執り行いその後も無宗教で通すなら、仏壇もロウソクもお線香もお焼香も何もいりません。無宗教式でも業者に依頼するならば、葬儀後の後飾り祭壇だけ調達しておきます。その祭壇に遺影写真と遺骨を安置します。お花や故人の好物などをお供えしておきます。
 葬儀後ご自宅にお参りにお見えになった方には、そちらの...続きを読む

Q無宗教の人の葬儀とお墓について?

人が亡くなると、お葬式をしてお墓に入ります。
でもお葬式もお墓も、何がしかの宗教に入っていて、ある程度その形式に従って行われる事が通例です。お金もなかなかかかります。

そこで質問なんですが、
無宗教の人(宗教を持っていない人)は、一体どの様な形をもって、お葬式をとり行ったり、お墓を建てるんでしょうか。お墓はどこに建てるんでしょうか。まあその後の管理は、勿論ですけど遺族の方に委ねられるのでしょうけど。どの様な選択肢が考えられますか。
その辺につきまして、どうされているのか、どのようにすればいいのか、維持管理費などはどうなるのか、お年忌とかの行事に変わるものはあるのか、このような形態について、葬儀やお墓など法律上から見ての取決めはどの様になっているのか。

あと、故人の方は報われるのか。知りたいです。

Aベストアンサー

 無宗教といっても、普段気にしていないだけで実際に葬儀を執り行う際には後々のことを考えたり親戚などに説得されて仏式で、ということが多々あります。

 それでもなお無宗教で葬儀ということも実際にあります。

 たとえば、音楽葬。
 故人が好きだった音楽をかけ、参列者一同故人の在りし日を偲びます。
 友人代表や親族(たとえばお孫さんなど)がお別れの言葉を述べます。
 参列者で献花をします。
 式場は写真や好きだったお花や思い出の品で飾ることもできます。

 無宗教では式次第もいろいろです。いろいろなアイディアがあると思います。どのようにしてもいいのです。

 葬儀をしないで火葬のみということもできます。
火葬場の炉の前では、仏式ならばお経をあげて焼香をしますが、なにもしないことも可能です。

 年忌法要なども必要ありません。遺された遺族として命日に故人を偲ぶお食事会を開いたり、故人の写真にお花を手向けたりしてもいいかもしれません。仏式ではないのでもちろん仏壇は必要ありません。

 お墓ですが、お寺のお墓より霊園墓地がおすすめです。
 見学に行かれると気づくと思いますが、昔ながらのお墓のほかに洋墓もたくさんあります。四角い形やらハート型、サッカーが好きだった人用にサッカーボール型ってのもあります。
 霊園墓地は宗旨・宗派を問わないですので、無宗教ならば納骨のときにお経も必要ありません。
 管理事務所で納骨の日時を告げて手続きをするだけです。
 維持管理費は宗旨にかかわらず、墓地をお求めになれば支払わなくてはなりません。

 あと故人が報われるのかということですが、それは個人の考え方によりますのでなんともいえません。
 信仰心の篤い人に言わせれば報われないでしょうし、無宗教の人に無理に宗教をおしつけても意味がありません。
 人間は2度死ぬと言います。一度目は医学的に死ぬとき。二度目は亡き後生きている人の心から忘れ去られてしまったとき。
 要は遺された者がどれだけ故人のことを偲ぶ気持ちがあるかということだと私は思います。
 
 葬儀に関してはその仕事をしてますので専門家ですが、宗教的な考えは一般人です。

 無宗教といっても、普段気にしていないだけで実際に葬儀を執り行う際には後々のことを考えたり親戚などに説得されて仏式で、ということが多々あります。

 それでもなお無宗教で葬儀ということも実際にあります。

 たとえば、音楽葬。
 故人が好きだった音楽をかけ、参列者一同故人の在りし日を偲びます。
 友人代表や親族(たとえばお孫さんなど)がお別れの言葉を述べます。
 参列者で献花をします。
 式場は写真や好きだったお花や思い出の品で飾ることもできます。

 無宗教では式次第も...続きを読む

Q無宗教の供養・初盆・一周忌について

しばらく前に父を亡くしました。

位牌・遺骨は私の祖母(父の母)が受け取り、私は分骨のみ頂きました。
その際いろいろとあり、祖母の家の敷居は跨げない状態なので、
私は祖母とは別に供養をしたいと思っています。

(私個人が失礼をしたわけではなく、私は「父と離婚した母の子」だから
もう祖母の家の敷居は跨がせてもらえないそうです。
私は間違いなく父の子でもあり、戸籍上は今も父の子です。離婚の発端は父です)

四十九日法要までは敷居を跨ぐことを許されていたので、
そこまでは、祖母の宗教である浄土真宗本願寺派(お西)で、
祖母と一緒に供養をし、その後分骨しました。

しかし、私は無宗教です。
来て頂けるお坊さんに当ても無いですし、
仏壇・神棚も持っていないため、お坊さんを呼ぶ気もありません。
分骨して頂いた遺骨は、無宗教で供養したいと思っています。

特に、上記のような横暴な事を言い、上記以外にも母を傷つけ、
父の遺志をないがしろにした祖母が信じる宗派の方法では
絶対に供養はしたくありません。

ですが、産まれてからずっと祖母に倣って、祖父やそれ以前の先祖の方々の
お葬式・お盆・法事も、浄土真宗本願寺派(お西)で執り行ってきましたので
それ以外の方法、無宗教の場合はどうしたらいいのか分かりません。

もうすぐ来る父の初盆・一周忌・その他お墓などの供養は
どのようにしたらいいのでしょうか?

初盆や一周忌は、父の好きだったお酒やおつまみをお供えすれば、
帰ってきた父は喜んでくれるでしょうか?

今のような祖母と仲違いしている状態を父は悲しんでると思いますが、
供養したいという気持ちは父に伝わってくれればいいなと思っています。

しばらく前に父を亡くしました。

位牌・遺骨は私の祖母(父の母)が受け取り、私は分骨のみ頂きました。
その際いろいろとあり、祖母の家の敷居は跨げない状態なので、
私は祖母とは別に供養をしたいと思っています。

(私個人が失礼をしたわけではなく、私は「父と離婚した母の子」だから
もう祖母の家の敷居は跨がせてもらえないそうです。
私は間違いなく父の子でもあり、戸籍上は今も父の子です。離婚の発端は父です)

四十九日法要までは敷居を跨ぐことを許されていたので、
そこまでは、祖母の宗教である浄土...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、はじめまして。

私の亡き父は無宗教で、亡き母はプロテスタントのクリスチャンでした。
二人の遺児として、私は信念をもって、何もいたしておりません。
自宅のリビングに家族写真(遺影に見えなさそうなのを)を飾っているだけです。時々傍に二人が好きだった花(仏花にあらず)を飾ります。
仏壇も位牌も作らないし置きません。
もちろん生まれてこの方私は初詣に行ったこともございません。(神道を信じる方にかえって失礼と両親の考え)
これまでの経験から言うと、亡き父の無宗教の重視して、お盆や法事等を「信心していないので、かえって不敬にあたる」とつきあい程度にさえ行わない姿勢を通すのは、この日本ではかえって風当たりが強いですよ。
お盆の時期だけは、両親のためより、仏教が当然と考えてお参りしてくださる親戚が戸惑ってしまわないように、遺骨が納まっている納骨堂にお花を飾り線香とろうそくを置いて自由にお参りしていただけるようにしています。

Q無宗教葬後の香典返しに添える礼状

無宗教葬後の香典返しに添える礼状
先日家人を亡くし、故人の遺志に従い、
無宗教の家族葬にて見送りました
やはり故人の遺志で お香典はいらないと伝えてあったのですが、
何人かの方は多額のお香典を下さいました。
弟はいらないといったのに持ってきたのだから
香典返しは必要ない、といいますが、
私は、その方達のご両親が亡くなったときに頂いているのだから、
同じようにすべきと思います
又、少額の方には一般的に言う忌明けのじ記なので、
寄付をした旨添えた礼状を送る時期か、と思っています
納骨先は故人が、姑と同じ墓には入りたくない、
海に撒いてくれ、といっていたこともあり、
未だ、決めていません
そこで、礼状ですが、
無宗教葬で、戒名もなく、忌明けの法要もしないし、
納骨先も決まっていないような場合の
文例が見つかりません
どんな文章がいいでしょうか?
何かヒントを頂けると助かります

Aベストアンサー

お悔やみを申し上げます。
無宗教の家族葬であっても、お香典を戴いた方々にお礼を申し上げるのは礼儀です。
通常の仏式の葬儀を行った感覚で香典返しを為せれば宜しいでしょう。
戴いたお香典を寄付行為に使用された事は、書くのも書かないのもご随意ですが、お寄せくださった方の意向は、寄付ではなく葬儀の費用に・・・が、古来からの因習ですから、これも考慮されるべきと思われます。
お礼状ですが、故人の意思による無宗教の家族葬を行ったためご迷惑をおかけしたお詫び。以降、宗教的行事は一切無いお詫び。これらをお書きになり、故人をご放念ください・・が、故人の意向だと思いますから、こうした事をお書きに為れば宜しいかと思います。

参考URL:http://www.jp-guide.net/manner/ka/kouden_kaeshi.html

Q納骨 無宗教の表書き なんて書くの?

週末、親の納骨があります。(私は結婚して家を出ています。)
葬儀は無宗教でしたのですが、表書き?(これさえも言い方がわかりません…)はなんと書けばいいのでしょうか?ご仏前でないしお花料でないし、「お供物料」でいいのですか?急いでいますのでよろしくお願いします。
また、叔父や叔母にさんざん世話になったので10万円ずつお礼をするのですが、それは新しいお札でするのものなのでしょうか?こちらもあわせてお願いします。

Aベストアンサー

>「お花料」はキリストだけと思っておりました。

と、いうことはキリスト教ではないのでしょう。だったら宗派を問わず、仏式
の表書きですから「御仏前」がよろしいですね。
既にご存知だと思いますが、実父の納骨であってもご主人様のお名前でします。

http://www.maruai.co.jp/noshi_01/butu-5.html

叔父さん、叔母さんへのお礼は新札でよろしいです。これも既にもうご用意し
ていらっしゃるでしょうけど、紅白の蝶結びの熨斗袋で「御礼」と書き、やはり
ご主人様のお名前でするべきでしょう。
質問者様は、ご結婚されて家を出ていますので、例え親兄弟、親族間であって
も何事にも、家と家のお付き合いとお考えになってくださいね。

http://www.maruai.co.jp/noshi_01/iwai-5.html

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q石屋さんに渡す「志」

明日、祖父の四十九日の法要があり、納骨をします。
その際、石屋さんに「志」として、お礼をお渡しするのですが、その「志」に金額は記載すべきなのでしょうか??

それとはまた別に…
先日、前もってお寺さんに、法要の際のお塔婆をお願いする為、電話をしたところ「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
なので、金額は2万円をお支払します。
それで、今日、親戚がそのお寺へ別件で伺う用があり、ウチのお墓にお参りして来たそうなのですが…その親戚から「お墓に名前がまだ彫られていなかったけど、どうなっているの?」という電話が掛かってきました。

納骨までに名前は彫られているものでしょうか?
また、石屋さんにお支払する「志」には納骨の際に墓石を動かしてもらう工賃だけで、名前を彫って頂くにはまた、別にお支払しなければならないものでしょうか?
普通はどうなんでしょうか?

あと、卒塔婆料の袋には、裏書で金額記載すべきでしょうか?
何本分とか?
数え方は本?基?どちらでしょう?

Aベストアンサー

石屋です。
>「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。
ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。
自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。
逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。あらゆる状況を想定して準備にも手間を掛けます。何が起こるかわからないリスクを負って向かうので、それらを考えると2万円も妥当かなと思えるのです。

墓誌の彫刻代なら「石屋さんは儲けがない」金額です。ただし
○石屋さんとお寺さんは日ごろからお付き合いがある。あるいは霊園の指定業者である。
○墓地は売り出し中で、割と頻繁に墓地に出入りしていて、建て込みの片手間に墓誌の脱着ができる。
だったら、2万円でも不可能ではありません。

原則的には、彫刻は別途石屋さんに依頼するものです。普通はお寺さんとお付き合いのある石屋さんを紹介してくれます。
それにしても、お寺さんが金額を直接指定するのは不思議な気がします。

石屋です。
>「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。
ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。
自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。
逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。あらゆる状況を想定して準備...続きを読む

Qお坊さんを抜きにして、お墓に入れるには

私の母が亡くなったのですが色々な問題があって、お坊さんを呼ばずに通夜と告別式をしました。そこまでは良いのですが今後母をお墓に入れるにはどうしたら良いのか困っています。数年前に父が亡くなった時はお坊さんを呼びました。両親が健在の時にお墓の方は購入して既に父が入っています。こういった場合は霊園に話せばお坊さんを抜きにして母をお墓に入れる事が出来るのでしょうか?それと位牌の戒名は無くてはならない物なのでしょうか。何かアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、うちも同じような経験をしたので、
参考になればよいのですが…

私の主人の母が亡くなったときもお坊さんを呼ばずに告別式などをしました。
それに、戒名もありません。

お墓は○○霊園(宗派はどこでもいいという霊園です)で
その霊園に出入りしている石屋さんにお願いして
墓石を上げてもらい納骨をしました。
もちろんお坊さんは抜きです。

一昨年前の七回忌にもお坊さんを呼ばずに身内だけで済ませました。

もし、pppoooiiiさんのお墓がどこかの宗派に属している霊園でないのなら
お坊さんを呼ばなくても納骨はできるのではないかと思います。

お坊さんがいなくても供養する気持ちがあればいいんじゃないかな?
と私たち夫婦は考えています。

Qがん末期の非常に危険な状態とは

がんの末期において危険な状態の血圧の低下というのはいくつぐらいまで下がっていくと危険なのでしょう。また呼吸の浅さはどうやってわかるのですか。酸素吸入の目盛りを上げると血圧が上がるのはなぜですか?脈拍数の低下の非常に危険なボーダーラインというのはいくつなのでしょうか。他に油断を許さない危険な状態というのは何で判断するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

 兄が脳腫瘍で亡くなりましたが、そのときの状況でも。

 病院で血圧を測定する機械に触れましたが、上が60を切ると機械が電子音を出して緊急性を表していました。
 また、血中の酸素濃度が95%を下回ると危険な状態と言えるようです。逆に言うと、95%を上回るように酸素を送り込む必要があります。
 こういった状態のとき、脈拍数は180と非常に高い数値を示していました。血圧や血中酸素濃度が低いにもかかわらず脈拍数が落ちてきたら非常に危険だと言えるでしょう。

 本当に死の直前では、呼吸が見るからに弱弱しくなり、呼吸が止まることがどんどんと多くなりました。呼びかけると思い出したかのように呼吸を始める感じでしたが、まさに「息を引き取る」という表現そのままに死へ至りました。

 全体としては、「血中酸素濃度の低下」「急激な血圧の低下」「呼吸の力強さの低下」の順で危険度が増す感じでした。
 あくまで脳腫瘍の例ですが、参考になればと思います。

Q住民票の除票と戸籍の除籍謄本は死亡届受理から何日後に発行可能となりますか?

親族のひとりが人生のラストステージにあります。死亡の折には故人が被相続人、私が相続人となります。

その人物がたいへん遠方に住んでいることと、日ごろの私があまりにも多忙なことから、葬式から相続までの一連の作業は一回の遠出で、かつ数日中にすませなければなりません。

相続にあたっては、相続放棄を選択します。
・被相続人の本籍地役場へ出向いて被相続人の除籍(戸籍)謄本を入手
・被相続人の住所地役場に出向いて被相続人の住民票除票を入手
・被相続人住所地管轄の家庭裁判所へ出向いて申述書と上記書類を提出
上記一連の段取りで動くと、平日1日~1日半で作業が完了すると思われますが、そのためには出向いた役場で書類を即時受け取る必要があります。

【質問】

1.死亡届け受理後、何日後から除籍謄本が発行されますか?
2.死亡届け受理後、何日後から住民票除票が発行されますか?

【情報】

・被相続人の住所地と本籍地は県が異なっています。隣接県で交通の便もよいので、一日でまわれます。うまくすれば当日中に裁判所も行けます。
・私の戸籍謄本は被相続人の書類をリクエストする役場の一方で手に入ります。
・郵便で手続きする手もありますが、書類入手のための郵便小為替をつくるために平日仕事を抜けたり、裁判所とのやりとりに時間がかかったりするよりは、葬式に続いて一気に作業を終えたいと考えています。

親族のひとりが人生のラストステージにあります。死亡の折には故人が被相続人、私が相続人となります。

その人物がたいへん遠方に住んでいることと、日ごろの私があまりにも多忙なことから、葬式から相続までの一連の作業は一回の遠出で、かつ数日中にすませなければなりません。

相続にあたっては、相続放棄を選択します。
・被相続人の本籍地役場へ出向いて被相続人の除籍(戸籍)謄本を入手
・被相続人の住所地役場に出向いて被相続人の住民票除票を入手
・被相続人住所地管轄の家庭裁判所へ出向いて...続きを読む

Aベストアンサー

まず死亡届をいつどこへ提出するかによって変わってきます。
・住民登録地に届ける場合
 業務時間内であれば数十分程度で住民票除票は発行されると思います。
本籍地には受理後、数日程度で通知されますので除籍は通知受理後の数日から一週間程度しないと発行されないでしょう。
 戸籍がデジタル化されていれば数日、紙書類なら一週間程度です。
・本籍地に届ける場合
 受理後、数日から一週間程度で除籍は発行されると思います。これもデジタル化の有無で期間が異なります。
 住民票除票は本籍地からの通知後なのでやはり数日から一週間はしないと発行されないでしょう。

通知はすべて郵送で行われますので届出地と本籍地や住民登録地が離れていれば郵送の時間も加算しなければなりません。
死亡届を提出してから三週間はみておけば大丈夫でしょう。
確実性を求めるなら一ヶ月後。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報