こんにちは。化学を好きになるべく必死にいろいろ問題をやっています。でもこれはよくわからないかったので教えて下さい。希硫酸を電気分解して、毎分50ml(0.095Mpa、20℃)の水素を得る時に必要な電気分解の電流値はいくらなのでしょうか?Mpaの意味のご説明もお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 すみません、補足下さってたのですね。

気が付かず、見るのが遅くなりました。

 回答は合っていると思います。毎分50mlも発生させるなら、その位大きな電流が必要なんでしょうねえ。。。。

 1つアドバイスがあります。
 0.095MPa をわざわざ 0.9376atm に換算していますが、大学生レベルの問題であれば、その必要はないことが多いです。と言いますのも、大学で学ぶこのテの学問では、気体定数RをSI単位(長さはm、体積は立方メートル...等々)の8.314として使うことがほとんどですから。 

 この場合、気体定数Rの単位は、

 (m^3(立方リットル)・N/m^2)/(mol・K) です。

 このうち、分子の単位はN・mとなりますから、結局、J/(mol・K)です。

 後は、モル数を計算する際に、50mlが何立方メートルか、0.095MPaが何N/m^2をキチンと換算して代入すれば、同じ答えが出ます。
    • good
    • 0

 MPaのうち、Mはメガ、10^6(10の6乗)を表す接頭語です。

Paは圧力の単位で、N/m2(ニュートン/平方メートル)です。
 つまり、1MPa=10^6N/m2 です。

 rei00 さんのヒントに加え、もう少しヒントを出します。

(1)設問に温度、体積、圧力が与えられており、得られるものは水素ガスです。では、この水素ガスのモル数を計算するには何の式が必要となりますか?

(2)電気分解のことを考える際、最も重要な法則は何ですか?

(3)電気量は、電流および時間とどのような関係にありますか?
   言い換えると、電気量は、電流および時間との関係でどのように定義できますか?

*注
 計算の際は、単位系をそろえるように! SI単位に統一しておくのが面倒なくていいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これについてkawarivさんとrei00さんからのアドバイスを参考にやってみました。
ただ、最後の方の96500の数値を掛けるのか割るのかがいまいちです。
そして、毎分電気量が流れた上での数値ということは60秒で割って答えとなる
というようにしたのですが、それでいいのかというところも不安です。
以下、どうぞコメントよろしくお願いします。

○希硫酸を電気分解し、毎分50ml(0.095Mpa、20℃)の水素を得たい。電気分解に必要な電流値を求める。

0.095MPa=0.095*10^6Pa=0.9376atm

1atm=101325Pa

理想気体の状態方程式
PV=nRT

p=0.9376atm
V=0.050リットル
R=0.082リットル・atm/mol・K
T=293K
を代入して、nを求めます。
n=0.001951mol
つまり毎分0.001951molの水素を得たい。

ところで、希硫酸の電気分解のとき陰極で起きる反応は
2H+ + 2e^- = H2

2*96500クーロンの電気量で水素1molが発生します。
水素0.001951molを得るための電気量は
2*96500*0.001951クーロンです。
毎分これだけの電気量が流れる訳ですから、
電流値はこの電気量を60秒で割って得られます。
つまり、
2*96500*0.001951クーロン/60秒=6.2757アンペア
電流=電気量/時間
ですから。
[答]6.28A

お礼日時:2001/11/07 21:09

 「化学を好きになるべく必死にいろいろ問題をやっています」と言う事ですので,取りあえずヒントだけ。



 硫酸の電気分解で水素が出きる反応はわかりますか。2H+ 2e- → H2↑ です。つまり,水素(H2)1モル発生させるのに電子(e-)が2モル必要です。

 後は,50 ml(0.095 Mpa、20℃)の水素が何モルかを求めれば,毎分流す必要のある電子のモル数から電流値は求まりますね。

 化学の問題の多くは,関係している反応をキチンと式に書き,そこに出てくる化合物の量的関係を明らかにしていけば,解答できると思います。

 いかがでしょうか。必要なら補足下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これについてrei00さんとkawarivさんからのアドバイスを参考にやってみました。
ただ、最後の方の96500の数値を掛けるのか割るのかがいまいちです。
そして、毎分電気量が流れた上での数値ということは60秒で割って答えとなる
というようにしたのですが、それでいいのかというところも不安です。
以下、どうぞコメントよろしくお願いします。

○希硫酸を電気分解し、毎分50ml(0.095Mpa、20℃)の水素を得たい。電気分解に必要な電流値を求める。

0.095MPa=0.095*10^6Pa=0.9376atm

1atm=101325Pa

理想気体の状態方程式
PV=nRT

p=0.9376atm
V=0.050リットル
R=0.082リットル・atm/mol・K
T=293K
を代入して、nを求めます。
n=0.001951mol
つまり毎分0.001951molの水素を得たい。

ところで、希硫酸の電気分解のとき陰極で起きる反応は
2H+ + 2e^- = H2

2*96500クーロンの電気量で水素1molが発生します。
水素0.001951molを得るための電気量は
2*96500*0.001951クーロンです。
毎分これだけの電気量が流れる訳ですから、
電流値はこの電気量を60秒で割って得られます。
つまり、
2*96500*0.001951クーロン/60秒=6.2757アンペア
電流=電気量/時間
ですから。
[答]6.28A

お礼日時:2001/11/07 21:10

電流値の計算は分からないので他の回答者にお任せします。



MpaについてですがこれはMPa(メガパスカル)の表記ミスじゃないですか?
MPaは気圧の単位です。
1MPa=10000hPa
0.1013MPa=1013hPa=1atom(気圧)
0.095MPa=950hPa=0.9378atom
で計算できるはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水の電気分解をする際に水酸化ナトリウムを溶かすと習ったのですが、これでは、水酸化ナトリウムの電気

水の電気分解をする際に水酸化ナトリウムを
溶かすと習ったのですが、
これでは、水酸化ナトリウムの電気分解に
なってませんか?

Aベストアンサー

はい、ご指摘の通り、水酸化ナトリウムの水溶液の電気分解では、完全な水の電気分解とは言えません。

陽極では陰イオンの水酸化物イオンが電気分解され酸素と水とになり、それで生じる電子が陽極へと渡されます。
陰極では陽イオンのナトリウムイオンが電気分解されてナトリウムにな……ることはありません。
ナトリウムイオンが電気分解されてナトリウムになる反応よりも、水が電気分解されて水素が発生する反応のほうがはるかに起こりやすいためです。

ということで、陰極での反応はまさしく水ですが、陽極で分解されるのは水酸化物イオンとなり、厳密な水の電気分解とはなりません。
ただし、電気分解生成物を見れば水が分解されたのと同じですね。

陽極・陰極とも水の電気分解にしようと思えば、硫酸ナトリウムや硝酸ナトリウムの水溶液の電気分解が考えられます。

Q希硫酸の電気分解時における不純物の電解電流について

電気化学初心者です。
今勉強中の書籍に
希硫酸を分解するとき、「1.5V以下の電圧で流れる電流は主に不純物の電解電流である。仮に水も硫酸も純度100%で1.5V以下なら電流はほぼ0」という記述があったのですが、
不純物の電解電流とは何なのか、なぜ不純物の電解電流といえるのか、なぜ電流が0といえるのか、教えていただけませんでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「ネルンストの式」・「電位」の概念は大丈夫ですか?
簡単に言うと、
電気分解する時には、陽極で酸化、陰極で還元が起きます。
酸化反応を起こすためには、ある電位以上にする必要があり、
還元反応を起こすためには、ある電位以下にする必要があります。
この電位の差が電気分解するために必要な最低限の印可電圧となります。
参考:
http://www.geocities.jp/acaradisco55/Taikou/science54.html
※ここでは、1.23Vとなっていますが、溶液の抵抗等を考慮すると、有意に反応が進むためには1.5Vぐらい必要になるのでしょうかね?

さて、ここで水分子(pH条件によってはOH^-)より、酸化されやすい分子やイオンが存在すると、先にそちらが酸化されるため反応に必要な電位は下がります。
また、水分子(pH条件によってはH^)より、還元されやすい分子やイオンが存在すると、先にそちらが還元されるため反応に必要な電位は上がります。
結果としてより小さな印可電圧で反応が起きるため電流がながれることになるのです。
これを「不純物の電解電流」と、説明しているのでしょう。

「ネルンストの式」・「電位」の概念は大丈夫ですか?
簡単に言うと、
電気分解する時には、陽極で酸化、陰極で還元が起きます。
酸化反応を起こすためには、ある電位以上にする必要があり、
還元反応を起こすためには、ある電位以下にする必要があります。
この電位の差が電気分解するために必要な最低限の印可電圧となります。
参考:
http://www.geocities.jp/acaradisco55/Taikou/science54.html
※ここでは、1.23Vとなっていますが、溶液の抵抗等を考慮すると、有意に反応が進むためには1.5Vぐらい必要にな...続きを読む

Q化学です水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されな

化学です
水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されない理由ってなんですか?

Aベストアンサー

「電気エネルギー」などというものは存在しない。
そもそも「エネルギー」自体が抽象概念であり、存在するものではない。

この場合、必要があろうとなかろうと「電界」は溶液中に等しくかかっている。
だいたい、必要に応じて選択的にかけられるわけでもない。(今の科学では)
質問の主旨は、それなのに、何故水素と酸素だけが発生するのかということだと思います。


>化学です

わかっているなら「化学」で聞け。

【化学】
http://oshiete.goo.ne.jp/category/389/



>水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されない理由ってなんですか?

「イオンが電気分解される」の意味が不明なので回答不能。
「電極にNaとSO4が発生する」ならわかります。


質問の主旨ですが、「電極に(水素と酸素ではなく)NaとSO4が発生しない理由」でよいのでしょうか。

回答:水素と酸素よりNaとSO4の方が「イオン化傾向」が高い(イオンになりやすい)からです。

陰極から出た電子は、よりイオンに成りにくい方と結合します。
この場合は水素イオン(+)と結合し「水素(気体)」となります。

同じ理由で、陽極にはOH(陰イオン)の電子が入り、その結果イオンでなくなる為に、水素と酸素の気体に分離します。

NaとSO4で同じ事が起こっても、よりイオン化傾向が高い水素とOHとの間で電子の移動が起こるので、イオンのままであり続けます。



ところで、他の質問から、質問者様は高校生だと思いますが、中学で「イオン化傾向」は習わなかったのでしょうか。(私の場合はそうでしたし、暗記もしています)

「電気エネルギー」などというものは存在しない。
そもそも「エネルギー」自体が抽象概念であり、存在するものではない。

この場合、必要があろうとなかろうと「電界」は溶液中に等しくかかっている。
だいたい、必要に応じて選択的にかけられるわけでもない。(今の科学では)
質問の主旨は、それなのに、何故水素と酸素だけが発生するのかということだと思います。


>化学です

わかっているなら「化学」で聞け。

【化学】
http://oshiete.goo.ne.jp/category/389/



>水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして...続きを読む

Q電気分解についてお尋ねします。普通、電気分解で分解して極に析出・発生す

電気分解についてお尋ねします。普通、電気分解で分解して極に析出・発生するものは、イオン化傾向の小さいものですよね。水なら水酸化物イオンや水素イオン、ハロゲン化物ならハロゲン単体というように。
それではイオン化傾向の大きい硝酸イオンやカリウムイオンなどを分解しようと思えば、どうすればよいのでしょうか。融解した塩を電気分解する以外に、例えば水銀・メタノール・エタノールなどの溶媒を使ってこれらを分解することはできないのでしょうか。

また硝酸カリウムを融解電解すると陰極にはカリウムが生じますが、陽極ではどのようなものが生じるのでしょうか。

Aベストアンサー

>硝酸イオン
無理です。もちろん理論的には可能でしょうが、実現性は皆無です。
>カリウムイオン
ナトリウムは水銀法で作られていましたが、水俣病確認以降隔膜法で水酸化ナトリウムまでで止めます。
>硝酸カリウムを融解電解
NO3^- → NO3^・ + e^-
NO3^・ → NO2 + 1/2 O2
NO2 → NO + 1/2 O2
でしょう。^^;

Q化学Ⅰ 電池 電気分解

自分は化学Ⅰの電池と電気分解の部分が苦手なのですが、

電池
電流は 正極~負極
電子は 負極~正極

電気分解
電流は 負極~正極
電子は 正極~負極

となっている図がありました。
電流は正極~負極、電流と電子の向きは互いに逆だと教えられたのですが、何故電気分解では電流の向きが逆になっているのですか?


無知ですみませんが、教えていただきたいです。

また、電池と電気分解の分野を理解するための解釈法も教えていただきたいです。

Aベストアンサー

電気分解は電源につないで行うものなので
電源の負極の延長を陰極と呼んでいます
正極の先は陽極です

従って
負極から出た電子は
陰極に入ることになります

電流は電子の流れと常に逆です


攻略のヒントですが
電池は自発的に起こる反応なので
必ず理由があります

たとえばボルタ型の電池なら
イオン化傾向の大きい金属が優先的にイオンになろうとする
→陽イオンになって電子を出す
→電子が出るから負極

といった具合です


電気分解は
電気エネルギーによって無理矢理起こす反応なので
陽極・陰極で起こる反応は
極論を言えば暗記です
でも
反応は5通りしかありませんから
たいした負担ではないですよ

Q無機化学の質問です、 希硫酸とイオン化傾向が水素より大きい金属と反応して水素を発生しますが、大きすぎ

無機化学の質問です、
希硫酸とイオン化傾向が水素より大きい金属と反応して水素を発生しますが、大きすぎるとダメだと言われました、何故ですか?

Aベストアンサー

多分反応速度が大きく莫大な熱が出るために沸騰飛散して危険だからでしょう。それ以外に理由は思い当たりません。

Q塩化ナトリウム水溶液の電気分解

こんにちは。思ったんですけど、その電気分解に使う隔膜をとったら、その電気分解はどうなるのですか?電気分解は両駅が混合して中和しないためと参考書にはありますが、いまいちよくわかりません。塩素の発生量は減りますか?流れる電気の量とかは変わりますか?またそれはなぜですか?
長々とすみません。回答ぜひお願いします。

Aベストアンサー

>電気分解は両駅が混合して中和しない
電気分解でイオンは「拡散」で移動しています。
そのため陽極付近で高い濃度のイオンも陰極付近で高い濃度のイオンも非常にゆっくりとしか対極の方向に移動しません。
>塩素の発生量は減りますか
電荷の総量(FもしくはクーロンあるいはWhであらわせる)が変わらなければ、塩素の発生量も水素の発生量も変わりません。
>流れる電気の量
「電流」という意味で言えば多少の変化はあります。上記の拡散の速度(濃度変化)が影響を受け、両極でのイオン濃度が少しだけ変わるためです。

Q希硫酸;硫酸(96%、比重1.84、分子量98)5.7mlを水10ml

希硫酸;硫酸(96%、比重1.84、分子量98)5.7mlを水10mlに加え、冷やした後、水を加えて100mlとする。このときの質量百分率、質量容量百分率、モル濃度を求めよ。という問題に関して質問です。
質量百分率を求めるとき、回答が(5.7*1.84*(96/100))/(5.7*1.84+94.3)*100で求められると書いてあるのですが、(5.7*1.84*(96/100))の部分の意味はわかります。しかし(5.7*1.84+94.3)という部分の意味がわかりません。これってどういうことですか?

Aベストアンサー

1) 質問の全てはここではわかりませんが  2) 質量百分率のことですから、 5.7x1.84 は硫酸96%の質量で、 94.3 は 「水10mlに加え、冷やした後、水を加えて100mlにした」 過程での水の質量のはずです。 この数字は、あなたの質問からはえられませんが。 

Q重曹・炭酸ナトリウムの電気分解

重曹水を電気分解すると何ができるのでしょうか。
また、重曹が分解した炭酸ナトリウム水溶液を電気分解すると何ができるのでしょうか。重曹が大量にあるので興味があります。

Aベストアンサー

隔膜があろうとなかろうと本質は同じです.
陽極側では 2 OH- → O2 + 2H+ + 4e あるいは 2 OH- → H2O2 + 2e がおこります.
陰極側は 2 H+ + 2e → H2 あるいは 2 H2O + 2e → H2 + 2 OH-.溶存酸素が除かれていなければ,O2 の還元もおこります.

隔膜があれば陽極室の pH が下がってくるので,十分に電解を行えば CO2 が溶けきれなくなって出てくるでしょうが,これは電気分解によって生成しているわけではありません.弱酸の解離平衡に基づく,遊離反応です.
炭酸,炭酸イオン,炭酸水素イオン,二酸化炭素 (これらは水溶液中では互いに平衡で存在する) のいずれも,通常の条件では電気分解反応はしません.隔膜電解によって pH 変化が起これば平衡の位置は動きますが,総量は増えも減りもしません.

なお,隔膜を使おうが使うまいが,O3 はできないでしょう.そこまでの実効電位がかけられません.

Q1番の問題です。答えはア 解答では加えた希硫酸10mLを無視して溶液が10mLのまま計算していたの

1番の問題です。答えはア

解答では加えた希硫酸10mLを無視して溶液が10mLのまま計算していたのですが、なぜ無視しているのでしょうか?問題には希硫酸の体積は無視できるとは書いてありませんでした。

Aベストアンサー

希硫酸の体積を考慮するのは勝手ですけど、面倒なだけです。
結局、そこで調べているのはシュウ酸の物質量であり、濃度ではありません。硫酸の体積を考えても考えなくてもシュウ酸の物質量は同じです。

つまり、そこで、10.0 mLをつかって計算しているのは単にシュウ酸の物質量を計算するだけのためであり、それ以降に濃度が変わっても、溶液に含まれるシュウ酸の物質量は不変なので無視できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報