グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

トールペイントの絵の具は屋外には向かないんでしょうか?木にペンキで塗った上にトールペイントの絵の具で絵を描いて、庭におきたいのですが、もちろん最後にニスも塗ります。色あせ等、絵の具について何か教えて頂けますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アクリル絵の具で大丈夫です。

野外用ならシーラー(下地剤)を塗っておくと防水効果があるのでいいでしょう。基本的には絵具やシーラー、ニスは同じメーカーのものを使うのが理想ですが、メーカーのニスによっては直射日光に弱い物があり、クラッキング(ニスや絵にひびが入る)を起こすタイプがあります。特にスプレータイプのニスはおすすめ出来ません。私が今まで試してみて大丈夫だったニスはジョソーニャ系ニスとファイナルコート、チャンデーのトップコートですが、10年たっても大丈夫です。ただ、湿気の多い個所はカビで傷んでしまう事があるらしいです。ニスは一度塗りでなく、野外なら4~5回乾かしては塗るを繰り返し、重ね塗りします。ジョソーニャとチャンディーのニスは塗る時にコツがあり、ちょっと難しいかもしれません。値段は高いのですが、私はファイナルコートをおすすめします。(こちらは6回以上塗ることをおすすめします)それと、ニスを塗る前はクリアーグレージングを塗っておくと、絵の保護になりますしニスの定着もよくなります。これを塗る時は、しっかり乾かすのがポイントです。最後にペンキの上に絵を描いた事がないので判らないのですが、案外ペンキは難しいかもしれません。値段が安いので私も水性のペンキで家具などの塗り替えをします。けれど、ニスを塗っておかなければ、あ3ヶ月経っても、水で絵の具がはげる事がありましたし、ニスを塗っても、物を置くと絵具ごとはがれてしまいます。専門家の方に聞いたら、やはりペンキも下地剤が必要だと言われました。
    • good
    • 1

基本的にアクリル絵の具は屋外には不向きです。

ただ、下地と仕上げをしっかりやる事によって、屋外での劣化を遅くする事はできます。プラーク等の板に直に色をのせるのではなく、800番くらいのサンドペーパーで表面の細かい毛羽立ちを落として、面取りもします。ホルベイン社のジェッソを、力を入れてゴシゴシムラ無く3回くらい塗り、その上に絵の具のウォームホワイトを3回くらい塗って、1対1で水で薄めたシーラーを1回塗ってから初めて絵を描きます。絵が仕上がったらトップコートを薄めずに塗ります。多めにボテっと塗り始めず、適量を、最低でも20回は塗って下さい。特に角や面取り部分は、液体がのりにくいので、雨水に強くするためにしっかり塗ります。最低一週間は自然乾燥してから、晴れてお庭デビューです。因みに、ジェッソはリキテックス社の物は、その後使う画材によっては、性質が合わず、ぼろぼろになってしまう事があるので、オールマイティーなホルベイン社の物がお勧めです。あと、トップコートもジョソーニャは濁った黄色っぽくなる事があるので、その辺のホームセンターで売っている水性ニスの方が良いです。どうしても色あせや板の劣化が気になるなら、劣化している事が良い味を出す様に、わざと松ノ木の板にハロウィンの様な絵を描いておけば、板自身が松脂を出してくれるので、雨風に晒されると独特の雰囲気が出て、かえって人目惹く個性的な作品になります。色々試してみるのも楽しいので、頑張ってお洒落なお庭を作ってくださいね。
    • good
    • 0

私は自分の作品を庭に置いています。


ウッドデッキを作った時に余った端材にそのままトールペイント用の絵の具で絵を描き、上から外用の油性ニスを塗りました。
描いたのが3年ほど前になりますが、同じ木材に描いて、つや消しニスを使ったほうは少し色あせてきましたが、それはそれでいい味が出てる、という程度で気になりません。つや有りのニスを5~6回塗った方はいまだにピカピカです。
鉄の表札に描いた物も、すぐに剥がれてもまた描きなおそうと思って上から簡単に室内用のニスを塗っただけなのに5年経った今でもそのままです。南側で直射日光も雨も当るのに・・・もっと丁寧に描いておけば良かったと思うくらいです。

庭に置いておいて雨ざらしになった場合、腐ってしまう木もあると思うので、木材を選んで描けば大丈夫ですよ。
外用のニスを何度も重ね塗りすれば意外ともちます。
私は外にそのまま置きっぱなしですが、軒下や玄関先に置いたり、雨が降ったら仕舞うとかよく拭くなど手入れをすればもっと綺麗に長持ちするそうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトールペイントの仕上げに水性ニスを水で薄めたものを塗って乾かしたら、全

トールペイントの仕上げに水性ニスを水で薄めたものを塗って乾かしたら、全体的に白く濁ってしまいました。解決策はありますか?緊急です。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

油性の塗料に水性のニスが反応し、白濁させているのでしょう。
既に白濁した部分を剥がし、再度落ちたカラーは描きこむ必要があるでしょう。
やすりで白濁の酷い部分をこすり、やり直しになると思います。

Qアクリル絵の具で塗装した物を保護するニスは?

アクリル絵の具で塗装した物を保護するニスは?

粘土で作ったものをアクリル絵の具で塗装したのですが
アクリル絵の具は乾いても
塗装した物同士をくっつけておくと、密着しちゃいますよね?

保護ニスとかを塗ればいいのかなぁと思うのですが
どれを選べばいいのかわかりませんのでアドバイスお願いできませんか?

完全に乾いているのですが
触ると少し粘着感が感じられるので
それもなくしたいなと思っています。

どうぞヨロシクお願い致します!

Aベストアンサー

アクリル絵の具専用の保護ニスがありますよ。

大きく分けて2つの種類があります。

1)アクリルメディウムと類似の物で透明な膜を作る。単独で除去できない。
  グロスバーニッシュ、パーマネントマットバーニッシュ

2)油性のニスで専用溶剤を用いて保護層のみを除去できる。
  (表面が汚れたらニスだけ除去して新しいニスを塗る事が出来る)
  ソリューバー・マットバーニッシュ、ソリューバー・グロスバーニッシュ

使用方法は、前者の水性ニスを塗った後に、後者の油性ニスを塗ります。


リンクはリキテックスの物ですが、他社でも類似の製品が出ています。

参考URL:http://www.bonnycolart.co.jp/item/cat14/013/

Qトールペイント用の絵の具は布にも使えますか?

手元にトールペイント用の絵の具があります。
容器には「Folk Art acrylic paint」と書いてあります。
手芸用品店で「木製品にステンシルできる絵の具がほしい」と言ったところ
この絵の具を紹介してくださったので購入しました。
この絵の具は布にステンシルするのにも使えるのでしょうか?
先日行った手芸用品店にはアメリカーナという絵の具が置いてあって
布にも描けると書いてありましたが。

Aベストアンサー

>布にも描けると書いてありましたが。

描けるというのは絵の具が乗るという意味でしょう。
そのままでも描けますが、濡れると落ちます。

描いたものが簡単に落ちると困るようなアイテムでしたら、布用の定着液を混ぜて使ってください。
「テキスタイルメディウム」などの名前で同じコーナーで販売されていると思います。

たいてい乾燥後に当て布をしてドライアイロンで定着されるようになっていますが、
使い方はボトルかパンフレットの説明をよく読んでください。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q看板の制作について

店舗の看板として、合板(フレークボード)に図案を手書きしたいのですが、どのような塗料もしくは絵の具を使って描くのが一番いいでしょうか?

合板の木目を残した状態で、必要な部分だけ色をつける予定です。
看板なので、比較的雨ざらしになります。
看板のサイズは約2m×1mです。

看板製作については素人が作業しますので、あまりにも専門的な作業はできません。



自分で考えていた方法は・・・

1.アクリル絵の具で描いた後に専用ニスで上塗りする方法
2.ネオカラーなど屋外用絵の具で描く方法
3.ペンキ等の塗料で描く方法

・・・が、準備もしやすく作業できるのではないかと思っていました。

が、ホームセンターで聞いてみると
「ペンキ(水性)でも、直接塗るとうまく色が出ない可能性が高いので下地をサンドペーパーなどで整えて溶剤を塗ったりして、準備してから作業をした方がいい」と、いう話でした。
(その下地溶剤も屋外使用の合板に適したものが見つからなかったので、素人が買い求めるのは難しいものなのかもしれません。)

一番有力だと思っていたペンキですら、うまくいかないかもしれない・・・と聞いて、アクリル絵の具などでは全く話しにならないのではないかと、作業日が迫ってきているので焦っています。

検索するにしても、どのようなワードで調べればいいのか思いつかずこちらで質問することにしました。

屋外の看板や壁画の制作をしたことがある方に知恵を貸していただきたいです。
よろしくお願いします。

店舗の看板として、合板(フレークボード)に図案を手書きしたいのですが、どのような塗料もしくは絵の具を使って描くのが一番いいでしょうか?

合板の木目を残した状態で、必要な部分だけ色をつける予定です。
看板なので、比較的雨ざらしになります。
看板のサイズは約2m×1mです。

看板製作については素人が作業しますので、あまりにも専門的な作業はできません。



自分で考えていた方法は・・・

1.アクリル絵の具で描いた後に専用ニスで上塗りする方法
2.ネオカラーなど屋外用絵の具で描く方法
3...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと調べてみたのですが、アクリル絵の具は元々壁画用に考案されたようで、屋外使用に耐えると書いてありますね。
http://www.holbein-works.co.jp/acyla.html
http://www.liquitex.jp/faq/detail/26
http://www.bonnycolart.co.jp/faq/faq.cgi?ID=471

Qアクリル絵の具塗装後に使用するコート材について

プラモデル(ABS)に色を塗る場合、
溶剤系の塗料を使うのが一般的かもしれませんが、
私は臭いが気になるので、アクリル絵の具で塗装しています。

ペーパーで下地処理をしているためか、かなり強く爪で擦っても、
アクリル絵の具が剥がれる事はないのですが、
表面がテカテカしてしまい、傷に弱いと思います。

そこで、アクリル絵の具で塗装後、さらに表面にコート材のようなものを
塗装すれば、傷に強くなるかなと思っているのですが、
何か良いものはありますでしょうか?

Mr.トップコートが良いかなと思っているのですが、溶剤が入っているので、
アクリル絵の具が溶けないでしょうか?

また、絵の具用のバーニッシュだと、表面が多少べたつくようなので、
あまり使いたくありません。

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どなたか、美術か水性アクリル絵の具でのエアブラシアートを、趣味や専門でやっていて、模型趣味も経験ある人から回答あると思って傍観していたのですが・・・回答が無い様なので。
私は、塗料は仕事上専門なのですが、なにぶん画材のアクリル絵の具は使用経験無いので、推測で回答してみます。
成分情報と乾燥後の表面状態、現物のアクリル絵の具の臭いさえ嗅げれば、およその見当がつくのですけど(笑)
チョッとアクリル絵の具について調べてみましたが、成分詳細情報が得られ無いのと、アクリル絵の具のメーカーが分からないので、あくまで参考にね。

アクリル絵の具は、アルコールに溶けるタイプで表面硬度がシッカリしたものと、その他木工ボンドの様な酢酸ビニルに類似したものとに大きく分類されているみたいですね。
アルコール原液を滴下して放置、または拭う様な動作をした際に、塗膜が軟化して溶けるという製品の場合ですが、元々塗装と言うのは、溶剤(この場合アルコール)成分が揮発して完全乾燥すれば、元の塗膜に戻ると言うのが普通です。*溶剤の相性で例外あります。
質問に出てくるバーニッシュというのも、通常タイプはべたつきが多少出るのが普通で、屋外用でべたつきが出ないタイプあるようですけど。俗に言うワニスですかね?

■で、ご質問の「Mr.トップコート」
水性アクリル塗料用クリア、アルコール系溶剤ですが、使用しても問題ないと〝推測”出来ます。
*塗膜硬度は、模型用の水性塗料なのでそれなりです。
要は、吹き付け手法と乾燥の促進、ローテーション時間の取り方の問題なので。
最初のうちの吹き付けは、捨て塗り(砂吹きとも言います)をして乾燥を、3~4回繰り返し、最後に決め塗りを行う手法を用います。乾燥促進のためドライヤー併用も考慮。

●ツヤありトップコートを例にした場合:
通常は一気に塗ると、テロッとした綺麗なツヤになりますが、捨て塗り(砂吹き)と言うのは、砂を撒いた様に軽くサッサッと吹き付ける塗り方です。
勿論ツヤは出ません。ツヤありなのにツヤ消しの状態になります。乾燥させては捨て塗り、乾燥させては捨て塗り、を数回繰り返します。
【要は、元のアクリル絵の具がアルコールを吸って表面が溶け出す(軟化する)前に、トップコートの溶剤を早い段階で飛ばして塗膜全体を落ち着かせる。】
この手法で、モデル表面全体を、トップコートで捨て塗りした薄い膜で覆います(全体につや消し状態です)。
4回程度行った後、十分な乾燥時間を取ってから、仕上げ塗りとして通常のツヤの出る塗り方を行えば、ちゃんとツヤありのトップコート仕上げに出来ます。
ツヤの仕上がりの状況に応じて、再度仕上げ塗りを繰り返す必要もあります。

溶剤臭さえ気にしなければ、Mr.カラースーパークリアで上記の塗り方をした方が、塗膜硬度は強いです。

どなたか、美術か水性アクリル絵の具でのエアブラシアートを、趣味や専門でやっていて、模型趣味も経験ある人から回答あると思って傍観していたのですが・・・回答が無い様なので。
私は、塗料は仕事上専門なのですが、なにぶん画材のアクリル絵の具は使用経験無いので、推測で回答してみます。
成分情報と乾燥後の表面状態、現物のアクリル絵の具の臭いさえ嗅げれば、およその見当がつくのですけど(笑)
チョッとアクリル絵の具について調べてみましたが、成分詳細情報が得られ無いのと、アクリル絵の具のメーカ...続きを読む

Q表札DIY。木工品塗装の基本を教えてください。

木製の表札表面を彫刻刀で削って、手作りしようと思います。

トナー印刷機でコピー紙に出力した版下をカーボンペーパーか除光液で木に転写し、
彫刻刀で文字を削ります。
ここまではまだ自分の想像の範囲ですが、屋外で風雨にさらされても(一応軒下ですが)
大丈夫なようなしっかりとした塗装はしたことがありません。

そこで、木工品に塗装をする場合の基本を知りたいのです。

木は普通の白木なので、ひのきのような色に塗ってその上に黒い字で。
もしくは、ベースをこげちゃいろに塗装してその上に白い文字もモダンでいいかなと思っています。

マスキングする必要があると思いますが、何となくしか想像出来ずにおります。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

<木製の表札表面を彫刻刀で削って、手作りしようと思います。トナー印刷機でコピー紙に出力した版 下をカーボンペーパーで木に転写し、 彫刻刀で文字を削ります。>

想像された範囲でよろしいでしょう。文字は外線を切出刀で、少々斜めに彫り込んで、三角刀で内側を浚います。平刀を使用して、文字面の中心線を一番高くして蒲鉾状に、浮き彫りします。
サンドペーパーに当て木をし、文字面を綺麗に研ぎます。

水性ウレタン透明塗料を、文字部分を含めて全体に、最高で2割薄めて、乾かしては塗りを3回施します。
次にカシュー黒(お好きな色でも結構)を、糸状に連続的に垂れ落ちるように、ペイントうすめ液で希釈し、彫った文字を塗ります。はみ出したカシューは、ペイントうすめ液を湿らした布で、綺麗に拭き取ります。二日しっかり乾かしましょう。使用した筆は、ペイントうすめ液で良く洗って下さい。更にきちんと保存するには、食用油で良く洗い、しごきだし、ティッシュ等で油分を拭き取ります。

水性ウレタン塗料、カシュー塗料、いずれも耐水性にすぐれ、長期間の使用に耐えます。

<マスキングする必要があると思いますが、何となくしか想像出来ずにおります。>
すれば、更に結構ですが、ウレタン塗装を先にしますから、まず大丈夫です。

<木製の表札表面を彫刻刀で削って、手作りしようと思います。トナー印刷機でコピー紙に出力した版 下をカーボンペーパーで木に転写し、 彫刻刀で文字を削ります。>

想像された範囲でよろしいでしょう。文字は外線を切出刀で、少々斜めに彫り込んで、三角刀で内側を浚います。平刀を使用して、文字面の中心線を一番高くして蒲鉾状に、浮き彫りします。
サンドペーパーに当て木をし、文字面を綺麗に研ぎます。

水性ウレタン透明塗料を、文字部分を含めて全体に、最高で2割薄めて、乾かしては塗りを3回施...続きを読む


人気Q&Aランキング