江戸時代もいくつかの時代に分かれているけれど、その中の近世と近代の時代にはどのような経営・経済が行われていたのでしょう?連続していたものや,そうでなかったものを探しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

う~ん。

普通は、江戸時代=近世で、近代=明治なんですけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったか

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越しの銭は持たなかったとうう説は間違いとわかる。

大金が回ってくる仕組みを火事が多いので大金を持たなかったという江戸っ子の説は矛盾に気付く。

2つ目の仮説。銀行はなかった。けれども頼母子講という少額を積み立てて大金を引き出す銀行みたいな仕組みがあったのでこれも嘘の仮説だと分かる。

最後の仮説の江戸っ子は貧乏だったという説。

江戸時代に流通していた通貨は金貨、銀貨、銭貨の3種類。

銭貨の価値は現在の価値で50円程度。

江戸時代の江戸っ子の日当が50円程度だった?

金貨の価値が20万円程度だった。

江戸時代の大工に月収は2万円。2万円/30日で日当で666円。

1日銭貨を13枚。

当時の大工は高給取りだったとすると一般庶民のブルーワーカーは大工がホワイトカラー職で現代の月収50万円職に値すると一般庶民のブルーワーカーの月収は25万円として6枚。

で、1日6枚で飯が3食で銭貨3枚が余る。で、相互会に毎日銭貨3枚を預けると月で99枚。1枚50円で5000円。

金貨が20万円なので月5000円で12人で相互会を組んでいるので年1回月収が6万円のときがある。

年1回大金を掴んでも6万円なら江戸っ子は20万円の価値がある金貨を一生見ることがなかったのかも知れない。

ということは、江戸っ子は宵越しの銭は持たないの話には続きがあって、(けど江戸っ子は銭貨を大金の銀貨に変えて貯金していた)。要するに1番価値がない銭貨を持たないで銀行(相互会)に預けて大金にするという仕組みが江戸にはあったので当時の人は江戸の仕組みを珍しく思い、「江戸には銀行という仕組みがある」ということを「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」と表現したのが真相ですかね。

【江戸時代の話】「江戸っ子は宵越しの銭は持たない」は「江戸は火事が多かったから」、「銀行が無かったから」、「そもそも江戸っ子は貧乏だった」という3大理由がインターネット上に挙げられていますが多分間違っていますよね?

江戸時代、江戸は火事が多かったので頼母子講(たのもしこう)という相互会があった。

少額を毎月12人から集めて12人分を1人に渡す。これを1年間繰り返して12人が1年のうち1ヶ月だけ大金を得ることが出来る銀行のような仕組みがあった。

この事実で仮説1の火事が多かったから宵越し...続きを読む

Aベストアンサー

すごいですねえ。
いろいろ計算して、ここまで考えると、おもしろいですね。

私は、ただ、単に、
物に執着して、がつがつ貯めこむのは粋じゃない。
きっぷ(気風)がいいことが美徳、という考えが江戸では一般的だったから、
(本当にもらったら、もらっただけ使ってしまう人ばかりでなくても)
そういう気質だと、おもしろがって、または、自慢気に、言っていたのではないかと思いました。
開き直ったスローガンみたいな(笑)。
で、そういう風潮ができたのは、
やはり、長屋に住んでいるような、大部分の人が、
ぎりぎりの生活で、贅沢はできない状況だったからでしょう。

ところで、たのもし講、私が小さい頃、母がやっていましたよ。近所のおばちゃんたちと。
なつかしい言葉です。

Q江戸時代 鎖国 対外貿易が行われた港

鎖国時代に対外貿易が行われた港
4ケ所と相手の国を教えて下さい。

Aベストアンサー

対外貿易が行われた港4ケ所ということですが、下に書いたように港が判らない場合も有りますので、知っている限りということでご容赦下さい。

幕府-長崎-オランダ・中国(明→清)
対馬藩-釜山(倭館を設置し交易)-朝鮮
薩摩藩-琉球(進貢船の形で毎年清国へ渡航)-清

松前藩-山丹(黒龍江下流に住んでいた山丹人)-山丹人や清
*山丹交易は非公式なので、山丹人-樺太アイヌ-蝦夷地アイヌ-松前藩という道筋が一般的。なお、山丹人を通じて清国の物産(蝦夷錦と呼ばれた絹製品など)も流入しており、実質的には清国との交易

Q江戸時代に手術は行われていましたか?

江戸時代に手術は行われていたのでしょうか?もし行われていたのなら麻酔なしだったのでしょうか?。

Aベストアンサー

「JIN-仁-」
http://ja.wikipedia.org/wiki/JIN-%E4%BB%81-
というマンガを読めば質問者さんの疑問は解けるでしょう。

このマンガは「平成日本の若い脳外科医が、幕末の江戸にタイムスリップした」設定で描かれていますが、大学医学部の医学史教授が時代考証を行い、当時の医療状況がビジュアルかつ正確に描かれています。学問的に正確であることが担保された第一級の資料と言えます。

この本を元に質問者さんの疑問に答えますと、

1) 華岡青洲が世界で初めて全身麻酔手術に成功したことはNo2さんが書かれている通りです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E5%B2%A1%E9%9D%92%E6%B4%B2
なお、この麻酔術は、華岡青洲とその後継者の医学塾で、限られた者に「秘伝」として伝授されましたが、ウィキペディアに
「通仙散の配合は、曼陀羅華八分、草烏頭二分、白芷(びゃくし、“し”は草冠に止)二分、当帰二分、川芎(せんきゅう、“きゅう”は草冠に弓)二分であった。これらを細かく砕き、煎じて滓を除いたものを暖かいうちに飲むと、2~4時間で効果が現れた。しかし、やや毒性は高かったらしく、扱いは難しかった」
と説明されているように、一歩間違えば患者を殺してしまうような危険なものでした。華岡青洲の母と妻が、麻酔術を研究する過程で人体実験を受け、共に失明に至ったことは有名です。

マンガ「JIN-仁-」には「華岡流の医術を修めて麻酔術の秘伝を伝授された医師」も登場しますが、その医師の口から
「華岡先生が麻酔術を秘伝にされたのは、毒物・劇物を使うため、一歩間違えば患者を殺してしまうからだと思います」
と語られています。
「彼は日本人らしくこの技術を世にオープンにしませんでしたから(当時の価値観では重要なものであればあるほど一子相伝で口外しないのが正しいと考えられていました)」
と言う説明は、短絡的に過ぎるように思います。

2) 同じくマンガ「JIN-仁-」の中で
「1850年ごろに、武蔵国・秩父で二人の蘭方医が、日本で初めての帝王切開手術に成功した」
ことが語られています。
この手術は、難産の末に胎児が死んでしまっても母体から引き出すことが出来ない状況で、母親を救うために「麻酔をせずに」行われたものですが、見事に成功して母親は90近くまでの長寿を全うしたとのことです。

なお、この時代には西洋医学でも「細菌」の存在は知られていず、手術は不潔な環境で「手術は清潔な環境で行わねばならない」という意識抜きで行われていました。「抗生物質」などというものはもちろんありません。西洋の外科医は、何度もの手術で血が染み込んで真っ黒・バリバリになったエプロンを「ベテラン外科医の証」として誇りにしていた、と言う話があるくらいです。

手術の後に傷が化膿するかしないか、破傷風や敗血症を起こさないかどうかは「運」と「患者の自然治癒力」に頼るしかありませんでした。その点では
「焼酎による殺菌で傷の化膿が防げる」
「温泉による外傷治療が有効である」
ことが経験的に知られており、
「入浴の習慣があり、一般に西洋より清潔であった」
日本の方がむしろ環境が良かったかもしれません。

「JIN-仁-」
http://ja.wikipedia.org/wiki/JIN-%E4%BB%81-
というマンガを読めば質問者さんの疑問は解けるでしょう。

このマンガは「平成日本の若い脳外科医が、幕末の江戸にタイムスリップした」設定で描かれていますが、大学医学部の医学史教授が時代考証を行い、当時の医療状況がビジュアルかつ正確に描かれています。学問的に正確であることが担保された第一級の資料と言えます。

この本を元に質問者さんの疑問に答えますと、

1) 華岡青洲が世界で初めて全身麻酔手術に成功したことはNo2さんが書...続きを読む

Q江戸時代の花見はどのようなものでしたか?

千葉大の中村郁郎准教授(植物遺伝学)によると、かつて桜の花見は遠くから眺めるものだった。野生桜の多くが巨木になるためだが、ソメイヨシノの登場で花の下で花見をする文化が誕生した。
http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/20090317dde001040025000c.html

上記記事によれば、昔の花見は遠くからながめるものだったです。
実際に江戸時代の江戸の花見はどのようなものだったのでしょうか?
やはり桜の下で飲み食いをしていたと思うのですが。

Aベストアンサー

北斎や広重の浮世絵の江戸百景や名所図会に、庶民が桜、梅見などの花鳥風月や、虫の声を聞くなどの楽しみをする風景があります。
花の下の縁台(茶屋が用意したものか?)に腰を掛けている者のほか、ござを敷いている者もいます。   徳利が見え酒食しているのは今と同じです。

Q近世~近代欧州の貴族たちは仏語を話していた?

中世の欧州の貴族の人たちは、召使たちに自分たちの話を盗み聞きされないよう仏語で話していた、という話を人から聞きました。たしかにチャイコフスキーのオペラには、貴族の娘に仏語の家庭教師をつけて仏語の勉強をさせるような場面があります。日本の皇室でも英語とともに、仏語教育もしていると聞いたことがあります。そこで質問です。

ドイツやイギリスやロシアの宮殿内での公用語を仏語にするのは、上記のような理由ならば理にかなっていると思います。ですがフランスの貴族の人たちは何語で話していたのですか?

これに付随するようなエピソードをご存知の方も、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>中世の欧州の貴族の人たちは、召使たちに自分たちの話を盗み聞きされないよう仏語で話していた

俗説と断定してもいいです。

理由を簡単に説明しますと

1:フランス語(=フランシア語)が統合・完成するのが13世紀で、それ以前は、フランス語はラテン語の諸種方言に過ぎないからです。
 従って、中世においてフランス語が外国貴族で用いられる可能性は極めて低く、フランス諸侯ですら、地方のフランス語は通じないという不便さが確認されています。

2:貴族たちが盗み聞きされないようにするために、近世にはサロンが発展したように、貴族たちの内緒話は寝室・教会などの閉鎖的な空間が行われるもので、華やかな場所での密談などは基本的にありえないからです。
 欧州の中世社会においては、貴族の権力は強いものですが、個人レベルでは大きな権力はありませんし、機密情報もありません。
 もっといえば、開けっぴろげで『人の目』を気にしない社会性があるようですから、内緒話という局面があまり想像できません。
 
3:フランス語は欧州において主要言語ではありません。
 ラテン語という中世最大の欧州共通言語がある以上は、フランス語である必要性が見当たりません

 ただし、近世以後、フランス文化が欧州を席捲してから、欧州全体が、フランス文化一色になりそうな時期があったのは事実でしょう。
 芸術における”印象派最盛期”のことですが、それでも貴族たちが意図的にフランス語を使ったというのは、極めて稀だと思います。
 
 さて、我々日本人のイメージにはありえませんが、国際結婚は王侯貴族ならば当然という時代は長く続きます。
 
 ”イギリス国王なのに英語ができない国王(ジョージ1世)も歴史的には居ます。
 ゴチゴチのゴーリスト(ド・ゴール主義=フランス至上主義)の貴族が、無理に宮廷ではフランス語に統一させた可能性はあります。
 これが地方貴族となれば尚更可能性は高いでしょう。

 粗忽なドイツ貴族がフランスの片田舎の貴族の嫁さんを貰ったのはいいが、尻に敷かれて家庭内ではドイツ語が使えない・・・・

なんてバカらしい逸話もあります。

 フランス人の愛国・文化愛は病的とも言われますから、変な逸話ができても不思議ではありません。
 

>中世の欧州の貴族の人たちは、召使たちに自分たちの話を盗み聞きされないよう仏語で話していた

俗説と断定してもいいです。

理由を簡単に説明しますと

1:フランス語(=フランシア語)が統合・完成するのが13世紀で、それ以前は、フランス語はラテン語の諸種方言に過ぎないからです。
 従って、中世においてフランス語が外国貴族で用いられる可能性は極めて低く、フランス諸侯ですら、地方のフランス語は通じないという不便さが確認されています。

2:貴族たちが盗み聞きされないようにする...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報