あまりわからない状況で、指定業者建築条件付の土地を購入してしまい
不安と後悔のなかで、皆様に色々とアドバイスを頂いてきましたが
今月11日以って、建物確認と外溝の打合せをすることになりました。
サービス、だめ元の意見で、外溝の責任者と打合せするのに注意することや
アドバイスがあれば御願い致します。

また、建物は引渡しではないのですがその日に一緒にに確認することに
なっていますので、その際にも注意点やチェックのご指導下さい。
文書がまとまりなく、申し訳ございませんが建物、外溝の2点の最後のアドバイス
下さい。
宜しく御願い致します。

A 回答 (1件)

これまでの経緯がわからないので一般的なアドバイスをさせていただきます。



雨水排水の再点検をしましょう。
当日雨が降れば一番良いのですが、そう上手くいかないでしょうから、次の点について注意してください。
1.敷地の雨水排水の経路
 屋根に降った雨は、雨樋で受けて排水されますが、庭などに降った雨は、少量なら地面に染み込みますが、大量の場合はどこかに流れ出します。
この流れの経路と、行く先を確認してください。

2.敷地外からの洪水の防止
 常時は考えなくても良いのですが、立地条件により地域の雨水排水管路が溢れ、道路などが浸水する場合があります。
このようになったときに、どこから来た水が、どこへ流れ去って行くか確かめておきましょう。
敷地より高い部分に道路がある場合は、浸水防止の処置を必要とします。

建物に関しては、これでもかというほどに写真をとっておきましょう。
36枚取りフィルムを5本ぐらい使うつもりでよいのではないでしょうか。
なれないカメラマンが撮りますから、撮り残しがあって当然だと思って、余計に撮りましょう。
経年変化というものはなかなか気が付きにくいものです。
徐々に変化してゆく(良いほうなら問題ないが)色、割れなどを後々比較するときに役立ちます。
引渡し後だと、気が急いてしまって、写真をとり忘れる恐れがあります。
また、そんなことはないと思いますが、立会い時仕様の工事がないとは言い切れません。
これを後で指摘するのにも役立ちます。

ピンポン玉も持ってゆきましょうね。
床や廊下すべてに、転がりを見ましょう。トイレなどの小部屋は忘れやすいので、
平面図を持っていって、転がりを確認した部屋にしるしをつけると良いでしょう。
できれば転がりの方向と速度も記入しておくと、後々チェックできます。

思いついたところはこんなところです。
住宅の構造が詳しく分かれば、さらに回答できるかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2001/11/12 17:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地震保険の被害調査の際の注意点アドバイス下さい!

先日の地震で被災しました。(千葉県です)
軟弱地盤の液状化により、食器棚が倒れたため食器は半分くらい割れ、食器棚の上にあったオーブンレンジが落ち、オーブントースターが落ちて取っ手が破損しました。
また、RCの塀が隣地に倒れ込み、建物は液状化により基礎部分はむき出しになり配管が露出しました。
エアコンの室外機も倒れています。
ちなみにオーブンレンジ・エアコンについては動作確認していません。(2次災害を懸念してます)

早速地震保険の被害調査が入ることになったのですが、何かしておくべきこと・注意する点はありますか?

是非ともアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

地震保険は、当事者になっていないとわからない事もあります。

木造か非木造で損害調査の部類が違います。
また、建物・家財に生じた損害が全損・半損または一部損となったときに支払いの対象で、

家財は、(時価が限度額として)
全損扱いとして、損害の額が時価の80%以上・・・・・家財保険額の全額
半損扱いとして、損害の額が時価の30~80%未満・・同上50%
一部損は、損害の額が時価の10~30%未満・・・・・同上5%
けっこうきびしい査定です。

建物については、構造体に破損が生じないと対象になりません。
木造では、屋根も瓦に問題が生じた程度では対象外です。
これを踏まえると、木造では、
外壁面に亀裂、基礎に破損、屋根の構造に問題、軸組(柱)に問題といったいずれかが生じないと対象になりません。
非木造では、もっと見るところが少なくなります。構造体に関係する部分以外は対象外です。
以上の点は覚悟しておいた方がいいでしょう。

しかし、今回の地震で、保険会社はてんてこ舞いらしく、ある一定のラインの要点で確認して一部損内であるなら「見舞金」扱いで5%を補償しているそうです。
おそらく、どこもこの制度で足並みを揃えているんじゃないでしょうか。

地震保険は、当事者になっていないとわからない事もあります。

木造か非木造で損害調査の部類が違います。
また、建物・家財に生じた損害が全損・半損または一部損となったときに支払いの対象で、

家財は、(時価が限度額として)
全損扱いとして、損害の額が時価の80%以上・・・・・家財保険額の全額
半損扱いとして、損害の額が時価の30~80%未満・・同上50%
一部損は、損害の額が時価の10~30%未満・・・・・同上5%
けっこうきびしい査定です。

建物については、構造体に破損が生じないと...続きを読む

Q外溝工事の工事完了の証明

先日、自宅の門扉、目隠しフェンス等外溝工事を依頼したのですが、工事完了後も工事完了証明もらえず見積もりと請求書が来ました。工事完了証明となる文書を要求したら
”後々の価格交渉でトラブルになることを予想し下請けに請負契約しないで工事したので工事完了証明は文書では出せないと”と言われてしまいました。私の認識は工事は基本的には工事完了を証明する文書を出すものと思ってますが、これは外溝工事の世界では常識なのでしょうか?今回の工事は事前に見積もりを要求しても”実際に現場で作業しなければわからない部分があるから正確には答えられないと”いわれ、”わからない部分は「後日回答」の記載でいいので大体の価格を教えてください”とお願いしても”わかりました”と言われたまま回答なく時間が過ぎた時に職人さんの次の予定があるので作業させてほしい、といわれてしまいました。住宅を購入した会社の紹介でもあったので信用して作業してもらいましたが事前に契約書も結んでないので現在業者とんp間での文書が無く後々の補償にもかかわるので工事完了の文書が欲しいのですがどうすればいいでしょうか?ちなみに費用は見積の項目の材料等の数量が実際の材料の数と明らかに違う項目があるのでまだ支払わず業者が現在チェック中です。業者は”下請けに丸投げしたので確認します”と言ってます。

先日、自宅の門扉、目隠しフェンス等外溝工事を依頼したのですが、工事完了後も工事完了証明もらえず見積もりと請求書が来ました。工事完了証明となる文書を要求したら
”後々の価格交渉でトラブルになることを予想し下請けに請負契約しないで工事したので工事完了証明は文書では出せないと”と言われてしまいました。私の認識は工事は基本的には工事完了を証明する文書を出すものと思ってますが、これは外溝工事の世界では常識なのでしょうか?今回の工事は事前に見積もりを要求しても”実際に現場で作業しなければ...続きを読む

Aベストアンサー

門扉やフェンスであれば、やらなきゃわからないはずはなく、見積もりは出せます。
庭の造作などがあって、プランも決まらず施主が現地で職人に指示するなどであれば
「一部はやってみないと拾えない」というのもわかりますが。
ですので、その部分はちょっとずさんですね。
HMや工務店の下請けに入ることの多い業者なのでしょう。

高い盛土や擁壁などが含まれる場合は確認申請が必要な場合もあります。
そいういったときは完了届も必要ですし検査済証も必要です。
ですが、簡単な外構工事を建築とは別で発注する場合は、
メーカー等の保証書程度です。
完了証明書というのを私は聞いたことがありません。

Q外溝工事

名古屋市内で一戸建て新築しましたが、予算少なく施工業者とは値段合わずキャンセルしました
どこか安く信頼をける外溝屋さんありませんか?

Aベストアンサー

エクステリアの会社に頼むとデザイン料金も含まれているのでとても高いです。下請けをしている職人に直接依頼すると半額に近い費用で工事をしてもらえます。その代りデザインや材料を自分で決めておくことが必要です。材料購入は職人でもしてくれますが、ネットで購入して施主支給でも不満もなくやってくれます。
職人には2万円/日/人が目安ですが、3万円出すと喜んでしてくれます。今は忙しいので、4月以降が良いと思います。良い職人を見つけることが問題です。私は建てた建築会社に外構工事を依頼したが、見積りが高いので断ると職人を紹介してくれました。

Q外溝工事を低価格で仕上げるこつを教えてください!

工務店で家を建てるのですが、外溝費用は別途になっています。工務店からは
「別途に注文も受けるが、よその会社で安いところとこか、知り合いとかいたらそこでやってもいい。」というように言われました。そこではコンクリートのいわゆる「土間コン」で、3~40万くらいかかるとのことです。外注して安く上げる方法とか、そういう会社の探し方などあれば、教えてください。

Aベストアンサー

 複数社から見積をもらっては?外構も見積無料のはずです(有料の所には依頼しない)。折り込みなどを見るとだいたいわかります。ただ、広告を出してない個人のところが安かったです。

Q建築確認申請書での建物寸法線の読み方について

境界確定の交渉のため、相手方建築物(S48建築)の建築確認申請書を入手しました。ここには建物南面と境界ラインの離れ=40cmと書かれていました。

問題は建物南面のラインをどう読み解くかで、境界線の位置が微妙に変わることです。建物は鉄筋コンクリート。1F西面は開口出入り口、両サイドの北面と南面は構造壁。2F/3Fは居室で南面は窓-壁同一面で30cm飛び出しています。

下記4ケースのどれが正しいかお教えください。
(1)1Fの外表面
(2)1Fの壁芯
(3)2/3Fの外表面
(4)2/3Fの壁芯

僕は(4)と理解していますが・・・。どうでしょうか。

Aベストアンサー

配置図で表す隣地境界と建物との離間距離は一階の壁芯で表します。もし、2.3階が飛び出ていて建築面積、床面積に算入される場合は、2階の壁芯になります。外壁の表面で表すことはあり得ません。
どちらが正しい境界線かはっきりしないときは、双方の主張の中心を境界線に定める場合もあります。
お互い譲らないと、こういう問題は長引きますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報