栄養ドリンクを飲みつづけると肝臓が悪くなると聞きました。本当でしょうか?

テレビでかぜ薬とドリンクは、一緒に飲むと、かぜ薬が効かないと言ってました。理由は、ドリンクには、アルコールが入っているからだ。と言ってました。

私は毎日1本飲んでいるので心配になりました。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.ksd-japan.com/hokenhusan20.htm

http://www.shizuoka-c.ed.jp/nokyoken/noukyouken/ …

量とかはわかりません。

一度飲まれている、ドリンクの会社のお客様相談にお聞きになったら良いと思いますよ。
すぐに回答ができない事は、あとででも教えてくれます。
その方が安心ではないですか?
    • good
    • 0

私も某社のを毎日飲んでいます。

そこのはタウリンという成分が入っていてそれは肝臓の薬としても有効なのだそうです。そもそも肝臓に悪影響というのもなかなか微妙な表現ですし、私は心配していません。そうでなければあんなにいろいろなものが開発される前に回収だの国の規制だのがかかっているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

ドリンク剤に含まれているアルコールはせいぜいが0.5%程度のものでしょう。

医薬品等については酒税法の特例が適用されますが、実際にはノンアルコールビールと同じようにほとんどのものは0.5%に抑えられています。
100mLのドリンクを飲んでも、アルコールは0.5mL。
ということはビールをお猪口の裏に入れた程度を飲んでいるようなものですよネ。
この量のアルコールを毎日摂取することが原因で肝臓に障害が起こるとは考えにくいものです。
アルコールよりも糖分の摂り過ぎ、脂溶性ビタミンの摂り過ぎ‥こういったことが結果的に健康を害するという恐れはあるのかも知れません。

アルコールは肝臓の中のミクロソームにある薬物代謝酵素の量を増やします。アルコールを代謝しようとするために、体はその酵素を増やすのですが、結果的に他の薬物の代謝も促進してしまうのですネ。
そういった面で考えると風邪薬のみならず、薬全般に言えることになるでしょうネ。
それよりも、医薬品にも栄養ドリンクにも含まれる共通の成分の摂取量が多くなりすぎる危険を避ける方が大切なのではないかと考えます。
基本的に薬はお湯や水で飲むものですから。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

ビタミンAを「大量に」「長期に」服用すると肝臓に蓄積されて障害を引き起こす、と


聞いたことがあります。
なんでも「1日10000IU以下にしなさい」とか。

IUという単位が妙に気になって覚えてます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲んではいけない薬(浜六郎著)の本を母が読み糖尿病患者の父にもう薬は飲

飲んではいけない薬(浜六郎著)の本を母が読み糖尿病患者の父にもう薬は飲ませないといっています。

母から突然電話があり「子供にフッ素塗ったりしてない?」といきなり言われました。

私の子供二人(5歳、3歳)には歯磨きの際にフッ素ジェルを塗っています。

すると、将来副作用でダウン症の子が出来やすいと言い出しました。
よくよく聞いてみると、浜六郎という人の本に書いていたということでした。

さらに、現在父が糖尿病患者で薬をのんでいるのですが、その薬も飲んではいけない薬だから
もう飲ませないようにした!というのです。

父はこの4月に足の手術をしたばかりです。(糖尿病の影響で)

まだインシュリン注射はしていませんが、血糖値が300超えてる父に薬をやめさせるのは
すごく危険だし、おかしな話だと思いその電話で母と口論になりましたが、
こちらの話には全く聞く耳をもってくれません。

ちなみに父は母の言いなりになっている状態です。
私自身その浜六郎という人の本は一切読んだことがないのですが、
信憑性はあるのでしょうか?

ものすごく不安です。

どんなお話でもお聞かせいただければ参考にしたいと思います。
宜しくお願いいたします。

飲んではいけない薬(浜六郎著)の本を母が読み糖尿病患者の父にもう薬は飲ませないといっています。

母から突然電話があり「子供にフッ素塗ったりしてない?」といきなり言われました。

私の子供二人(5歳、3歳)には歯磨きの際にフッ素ジェルを塗っています。

すると、将来副作用でダウン症の子が出来やすいと言い出しました。
よくよく聞いてみると、浜六郎という人の本に書いていたということでした。

さらに、現在父が糖尿病患者で薬をのんでいるのですが、その薬も飲んではいけない薬だから
もう飲ま...続きを読む

Aベストアンサー

医療行為および診断は法律により医師がすることです。
医療行為の内容によっては看護師ができる。など決まりがあります。
いわゆる健康本には保障はありませんので虚偽内容でも出版は可能です。
示されている出版物はどういったものかわかりませんので良いか悪いかは断言ができませんが、
医師の指示を守らないことによる悪化などは理解されるよう両親と話されてはどうですか?
薬は効き目などひとそれぞれのものですし、副作用はあるものです。全くない薬は存在しません、ネットの情報もすべてが正しい・間違っているとはいえませんよね。
さまざまな情報から自分がどうするか、何が良いかを判断しその上で化学療法を断るのか主治医とともに病気を改善するか考えていただければと考えます。
ちなみにダウン症は遺伝子に正常ではない部分があり成長などに遅れがでたりすることで確立で生まれてきているだけでダウン症が悪いものではありません。
原因がフッ素だと言い切れないと思いますが医師たちにもいろんな考えがあるでしょうからひとつの原因要素という人がいるのかな。。。。但し、フッ素に関して調べていませんのでどこからその本がフッ素原因と示したか不明ですので「医師」と書いたのは不適切かもしれません。すいません

医療行為および診断は法律により医師がすることです。
医療行為の内容によっては看護師ができる。など決まりがあります。
いわゆる健康本には保障はありませんので虚偽内容でも出版は可能です。
示されている出版物はどういったものかわかりませんので良いか悪いかは断言ができませんが、
医師の指示を守らないことによる悪化などは理解されるよう両親と話されてはどうですか?
薬は効き目などひとそれぞれのものですし、副作用はあるものです。全くない薬は存在しません、ネットの情報もすべてが正しい・間違って...続きを読む

Qお酒を飲んでから風邪薬を飲むと良くないんですか?

今日風邪をひいてるにも関わらず飲み会に行ってしまいました。
飲み会で風邪薬を飲もうとしたら友達に酒を飲んでから風邪薬は良くないと止められました。
アルコールを摂取してから風邪薬を飲むと体に悪いのでしょうか?
またそれは何故でしょうか?
もしアルコールを摂取した後で薬を飲まなければいけない状況なら、
アルコールを摂取してから大体どれくらいの時間経てば風邪薬を飲んでもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

アルコールと薬は一緒に飲んではいけません。絶対に。
体に悪いとかじゃなく、即事故につながりかねません。
※酔いも加速します。

睡眠導入剤や精神安定剤は特に危険です。
死亡事故例が多数あります。
また、それを利用した殺人事件も発生しました。

アルコールも神経を鈍らせる働きがあり
風邪薬等にもあります
相乗効果で昏睡状態や呼吸困難に陥る可能性もあります。
(また、肝臓疾患や胃潰瘍になる場合もあります。)
逆にタバコなどは薬の効果を発揮させなくすることもあります。

6時間程度あけるのがいいでしょう。

Qパキシルと言う薬は万能薬??

以前、腰椎椎間板ヘルニアに苦しみました、そのときの症状・・

主に、左足(臀部から足先まで)の激痛、疼痛発作、電気の走ったような痺れ、冷感。

なかなか症状が引かず、10ヶ月ほど整形外科を転々とした際、ある病院でのことです。

ヘルニアは脊椎から体中それぞれへ伸びる(腕に繋がったり、足に繋がったり、首へ繋がったりと)神経の一部分に障害を起こすので、腰椎の神経症状は足への障害となるのです。
私の場合、痺れのような感覚が、首筋にも現れ、医師にその旨伝えたところ、

腰椎なので、頚部の症状は考えられない
とのこと。
あまり気になるようなら痺れにも効く薬を処方しておくから、楽になると言って、一日3回、毎食後に服用でパキシルと言う薬が出ました。
私は薬を使用する際は、インターネットで調べ納得した上で、服用しますので、調べてみたところ、

うつ病の治療薬だということ
1日1回朝に服用
量は症状に応じて服用(幻聴、幻覚のような神経症状の副作用が強い)

結局飲みませんでした。後に処方していただいた処方箋薬局の薬剤師さんに、再度質問したところ・・このよう出し方は変だと思ったとのこと。指示通り服用しなくて良かったと思います。

整形外科医がうつ病薬を簡単に患者に処方するということはごく普通の事なのですか?

以前、腰椎椎間板ヘルニアに苦しみました、そのときの症状・・

主に、左足(臀部から足先まで)の激痛、疼痛発作、電気の走ったような痺れ、冷感。

なかなか症状が引かず、10ヶ月ほど整形外科を転々とした際、ある病院でのことです。

ヘルニアは脊椎から体中それぞれへ伸びる(腕に繋がったり、足に繋がったり、首へ繋がったりと)神経の一部分に障害を起こすので、腰椎の神経症状は足への障害となるのです。
私の場合、痺れのような感覚が、首筋にも現れ、医師にその旨伝えたところ、

腰椎なので...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。お礼ありがとうございました。

確かに、パキシルはうつ等では1日1回服用でよい薬です。
けれども、お薬の濃度の上昇のピークが、1回10mg、
20mg或いは40mgを服用した場合、20mgが
10mgの2倍となるのではなく3倍以上(40mgでは
13倍以上)となります。
お薬の濃度が減っていくスピード(濃度が半分になる時間)は
20mg、40mgで差はなく14時間強です。(10mgは
データが有りませんでした)
つまり、お薬の濃度のピークを低く抑え、副作用を小さくする
ために、1回の服用量を小さくして、服用回数を多くすることは、
服用目的によっては、意味があることもあります。

私は、医師ではありませんし、臨床に関わってはおりませんが、
質問者様の場合には、有り得る服用法と考えます。

誤解がないように書いておきますが、現在、適応のある疾患では
1日1回夕食後に服用するのが最も効果的な服用法です。
疾患により、使用目的により、その薬の性質を考慮して
最適な服用法をそれぞれの患者さんに合わせて、医師は
選択すると考えます。

また、現在は適応が無くとも、治療に効果がある場合、実際に
使用される薬は多いものです。適応外使用と言われます。
有名な例としては、小児用バファリンが、血栓予防に長い間
適応がないのに使用されました。(現在は成分は変わらず、
適応となる薬が発売されています)
患者さんの無用の心配を減らす為にも、抗うつ薬が
難治性の痛みに適応となる日が早く来ると良いですね。

お大事に。

No.2です。お礼ありがとうございました。

確かに、パキシルはうつ等では1日1回服用でよい薬です。
けれども、お薬の濃度の上昇のピークが、1回10mg、
20mg或いは40mgを服用した場合、20mgが
10mgの2倍となるのではなく3倍以上(40mgでは
13倍以上)となります。
お薬の濃度が減っていくスピード(濃度が半分になる時間)は
20mg、40mgで差はなく14時間強です。(10mgは
データが有りませんでした)
つまり、お薬の濃度のピークを低く抑え、副作用を小さく...続きを読む

Q育児栄養指導(育児栄養加算)

病院で育児栄養指導という言葉をよく聞きますが、初診料に育児栄養加算ができるのは、2歳以下ですよね?

Aベストアンサー

乳幼児育児栄養指導加算を算定できるのは、小児科を標榜する保険医療機関で、小児科を担当する医師が3歳未満の乳幼児に対して、初診を行った場合に育児、栄養その他療養上必要な指導を行った時です。この場合、指導の要点を診療録に記載することになっています。

Q診療拒否について 現在透析と、胃ろうで栄養を補いながら通院しています。 私の母が、薬のことで医師とい

診療拒否について
現在透析と、胃ろうで栄養を補いながら通院しています。
私の母が、薬のことで医師といさかいがあり、すでに診療拒否をされ病院に、出入りできなくなりました。
次は、私の治療も拒否されるのではないかと不安です。

Aベストアンサー

医師・病院には、正当な理由が無く診療拒否をすることは認められていません。

正当な理由として、代表的なものは犯罪行為です。

病院で犯罪なんかやるはずが無いと思っている方は多いと思いますが、医学的診療と関係ない話を長々として他の患者の診療を邪魔する(威力業務妨害罪)、待ち時間が長いなどで大声を出す(脅迫罪)などが該当してしまう可能性があるかもしれません。

基本的には、他の患者に迷惑になるようなこと(病院職員を医療と関係ないことで、長時間引き止めると結果的に次の順番の患者に迷惑をかけたことになります)が無ければ、大丈夫です。

診療拒否は、医師とけんかしたことの罰ではなく、他の患者さんを守るためのものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報