今度、一般公開実験で炎色反応をすることになりました。
霧吹きにCu,Sr,K,Liをアルコールで溶かした溶液をいれ、
バーナーに吹きかける、というだけの実験です。

お客さんは一般の人や小学生なので、原理を説明するのに困っています。

化学初心者の人にでもわかるような説明や例があったら
ぜひ教えてください。

A 回答 (2件)

炎色反応の原理ですかーー


一般の人や小学生た対象の場合

原理といっても化学をやっている人の原理を説明するの
ではなく身近な類似点をあげるだけでいいんじゃないでしょうか??

例は花火だと思います。
金属が燃えると色がつきます。
花火にもこの原理がつかわれています。
今回のように実験しても色がつくんですよーって・・
でいいんじゃないでしょうか!!

電子が励起などどうこう説明しても
理解できる人は化学を勉強した人間のみなので・・
逆に説明することは短時間では不可能ではないでしょうか・・

難しいですね・・人に説明するって・・
がんばってください。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「美しい花火の原理―炎色反応」
これでも難しいでしょうかね・・・?

図示して説明するとか・・・?

http://www1.fuji-tokoha-u.ac.jp/~kihara/chem/fla …
(炎色反応)
http://www1.fuji-tokoha-u.ac.jp/~kihara/chem/ind …
(身の回りの化学)

ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/kow1/chem/jikken03.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QZn,Cu,Fe,Ag,Mg,Auのうち、塩酸や希

Zn,Cu,Fe,Ag,Mg,Auのうち、塩酸や希硫酸には溶けないが、硝酸には溶けるものはどれか。
という問題があります。
問題には答えだけしかなくて、理由がよくわかりません。
どなたか解説していただけないでしょうか?
丁寧な解説お待ちしております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イオン化傾向は以下の通りです。
(1)Mg>Zn>Fe>(2)Cu>Ag>(3)Au

(1)のグループはHよりもイオン化傾向が大きいので、酸(H+を放出)に溶けます。
(2)はイオン化傾向がHよりも小さく通常の酸には溶けませんが、
希硝酸、濃硝酸、熱濃硫酸という酸化力の強い酸には酸化されて溶けます。
(3)のグループはイオン化傾向が非常に小さく王水にしか溶けません。

QCu,Fe,Mg,粉末の燃焼

Cu,Fe,Mg,の粉末の燃焼前の変化と、燃焼後の変化が解りません。
教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2Cu+O2→2CuO(黒色)
更に燃焼すると
4Cuo→2CuO2+O2(赤色)になります。

3Fe+2O2→Fe3O4 (黒さび)

2Mg+O2→2MgO

左側が燃焼前で、矢印の右側が燃焼後です。

こんな感じでよかったのかな。参考に

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q炎色反応の実験のとき、ガスバーナーを斜めにして行ったのですが、なぜです

炎色反応の実験のとき、ガスバーナーを斜めにして行ったのですが、なぜですか?

Aベストアンサー

どういう実験をしたのかがよく分かりません。
試料はどういう状態で使ったのですか。
固体のままですか。水溶液ですか。
試料物質の種類はなんですか。

Q酸化銅(II)CuO,銅(I)イオンCu[2+]の( )は何を意味していますか

科学を勉強しはじめたばかりです。酸化、還元の学習で酸化銅(II)などがでてきますがなんのこったかさっぱりわかりません。これが理解できないと先に進めません。どうか易しく教えてください。

Aベストアンサー

遷移金属元素や原子番号の大きい13-16族金属では
複数の酸化数をとります。
酸化数とは、単体(または原子)の状態から何個の電子を失ったか、を表します。

1族・2族ではただ一つの酸化状態のみをとるのでこれを省略します。
しかし、遷移金属元素では複数の酸化状態をとることが多いため、このように区別しているのです。
どうは空気中ではほとんどが2価で酸化銅(II)となっていることが普通です。(窒素中では酸化銅(I)も安定に存在)
また鉄さびには赤さびである酸化鉄(III)と黒さびである酸化鉄(II)鉄(III)という二つが存在します。(酸化鉄(III)は鉄は3つの電子を失った状態、酸化鉄(II)鉄(III)は2個の電子を失った鉄と3個の電子を失った鉄が同じ数だけ混じっています)
この酸化状態を区別するために、(II)だの(III)だのとかきます。
複数ある「酸化鉄」のうち、酸化数をはっきり言うことによって、どの酸化鉄かをはっきりさせることが出来ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報