留学中の息子にフィナンシャルプランナーの
資格を取るようにすすめてるのですが、
国際的に認められる資格は、CFPしかないのでしょうか?
CFPはちょっと難しいすぎるので、AFPのような
資格に挑戦させたいのですが、、、、

なにかお勧めがありましたら、ひとことコメントいただけると幸いです。よろしくおねがいします。
ちなみに息子はアメリカに留学中です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

数年前にCFPを取得したものです。


FPの勉強をさせたいというcomcomyamaさんのお考えには私も同感です。私も自分の子供にはぜひ学ばせたいと思っています。
FPの資格は、決して取得したから即収入を得ることができるという類のものではありません。しかし、社会人となって「お金」と付き合っていく上で、必ず必要であるにもかかわらず学校では教えてくれない知識です。金融商品、不動産、保険、年金、税金、相続贈与といった知識は、自己責任の時代知らなければ本人が一番損をします。
私もAFP資格を勉強されることをお勧めします。(国際資格はCFPですが、CFPの受験資格にはAFPの資格取得者である必要があります。)資格を取得するためというよりもお金の基礎を勉強するためという程度の気持ちでも良いかとも思います。
AFPを取得した後で、CFP資格でお金のゼネラリストを目指すか、税理士や不動産鑑定士などでスペシャリストを目指すかお子様に考えさせても良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。
AFP資格を勉強されることを勧めようと思います。「国際資格はCFPですが、CFPの受験資格にはAFPの資格取得者である必要について」のご意見、とても参考になりました。

ひとつ気になることなのですが、子どもはアメリカに滞在しており、帰国も2週間ほどぐらいで、またアメリカに戻るような生活をしております。
AFPの試験を海外で受けられるといいのですが。

お礼日時:2001/11/06 06:46

 アメリカでの CFP取得は確か2年くらい専門のコースに通わなければ


ならなかったと思うのですが・・。
 私も、だいぶ前に取得しましたが、面倒なのが継続勉強のための
単位取得です。(勉強して、単位を取得していかないとCFPの資格
を保持できません)アメリカで取得される場合、この点も確認
されたほうがいいと思います。
 CFPを取得して、金融業界に転職または、派遣で・・と考えて
ましたが、現実は難しいです。(未経験ですから、
そういった転職等には、現在会社側はCFPがあるからと
いって採用することはしてないそうです。)
 しかし、新卒なら大丈夫かもしれませんね。ある証券会社の新入社員
の男性も、会社が負担して勉強しなければいけないそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい解説ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 21:00

日本で言うAFPに当たる資格は、アメリカにはありません。


また、日本でのCFPは試験のみですが、多分アメリカのCFPは
実務経験などが必要だったと思います(当方カナダでのCFP取得を
考えているので、そのついでに調べました)。
CFPとしての仕事も、信頼と実績がないと難しいとのことで、
たとえAFPに充当する資格があったとしても、仕事に結びつくかは
疑問です。
将来の職業としてファイナンスの道を目指すなら、専攻を
ファイナンスにするというのも手だと思います。成績さえ良ければ
ひくてはあまたです(数年前の経験なので、でした、が正解かな)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい解説ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 21:03

金融だったら、CPAはかなり悪くないと思います。

私もFPは良く知らないんですが、もともとはアメリカの生保業界から生まれた資格と聞いています。ですから、生保業界以外でのFPの資格としての有用性はどの程度あるのでしょうか。
 最近は留学経験者も多いので、企業に対する英語力と実力の両方のアピールとして、米国の資格を取るのは良いことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい解説ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/18 21:04

 アメリカの大学だと、大学でCFPが取れる可能性があるんじゃないかと思います。


 CFPは難しすぎるのでは?というご意見ですが、資格というのは逆にある程度難しいものでないと、意味を持たないということもあります。
 就職という面ではとくに留学経験を生かすことと、比較的汎用性があるという点でUSCPAなども悪くないと思います。(こちらは在学中の受験は出来ませんが、受験準備にたっぷりと時間を取るのは悪くないでしょう。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございました。
子どもの方も大学側に問い合わせてるようですが、
そんな話はないような様子です。
CPAはつぶしがきいていいでしょうね。
子どもは、金融系一直線のようですが。。。。。

コメントありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 06:52

最近、ファイナンシャルプランナーに興味ができ、少し調べてみたので、ちょっと書きます。



CFPしか国際的に認められていないか?ということはよくわからないのですが、とりあえずはAFPでも良いと思います。
日本での場合、日本ファイナンシャルプランナーズ協会というところがあり、登録して資格をとるようです。
(講習に関しては、通信教育あり通うタイプありと様々でした)
まずは、AFPを取ってその後、CFPという感じの流れのようだったのですが・・。

CFPは難しすぎるということでしたら、まずはAFP、その後CFPに挑戦してみてはいかがでしょう?
参考URLとして日本ファイナンシャルプランナーズ協会のHPを載せておきますね。

参考URL:http://www.jafp.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLとして日本ファイナンシャルプランナーズ協会のHP、とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 06:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGWにお勧め プチ語学留学先

GWに1週間程度のプチ語学留学をしたいと考えています。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス。この時期どこの国がお勧めでしょうか。ちなみに英語力はごく簡単な日常会話程度。海外旅行経験はたった一度イタリアに行っことがあるだけ。ホームステイをしたいのですが、今まで一度も経験なしです。

Aベストアンサー

留学のことなら「ISS国際交流センター」ってとこで調べられるよ!!あとどこに行きたいかは自分しだいだね☆

俺はオーストラリアへ行ったことあるけど、自然が多くてとても綺麗なとこだった。時差も1時間ぐらいだったし、いいとこだよ!!

QFP、AFP、CFP関連の新しい資格について

私はFP三級の資格をとろうと思っているのですが、先日既にFP3級をもっている知人の職場にどこからか電話がかかってきて「FP関連の新しい資格が近々出来ますので、是非取得をご検討下さい。」みたいなことを言われたらしく、知人から「もしかしたら今FPをとるよりその新しい資格が成立するのを待って、そちらの勉強をした方がいいかもしれないよ。」と言われたのですが、どうも知人の話の内容がよく分かりません。どなたかこの「新しく出来る資格」についてご存知の方がいらっしゃいましたら、詳しく教えて頂けませんか。よろしくお願いします。ちなみに、電話をかけてきた会社はTLP?というような名前だったといっていました。

Aベストアンサー

多分、「金融士」の事だと思いますよ。
詳しくは下記URLをご参考に。ただ、まだ構想の段階であり、しか
も取得するのには、かなり高いハードルがいくつもあるようですよ。

参考URL:http//www.fsa.go.jp/news/19/sonota/20080430.pdf

Q長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか?

先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘いも色々学ばせてもらいました。
そこで考えたのが、「長期留学(1年~)の前に短期留学をして、留学の具体的なイメージを掴む」というものです。

正直、大学の留学センターに聞け、というような質問なのですが、留学経験者の方の生きた意見を聞いてみたいです。

ちなみに、長期留学は勿論TOEFLスコアなどが必要なもの、短期留学は初心者の語学留学的なものをイメージして頂くと助かります。

Aベストアンサー

長期留学の前の語学留学は、短期でも、有効でしょう。

大学2年の夏から、留学(転学)した人で、春休みに大学付属?のESL(英語学校)で英語を学び、異文化や学校の雰囲気に慣れて来て、長期留学で成功した人が居ますよ。

また、イギリスの大学で、交換留学を受入れている教授の話では、
・英語が流暢にコミュニケーション出来る。
・異文化に適応出来て、早く地元の生活に慣れる。
等の事が出来る学生は、留学に成功して帰ると言っていました。

短期でも、事前の語学留学は、長期留学への予行演習になると思います。
唯、費用と時間が掛かりますから、目的を良く弁えて、行かれると良いでしょう。

Qフィナンシャルプランナーと社会保険労務士の資格?

 ライフプランの勉強会でフィナンシャルプランナーが講師で見えましたが、又別の資格も有りでこれが社会保険労務士と紹介されました。
 この違いは何でしょうか?
 社会保険労務士とフィナンシャルプランナーの職域はどう違うのでしょうか。
 (素人の質問ですので、分かるようにお願いします)
 

Aベストアンサー

素人の質問ですので、とお書きですので
詳細な部分は置いといて、大まかに違いを書きます。

ファイナンシャルプランナー(以下、FP)は
お金のことについて相談を受ける人です。
お金の貯め方、運用の仕方、ですね。
それらのアドバイスをするのが仕事。
年金の仕組みやいくらもらえるのか、等の相談も受けます。

社会保険労務士(以下、社労士)というのは
会社で言えば、就業規則や退職金規定を作ったり
年金の相談を受けたりします。

ライフプランの勉強会、ということですので
両者の重なる部分としては年金の部分でのお話でしょうね。
違いはFPはアドバイザーやコンサルティングが業務
社労士は、事務手続や書類作成の独占業務がある。
つまり、社労士のハンコが押してないと書類として認められないものがあるってことです。

実際、社労士とFPの両方の資格を取得して活動していらっしゃる方も多いですね。
超低金利、給料のアップもそうそう期待できない現在
稼いだお金や、給料をいかにうまく活用(運用)していくか
それによって10年後、20年後の生活が違ってくるわけですから。

ライフプラン、ということで考えれば
FPのほうがマッチした資格でしょう。

ライフプラン、といえば
就職、結婚、子供、教育、住宅取得、老後、そういった
ライフイベントを考慮して、いかにお金を使っていくか
お金を貯めていくか
保険や預貯金商品等を活用していくか
ということを考える、ということを主眼にした勉強会でしょうから。

素人の質問ですので、とお書きですので
詳細な部分は置いといて、大まかに違いを書きます。

ファイナンシャルプランナー(以下、FP)は
お金のことについて相談を受ける人です。
お金の貯め方、運用の仕方、ですね。
それらのアドバイスをするのが仕事。
年金の仕組みやいくらもらえるのか、等の相談も受けます。

社会保険労務士(以下、社労士)というのは
会社で言えば、就業規則や退職金規定を作ったり
年金の相談を受けたりします。

ライフプランの勉強会、ということですので
両者の重な...続きを読む

Q国公立大学での交換留学

こんにちわ。
海外留学をしたいのですが、日本の国公立大学でも
学校間、及び学部内での留学提携校というのがありますよね?

実際に交換留学された方、いかがでしたか?

私費留学(数年に渡る長期留学)と
交換留学(1年間といった短期留学)の違いがあれば
教えてください。

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。
一昨年、フランスの大学間提携校に1年間留学していたものです。(某国公立大学です)
カリキュラムは、大学学部間での留学生ということで前期に語学を集中的に、後期に専門分野を、という流れで構成されていました。専攻はもちろん語学ではないので、フランス語なんて全くといっていいほどの初心者で渡仏してしまったわけですが、周りの友達のおかげで約半年で適当に喋れるようにはなりました(言葉はコミュニケーションの道具!がモットーだったのですが、今思えばそれどころじゃないくらい支離滅裂な使い方をしていたかも)。もちろん後期の授業を受けるのにあたり、聞き取ったりノートを取ったりすることにもさほど差し支えはなかったですよ。科目によっては知らない単語だらけで泣きたくなるときもありましたが・・・。
確かに英語圏の提携校に留学希望の人は、TOEFL、TOEICに英検なんていろいろ課されていたみたいでしたが、結局はやる気ということで、そこまで英語力に長けなくてもばんばん留学していましたね。慶応なんかじゃ留学先国の語学力をすごく問われるとかなんとかで、それに比べりゃなんてお気楽に行けてしまうんだ、って思いましたね。でも上に述べたようなプログラムがあり、それに則ることに不満がなければ本当におすすめです。英語圏に留学した人なら、すでに約10年の下地があるわけで、言葉の問題に関しては私よりも楽だったかもしれません。
私は当時3年生でしたが、講義は非フランス語圏の学生向けで、且つ院に入るための者を対象としたものでした。ヨーロッパ圏の大学とはいえすごくお金がかかるみたいでしたよ。ただ、同じキャンパスにある語学コースに個人的に通う日本人の友達曰く、そちらの授業料は相当安いということでした。

期間を限定しない留学の場合(1年以上とか、漠然としている場合)、やはり費用のことに気をとられがちですが、最も重要なこと、モチベーションの維持という点は忘れてはいけないと思います。「1年しかない」という人と「まだ時間はある」という人の心構えは、全く異なった結果を生み出す場合が多々あるからです。もちろん、研究したい!という情熱を常に保てていれば問題はないのですが、例えば何か日常生活での些細な悩み等で努力が中断されてしまう場合や、現地での暮らしにかまけてしまうことで学習がおろそかになったり、それに加えて「まだ時間がある」といって安易に何事も先延ばしにしてしまうという悪循環に陥ってしまうケースは実際によくあることです。結果的に漫然と長期滞在することに投資してしまう場合もある、ということです。

なんだかすごーく長くなってしまいましたが、大学院に進学したいというお考えをお持ちならば最後にもうひとつ!
学校にもよると思いますが、例えば4年次に卒論のみを残して交換留学した場合、現地で論文を作成・日本の大学に提出&卒業、そのまま大学院にすすめることもあるそうです。履修登録や論文の提出は日本の友達に頼ることになりますが・・・。
私も留学中にそれを考えたのですが、専門分野へのモチベーションが保たれなかったので、(フランス語・文化に魅了されてしまった)1年という限られた期間に、日本でできない勉強や人間関係に全力投球!!という選択をしました。現地でよい友達ができ、帰国後もすんなり就職、ということもあり、フランスの大学院に進学しなかったことに後悔はしていませんが・・・。

こんにちわ。
一昨年、フランスの大学間提携校に1年間留学していたものです。(某国公立大学です)
カリキュラムは、大学学部間での留学生ということで前期に語学を集中的に、後期に専門分野を、という流れで構成されていました。専攻はもちろん語学ではないので、フランス語なんて全くといっていいほどの初心者で渡仏してしまったわけですが、周りの友達のおかげで約半年で適当に喋れるようにはなりました(言葉はコミュニケーションの道具!がモットーだったのですが、今思えばそれどころじゃないくらい支離滅...続きを読む

Qフィナンシャルプランナーに資格取得

フィナンシャルプランナーの資格取得を考えているのですが、取得にかかる費用(通学・通信)と期間、そして試験の難易度を教えてください。
現在は、この資格とは全く異なる仕事をしています。現在40歳後半で、退職後(55歳位)の仕事として考えています。

Aベストアンサー

こんにちは

>現在は、この資格とは全く異なる仕事をしています。
>現在40歳後半で、退職後(55歳位)の仕事として考えています。
ということであれば、まずはFP3級の勉強をしましょう。

これなら独学の書籍で対応可能ですので
2冊買っても数千円でOKです。資格受験料はご自分でお調べになってください。

難易度ですが、40歳後半となると、一通りに社会人経験もあると思います
例えば、保険の加入、住宅ローン、給与とそれに伴う源泉徴収・・・
これらがそのまま試験に生きてきます。
それであればFP3級なら数ヶ月の勉強で受かると思います

今からだと2008年5月受験になると思いますので
余裕です。

FP3級を受けてみて、自分に向いていると思えばそのまま
AFP&FP2級というコースになります

これについては
TFP
http://www.tfp.co.jp/
FP研修センター
http://www.fpk.co.jp/
TAC
http://www.tac-school.co.jp/kouza_fp/index.html
をご覧ください。

それでもよくわからない部分は再度質問してみてください

こんにちは

>現在は、この資格とは全く異なる仕事をしています。
>現在40歳後半で、退職後(55歳位)の仕事として考えています。
ということであれば、まずはFP3級の勉強をしましょう。

これなら独学の書籍で対応可能ですので
2冊買っても数千円でOKです。資格受験料はご自分でお調べになってください。

難易度ですが、40歳後半となると、一通りに社会人経験もあると思います
例えば、保険の加入、住宅ローン、給与とそれに伴う源泉徴収・・・
これらがそのまま試験に生きてきます。
それ...続きを読む

Q海外留学

海外留学には語学留学や高校留学、ホームステイなど様々なものがあると聞いたのですが何がどう違うのでしょうか。具体的に回答して頂くと有難いです。高校留学というのは日本の高校ではなく滞在先の高校に入学するということなのでしょうか。
日本の高校に入学したあとにも語学留学や高校留学などはできるのでしょうか。
またあまり関係がないかもしれませんが私はアイルランドへの留学を希望しています。

Aベストアンサー

私はカナダでの語学留学の経験があるのですが、国や学校によっても入学条件等や授業内容等は違ってきます。
基本的に年齢制限はなく、留学する期間も1週間から年単位で様々です。
社会人が夏休みなど1週間の休みを利用してホームステイしながら語学留学することも可能です。
レベルテストを受け、レベル別にクラス分けされます。
細かいレベル分けがされていて、クラス数の多い学校もあればその逆もあります。
定期的に個人のレベルの見直しはされるので上のレベルのクラスに移ったり、逆にレベルが高く授業についていけないようであれば自分から申し出ることによって下のレベルのクラスに移ることもできます。
学校によってシステムや授業内容・時間も違うので一概に言えないので具体的な内容の説明ができなくてごめんなさい!

留学するとして、一人暮らしをしながら学校へ通うのか、ルームシェア(何人かで部屋を借りて一人当たりの家賃の負担を軽くします)するのか、寮に入るのか(語学学校は寮はない場合がほとんどです)、ホームステイするのかのいずれかだと思います。
ホームステイ先は学校から紹介される場合が主で、留学生を受け入れている家族(ホームステイ先)をホストファミリーといいます。
ホストファミリーと生活を共にしながら学校に通うわけですね。
ホームステイ事情も国により、その家族によって大きく異なります。
子供のいる家庭がいい、喫煙者のいない家庭がいい等こちらからある程度の希望を出すこともできます。
食事はどうするのか?自分一人の部屋があるのか?他の留学生と相部屋なのか?シャワーなど好きな時間に使えるのか?などなど、ホームステイ先によって生活スタイルやルールは全く違ってきます。

日本の高校・大学を卒業していても語学留学はできますよ。
全く関係ありません、安心してください♪
語学学校は通う期間を予算と時間で決める方も少なくないと思います。
長く滞在したくても予算や時間の都合で短期間になる方もいると思います。
もしかしたら語学学校は、感覚的に学校というよりも英語専門の塾のような感じかもしれません。
色々書きましたが、私自身がカナダに語学留学をした経験を元に書いています。国が変われば事情も変わるはずです。
アイルランドの情報が色々集まるといいですね!!

私はカナダでの語学留学の経験があるのですが、国や学校によっても入学条件等や授業内容等は違ってきます。
基本的に年齢制限はなく、留学する期間も1週間から年単位で様々です。
社会人が夏休みなど1週間の休みを利用してホームステイしながら語学留学することも可能です。
レベルテストを受け、レベル別にクラス分けされます。
細かいレベル分けがされていて、クラス数の多い学校もあればその逆もあります。
定期的に個人のレベルの見直しはされるので上のレベルのクラスに移ったり、逆にレベルが高く授...続きを読む

QAFPの登録欠格事由、CFPの受験資格について

私はFP2級、AFPの資格試験の勉強をしている者です

AFPの方は宅建主任者などと同じで、合格は有効な筈ですが、登録に際しては欠格事由に該当し、私はあと4年8月登録することはできません

CFPの資格取得を次段階の目標にしているのですが、AFPの登録をしている以外に、CFPの受験資格を得る方法はないのでしょうか?


因みに、FPに係る実務経験は過去に3年ほどあり、故に2級からの受験です

高卒ですので、専門学部卒のような学歴は皆無です



ご存知の方いれば、教えてください

よろしくお願いします

Aベストアンサー

CFP手続き中の者です。

CFPを受けるには、原則はAFP認定をされていて試験日1日目に20歳以上であることが条件です。
それ以外に一応受験できる方法はありますが、かなりハードルは厳しいですよ。
まず、指定の大学院の所定の課程を単位を取得するとCFPの受験資格が出ますが、その学校は全国に7校しかなく、全て私立大学です。
そして、受験期間ですが、受験資格を付与されてから7年以内に全科目合格しないと受験資格・科目合格は失効します。
(AFPの受験資格であれば、AFPが失効しない限り永久に科目合格は有効です。)
また、仮に全科目合格しても、大学院を修了できなかったり全科目合格から5年以内に認定手続きをしないと認定の権利は失効します。
認定手続きもAFPと同じような欠格事項がありますので、注意が必要です。

それと余談ですが、AFPの認定に関して、研修修了自体は終身有効ですが、AFPとして認定されるためには、22年6月以降は、2級技能検定合格日またはAFP認定研修の修了日の遅い方から数えて翌々年度末までが登録期限です。これを過ぎてしまうと、AFP研修を受け直すか、技能検定をもう一度受け直す(2級であれば業務分野は問わないので、一度受かっているので、別の業務分野で科目免除を使って合格するという手が速い。)かになります。今仮に2級技能検定を合格したとしても、欠格期間がこれだけ長ければ、認定研修の受講時期か技能検定の受検時期を遅らせる必要が出てきます。

CFPの受験プログラムとAFP登録期限に関するURLを記載しておきますので、参考にして下さい。

参考URL:http://www.jafp.or.jp/learn/files/cfp_unyo.pdf,http://www.jafp.or.jp/learn/exte.shtml

CFP手続き中の者です。

CFPを受けるには、原則はAFP認定をされていて試験日1日目に20歳以上であることが条件です。
それ以外に一応受験できる方法はありますが、かなりハードルは厳しいですよ。
まず、指定の大学院の所定の課程を単位を取得するとCFPの受験資格が出ますが、その学校は全国に7校しかなく、全て私立大学です。
そして、受験期間ですが、受験資格を付与されてから7年以内に全科目合格しないと受験資格・科目合格は失効します。
(AFPの受験資格であれば、AFPが失効しない限り永久に科目合格...続きを読む

Q留学したい

私は将来留学したいと考えています。

現在高校生なのですが、
大学生のうちに留学するか
大人になって就職してその貯めたお金で留学するか
大学の夏休みを利用して留学するか
どれが一番いいのでしょうか?

大学は看護学部を志望しているので
おそらく大学を休学したりして留学することは難しいです。
あと、上記にある夏休みを利用して留学も
看護の勉強を優先しないといけないので難しいと思います。

やはり看護学生の留学はできないのでしょうか?
できないとなると大人になってからの選択しかありません。。

大人になってから留学するのと
大学生で留学するのとは違いなどあるのでしょうか?

知らないことがいっぱいですので
アドバイスいただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

カナダの大学生です。(日本人ですが留学生ではありません)

大学にいるうちにいった方がいいと思います。「大人」になってからだと忙しくてなかなかいけないと思いますよ。私の父は大学院を後回しにして、50過ぎてからやっと行く決意をしたくらいです。それでも仕事が忙しくて断念してました。

夏の間に行こうと思っても時期が合うか微妙ですね。アメリカ、カナダの夏休みは4、5月~8月の約3、4ヶ月なので4、5月頃は日本の大学ではまだクラスがあるんじゃないですか。私の大学だと4月下旬に試験は全て終わり夏の授業は5月上旬から始まります。しかし夏の間ではありませんが、三ヶ月だけの短期留学生を見かけることもあるので、調べてみる価値はあると思います。

余談ですが、留学するにはTOEFLという英語のテストでいい点を取る必要があります。各大学または学部によって必要な点数が違うので英語の勉強はしっかりやっておくのがいいと思います。TOEFLは何回も受けれるので、英語力がついてきたと思ったら、そのうち一回受けてみるのもいいかもしれませんよ。

Qフィナンシャルプランナー資格は役立つ?

フィナンシャルプランナー資格は役立ちますか?

証券会社や保険会社に勤めているわけでもなければ、会社の経理もやっていません。「自分の資産運用のため」みたいな理由で資格取得される方もいらっしゃいますが、実際に役立つものなのでしょうか?

Aベストアンサー

FP資格は取ったからといってそれを看板にするところまではまだ行ってませんが、相談件数が増大している事から21世紀の有望な資格の一つとされています。ですから将来的に役立つ資格と言えるでしょう。

人生における生活の必須知識としても十分に役立ちます。勉強している間に預貯金の利回りや住宅ロ-ン住宅金融公庫融資など色んな知識が自然に身につきますので仕事にしか役立たない資格試験が多い中、生活やお子様がおられるなら将来的なアドバイスも出来ますしFPに関する知識を持っているか否かで長い年月の間、生活に大きな違いが生まれる事は間違いないです。取得を考えておられるなら取っておく事をお勧めします。


人気Q&Aランキング