『物質Xの界面前後でのA元素とB元素のエネルギー差を示す。』

界面前のエネルギー差と界面後のエネルギー差の2つを比較した図を説明したいのです。

We show the energy difference between A and B metals ( ) interfaces.

こんな感じで訳してみたのですが、界面前後でのってところがどうやくせばいいのかわかりません。他にもいい訳があると思いますのでいい文章があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

128yenさんこんにちは。



学会発表のような場合の話ですね?

>専門用語を使うと難しいとは思うので、ちょっと置き換えてみます。

ということは、128yenさんがstarfloraさんへのお礼の欄に書いたものはあくまで例示で、実際のものではないのですね?

温度差でもtemperature differenceとtemperature variationとで微妙にニュアンスが違ってきます。

膜分離装置などでの膜の両側での圧力差だと、pressure drop across the membraneなどと言ったりします。

技術用語は分野によっても状況によっても変わってきてしまいますね。

むしろお考えになっているものを具体的に示した方が適切な回答が返ってくると思いますが。

ちなみに、現在与えられている情報で、しかもweを使いたいということを前提とすると、先に窓の内外でのtemperature differencesをそれぞれDifference A及びDifference Bと定義づけし、それらを測定した場所をPoint AやPoint Bとか定義づけしておいた方がいいですね。それから
"We show in figure 1 the difference between Difference A and Difference B in relation to the distance between Point A and Point B."
と言えばいいかと思います。
図(グラフ)の説明の場合比較は単純に関係と考えてrelationshipを使うことがありますが、この場合にはややこしくなってしまうので回避します。in relation toは他の言葉に置き換えることも可能ですね。
このように、英語では「XとYとの関係を示す」を「XをYとの関連で示す」と言っても通用します。

書き言葉だと、これをもっとシンプルにするために、「Difference AをDA、Difference BをDBと呼び、Point AをPA、Point BをPBと呼ぶ」と先に言っておけばいいかと思います。

多少なりとも参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。
たしかに同じ日本語の『差』という言葉でも、いろんな違いがありますからね。
口頭発表だと文章を丁寧にいわなくても、なにかで置き換えて簡潔に言ったほうがわかりやすくていいんですよね。
やはり私って英語(国語?)の才能があまりないですね(笑)

とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 12:38

 


  わたしは技術専門家でも何でもないので、まず、この日本語の文章の意味が分かりません。「界面の前後」とはどういうことを言っているのかが分かりません。AとBのエネルギー差というのも、何のエネルギーの差なのか不明です。
 
  意味が分からないものに訳を出しようがないのですが、提示されている英文では、まったく意図されている内容になっていないことは明らかです。
  「前後」を、単純に乱暴に、文字通り「前後」として、AやBのエネルギーとは何かというのも不明なまま、形式的にそれらしい文章を作ると、次のような文ができます。
 
  Figure A. Comparison of the energy differences between A and B before and after the interface of X.
 
  これは、「Xのインターフェースの前と後での、AとBのエネルギー差の比較」という意味です。We show などという表現は、表の説明では使わないと思います。「比較である」で、Comparison of とします。ただ、これでは、一体何のことか分からないということがあるでしょう。前と後ろと言うより、「事前と事後」というのが上の英文で、事前とか事後とは、インターフェースを通過する前と後という風に想定していますが、そうでない可能性が高いです(また、そうとすれば、また別の訳し方が必要になってきます)。インタフェースと関係して、エネルギー順位か何かが決まっているのではないですか?
 
  何を言いたいのか、日本語で、その分野の技術的専門家でもない人にも想像がつくように補足説明して、その上で、こういう文章を訳すには……なら何か考えようもあるかも知れません。専門家が答えるのが、おそらく一番よいのでしょう。
 
  貴方の英文をよく読み返してください。「界面前のエネルギー差」と「界面後のエネルギー差」の「比較」なら、当然、エネルギー差は、二つあり、differences と複数でなければおかしいのです。単数になっているではありませんか。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに説明不足でした。
私の英語は適当だったので、間違いだらけでしたね(英語力はないもので)

専門用語を使うと難しいとは思うので、ちょっと置き換えてみます。
まず、仕切り(界面)として窓があります。窓の内外にはそれぞれ、気温を測定する温度計とビーカー内の水の温度を測定する温度計の2つがあります。
まず、気温(Ta)と水の温度(Tb)の差(仮にD=Ta-Tb)を取ります。そして窓の内外での温度差の差(D外ーD内)を縦軸にして、横軸はある原点からの距離xでの(D外ーD内)を示した図を説明したいと思っています。おわかりいただけたでしょうか?(こう書いてみて、前回の説明不足をあらためて実感しました。)

それと口頭で発表する場合は、We show ~ ではだめなのでしょうか? This figure shows ~ の方がいいのでしょうか?

またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/02 08:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwhat is difference between sight and image

Hi, I'm learning English now.

I'm wondering about a basic question, meaning of words.
What is difference between sight and image?

Aベストアンサー

"sight" is the physical ability to see something or the act of seeing something.
"image" is a picture of an object in the mirror, on the screen of a television, movie theater, or computer. "image" is also defined as a picture that you have in your mind.

Qbetween + and の代わりに +with

[A] was noted between [B] with [C], and with [D]の意味を教えてください。

この「with」を「and」と理解しても意味が通るのですが、その場合、文法的に合っていますか?

要するに、「Aは、BとCの間で認められ、BとDの間でも認められた」ということですが・・・。

他にもっとよい答えがあればお願いします。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もう少し具体的に書いていただいた方がいいですが,言えることは
between X and Y で「X と Y の間で」これが between の基本です。

[A] was noted between [B] with [C], and with [D]
で,この and が「~でも,~でも」というつなぎで,with の方で「~と~の間」の意味になる,
ということはありません。
やはり,and で「~と~の間」の意味になります。

たとえば,... was noted between the girls with long hair, and with short hair
このような場合,the girls with long hair, and the girls with short hair 
であり,
「長い髪の女の子と,短い髪の女の子の間」
with は with にある,「~をもった」なり,何らかの意味を果たし,
and が between と関係しています。
ある意味 with の後の C と D の間ですが,直接的には B の間であり,
D の前に共通の B が省略されていると思います。

was noted というのは between と絡んでこない表現ですので,
No difference was noted between ~
「~の間に違いは認められなかった」のように,主語に between と絡むような語がつかわれているように思います。

もう少し具体的に書いていただいた方がいいですが,言えることは
between X and Y で「X と Y の間で」これが between の基本です。

[A] was noted between [B] with [C], and with [D]
で,この and が「~でも,~でも」というつなぎで,with の方で「~と~の間」の意味になる,
ということはありません。
やはり,and で「~と~の間」の意味になります。

たとえば,... was noted between the girls with long hair, and with short hair
このような場合,the girls with long hair, and the girls with sh...続きを読む

Q英語の構文について教えてください 【between and/or】

以下の英語について教えてください。
Further, no external wires or handshaking signals are required to communicate a busy state between the DRAMs and/or the memory controller.
訳例

さらに、DRAM間および/またはDRAMとメモリ・コントローラの間でビジー状態を通信するのに外部ワイアやハンドシェーク(初期接続)信号が不要である。

このbetween and/orはどのように働くでしょうか?
訳例からは判断できなくて困っています。

(1)between the DRAMs and the memory controller
(2)between the DRAMs or the memory controller

と考えると、

(1)DRAMとメモリ・コントローラ間
(2)DRAM間、あるいはメモリ・コントローラ間
この3通りを表現しているのでしょうか?

また、and//orを使わずに、自然な日本語にするにはどのような訳をすればいいのでしょうか?


ご教示いただけるとうれしいです。

以下の英語について教えてください。
Further, no external wires or handshaking signals are required to communicate a busy state between the DRAMs and/or the memory controller.
訳例

さらに、DRAM間および/またはDRAMとメモリ・コントローラの間でビジー状態を通信するのに外部ワイアやハンドシェーク(初期接続)信号が不要である。

このbetween and/orはどのように働くでしょうか?
訳例からは判断できなくて困っています。

(1)between the DRAMs and the memory controller
(2)b...続きを読む

Aベストアンサー

Between A and B が文法的に正しくて betweem A or Bは間違いとされていますが or が使われているのもたまには目にします。ただし意味はandと同じ意味で使われています。 また Between A's (複数の意)と言う使われ方もします。

従って、between the DRAMs and/or the memory controller は
(1) between the DRAMs and the memory controller の意味だけで、訳例そのままです。

もしbetween the DRAMs or the memory controllers のようにorで繋がりmemory controllersのように複数になっていれば(2)DRAM間、あるいはメモリ・コントローラ間、という意味になろうかと思います。(ただ素人考えで間違っているかもしれませんが、コントローラとはメモリ間の通信のために必要なものでDRAM同士間、あるいはメモリ・コントローラ同士間の通信というのはおかしく思えますが)

Qsignificantly difference

1.と2.の正しい単語の組み合わせはどれですか?
なぜかも教えていただけるとうれしいです;;

1.no(or not) significant(or significantly) difference(or different)

2.no(or not) statistically significant(or significance)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考程度に

1.no significant difference
2.not statistically significant

1.noは名詞修飾→difference→2.statisticallyは副詞→形容詞につく→significantを選択→名詞修飾のnoは使えない

ではいかがでしょうか

QA and B の訳し方

普通は”AとB”と訳しますが、これを”BとA”と訳すことにどんな
問題がありますか?
日本語の”いつどこで?”は英語だと where and when ですよね。
これはまた別の話ですか?

Aベストアンサー

>普通は”AとB”と訳しますが、これを”BとA”と訳すことにどんな
問題がありますか?

混乱が生じる可能性があるという問題があると思います。
また、文法的には、A and Bを「BとA」と訳すのは正しくありません。A and Bは「AとB」と訳さなければなりません。

>日本語の”いつどこで?”は英語だと where and when ですよね。これはまた別の話ですか?

英語では重要なものを先に言い重要でないものを後に言う習慣があるので、和文と英文で順番が異なるものがあります。例えば、次の(1)~(3)などです。
(1)今ここで(here and now)
英語では、動作について言う場合には、場所の方が重要であり時は場所ほど重要ではないと(別の言い方をすると、動作について言う場合には場所を示して言う場面の方が時を示して言う場面よりも、日常の生活で頻繁に起きると)考えるので、hereを先に言います。

(2)南北(north and south)
英語では、北は北極星で象徴される不動の方向であり何よりも重要な方向なので、southよりも先に言います。

(3)白黒(black and white)
英語では、印刷された文字(黒)の方が紙(白)よりも重要と考えるので、blackを先に言います。

御質問のwhere and when は(1)と類似の例です。

このような和文と英文で語順の異なるものでは、それぞれの言語での自然な表現とするためにAとBの順番を入れ替える必要があります。例外です。

>普通は”AとB”と訳しますが、これを”BとA”と訳すことにどんな
問題がありますか?

混乱が生じる可能性があるという問題があると思います。
また、文法的には、A and Bを「BとA」と訳すのは正しくありません。A and Bは「AとB」と訳さなければなりません。

>日本語の”いつどこで?”は英語だと where and when ですよね。これはまた別の話ですか?

英語では重要なものを先に言い重要でないものを後に言う習慣があるので、和文と英文で順番が異なるものがあります。例えば、次の(1)~(3)などです。
(1)今...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報