こんにちは。私の姉の友人の事で相談を聞いてください。
友達は10トントラックの運転手で、早朝5時に走っていたところ、横断歩道を渡っていた女性を轢いてしまったそうです。
しかも、信号無視で。横断歩道の方は青信号を渡っていたところでした。
その方は意識不明の重体だそうです。
その場ですぐに警察に通報、事情聴取を受けて出てきたそうです。
質問なんですが、この友人は交通刑務所に入るのでしょうか?
法律に詳しい方よろしくお願いします。
補足はしていきますので、質問がありましたらどうぞ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 この文面だけでは判断しにくいのですが、執行猶予がつくかどうか微妙です。

相手の方は意識不明の重体ということですが、もし亡くなられてしまうと、執行猶予がつかず、刑務所に入れられる可能性が高いと思います。もし、重体ののちに回復されれば、その後の加害者の対応如何によっては執行猶予で済む可能性もあると思います。業務上過失事件の場合、執行猶予がつくかどうかは被害者の感情つまり事故後の加害者の誠意ある対応次第で決まる場合が多いです(民事的な賠償を積極的に進めるなど)。事故を起こしてしまったことは取り返しのつかないことですが、その後で加害者がどのような態度を取るかが非常に重要です。どのような結果になろうと、誠心誠意、被害者のために尽くすことをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の直接の友人ではないので、その後の情報は入ってない状態です。
私の周りでこういうことが起こったのは、初めてなのでびっくりしています。
誠意を出して接するように伝えておきます。

お礼日時:2001/11/02 12:45

交通刑務所に入るかどうかは、事故後の対応次第です。


まずは被害者が死亡しなければいいのですが。
その後で賠償について誠意ある対応をすることでなるべく安く
すまそうとか考えないことです。

あとは弁護士の力量によります。専門にしているような弁護士であれば
執行猶予をつけるのに今迄の経験からいい知恵だしてくれるでしょうが
不慣れな弁護士だとたいへんです。
目途としては最低でも5年以上の弁護士経験をつんでいる人を探した方が
いいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
情報が入ってきてないので、今だ重体のままだと思います。
誠意ある対応をするように、伝えておきます。

お礼日時:2001/11/02 12:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q意識不明状態の酸素マスク

病院にて、意識不明の状態が続いている患者さんって、酸素マスクは常につけている状態ですか?
意識不明状態に酸素マスクは必要不可欠ですか?そうでもない?
意識不明の状態の詳細、原因、によって酸素マスクを常につけてるか否か、違うのですか?
違うとしたらどのような基準で酸素マスクをつけてるのと、つけてないのとで、違いが出るのですか?

知識がなく、気になったので。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>意識不明状態に酸素マスクは必要不可欠ですか?そうでもない?

「意識不明かどうか?」じゃなくて「充分な自発呼吸があるかどうか?」が重要です。

意識不明なら、自発呼吸も小さい場合が多いので、その場合は、酸素マスクで「補ってあげる必要がある」のです。

自発呼吸が無かったり、呼吸が小さいと、通常の空気では取り込む酸素量が足りなくなるので、酸素マスクで「濃い酸素」を吸わせてあげないといけません。

意識不明でも、充分な自発呼吸があるなど、普通の空気でも大丈夫な状態では、酸素マスクは付けません。

意識不明であっても、自発呼吸が充分にあるのであれば、濃い酸素を必要以上に吸わせると「酸素酔い」「酸素中毒」になるので、安易に酸素マスクを付けてはいけないのです。

Q赤信号の時に横断歩道の半分まで渡っていても構わないのでは?

私の家の近くには変則的な交差点があり、信号が3パターンで変化します。
その際に、赤信号で横断歩道の半分まで渡っておいてもいいと思っているの
ですが、どうなのでしょうか。
これだけではわかりにくいと思うので、簡単に説明します。

普通の十字路(交差点)を思い浮かべてください。
1・まず、東からと西からの車用の信号が青になります。
2・次に、北からの車用の信号が青になります。
3・最後に、南からの信号が青になります。これの繰り返しです。

交差点の南東から北東へと渡る歩道の信号待ちをしているとします。
この横断歩道は、先ほどの「3」の時に青になります。
それで、「1」が終わって「2」になった時、横断歩道の半分まで
渡って待っているのは、いけないことかどうかという質問なのです。

1)東からの車は、次に「1」の状態までは赤信号なので動きません。
2)事前に半分まで渡っていれば、青になった時に通常の半分の時間で
横断歩道を渡り切ることができます。

以上の2つの理由から、渡っていても構わないと思うのですが、いかがでしょうか。

私の家の近くには変則的な交差点があり、信号が3パターンで変化します。
その際に、赤信号で横断歩道の半分まで渡っておいてもいいと思っているの
ですが、どうなのでしょうか。
これだけではわかりにくいと思うので、簡単に説明します。

普通の十字路(交差点)を思い浮かべてください。
1・まず、東からと西からの車用の信号が青になります。
2・次に、北からの車用の信号が青になります。
3・最後に、南からの信号が青になります。これの繰り返しです。

交差点の南東から北東へと渡る歩道の信...続きを読む

Aベストアンサー

・ある日信号のパターンが変わっていたら。
・緊急車両なんかが来たら。
・子供なんかがマネしたら。
危ないです。


2で北からの信号が青になったとき、北から走ってくる車が赤信号を渡る質問者さんを見れば、驚いて急ブレーキ、追突事故って事も考えられます。


> 通常の半分の時間で
> 横断歩道を渡り切ることができます。

通常渡り切れないほど青の時間が短いとかじゃないんですよね?

Q意識不明重体からの回復率・死亡率

意識不明重体からの回復率・死亡率
身内が交通事故に遭い意識不明の重体になったのですが
意識を取り戻し普通にしゃべられるようになりました。
(脳損傷ですが)
今までニュースなどで「意識不明の重体」と報道されると
結局死んでしまうのかな?と思っていましたが
結構、回復するものですか?
それとも奇跡的に私の身内が回復したのでしょうか?
最初はICUに一週間入りました。

Aベストアンサー

頭部外傷が発生した場合は、ほぼ意識障害が発生しますが、救急医学の発達に伴って、交通事故の場合は、回復する例が増えています。
問題は脳なら脳内のどの部分をどの程度損傷したのかによります。

また、疾病の場合も様々で、脳幹梗塞や脳幹出血等は直ちに危険といえますが、小脳や大脳の場合の脳梗塞等は機能障害が残ることが多くても、命の問題にはならないケースもあるように聞いています。
脳や心臓などの急な疾病の場合は、初診までの時間によって左右されることが多いようです。

質問者さんの質問内容に対する回答にはなっていないようですが、ICU等の救急医学の発展や画像診断技術の向上は、「意識不明の重体」患者の救命にかなり貢献されているようです。

Q青信号で横断歩道を渡っているときに車にひかれたらどうなりますか?

以前、青信号で横断歩道を渡っているときに、車がふつうに走ってきて轢かれそうになったことがあります。
もしこのとき轢かれていた場合、怪我した分の慰謝料以上にお金を請求することは出来るのでしょうか?

それと信号のない横断歩道で自転車に乗って渡っているときに、車に轢かれたことがあります。
そのとき怪我はなかったのですが、後から自転車が壊れていることに気付きました。
上記とは異なり、信号のない場合で交通事故にあった場合にも、慰謝料請求料は可能なのでしょうか?それとも時と場合によるのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な内容です。

賠償金(怪我に対する)
治療費・休業損害・慰謝料・通院交通費など含めた法的賠償総額を賠償金です。慰謝料は自賠責では総治療日数×4200円または実治療日数×4200円×2のどちらか少ない方を支払います。120万までは自賠責からでます、それを超えると相手・相手の保険(金額は保険会社によります)からとなります。

・総治療日数とは怪我が完治するまでに掛かったトータルの日数です。

・実治療日数とは実際に入院や通院した日数です。

>怪我した分の慰謝料以上にお金を請求することは出来るのでしょうか?

基本的に上記以外の請求は認められる事はありません、それ以上請求しようものなら過剰請求となります。
総治療日数×4200円または実治療日数×4200円×2については自賠責基準です、自賠責上限120万を超えた場合は、変わって着ます。

>信号のない場合で交通事故にあった場合にも、慰謝料請求料は可能なのでしょうか?それとも時と場合によるのでしょうか?

横断歩道上では歩行者は守られています、例え信号無視であっても歩行者側の過失50以上取られる事は少ないです、あくまで事故ケースによります。

自転車が壊れただけでは、慰謝料の請求は出来ません、自転車修理費用だけです。物の損害に慰謝料はありません。
怪我をしたと言う人身事故の場合は慰謝料が絡んできます。

尚、自転車でも歩行者でも同居の家族が任意保険に加入し人身障害(一般)で加入あれば、その任意保険から補償されますので、相手の示談交渉は保険会社に任せる事が出来ます。
任意保険の人身障害(一般)に同居の家族が一人でも加入してれば、同居の家族全員補償されるという事は覚えておいた方が良いでしょう。

基本的な内容です。

賠償金(怪我に対する)
治療費・休業損害・慰謝料・通院交通費など含めた法的賠償総額を賠償金です。慰謝料は自賠責では総治療日数×4200円または実治療日数×4200円×2のどちらか少ない方を支払います。120万までは自賠責からでます、それを超えると相手・相手の保険(金額は保険会社によります)からとなります。

・総治療日数とは怪我が完治するまでに掛かったトータルの日数です。

・実治療日数とは実際に入院や通院した日数です。

>怪我した分の慰謝料以上にお金を請求するこ...続きを読む

Q意識不明と睡眠状態

事故で一時的に意識不明になるのと睡眠状態とは、どういう違いがありますか、

Aベストアンサー

その題名を、そのまま使ってぐぐりました。
○知覚がない状態ですね。
意識がある場合は、感覚器官を通して外界の事物や
身体内部の状態を知る事が出来ます。健康体であれば
睡眠状態でも、身体を触られたり音がした時
睡眠から覚めますが、感覚器官が機能をしていなければ、
覚めることはありません。
・・・意識不明と睡眠の違いはそこにあります。

Q交番に、「赤信号の横断歩道を渡った」と自首する件。

とっぴな質問ですが、真摯にお尋ね致します。アドバイスを宜しくお願い致します。

もし、専業主婦が突然、交番に出向き、「私は赤信号の横断歩道を渡ってしまいました」と申告したら、どの程度の罪になるでしょうか。この主婦は、自動車免許は持っていません。

実は、近所に悪ガキな小学生がおり、我が家でも度々、イタズラを注意して来ましたが、最近になって妻が赤信号の横断歩道を渡るところを、この子に見られ、「信号無視!」と囃し立てられるようになってしまいました。

妻は、交番に自首して罪を申告した上で、改めて子供を叱るのが最善の策だと申しますが、ネットで調べると、「道路交通法違反で、最高2万円の罰金刑」とあります。

交番の警官に迷惑を掛けることは別として、初犯の場合、どの程度の罰金になるのか。あるいは、罰金以外の処罰となるのか、お詳しい方にお尋ねしたく、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

歩行者の信号無視って実は罪にならないって知ってました?
単なる交通マナー違反なので厳重注意か怒られて終了ですよ

Q意識不明中、修理中、故障中

意識不明中、修理中、故障中


おかしな~中の使い方はそれですか。できたら簡単な理由もお願いします。

Aベストアンサー

誤用が定着しつつあるのですが、「故障中」が間違いです。

「中」には「終わらないうち」の意味があり、現在もその状態が継続していることが条件になります。
「故障」は不調が生じたその一点の時点のことで、現在も進行して壊れ続けているわけではありません。

同様の誤用の例として「発売中」が有名です。
書店などで当たり前のように見かけますが、「発売」も売り出されたその瞬間のことを指しますから、正しくは「販売中」と表記するべきなのです。

Q信号無し横断歩道での飛び出しや直前横断でもクルマ100%?

信号の無い、道に白線だけの横断歩道ってたくさんありますよね。
そこで、歩行者や自転車がいきなり塀や建物の影から飛び出してきて事故になっても、
クルマ側が100%の過失になるのでしょうか?
それとも、いくら横断歩道上とはいえ、確認せずに横断しようとした歩行者側にも、
過失は発生するんでしょうか?
これでクルマ側が100悪・・だと、歩行者の当たり屋が横行しそうです。

Aベストアンサー

信号なしの横断歩道は原則赤点滅の信号と同じと考えていいです。
歩行者のいないと確実に確認できる場合は黄色点滅の信号と同じということなります。
したがって、歩行者のいる場合は歩行者の横断優先です。
相手が歩行者の場合は、ほぼ100%の過失となります。
夜間においては、100%とも言い切れます。
歩行者の過失に関しては、交通の信頼の原則により、歩行者がいる場合は横断歩道で停止というルールがあるかぎり、過失は認められません。

Q意識不明の患者でも、やはり全身麻酔はするの?

ふと、疑問に思ったのですが、意識不明の患者さんを手術する場合、やっぱり全身麻酔はするのでしょうか?
 意識がないのだから、麻酔をする必要性はないと思われるのですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

全く同じ質問がありました。
http://narkome.exblog.jp/1127161

Q横断歩道を歩行者が赤信号の時に横断するのは当然の権利!?

お手すきのときで結構ですので、教えていただけると幸いです。
私の友人は横断歩道を歩行者が赤信号の時に横断するのは当然の権利だと主張します。
その根拠は
1.そもそも道路は歩行者が自由に往来できるためにある。
2.したがって歩行者が道路を横断するとき、常に自動車は停止ければならない。
3.しかしながら停止しない自動車が多いので横断歩道がある。信号のある横断歩道は自動車をさらに確実に停止させるために存在する。
4.だから自動車が赤信号で停止するのは義務であるが、歩行者が停止する義務は当然なく、1.に戻って横断する権利があるものと考えられる。

反論しようと思っても私にはその根拠を示すことができません。
このような主張は法律上根拠のあるものなのでしょうか。
また損害保険などでの算定実務上認められる考え方なのでしょうか。

Aベストアンサー

損害保険での基本的な過失割合について、参考URLに載っています。
歩行者赤、自動車青での事故の場合、歩行者に7割の過失があることになります。

ご友人の間違いは、
1.そもそも道路は歩行者が自由に往来できるためにある。
のところにあります。
法律には、一切このような規定はなされていません。むしろ、歩行者の通行方法について規制しています。すなわち、現行法の解釈論としては成立しないのです。
この論法の行き着く先は、「道路交通法を改正して、歩行者が自由に往来できる権利を認めるべきだ」という立法論であり、「現行法のもとで自由に横断することができる」という解釈論ではないのです。

ご友人に、1.の主張の根拠が何という法律の何条にあるのか聞いてみてください。
「当たり前じゃないか!」といわれるかもしれませんが、それは客観的な根拠にはなりません。

参考URL:http://daikai.net/kasitu/kw_01.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報