私は以前、「兵になるということはどうゆうことだったのか」と言うので質問させていただいたものです。
そのときにある方が、(亡くなられていますが)星新一さんのエッセイについて書かれていて、とても興味深いことがあったのでその本のことについて知りたくなりました。知るための方法や星新一さんのこんな本を知っている(エッセイだけじゃなくてもいいです)という情報を教えてください。題名とできれば出版社も知りたいです。
きながにお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

syuuziさん御紹介の「人民は弱し官吏は強し」は父・星一さんが官庁から迫害を受けた様子を描いたノンフィクションの長編ですからこれの可能性も高いとは思いますが、この頃のことを書いたエッセイというといちばんあやしいのは「きまぐれ博物誌」ではないかと思います。


もしくは「きまぐれ星のメモ」。これに「続・きまぐれ博物誌」のうちのどれかではないかと思います。
いずれも角川文庫からでていましたが、現在絶版になっているかどうかはわかりません。
本屋で見つからなければ最近流行の大型古本屋さんというのが狙い目ですね。

全部読み返す時間がもどかしくて、とりあえずの投稿です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

次の日に見てみたら、こんなにいっぱい…!ということで皆さんにここでお礼させていただきます。
いろいろとありがとうございます。時間が許す限り、探してみたいと思います。まだまだ、投稿は締め切らないつもりですので、付け加えとかもどんどん書き込んでください。

お礼日時:2001/11/02 20:22

11723さん、こんにちは。



回答では、ないのですが参考までに。

一括でお礼を書く場合には、誰かのお礼の覧を使用しても、その人にしかメールが送られない為、他の回答者はお礼が書かれた事がわかりません。

お礼ではなく、補足にお礼を書くと全員にメールが送られるので便利です。

同じ理由で「補足の説明」なども補足覧に記入すれば、回答者の全員に送られる為便利です。
    • good
    • 0

中学生の時、学校の読書会で星さんの本に出会い、それ以来大ファンとなって、殆ど全ての本を読破したつもりです。


さて、探していらっしゃるエッセイについてですが、手がかりがわずかなため、特定はできませんが、雰囲気的に「人民は弱し官吏は強し」ではないかと想像します。north073さんが示されている国会図書館の検索では25冊ということですが、これらをしらみつぶしにあたる際、初めの方で確認されてはいかがでしょうか。

また、国会図書館以外の検索サイトも参考までに示しておきましょう。
図書館流通センター http://www.trc.co.jp/trc-japa/index.asp
日本書籍出版協会  http://www.books.or.jp/
紀伊国屋書店     http://bookweb.kinokuniya.co.jp/

お目当ての本がはやく見つかるとよいですね。
    • good
    • 0

お捜しの本は、星新一氏が自らの徴兵体験、意図的に徴兵逃れをやった、というエピソードが紹介してあるエッセイ、ということですよね?



私も確かにその話には「読み憶え」があります。エッセイもけっこう出てますからねえ。

私もぼちぼち調べてみようと思いますが、この情報でファンのどなたかがスグにでも見つけてくれるかも知れませんね。

11723さんの御質問のURL、おせっかいですが紹介させて頂きます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=152857
    • good
    • 0

私も中学生(約30年前)のころから星新一のファンでたぶん文庫本は全て持っています。

おすすめは「未来いそっぷ」でこれははじめて読んだ本(と思ったのですが、小学校4年生の時に国語の教科書に「鏡の中の犬」という話がありましたので、実際はちがうんですが)で短くて、とても発想がおもしろくて友達にも推薦しました。(新潮社)
また、彼のお父さんが星一と言って星薬科大学の創設者で一応受験校の一つにしていましたが、やめました。そのことについて書かれた本もあります。また、かれがやたらとおもしろい薬を考えるのも父親譲りなんでしょう。かわったところで「ノックの音が」という本は全て出だしがこのノックの音がで始まります。(講談社、新潮社)
まだまだきりがないですが、初期のものはみんなおもしろいです。
    • good
    • 0

15年以上昔ですが、星新一さんの作品が好きでよく読んでいました。

文庫本でしたら、ほとんど持っていると思います。

以前は、新潮文庫、角川文庫、講談社文庫で作品が出ていました。ほかの出版社もあったと思います。
今は出版されているかどうかは分かりません。
出版社のWEBを覗いたのですが、比較的新しいものしか検索は出来ないようです。

WEB検索で、「星新一」で検索するといくつかありましたよ。
    • good
    • 0

私が最初に買った文庫本は星新一の『未来いそっぷ』(新潮文庫)でした。


星新一は1000編以上のショートショート(短い短編小説)を書いており、その著書の冊数も100冊は優に超えます。

そこで、この情報を調べる方法ですが、
1.下の参考URLにアクセスしてください。
2.「図書の検索」を選びましょう。(「簡易検索」ではありません)
3.著者名のところに「星新一」と入れます。
4.ここでワンポイント。NDLC/NDCと書いてある欄に、「914.6」と入れます。(日本の随筆を示す番号です)
5.すると、星新一のエッセイの本が25件出てくるはずです。(1件は番号の振り間違いのような気が…)

25件といっても、同じ本が文庫化されたものもありますし、『進化した猿たち』というのはエッセイというか、アメリカの一コマ漫画の紹介本です。
あとは、それぞれの本を片端から見れば、たどりつくのではないかと。
ただ、もう絶版になっているのもあるかもしれませんが、図書館などで探してみてください。

参考URL:http://webopac2.ndl.go.jp/
    • good
    • 0

こんにちは、



すみません。
回答では無いです。

星新一さんの本はたくさん出ているので、質問に書いてある情報から11723さんの希望の本を探すのは難しいと思います。

知りたい本を特定する為の情報を補足した方が回答しやすいと思います。
以前の質問の参照URLとか、どうゆう内容だったのか補足をお願いします。
    • good
    • 0

星新一さんの本は、新潮文庫からたくさん出ていますよ。

ショート・ショートを中心に、エッセイ、長編などもあります。ショート・ショートのおすすめは「かぼちゃの馬車」です。お世辞を言うのも難しいくらいの、美しくない女性が現代の「魔法」で「美しく」なるのですが、その短い魔法が終わったとき、彼女の感じた世界は・・・。というお話です。
長編のおすすめは「ほら男爵現代の冒険」です。あのほら男爵の星新一さんバージョン^^。ブラックなジョークなどもちりばめられていて、楽しいです。長編、といってもそう長くはないのでわりとすんなりと読めますよ。
エッセイでのおすすめは「進化した猿たち」です。星新一さんのコレクションの漫画の解説みたいな内容ですが、あのたのしいショート・ショートのアイデアがどこから、どういうふうに湧いてくるのかがわかるような本です。
また、講談社文庫からは、星新一さんが選・編者をされている「ショート・ショートの広場」という本がでています。こちらは投稿作品集なのですが、一作一作に星新一さんがコメントをされています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星新一さんの全ショートショートを読みたいのですが。

星新一さんの全ショートショート作品を
通勤電車の中で少しずつ読みたいと思ってます。
全話が入っているのをとさがしてたところ
「ショートショート1001」というのを見つけたのですが、
3冊にしか別れてないので持ち運ぶにはかなり重そうです。
この本は1冊あたりどれ位の重さがあるのでしょうか?
全作品が入っているのはこの本しかないのでしょうか?
電子出版だともっとありがたいのですが・・・。

Aベストアンサー

http://www.paburi.com/paburi/bin/qfind2.asp?keyword=%90%AF%81%40%90V%88%EA&genre=0&searchtype=author&order=2

上記は電子出版で著者検索してみたものです。

星さんは、ショートショート1001編を達成後もショートショートを書き続け、計1048編になるそうです。その内の1042編が文庫に収録されているとの事。
全作品(といっても文庫未収録の6編は難しい)を読むなら、文庫39冊揃えた方が良いかもしれません。通勤にも邪魔にならないし。

私は33年前に「ボッコちゃん」に出会い、ショートショートの(というか星新一さんの)魅力に取り付かれ、既刊の文庫を買い漁り、その後は新刊が出る度に買っていたので、亡くなるまでの全作品を読む事ができました。
まだ、全ての文庫も持っています。
久しぶりに再読してみようかな。

http://www.hoshishinichi.com/
星さんの公式サイトです。文庫を探す参考になるかも。

Q星新一が大好きな小2の息子・・・似たような感じの本を探しています

小1の時から星新一のショートショートやちょっと長めのショートショートを読み、はまっています。

色々な作者の本を図書館から借りてくるのですが、他の作者の本にはあまり興味を持ちません。

星新一のショートショートシリーズ本は全て読みつくしてしまいました。
このようは感じのジャンルの本を探しています。

ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

星新一氏が意識していた作家として、フレドリック・ブラウン、ウィリアム・テンなどがいます。

ブラウンはいまでも早川文庫や創元文庫で入手可能かと思います。SF意外にミステリーも書いてますからご注意を
ウィリアム・テンの方は入手困難みたいですね。

Q星新一さんのショートショート

星新一さんのショートショートで「我は神なり」がオチになっている作品が掲載されている書籍名を教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
#3の方のいわれている通り、「ちぐはぐな部品」の中の「神」という作品でした。

「我は神なり」という台詞は確認しましたがありませんでした。でも補足で書かれた内容と一致しますね。

Q星新一さんが言った 「男らしいとは女性的なことだ。」 というのはどういう意味ですか

作家の星新一さんが、自分のエッセイで、「男らしいというのは、とても女性的なことだ。」と言っていたそうですが、それはどういう意味でしょうか?
それは何の本に書いてあるのでしょうか。

Aベストアンサー

エッセイ集『きまぐれ暦』の新潮文庫版179ページにあります。
大意は、「『男が立たぬ』『男の花道』など『男の…』というのは、体裁・虚栄・ムードなど、女性的なものだ」ということです。
星新一一流の諧謔でしょう。
まあ、いまだったら女性に叱られそうなエッセイですが、
なにしろ昭和50年の本ですから。32年前か…。

4行の文章なので、全文引用するのは簡単ですが、それもなんだし。
それにこれはぜひ原文で読んでほしいです。
たった4行でも、文章の妙味が込められています。

これに限らず、『きまぐれ博物誌』『進化した猿たち』など、
星新一のエッセイはとてもいい。
いまではほとんど絶版のようですが、古本で探せばまだあると思います。

Q星新一のショートショートタイトル名

星新一のショートショートタイトル名が思い出せません。
内容は
ある博士が自信がない人のためにある機械を作ります。
その機械は自分が平均値以上であるかどうかを判別してくれます。
博士自身はその機械にかかったことはありません。
自分に自信がなかったのです。
機械のおかげで自信にあふれた人で満ちあふれました。
そのおかげで平均値がずいぶん下がりました
そこで博士は自分もようやくその機械にかかろうと決心します。
そこで博士が見た物とは・・・?

と落ちがついて終わります。
星新一先生のショートショートは冊数が多すぎでとても調べきれませんので、どなたかタイトルと収録本を知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、
「宇宙のあいさつ」の中の「治療」のようですよ。

いろんな紹介ページも見てみたので多分あってると思います。
調べているうちにオチが知りたくなりました(^^;)

参考URL:http://okwave.jp/qa1952452.html

Q星新一さんの作品で・・・

星新一さんのショートショートで、探している作品があるのですが、
題名等を忘れてしまい困っています。
内容は、近未来の世界(彼の作品ってほとんどそうですが)で、
ふれてはならないタブー、言ってはいけない言葉というのがあり、
本などのすべての記録からもその言葉は抹消されていて・・・
というものです。禁句は「戦争」だったと思います。
作品のタイトル、収録されている本(できれば新潮文庫)を
ご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

妻が星新一フリークなのですが、あまりにも冊数が多いのと今手元にないのとで、あいにく確信はありません。たぶんこれだと思うのですが・・・。

 「制服」か、
 「白い制服」か、
 「白い制服の男」

ではないでしょうか。そのまま文庫のタイトルにもなっているはずです。戦争に関する情報や記憶を抹消するために働く男の話で、彼の白い制服がそういった仕事に従事していることの象徴であり、誇りの印、ということでそのタイトルがついたように覚えています。

いかがでしょうか。御参考になれば幸いです。

Q星新一さんのショートショート

星新一さんのショートショートで、凄く昔に読んで面白かったモノがあり、
また読みたいと思うのですが、その話のタイトルと収録している本を知ってる方
がおりましたら是非教えてください!!!

内容は・・・
ある架空の星での出来事で、ミツバチがストーリーに絡んでいて(なんか働いていたような・・・)
最後に、やはり大どんでん返しがある
っていう感じのショートショートだったと思います。

非常に断片的で不確かな記憶ですが、気になって夜も眠れません(笑)。
これじゃないの?っていうのを思いついた方、是非宜しくお願いします!!!!

Aベストアンサー

「繁栄の花」も蜂っぽいのが出てきましたよね。
ミツバチではないですけど;;
収録されている本のタイトルは忘れました、ごめんなさい;;

Q星新一さんの「バッタとコオロギ」

 星新一さんの、「バッタとコオロギ」という、子供たちが虫取りをするお話のショートショートを読んだのですが、結局何を伝えたかったのか、あまり良く理解できませんでした。
 
 子供のころの甘酸っぱい思い出ということなんでしょうか?でもそうなるとこの語り手は誰??と、考えれば考えるほどわからなくなってしまいました。
 
 以前に読んだ事があったり、このお話をご存知の方、いらっしゃいましたらどうかアドバイスをください。

Aベストアンサー

亡くなるまでの全作品を読んだと自負していますが、ちょっと記憶にありません。
なんと言うタイトルの書籍に収録されているのかを教えて頂けますか?

Q星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが

星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが30年前ぐらいの作品でネットも本も見つかりません。

ストーリーは
ある会社の社長のところに車のセールスマンが来ます。高性能な車なので社長も買う気になりますが、ひとつだけ高性能とは言えない所があって社長が文句を言うのですがセールスマンの一言で・・・

というものです。登場人物、落ちなど星さんぽいのですが見つかりません。もう一度読みたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問を見て「あ~~それ、時速何キロのヤツだ!」とピンときたのですが・・・。

>ひとつだけ高性能とは言えない所
それって、「スピードが遅い」ってことじゃないですか?
もしもそうなら、妄想銀行の中の「小さな世界」です。

とっても快適な車だからこそ、購入者はみな時速15キロくらいで走ってますよ とセールスマンに言われて、アール氏は購入を決意します。

Q星新一の「ノックの音が」

星新一のショートショートで探しているものがあります。確か「ノックの音がした」で始まったと記憶しているのですが,「ノックの音が」には収録されていませんでした。全体的にホラー・ミステリータッチで進んでいくのですが,最後の落ちは「入っています」(だったと思う)という言葉で,トイレだったというもの。
小学校の国語で,先生がプリントで配って授業されたのですが,もう一度読みたいと思って探しているものの,いまだ見つかりません。
ひょっとすると,星新一を真似た別の作家かもしれません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

出だしは「ノックの音がした。」で大正解です。
タイトルは、「夜の音」。
「はいっていますよ。」でノックが鳴りやむ話ですよね。
星新一さんの子ども向けに収録された『へんな怪獣』(理論社)の中にあります。
大人向けだと『ちぐはぐな部品』の中かしら?
星新一さんの作品等については、下記のサイトがなかなか見応えがありますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報