愛知県で木質系の家を建てたいと思っています。家族に暑がりがいます。よろしくお願いします。

共働きなので、家が昼の間に温室のように熱をため込んでしまう恐れがあります。
そこで夏の暑さ対策として、(1)風の通り道を作る(2)屋根断熱をしっかりする(3)壁内通気、棟換気、基礎パッキン等で構造体内の通気をよくする(4)庇を長く出す(5)調湿性のある建材を使う(6)西の開口部を減らす、などを考えました。さらに、SC、WB、エアサイクル、エアパスなどの躯体内通気をする工法にも魅力を感じています。

HMに聞くと、「高気密だからエアコンが良く効き大丈夫です」と言い、実際にそのHMで新築した友人に聞くと、「2階は暑いよ」と言います。しかし、できれば2階も暑くなく、クーラーにも頼りすぎずに涼をとりたいです。また、我が家の条件だとこれらのHMでは、昼間に躯体自身がかなりの熱をため込んでしまうことが想像できます。

昼間換気できなくても温度が上昇し過ぎない家というのは難しいのでしょうか?「涼しい」とはいかなくても、「暑くない」家を建てられた方がいらっしゃったら、ポイントを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

素人の一意見です。



夏の暑さに対応するには

・軒の出を多くする
・庇を付ける
・ペアガラス(Low-Eペアガラスのほうが高性能)
・棟換気(小屋裏の熱を速やかに排出する・湿度の軽減)
・屋根断熱の場合(輻射熱による小屋裏空間の温度上昇を抑える)
・天井断熱の場合(コストは安いがグラスウールで300mmくらいは必要)
・壁の断熱(壁からの熱損失の割合が大きい)
・断熱性能を発揮する為には高気密がかかせません。
・風の通りを考えた間取り

などが家への熱対策でしょうか
後は住まい手のほうですが

・昼間、南の風を入れない(北から風を入れて南に抜く)
・西日を入れない(日が沈んでからの室温が下がらない)
・日が沈んでからは窓を開け風をいれる(エアコン使用時は必要ない)
などでしょうか。

最近の殆どの家は最低基準の断熱しか施工されていませんし
その施工方法がいい加減な為、本来の性能が発揮されていないのが事実です。
高断熱高気密とうたっている住宅もそのような傾向にあります。
そして、高断熱高気密になったことで熱の流入も抑えられるようになりましたが
逆にこもった熱が排出されなくなったのです。
その結果夜になっても部屋が暑いのです。
よって、日が落ちてから窓を開け風を入れることによって温度が下がります。

我が家では暑くなりそうな日の昼間、2階の1個のエアコンを28度~29度に設定し
タイマーで自動に付くようにしています。
冷えた空気は下がる性質がある為1個のエアコンで
1階まで暑くない空間が作れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験に基づいたアドバイスありがとうございます。ちょうど、高気密高断熱の家は、冬は高い効果が得られるけど、夏はどうなんだろう??って疑問に思っていたところでした。やはり、1度暖めてしまうと冷めにくいのですね。タイマー利用とはいいアイディアですね。高・高で建てる時は参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 07:46

私の今住んでる家は1~6まで最悪です^^;


それで1の部分を強制的にしました
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1492735

なかなかの効果でした
家自体が蓄熱すると夜も暑さが続きます
幹線道路沿いでしたら窓も開けられませんしね

高高で通気塔をお奨めしますよ
ダンパー式でしたら夏だけ開けるといった具合です
初期投資が必要ですが

この回答への補足

以前、上記質問を興味深く読んだことがあります。強く影響を受け、小屋裏換気か棟換気ができないか探っています。棟換気は、虫でふさがったり、雨の進入をいかに防げるかが難しいようです。場所が場所だけに、通風を確保すると雨の進入も許してしまうと聞きました。小屋裏換気の方が有効のようです。しっかりHMなり、工務店と相談したいと思います。

補足日時:2005/08/30 18:54
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失敗の後の成功談は説得力がありますね。高・高で建物上部に何か通気する手立てを講じるのが、我が家の実態に即している気がしてきました。
皆さんのアドバイスのおかげでだんだん的が絞れてきました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 19:10

 木造の高気密高断熱住宅に住んでいます。


 真夏の暑いときでも、エアコンをつけていない場合、帰宅時に1階は30度、2回は32度位ですから、それほど暑くはありません。ただ、涼しくは感じないですね。
 外出時に、除湿のみですが、2階のエアコンを1台つけておくと帰宅時に結構涼しく感じます。室温はそのときは1階が28度、2階が30度くらいですね。

 私のところでは、諸般の事情により窓はほとんど開けませんので、エアコンには頼らざるを得ません。ただ、除湿のみで比較的快適に過ごせます。
 
 暑さというのは、気温だけの問題ではなく、湿度も大きく関係します。
 真っ暗でないと眠れず、エアコンの音はうるさいという家族もおりますので、最初の頃は、雨戸は閉めて、エアコンで室温を26度くらいにした後、エアコンを切って寝ていましたが、1時間くらいすると耐えられないほど蒸し暑くなってしまいました。その時の室温は28度、湿度80%程度でした。高気密ですから、人間がいるだけで湿度があっという間に上がるのですね。
 最近では、別の部屋のエアコンをつけたままで寝室の扉は開けて寝ています。

 結論ですが、高気密高断熱住宅の場合、エアコンと上手に付き合えば、夏は非常に快適です。

 なるべくエアコンを使用したくないのであれば、窓はできるだけ大きくとり、風向きにあわせ、家中に空気の通り道ができるように四方に窓を配置するようにすると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

窓を開けないで快適に過ごしていらっしゃり、大変参考になりました。我が建設予定地も幹線道路が近いため、騒音、排気ガス、砂埃等で、実際に窓を開けるのはいつなのかと、心配しています。そう考えると、やはり、高・高の家が適当なのかもしれません。夏場のことを考えて、中気密・高断熱ぐらいにしようかなと考えていました。しかし、回答者様は高・高で暑くないご様子ですので、参考になります。アドバイスのように、人間自体が36度の発熱体なので、やはり、クーラーは欠かせないのですよね。となると、高・高ですよね。

お礼日時:2005/08/30 08:50

下の方も書いておられますが、


Low-Eのペヤガラスは暑くならないためにはよくききます。特に西日の遮断には効果があります。
お勧めです。

軒を深くするのもよいですよ。
やはり戸外はできるだけ緑を敷いて、木を植えるのも暑さ対策にはよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Low-Eお勧めとのことなので、どんな性能の家にしろ、是非つけたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 08:35

京都市でソーラーサーキットの家に今年から住んで初めての夏を迎えてます。



2階はクーラー1台扇風機2台、1階はコロナの冷風機1台と扇風機
夜は2階で窓開けて風を通して寝てます。
前の家(同じ京都市)はクーラーかけなきゃ寝れずタイマー止まる度に目覚めて追加してましたが今年の夏はクーラーかけたのは2回だけです。
息子は2階の部屋のロフトで窓開け扇風機で寝てます
断熱効果のある家だと思います。

家の能力もありますが山・森が近い(150mくらい)とゆうのもポイントだと思います風の温度が低いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

京都で今年クーラー2回だけというのはすごいですね!!2階のロフトは暑くて寝れたものではないとも聞きますが。SCや他の外断熱2重通気ものは、効果がありそうなものの、初期投資が高いイメージもあります。しかし、夏に安眠できるだけでも、余裕ができますよね。SC以外にもいろいろな名前のものがありますので、もう少し調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 08:31

外気温でも暑いと感じるのなら、エアコン抜きに実現は難しいでしょうし、夜風がどの程度期待できるか、あるいは夜風がないような時でも我慢できるか、といったことも考える必要があるでしょう。



(1)風の通り道を作る
基本的に全ての部屋に風が「通る」ように窓を2カ所以上必要です。また、家の間取りや窓の配置は、周囲の家等で風がどう通るかも関係しますので、注意してください。これは現地で確認する必要がありますね。2階のできるだけ高い位置(あるいは天窓、ただし北側に)に熱気抜きのための窓を設けるという手もあります。外出時に雨が降っても雨が内部に入らないものにする必要があります。

(2)屋根断熱をしっかりする
壁の断熱も必要でしょう。断熱の問題は、外が家より暑い(寒い)ような場合は良いのですが、温度差が逆になった場合に困ります。拙宅は外断熱、高機密ですが、夏の午前は良くても、午後には暑くなり、ほうっておくと夜中まで暑いままです。こうなるとエアコンを入れてもなかなか冷えないので、結局、午後になると入れるようにしています。

(3))壁内通気、棟換気、基礎パッキン等
これらはどちらかと言うと室内の温度管理というより家を長持ちさせるためのものではないでしょうか。

(4)(6) はその通りなので省略します。

(5)調湿性のある建材を使う
拙宅では内壁の大半を珪藻土にしたせいか、外よりも中の湿度が低いです。が、これがかえって夏の悩みとなっています。家の中の湿度は明らかに外より低いのですが、内部にこもった熱を外に出そうとすると、湿度の高い空気を入れなければなりません。

新築して2年たってから、悟ったことは、断熱をしっかりさせて外からの熱(冷気)を遮断して、かつ、家の内部に大容量の蓄冷(蓄熱)するものを設置して、内部の温度変化を減らす、というのが最適だということです。しかしながら、コンクリでなく、木造となると蓄熱するのに適当なものがなく、実現が難しくなります。

ここからは推測になりますが、内部に大量の漆喰(のようなもの)を用いれば、調湿と調温がある程度実現できると思います。もちろん、夜風が心地よい環境でしたら、窓を多く取る方がいいでしょう。しかし、今度は防犯面で心配が残ってしまいます。

そうそう、もう一点。外と温度が同じでも家の中は風がない(弱い)分、確実に暑いです。シーリングファンや扇風機等を上手に利用することも考える必要があるでしょう。風が全くない夜もあると思いますし。

最後に一番大切なことを。工法も大事ですが、施行が悪ければ工法云々は意味がありません。しっかりしたHMを自分の目で選びましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。室内の温度を上げないことが重要なのですね。あと、調湿素材の難点、私も気づいたことがあります。風を取り入れようとしたら、むわっとした空気がどっと入って来ました。自然素材は確かにいいですが、住み手のコントロールが大切なのでしょうか。参考にします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 08:22

目的を絞った方が良さそうですね。


関連する情報をピックアップした段階から、自分の望む空間を作るための具体的な方針を選び取る作業が必要ですね。

先ず、市街地は外気が暑いので、冷房をしない部屋で体感温度を下げる工夫として通風という事は有効ですが、留守の家で、防犯や雨水の浸入を防ぎながら、通風を確保するのは結構大変です。もちろん冬場のすきま風等も防ぎたいなら。

夕方帰宅し、素早く室温を下げたいのなら、高気密高断熱で、屋根の断熱を多めに入れることと、屋根材と断熱材の間に通風層を設けることで、それなりに効果はあります。

庇を出すことは効果的ですね。

調湿性のある建材は、一時的にどこかのメーカーが稼いでいるだけで、特に意味はないと思います。

西側の開口部を減らすことは、冬場の日照も減りますね。植物等で日差しだけを遮ることはできませんか?

躯体内通気の工法をあげていますが、効果があればどれでも結果は同じです。

高気密高断熱と風通しのいい家は矛盾しています。
屋根面以外の断熱はそこそこで、結露の心配がなく、風通しがいい家というものではいかがでしょう?
愛知県でエアコンが隙でないなら高気密高断熱にする必要はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確な回答をありがとうございます。高・高と風通しのいい家の矛盾を私も感じていて、どちらかを取れば夏、どちらかをとれば冬が住みにくくなってしまいそうです。愛知でOMのような冬の装備は、ちょっともったいない気がします(特に夏)。愛知あたりでは、夏のことをしっかり考えておくと、負荷が少なくてすみそうですが、冬の装備は多く出ているものの、夏のための装備は意外と少ない気がしております。

お礼日時:2005/08/30 07:56

 お考えの6項目とそのほかの仕様、たしかに効果があるでしょうし、機能面でとてもすごい豪華仕様ですね。



 ことに5番の調湿性のある建材という点、自然素材としての木材を使うと、まさに調湿機能からあきらかに涼しくさわやかに感じますし、寒い冬には暖かく感じます。
 ある実験では、密閉した部屋の中で15分間加湿した結果、四面の壁全部がビニールクロスの場合の室内湿度は94%だったものが、木質の場合は56%とかなりさわやかになり、しかも、二面をビニールクロス、残る二面を木質とた場合でも62%となるなど、自然素材の吸湿度の高さは群を抜いています。
 同じ気温でも湿度が低ければさわやかですから、これはお勧めできます。

 しかし、これ以上の効果を求めるなら、木質では限界に近いと思います。断熱性が高いと言われる発泡コンクリート造りの家屋でも夏場に密閉していた二階はけっこう温度が上がっていますから。あとは常時通気孔などがあれば違ってはくるでしょうが。。。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

データに基づいたアドバイスありがとうございます。確かに同じ家でも畳の部屋はさらりとしていて体感的に涼しいです。木などの自然素材って本当にすごいですよね。参考にします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 07:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家の解体費用

家が火事になってしまい、全焼ではありませんがかなりひどい状態で解体しようと思っています。延べ床面積58坪で軽量鉄骨の建物です。解体費用と工事日数を教えてください。それと解体をする場合、焼けたり不要な荷物やごみはそのままにしておいてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

寒さ厳しき折大変な状況かとお察し致します。我が家も今から5年前に同じ状況でした。私が1週間入院していたのですが、ほぼ全焼でしたので、知り合いの建築屋さんにお願いして退院してから1週間のちに解体しました。もし、火災保険に加入してれば解体費用も出るはずです。全額まではいかないですが業者の見積書を出せばある程度は通ります。また、解体の仕方・方法また道路に面してるなら道路を一時止めたりする許可などの手続きも必要になります。そのあたりは業者の方とよく相談して近隣の方々も迷惑なども考慮しないといけませんね。とにかく頑張ってください。

Q外壁通気工法と壁内(内部)結露の関係を教えてください。

外壁通気工法と壁内(内部)結露の関係を教えてください。
新築のため工務店と話を進めているのですが、そこは外壁通気工法を採用しています。壁内結露を防止するためだそうです。外壁材下側の水切り部から空気を入れて、断熱材と外壁の間に設けたすきまを通し、更に屋根裏から通気口に抜けます。これにより壁内結露が防げるとのことでした。
そんなものかと一度は納得したのですが、書籍やインターネットを見ていると「外壁上下(1階壁と、床下や天井や2階との間など)は気流止めすることで内部結露を防ぐ」との意見がありました。これって、外壁通気工法とは逆のことを言っているように思えます。
どっちが正しいのか私には解らなくなってしまいました。そもそも、外壁通気工法で内部結露は防げるのかなど、どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんの回答の通りです。
単に”外壁 ”と云っても その構造は 通気工法の場合 外側からサイディング等の外壁材 通気層 透湿シート 断熱材+外壁構造下地迄を含み あとは・・内装材下地 となるのが普通です。

>外壁上下(1階壁と、床下や天井や2階との間など)は気流止めすることで内部結露を防ぐ・・・
これは 断熱材層での 気流止め の事ですので 通気層には 気流を阻害する物は設置しません。

参考URLに 通気工法の説明が解りやすく出てますので 見て下さい。

断熱材の気流止め作業の実際は
http://www.youtube.com/watch?v=5TPtMqJKYIk
で動画が 見られます。

施工する箇所が 違いますので ・・・・ 工務店さんから詳しく説明を聞いて下さい。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/zairyo-kouji/A04-01.htm

Q解体に伴う隣の家の壁の補修費用

今回土地の売買に伴い自宅を解体することにしました。
今回解体する自宅と隣の家は数センチしか離れていません。
解体途中で隣接する隣の家の壁が土壁であることが分かりました。
隣の家より自宅の方が建築が早かったので、隣の家もまさか
自宅が取り壊すことになることまで考えておらず、土壁のまま
にしてあるのだと思います。
そこで分からないのが土壁のままではまずいのでトタンでも貼って
補修しないといけないと思うのですが、この場合
費用負担は一般的にどのようになるのでしょうか。
ちなみに民法で50cmは離すというのがありますが、隣とは関係は良く
今後も近所に住むため関係は壊したくはありません。
本来話し合いなのかもしれませんが一般的にどうなるか知りたいと思っております。

Aベストアンサー

元業者営業です

私はなんの利害関係もありませんので、あくまで「同様の相談を受けた業者目線」で回答します。

結論から申し上げますと#1さんと#3さんの回答が妥当かとおもいます。

つまり
1.お隣が土壁であろうとなかろうと、解体作業中の事故は業者責任。
  まともな業者ならそんなことは百も承知。かれらはそれでご飯を食べている「プロ」ですから。
2.「民法でうんたらかんたら」という話もありますが、本来民法とは「もめごとが起きてどうにもこうにも収集がつかない」場合により適用される法律です。つまり、「もめごとが起きない限り」何の手助けにもなりません。そして、その民法を適用できるかそうでないかの最終判断は裁判所(訴訟)で「白黒つける」事になります。それでもいいですか?

そもそも「境界線から50cm離して」と主張するなら、なんでお隣が建てた時(もしくは建てようとした時)に言わなかったのでしょうか?
勿論「知らなかった」という主張は通りません。
むしろ、お隣にとっては「何で今更?」となるでしょう。

故に今回のケースでお隣に「金銭的負担」を要求するのはどうかとおもいますよ。
勿論、言うのは自由ですが、今後の関係を考えると得策とは言えないのでは?

ご熟考を。

元業者営業です

私はなんの利害関係もありませんので、あくまで「同様の相談を受けた業者目線」で回答します。

結論から申し上げますと#1さんと#3さんの回答が妥当かとおもいます。

つまり
1.お隣が土壁であろうとなかろうと、解体作業中の事故は業者責任。
  まともな業者ならそんなことは百も承知。かれらはそれでご飯を食べている「プロ」ですから。
2.「民法でうんたらかんたら」という話もありますが、本来民法とは「もめごとが起きてどうにもこうにも収集がつかない」場合により適用...続きを読む

Q棟換気と外壁通気工法に詳しい方教えて下さい

棟換気と外壁通気工法に詳しい方教えて下さい

添付画像のように在来工法。切妻屋根(棟換気有り)で建築中です。
東西が軒裏換気(吸気専用)で、南北妻面には換気材は取り付けない予定でした。
特に夏の小屋裏温度上昇対策で、棟換気棟を余裕を持って必要量の4倍取り付けました。
※(天井面積×1/1600)の約4倍です

吸気用に東西の軒裏に換気口を設けるはずだったのですが、いざ建築がはじまると
西側は隣家の境界線ギリギリで、軒の出幅が極端に短く、有孔軽カルボードはもちろん
細長い換気材すら付けられない事になり、ショックを受けました。
東側のみ有孔軽カルボードとなり、これでも天井面積×1/900以上は確保してると
思いますが、結局片流れ屋根の換気方法になってしまい、約束通り施工できず
不満が残りました。こんな事、設計の段階でわかってたはずですが、業者はいざ
「建築してみないとわからなかった」というのです。

■今回は添付画像のように通気工法なので、西側に換気口が取り付けられなくても
 通気層が西側の換気材の役割を果たせませんか?
■この通気層の目的は、壁内の湿気を逃がす為ですよね?
■夏の温まった壁の空気を外に逃がす効果は期待できますか?

棟換気と外壁通気工法に詳しい方教えて下さい

添付画像のように在来工法。切妻屋根(棟換気有り)で建築中です。
東西が軒裏換気(吸気専用)で、南北妻面には換気材は取り付けない予定でした。
特に夏の小屋裏温度上昇対策で、棟換気棟を余裕を持って必要量の4倍取り付けました。
※(天井面積×1/1600)の約4倍です

吸気用に東西の軒裏に換気口を設けるはずだったのですが、いざ建築がはじまると
西側は隣家の境界線ギリギリで、軒の出幅が極端に短く、有孔軽カルボードはもちろん
細長い換気材すら付けられない事...続きを読む

Aベストアンサー

軒が少しでもあるようですね。ならこれ43ミリです。入りませんか。

参考URL:http://www.joto.com/nokiten/nokiten.php?171

Q家の解体費用と準防火建築物について

親戚が家を建て直すことになりました。
旧家の解体費用は坪単価で出すのでしょうか?
そうだとしたら、相場はどれくらいなのでしょうか?

そして、ここは準防火地域になるので、窓や外壁等をその仕様にしなければならないそうです。
その追加料金が業者によってまちまちなのですが(数十万~百万)
実際はどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

えー廃棄物の処理費用は年々増加傾向にあります
坪2~4万とか聞きますが・・
ただ、工務店経由で安くなる場合と高くなる場合もありますので
独自に解体の見積もりをとって損は無いと思います

ただ古い木造家屋ですと古材など多少売れるかもしれません
お調べされては如何でしょう?
またアスベスト等が発見される別に費用が発生します。。

準防火地域での追加料金の妥当性云々

ハウスメーカーさんの標準仕様で、
ある程度防火性能がある外壁・屋根などを使っていると
開口部などの差額で済むのかも知れません。
それですと数十万の増
標準仕様でそういう物が見込んでない場合・・
数百万の増
という事だと推察できます。
なので一概には言えません
総工費で比較されるのが妥当かと思います。

Q壁体内換気!

こんにちは。
最近、心配事が有ります。この前新築したものですが、壁体内換気!ってよく聞くのですが、あの穴(通気穴)(上・下)から虫とか入ってこないものなのでしょうか?もし入って来たら壁の中は虫だらけ?になることは無いのでしょうか?ふと考えてしまって、質問させていただきました。実は、我家も壁体内換気です。

Aベストアンサー

通気工法の主な換気口は、

・基礎の上端、土台の付近、外壁仕上の下端
・軒出の下面
・屋根の一番上、棟

の三箇所です。この部分にはいろいろな既成品があります。
通気を確保しつつ、細かい網、孔、スリットなどで虫の侵入を防止します。

虫は明るいところへいく種類が多いですが、コウモリは暗く狭い部分が大好きなんですね。
こんなところに入れるのという狭い隙間に入って寝ることがあります。
コウモリは悪いことはしないので、もし見ても寝させてあげてください。

Q家の解体についてです。 費用を押さえる為に、自分で出来る事はしたいと思っています。 道路に面した位置

家の解体についてです。

費用を押さえる為に、自分で出来る事はしたいと思っています。

道路に面した位置に、幅3m、高さ1.
5m、厚さ0.15mの御影石の垪があります。
これを壊せば、重機が入る事ができ、見積りを安くできるでしょうか?

土地12坪、建坪14坪、木造2階建ての小さい家です。
隣とは、一面だけ、近い所があります。

Aベストアンサー

塀を壊し、
建物の室内に不要な物は一切おかない。

室内のドア、壁、分別、窓サッシ、ガラスを外しバラしておく。

建物の金物は全て分別し、庭に綺麗に分別綺麗においておく、

キッチン、トイレ、蛇口、配管、電線、など全て綺麗に撤去し分別 

ここまで出いるなら間違いなく

見積は安くなる可能があります。

Q【建設建築】陸屋根の換気について質問です。 切妻や寄棟には屋根に換気が付いていて屋根裏の換気が出来て

【建設建築】陸屋根の換気について質問です。

切妻や寄棟には屋根に換気が付いていて屋根裏の換気が出来ているのが分かりますが、陸屋根はどうやって換気しているのでしょうか?

ヘリにあるパラペットは外壁換気ですよね?

陸屋根の屋根裏の換気はどうやっているのか教えてください。

Aベストアンサー

換気パイプ使う。
でも木造なら完全陸屋根はあまりないと思います。
片流れ屋根なら水下側に軒天換気取ります。
場合によっては水上側に換気棟の片流れ用を設置。

Q解体に伴う両隣の家の壁の補修費用

住み替えの予定があり家を解体しようと思います。お隣りの家とは完全に壁がくっついている状態で、雨トイも一部共有するような形になっています。また、反対側には会社があり、その会社の倉庫の壁とも完全にくっついています。(こちらの方はお隣りが後から断りなしに建てたのだと聞いています。もう40年以上も前の事なので当事者も亡くなっていて、実際はよく分かりませんが…)
このような場合、解体に伴う壁等の補修費はどちらがもつものなのでしょうか。
ちなみにどちらのお隣りさんとも挨拶程度するくらいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あなたの一方的な理由で解体を行うのであれば、
解体によって隣に発生する損失はすべて補償しなければなりません。

解体によって隣が自立しなくなるのなら、補強も必要です。
戸境壁が外壁になるのなら、外壁材を貼らなければなりません。
屋根を切り取るのなら、切り取ったあと始末を、雨漏りの無いように
仕上げなければなりません。

ただし、見栄えが悪いなど実生活に直接被害が及ばないことは
何もする必要はありません。

悪意の隣人なら、ぼったくられるかも知れません。
建築業者とよく相談してからかかってください。

Q壁体内換気

壁体内換気という壁の中に換気のための通気層を用いるものがあるそうですが、これは基本的には壁には設けなくてはならないものなのでしょうか?
また、この際には断熱効果は損なわれないのでしょうか?

Aベストアンサー

最近では建売でも標準的に通気層を壁の中に設けていますね。
端的に言えば壁内を乾燥させるために通気層を設けます。建物の寿命を延ばすための工法です。
又、断熱は断熱層がしっかり配慮されていれば問題ありません。
下記サイトが非常に詳しく説明されていますので、御参照下さい。

参考URL:http://www.ads-network.co.jp/taikyusei/taikyusei-08.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報