愛知県で木質系の家を建てたいと思っています。家族に暑がりがいます。よろしくお願いします。

共働きなので、家が昼の間に温室のように熱をため込んでしまう恐れがあります。
そこで夏の暑さ対策として、(1)風の通り道を作る(2)屋根断熱をしっかりする(3)壁内通気、棟換気、基礎パッキン等で構造体内の通気をよくする(4)庇を長く出す(5)調湿性のある建材を使う(6)西の開口部を減らす、などを考えました。さらに、SC、WB、エアサイクル、エアパスなどの躯体内通気をする工法にも魅力を感じています。

HMに聞くと、「高気密だからエアコンが良く効き大丈夫です」と言い、実際にそのHMで新築した友人に聞くと、「2階は暑いよ」と言います。しかし、できれば2階も暑くなく、クーラーにも頼りすぎずに涼をとりたいです。また、我が家の条件だとこれらのHMでは、昼間に躯体自身がかなりの熱をため込んでしまうことが想像できます。

昼間換気できなくても温度が上昇し過ぎない家というのは難しいのでしょうか?「涼しい」とはいかなくても、「暑くない」家を建てられた方がいらっしゃったら、ポイントを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

素人の一意見です。



夏の暑さに対応するには

・軒の出を多くする
・庇を付ける
・ペアガラス(Low-Eペアガラスのほうが高性能)
・棟換気(小屋裏の熱を速やかに排出する・湿度の軽減)
・屋根断熱の場合(輻射熱による小屋裏空間の温度上昇を抑える)
・天井断熱の場合(コストは安いがグラスウールで300mmくらいは必要)
・壁の断熱(壁からの熱損失の割合が大きい)
・断熱性能を発揮する為には高気密がかかせません。
・風の通りを考えた間取り

などが家への熱対策でしょうか
後は住まい手のほうですが

・昼間、南の風を入れない(北から風を入れて南に抜く)
・西日を入れない(日が沈んでからの室温が下がらない)
・日が沈んでからは窓を開け風をいれる(エアコン使用時は必要ない)
などでしょうか。

最近の殆どの家は最低基準の断熱しか施工されていませんし
その施工方法がいい加減な為、本来の性能が発揮されていないのが事実です。
高断熱高気密とうたっている住宅もそのような傾向にあります。
そして、高断熱高気密になったことで熱の流入も抑えられるようになりましたが
逆にこもった熱が排出されなくなったのです。
その結果夜になっても部屋が暑いのです。
よって、日が落ちてから窓を開け風を入れることによって温度が下がります。

我が家では暑くなりそうな日の昼間、2階の1個のエアコンを28度~29度に設定し
タイマーで自動に付くようにしています。
冷えた空気は下がる性質がある為1個のエアコンで
1階まで暑くない空間が作れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験に基づいたアドバイスありがとうございます。ちょうど、高気密高断熱の家は、冬は高い効果が得られるけど、夏はどうなんだろう??って疑問に思っていたところでした。やはり、1度暖めてしまうと冷めにくいのですね。タイマー利用とはいいアイディアですね。高・高で建てる時は参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 07:46

私の今住んでる家は1~6まで最悪です^^;


それで1の部分を強制的にしました
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1492735

なかなかの効果でした
家自体が蓄熱すると夜も暑さが続きます
幹線道路沿いでしたら窓も開けられませんしね

高高で通気塔をお奨めしますよ
ダンパー式でしたら夏だけ開けるといった具合です
初期投資が必要ですが

この回答への補足

以前、上記質問を興味深く読んだことがあります。強く影響を受け、小屋裏換気か棟換気ができないか探っています。棟換気は、虫でふさがったり、雨の進入をいかに防げるかが難しいようです。場所が場所だけに、通風を確保すると雨の進入も許してしまうと聞きました。小屋裏換気の方が有効のようです。しっかりHMなり、工務店と相談したいと思います。

補足日時:2005/08/30 18:54
    • good
    • 1
この回答へのお礼

失敗の後の成功談は説得力がありますね。高・高で建物上部に何か通気する手立てを講じるのが、我が家の実態に即している気がしてきました。
皆さんのアドバイスのおかげでだんだん的が絞れてきました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 19:10

 木造の高気密高断熱住宅に住んでいます。


 真夏の暑いときでも、エアコンをつけていない場合、帰宅時に1階は30度、2回は32度位ですから、それほど暑くはありません。ただ、涼しくは感じないですね。
 外出時に、除湿のみですが、2階のエアコンを1台つけておくと帰宅時に結構涼しく感じます。室温はそのときは1階が28度、2階が30度くらいですね。

 私のところでは、諸般の事情により窓はほとんど開けませんので、エアコンには頼らざるを得ません。ただ、除湿のみで比較的快適に過ごせます。
 
 暑さというのは、気温だけの問題ではなく、湿度も大きく関係します。
 真っ暗でないと眠れず、エアコンの音はうるさいという家族もおりますので、最初の頃は、雨戸は閉めて、エアコンで室温を26度くらいにした後、エアコンを切って寝ていましたが、1時間くらいすると耐えられないほど蒸し暑くなってしまいました。その時の室温は28度、湿度80%程度でした。高気密ですから、人間がいるだけで湿度があっという間に上がるのですね。
 最近では、別の部屋のエアコンをつけたままで寝室の扉は開けて寝ています。

 結論ですが、高気密高断熱住宅の場合、エアコンと上手に付き合えば、夏は非常に快適です。

 なるべくエアコンを使用したくないのであれば、窓はできるだけ大きくとり、風向きにあわせ、家中に空気の通り道ができるように四方に窓を配置するようにすると良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

窓を開けないで快適に過ごしていらっしゃり、大変参考になりました。我が建設予定地も幹線道路が近いため、騒音、排気ガス、砂埃等で、実際に窓を開けるのはいつなのかと、心配しています。そう考えると、やはり、高・高の家が適当なのかもしれません。夏場のことを考えて、中気密・高断熱ぐらいにしようかなと考えていました。しかし、回答者様は高・高で暑くないご様子ですので、参考になります。アドバイスのように、人間自体が36度の発熱体なので、やはり、クーラーは欠かせないのですよね。となると、高・高ですよね。

お礼日時:2005/08/30 08:50

下の方も書いておられますが、


Low-Eのペヤガラスは暑くならないためにはよくききます。特に西日の遮断には効果があります。
お勧めです。

軒を深くするのもよいですよ。
やはり戸外はできるだけ緑を敷いて、木を植えるのも暑さ対策にはよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Low-Eお勧めとのことなので、どんな性能の家にしろ、是非つけたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 08:35

京都市でソーラーサーキットの家に今年から住んで初めての夏を迎えてます。



2階はクーラー1台扇風機2台、1階はコロナの冷風機1台と扇風機
夜は2階で窓開けて風を通して寝てます。
前の家(同じ京都市)はクーラーかけなきゃ寝れずタイマー止まる度に目覚めて追加してましたが今年の夏はクーラーかけたのは2回だけです。
息子は2階の部屋のロフトで窓開け扇風機で寝てます
断熱効果のある家だと思います。

家の能力もありますが山・森が近い(150mくらい)とゆうのもポイントだと思います風の温度が低いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

京都で今年クーラー2回だけというのはすごいですね!!2階のロフトは暑くて寝れたものではないとも聞きますが。SCや他の外断熱2重通気ものは、効果がありそうなものの、初期投資が高いイメージもあります。しかし、夏に安眠できるだけでも、余裕ができますよね。SC以外にもいろいろな名前のものがありますので、もう少し調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 08:31

外気温でも暑いと感じるのなら、エアコン抜きに実現は難しいでしょうし、夜風がどの程度期待できるか、あるいは夜風がないような時でも我慢できるか、といったことも考える必要があるでしょう。



(1)風の通り道を作る
基本的に全ての部屋に風が「通る」ように窓を2カ所以上必要です。また、家の間取りや窓の配置は、周囲の家等で風がどう通るかも関係しますので、注意してください。これは現地で確認する必要がありますね。2階のできるだけ高い位置(あるいは天窓、ただし北側に)に熱気抜きのための窓を設けるという手もあります。外出時に雨が降っても雨が内部に入らないものにする必要があります。

(2)屋根断熱をしっかりする
壁の断熱も必要でしょう。断熱の問題は、外が家より暑い(寒い)ような場合は良いのですが、温度差が逆になった場合に困ります。拙宅は外断熱、高機密ですが、夏の午前は良くても、午後には暑くなり、ほうっておくと夜中まで暑いままです。こうなるとエアコンを入れてもなかなか冷えないので、結局、午後になると入れるようにしています。

(3))壁内通気、棟換気、基礎パッキン等
これらはどちらかと言うと室内の温度管理というより家を長持ちさせるためのものではないでしょうか。

(4)(6) はその通りなので省略します。

(5)調湿性のある建材を使う
拙宅では内壁の大半を珪藻土にしたせいか、外よりも中の湿度が低いです。が、これがかえって夏の悩みとなっています。家の中の湿度は明らかに外より低いのですが、内部にこもった熱を外に出そうとすると、湿度の高い空気を入れなければなりません。

新築して2年たってから、悟ったことは、断熱をしっかりさせて外からの熱(冷気)を遮断して、かつ、家の内部に大容量の蓄冷(蓄熱)するものを設置して、内部の温度変化を減らす、というのが最適だということです。しかしながら、コンクリでなく、木造となると蓄熱するのに適当なものがなく、実現が難しくなります。

ここからは推測になりますが、内部に大量の漆喰(のようなもの)を用いれば、調湿と調温がある程度実現できると思います。もちろん、夜風が心地よい環境でしたら、窓を多く取る方がいいでしょう。しかし、今度は防犯面で心配が残ってしまいます。

そうそう、もう一点。外と温度が同じでも家の中は風がない(弱い)分、確実に暑いです。シーリングファンや扇風機等を上手に利用することも考える必要があるでしょう。風が全くない夜もあると思いますし。

最後に一番大切なことを。工法も大事ですが、施行が悪ければ工法云々は意味がありません。しっかりしたHMを自分の目で選びましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。室内の温度を上げないことが重要なのですね。あと、調湿素材の難点、私も気づいたことがあります。風を取り入れようとしたら、むわっとした空気がどっと入って来ました。自然素材は確かにいいですが、住み手のコントロールが大切なのでしょうか。参考にします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 08:22

目的を絞った方が良さそうですね。


関連する情報をピックアップした段階から、自分の望む空間を作るための具体的な方針を選び取る作業が必要ですね。

先ず、市街地は外気が暑いので、冷房をしない部屋で体感温度を下げる工夫として通風という事は有効ですが、留守の家で、防犯や雨水の浸入を防ぎながら、通風を確保するのは結構大変です。もちろん冬場のすきま風等も防ぎたいなら。

夕方帰宅し、素早く室温を下げたいのなら、高気密高断熱で、屋根の断熱を多めに入れることと、屋根材と断熱材の間に通風層を設けることで、それなりに効果はあります。

庇を出すことは効果的ですね。

調湿性のある建材は、一時的にどこかのメーカーが稼いでいるだけで、特に意味はないと思います。

西側の開口部を減らすことは、冬場の日照も減りますね。植物等で日差しだけを遮ることはできませんか?

躯体内通気の工法をあげていますが、効果があればどれでも結果は同じです。

高気密高断熱と風通しのいい家は矛盾しています。
屋根面以外の断熱はそこそこで、結露の心配がなく、風通しがいい家というものではいかがでしょう?
愛知県でエアコンが隙でないなら高気密高断熱にする必要はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確な回答をありがとうございます。高・高と風通しのいい家の矛盾を私も感じていて、どちらかを取れば夏、どちらかをとれば冬が住みにくくなってしまいそうです。愛知でOMのような冬の装備は、ちょっともったいない気がします(特に夏)。愛知あたりでは、夏のことをしっかり考えておくと、負荷が少なくてすみそうですが、冬の装備は多く出ているものの、夏のための装備は意外と少ない気がしております。

お礼日時:2005/08/30 07:56

 お考えの6項目とそのほかの仕様、たしかに効果があるでしょうし、機能面でとてもすごい豪華仕様ですね。



 ことに5番の調湿性のある建材という点、自然素材としての木材を使うと、まさに調湿機能からあきらかに涼しくさわやかに感じますし、寒い冬には暖かく感じます。
 ある実験では、密閉した部屋の中で15分間加湿した結果、四面の壁全部がビニールクロスの場合の室内湿度は94%だったものが、木質の場合は56%とかなりさわやかになり、しかも、二面をビニールクロス、残る二面を木質とた場合でも62%となるなど、自然素材の吸湿度の高さは群を抜いています。
 同じ気温でも湿度が低ければさわやかですから、これはお勧めできます。

 しかし、これ以上の効果を求めるなら、木質では限界に近いと思います。断熱性が高いと言われる発泡コンクリート造りの家屋でも夏場に密閉していた二階はけっこう温度が上がっていますから。あとは常時通気孔などがあれば違ってはくるでしょうが。。。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

データに基づいたアドバイスありがとうございます。確かに同じ家でも畳の部屋はさらりとしていて体感的に涼しいです。木などの自然素材って本当にすごいですよね。参考にします。ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/30 07:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高気密高断熱の家は暑いですね?夜!

冷房エアコンを使う生活をしていません。
高気密高断熱の戸建ては暑いですよね?この暑さは建物自体の温度ですよね?熱が残るのですよね。
とにかく夜は外が涼しいです。(特に二階は)朝まで暑いですよね。そういう方いますか?
家の内側からで可能な対策なり解消法があれば実践されている方に教えて欲しいです。夏の夜の暑さは諦めていますか?
たぶん日本政府も高気密高断熱のスタイルを普及させる方針ですよね?馬鹿ですよね?エコに矛盾するという。エアコン使えって事ですか、エコ政府なのに。なんなんですかね、この理念で暴走する日本の産業の愚かしさは。

話の通じる方にご教授のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

約3年前に高気密高断熱住宅に建替えました。

確かに夏場は質問者さんの言う通りだと思います。
しかし住宅を設計する際には、窓やドアなどを夏場の風の通りを良く考えた配置にすると思います。

我が家は完全自由設計だったため、設計屋さんに色々とアドバイスを受けながら自分達で配置を考えて設計しました。
9LDKと家が大きく、特に一階は広いLDKと隣室の洋間は4面吊り戸を常に開けているので更に広く、人がいる時はほとんどの戸は開けっ放しだし、玄関ドアと全ての窓は網戸にしてるので風通しは最高です。
逆に朝から窓を閉め切って全員外出し、夕方に帰宅しても家の広さと24時間換気のおかげで蒸し風呂状態にはなりません。

ただし二階は6部屋もあり、年頃の子供達の部屋なので入口のドアは開けっ放しにはできないので、二階トイレの窓を網戸にして入口ドアを開けっぱなしで廊下の窓も網戸にしてても廊下は結構暑いです。
二階の廊下にはトイレ前が吹き抜けのホールになっており、更には天窓があるため熱気はなかなか抜けません。
各部屋には24時間換気があるので、窓さえ開けなければ室温が極端に上がる事はないです。

質問者さん宅は二階の屋根下の天井裏部分の空間が小さいのではないでしょうか?
それと天井裏の通風が悪いのかもしれません。
そこで遮熱ができずに二階の部屋を熱しているのかもしれません。
カーテンを開けっ放しで窓から入る直射で部屋の温度が上がるのは避けられません。
しかしレースのカーテン一枚閉めただけで大きく差は出ます。
いくら外気温が高くても窓さえ開けなければ室温はそれほど上がらないはずです。
夜間は窓を開ければ風が通り抜けるように窓の配置がされていれば問題はないと思います。

要は高気密高断熱の家が悪いのではなく、不用意に室温を上げてしまうような部屋の配置だったり家の造りだったり、窓を開けても風が通らないような造りの家そのものが原因かと思います。
全ての高気密高断熱住宅が質問者さん宅と同様ではありません。
夏場の問題と冬場の問題をしっかり対策して造られている家は一年中快適です。

約3年前に高気密高断熱住宅に建替えました。

確かに夏場は質問者さんの言う通りだと思います。
しかし住宅を設計する際には、窓やドアなどを夏場の風の通りを良く考えた配置にすると思います。

我が家は完全自由設計だったため、設計屋さんに色々とアドバイスを受けながら自分達で配置を考えて設計しました。
9LDKと家が大きく、特に一階は広いLDKと隣室の洋間は4面吊り戸を常に開けているので更に広く、人がいる時はほとんどの戸は開けっ放しだし、玄関ドアと全ての窓は網戸にしてるので風通しは最高です。
...続きを読む

Q暑さ対策。屋根裏に換気扇は有効?

平屋です
日が照ると夜でもすべての部屋が異常に暑いのです
壁や屋根裏に蓄熱されてると考え上記の方法を試そうと思ってます

切妻で南北上部に換気口(ギャラリ)があります
ここに24時間タイマーで日中の熱を外に強制排気させようと考えてます
北側が高い位置にあるのでここに設置するつもりですがこの方法は有効でしょうか?

やはり壁の蓄熱が大きくやっても無駄でしょうか?

もひとつ、給水配管を設置し、電磁弁を使って一定時間おきに家全体(屋根と壁)にシャワーを浴びさせることも検討してます
これについてもご意見があればぜひ

Aベストアンサー

二階建ての場合、一階と二階とでは室温が大きく違うことから、屋根からの熱が室温に影響することは明らかです。

熱の伝わり方には、伝導と、対流と、放射がありますが、屋根裏の喚起は対流を防ぎ、放水は直接温度を下げることによって伝導と放射を防ぐことが出来ます。

特に放水による効果は大きいはずです。

Q一戸建ての暑さ対策

初めて質問させていただきます。不手際等ございましたらご指摘ください。
木造、2階建ての一戸建てに住んでおります。
夏の暑さ対策に有効なものは何があるか、教えていただきたいと思います。

毎年夏の暑さがひどく、1Fについては対策として夏の昼間、南側に
面しているサッシにヨシズを立てかけていますが、効果は今ひとつの
ような気がします。(その部屋の前はコンクリート打ちっぱなし)
また2Fはさらに暑く、夏の夜は一晩中エアコンをかけないと眠れない
ほどです。グルニエをのぞいてみると、今の時期(5月)でも晴れの日は
かなりの暑さになっており、天井裏に熱気がこもって2Fの部屋を暑くして
いるのかなと思います。
既出の回答では屋根裏に換気扇をつける等の対策が掲載されておりましたが、
この方法が一番効果的なのでしょうか。
また、コストはどれくらいかかるのでしょうか。

また、他に有効な対策があればお教えください。

恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>部屋の前はコンクリート打ちっぱなし
コンクリート打ちっぱなしが前面にある場合は、
・照り返し
・蓄熱による熱放射
の両面から室内に熱を加えます。

部屋への熱の侵入を防ぐには、
1.太陽からの直射日光を軒下にすだれをかけて防ぐ
2.コンクリートからの照り返しを、窓際に掛けたすだれで防ぐ
のダブル効果で防いでください。
すだれを室内に掛けたり、窓に密着させるとすだれが遮った太陽光の熱が部屋に侵入しますので、すだれは風が通る環境においてください。(重要!)
ヨシズは目が粗いために日光の透過がありますから、すだれとの併用を考えてください。

コンクリートの蓄熱を防ぐために、表面を緑化できると良いのですが、単に土を敷くだけでも違います。
人工芝を敷いて散水しても効果があります。

>夏の夜は一晩中エアコンをかけないと眠れないほどです
屋根裏にこもった熱気と壁が蓄熱した熱量が部屋を熱くしています。
機械的な屋根裏換気でなくとも、風の特性を考慮した通風孔の設置でも十分に緩和できることがありますので、気象台に問い合わせて地域の風向きの傾向を把握して、家の向きと合致するならば工務店に相談して開閉式の換気口を取り付けることも考えてください。

壁の蓄熱は、コンクリートの場合と同様に太陽熱にさらさないことが決めてですので、窓だけでなく壁の部分にもすだれを吊るせるかどうか検討して下さい。

また、陽射しの強い日には屋根に直接水を散布すると水の蒸発熱で屋根表面の熱が奪われます。
簡易的にホースとガーデニング用のスプリンクラーを設置するだけでもかなりの冷却効果があります。
DIYで取り付けても良いのですが、屋根の上のことですので危険と判断したら工務店に依頼してください。

植物がお好きな場合には、アサガオの栽培は日射の防御には最適です。
葉が直射日光を遮るだけではなく、葉からの水分の蒸発熱でさらに冷却します。

我が家は西面に10数メートルに渡り掃き出し窓の開口があり、直射日光をもろに取り入れるとまるでサウナのようになってしまいます。

アサガオ+ダブルすだれ+前面緑化・散水によって日光からの熱取得を抑え、
南北に風が抜ける地域性を利用して、妻の壁(切り妻屋根の△部分)の上部に『開口』を開けて自然通風で換気しています。
開口部からは熱風が吹き出してきます。
棟の頂部にも排気口があり、熱気の上昇気流を利用して排気しています。

これだけ対策したおかげで、夜は窓をあけ、蚊帳を吊った中で『扇風機』があれば快適に眠れます。
地域にもよりますが、クーラーの冷房に頼ることを前提としない工夫が可能です。

防犯のために窓を開けておけない地域の場合は、「ガラリ雨戸」があります。
換気用のルーバーが全面についた雨戸です。
これならば、締め切っても換気性能が確保されるので自然通風が可能です。

参考URLに省エネコンクールに寄せられた生活の知恵がぎっしりと詰まっているので、じっくりと検討してください。

参考URL:http://www.eccj.or.jp/smartlife/event/concours/concours.html

>部屋の前はコンクリート打ちっぱなし
コンクリート打ちっぱなしが前面にある場合は、
・照り返し
・蓄熱による熱放射
の両面から室内に熱を加えます。

部屋への熱の侵入を防ぐには、
1.太陽からの直射日光を軒下にすだれをかけて防ぐ
2.コンクリートからの照り返しを、窓際に掛けたすだれで防ぐ
のダブル効果で防いでください。
すだれを室内に掛けたり、窓に密着させるとすだれが遮った太陽光の熱が部屋に侵入しますので、すだれは風が通る環境においてください。(重要!)
ヨシズは目が粗いため...続きを読む

Q家の二階が暑い

うちは兵庫県南部で、南むきの一般的な日本の在来工法の木造建築です。
建売で買ったので、こまかくはわかりません。

2階で家族と寝てるのですが、昨晩など非常に暑くて寝苦しいです。
嫁がエアコンはのどが渇くと嫌がるので、毎年つけていません。私と子供らが寝る最初の1時間程度付けることはあります。

一階はそこそこ風通しも良く涼しいのですが、二階はいつも暑いです。
昼間も窓を開けているのですが、夜になっても一階より暑いです。

二階を涼しくする方法はありますか?
みなさん二階が寝室になってると思いますが、どうされていますか?

Aベストアンサー

>家の二階が暑い

   ↓
個人個人で快適環境や体感温度が異なり、家屋や間取り、ライフスタイル等の制約もあり難しい問題ですね・・・

現場・現状を知らずに断定は出来ず、順不同に思いつく事を記載しますので、何かしらの参考に成れば幸いです。

外からのエネルギーの削減と屋内からのエネルギーの排出が鍵です。

◇屋根の構造形状で陸屋根であれば、屋上植物とか断熱効果の高いシート。

◇屋根が瓦葺で下降や工夫の余地が無ければ、窓に遮光断熱カーテンを追加する。

◇天井や壁や窓にプチプチや断熱シートを貼る。

◇ベランダや出窓があれば、グリーンカーテン(ゴーヤー、きゅうり、朝顔、糸瓜)

◇エアコンによる予冷(急速・ガンガン冷やして置き、就寝時には超微運転と扇風機で風を天井に向けお部屋の風を均一化したり冷気を身体に当てない)

◇喉の渇きについては、エアコンの除湿機能によるものだと思います、24時間換気装置が採用されていれば、その換気にても起こります。
健康冷房や省エネとは少し方向が変わりますが、(冷房は主に除湿を行い、その湿度低下と気流で絶対温度の低下を抑え目にしながら快適環境を創出維持する)
(1)喉対策には風向を変える。
(2)寝る前のコップ一杯の水補給や枕元に水差しとかペットボトルで水を用意しておく。
(3)湿度は均一化の性格が強いですから、部屋の一部を少しだけ空けておくと廊下や隣室の湿度の高い空気が入れ替わりに入ってくる。
(4)間取りと高さから効果は不明・疑問ですが、日の入り頃の打ち水で屋外空気を少しでも低下をさせる。

◇気流制御の出来るエアコンならば、左右や上下で同一屋内でも冷気や設定温度の多少の個人差・好みを考慮しての設定や運転が可能な商品が有ります。<確認・買い替え>

◇寝室を夏場対策でご家庭内のサマータイム?クールビズライフ?として、1階に移動するなり、快適環境や体感温度の違う事で、就寝時間内限定の別室別居を考える。

※快適環境は、主に「温度・湿度・気流『風の流れ』・換気・空気清浄度」5要素で決まるとされております。
また、その際の温度は体感温度に関係しますので、温度計の温度に現れない体感で快適度が決まります。

ex:湿度10%で約1℃、風が0.7m/sで約1℃ですから、同じ温度でも湿度が10%低く、1.4m/sの風が当る場合には約3℃低く感じます。

従って、好みや体感温度と快適環境の個人差を組み合わせ、お部屋の中での寝床の位置や寝具の種類やエアコンの設定・扇風機の活用、早目に寝室を予冷しておき、熱気や湿度を換気して置く等の対策・工夫が必要なのかも知れませんが・・・


shuusan101様に置かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、寝苦しい夜の対応に活かされ、この夏を健康に快適に家庭円満に過ごされ乗り切られますよう、心より祈念申し上げております。

>家の二階が暑い

   ↓
個人個人で快適環境や体感温度が異なり、家屋や間取り、ライフスタイル等の制約もあり難しい問題ですね・・・

現場・現状を知らずに断定は出来ず、順不同に思いつく事を記載しますので、何かしらの参考に成れば幸いです。

外からのエネルギーの削減と屋内からのエネルギーの排出が鍵です。

◇屋根の構造形状で陸屋根であれば、屋上植物とか断熱効果の高いシート。

◇屋根が瓦葺で下降や工夫の余地が無ければ、窓に遮光断熱カーテンを追加する。

◇天井や壁や窓にプチプチや断熱シー...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q後から南側に建った家の窓が、ほぼ我が家の窓の目の前

どうかお知恵を拝借させてください。

南側に家が建ちました。
住宅密集地で庭もなく隣と隣の家が近い閑静な住宅街です。

お隣も例外なく境界線から数十センチまでせめて家を建てられました。
ところが、ほとんどのこちらの窓と向こうの窓が対面した形になってしまい
視線と音が気になります。

リビングの掃き出し窓にいたっては目の前に隣のお勝手口と窓を作られてしましました。
窓は隣にとって北側なのに大き目な窓で、隣の土地のほうが高いのもあり
3~4メートルの塀を立てない限り窓からの視線を遮れません

2階のベランダも目の前に窓!!!
(ベランダの距離ぶん隣と離れているわけではありません。説明しずらいですが
ベランダの淵の部分がほかの部屋の窓の位置にあたります)


こちらへの配慮はいっさいなく、隣は北側の窓という窓を
すべて開け放されています。

そして向こうはラバー窓なので、こちらからは見えないけど、
こちらが窓をあけたら丸見えです。

向こうのお勝手口(引き戸なので数十センチでも開閉可能)の外には外置きの
ゴミ箱まで設置されてしまったのでパタンパタンとゴミを出されるたびに
こちらのレースのカーテンがめくれてないか丸見えになってないか
心が休まりません。
敷地内に何をどこに置こうが勝手、こちらにとやかく言う権利はないと
分かってます。
でも私なら隣がそれだけ近くて隣の家の掃き出し窓の真ん中
目の前にゴミ箱なんて置けません。
せめてものこちらへの配慮かゴミ箱のすぐとなりにビーズタイプの虫除け
(おそらく室内用で無意味、ゴキ○リらしき虫が近くを歩いていたのを
見たときは鳥肌でした)が置かれてますが、
虫が湧いてこちらが不快だろうと分かって、なおそこにそれだけの処置で
置く無神経さにイライラします。


こちらも南側にほとんどスペースがないので、隣の奥さんの話し声や
子供を叱る声(うるさいー!!と何を言っているのかももちろんわかります)
さらにはくしゃみの音、子供が走る音(とにかく全部屋のラバー窓があいてるので
あそこらへんの部屋からあっちへ走っていったなぁ、とまでわかります。
はじめは我が家の2階から子供の足音がする?!と勘違いしたほどです)
すべてがまるで同じ建物にいるかのように筒抜けです。

上記の理由から最近ではシャッターも開けられないほど
ノイローゼになってきました。

ママ友を呼んだらしい日は子供が複数になるので幼稚園でもはじめた!?
というくらいうるさいです。
走り回る音、奇声、泣き叫ぶ音、ママ友同士の会話(私も
会話に入れるくらい内容つつぬけ。)。。。etc
最近は赤い車が停まってると、あぁ来たな今日は煩くなる日だなと分かり
自分の家なのに静かな場所を求めて外出するようにしました。

シャッターを開けていたころ視線を感じる!?と思ったらとなりの子供が
向こうの数十センチの敷地内からじーとこちらのリビングを見てました
(当時はまだ無頓着だったのでレースのカーテンが少しめくれてて目がばち!っと合い
あわてて逃げて行きました)

子供は大好きですが、目の前の狭い道路で遊ばせていたり(ひき殺してしまったら
自分のことは棚にあげて責めまくるのでしょうね)、とにかく隣の子供だけは
可愛いと思えず、泣き声も本当なら可愛いと思える子供特有の声も
不快でたまらないです。

今回ご相談したいのは隣からの視線です。
(音問題は、将来こちらに子供が生まれたら夜泣きしてもとやかく言わせない
つもりで耐えてます。もちろん泣いたり近所迷惑になるような状況のときは
私は窓を閉めますが!!隣は30分泣いててもすべての全部屋の窓オープン!!)

別の質問サイトで質問したら
建築法としては問題ない、
隣にも風水や窓にの都合がある、どこに何を作ろうが勝手
との回答が来ましたが、本当に泣き寝入りしかないのでしょうか。。。

極端な話、私が隣の家の南側の土地を買い取って
窓という窓すべて対面して数十センチ先に作っても
隣は文句言えないということですか??
(そんなことはしないけど、現状がそうです)

今もとなりの奥さんがゴミを捨てに来ました!!!
本当に本当にストレスです。敷地内ならどこに何を置こうが勝手、
それはわかります。
でも皆さんならわざわざ隣の吐き出し窓の目の前、ど真ん中に
ゴミを置きますか?ちょっと勝手口からずれてもせめて窓のど真ん中は
ずらしませんか??
子供が騒いでたり数人集まったら、すべての窓オープン!!なんてせず必要最低限
残して閉めませんか!?

どうかお知恵を拝借させてください。

南側に家が建ちました。
住宅密集地で庭もなく隣と隣の家が近い閑静な住宅街です。

お隣も例外なく境界線から数十センチまでせめて家を建てられました。
ところが、ほとんどのこちらの窓と向こうの窓が対面した形になってしまい
視線と音が気になります。

リビングの掃き出し窓にいたっては目の前に隣のお勝手口と窓を作られてしましました。
窓は隣にとって北側なのに大き目な窓で、隣の土地のほうが高いのもあり
3~4メートルの塀を立てない限り窓からの視...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
内容を拝見しました。
大変生活がしにくい状況ですね。
近隣トラブルでご相談をお受けする項目 騒音・臭気・視線・駐車・子供の遊びなどは上位に上げられる項目です。
お互いに生活することですからご相談者様のように近隣と住み易い環境を作りをすることが本来大切なことです。
しかし、現在ではそのような思いやりの希薄さが見えてきます。思いやりのなさを感じる時代と思えてしまいます。
私も不動産業を営んでおり、以前は住宅販売も手がけておりますので本来構造上問題がなければ窓の位置や出入り口などにお隣の建物を調査して配置を変えていくことに配慮しておりましたが最近ではそのような建物が少ないように感じます。

私もご相談者様のお気持ちは大変わかりますが、今までのご相談された方々の意見と同じです。
視線を感じること不快感があれば、ご相談者様が目隠しフェンス設置などで対処するしかないと思います。
臭気・騒音でも測定して受忍限度を超えるほどであればお願いと言う形でお伝えするがあります。お調べしてみてはいかがでしょうか。

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Q新築入居後の失敗点を教えてください。

新築入居後の失敗点を教えてください。
入居後に『OO部分をお任せして失敗』や、『よく考えればよかった・・』
と言う所が必ず1つくらいは有ると思いますが(普通の人は人生に1回の事で自分も含めて素人だと思う)、ご意見をください。
何一つお任せに出来ない性格なのですが、抜けがあると思うのでアドバイス・経験談を頂けると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

我が家は自由プランでしたが、キッチンやお風呂などは限られた中から選ばなければなりませんでした。
それによる失敗です。

お風呂
蛇口の下に、テーブルのようなものがあり、洗面器を置いたり、シャンプーを並べるのには重宝するのですが、テーブルが取り外せないのでものすごくカビが生えます。
絶対にスポンジやブラシが届かない入り組んだ構造で、カビキラーなどのスプレーも届きません。
いっそ、はずしてしまいたいです。
あと、壁面のパネルがピンク系の大理石のような模様なのですが、汚れが見えにくく、気が付いたら隅のようにカビが出ていたりします。
薄い色の淡色にするべきでした。

キッチン
システムキッチンが指定されており、色しか選べませんでした。
ビルトインの食洗機がこの上ない使い勝手の悪さで、毎日腹が立ちます。
とにかく食器が入りづらく、何度も並べ替えないといけないので、手で洗うことの方が多いです。
実家のビルトイン食洗機は大容量でものすごく使い勝手が良いので、余分にお金を払ってでも、ちゃんと選べば良かったと後悔しています。


思わぬ場所の窓が、はめ殺しでした。
階段の途中にある窓なのですが、すごく大きい窓なのに開かないので、夏は暑いだけで風が通りません。
リフォーム屋さんで窓を開けられるように直してもらおうかと思ったのですが、サイズが規格外でとても大きいため、何十万もかかると言われ諦めています。

ダイニングの照明の場所。
ダイニングスペースのど真ん中に照明口を作ったのですが、実際家具やダイニングセットを置くと、照明が必要な場所は、そのスペースの真ん中ではないことがすぐ分かりました。
しょっちゅう、照明器具に頭をぶつけています。
知人は、掘りごたつを居間の真ん中に作ったが、テレビを置くと真ん中では不便でしょうがない、大失敗と言っていました。
部屋のスペースだけでコンセントや窓、照明を配置すると結構不便だと気付きます。

外の照明
後から、玄関と勝手口の照明を、防犯のため人感センサーの物に交換しました。
最初からセンサーの照明にしておけば良かったです。

後、我が家は庭で洗濯ものを干すのですが、ベランダにも物干しを作っておけば良かったです。
シーツを干す場所が足りません。
もちろん後からでもこれは簡単に付けられるのですが・・・。

以上、後悔している順に書いてみました。

とは言え、私は一件目の家にしては、大変満足している方だと思います。
住宅性能表示も付けましたので、安心感もあります。

先の方の回答にありましたが、屋根裏収納をもしお作りになるなら、断熱をしっかりされることをお奨めします。
我が家は屋根断熱のレベルを高くし、更に収納庫に小さい換気扇を一つ付けました。
このおかげで、真夏の日中でも2階がかなり涼しいです。風が通れば、1階よりはるかに涼しいです。
一般的に、屋根裏収納は真夏の温度がすごく高くなるから、デリケートなものは置かないようにと指示されますが、断熱を強力にしておけばかなり庫内の気温が下がりますので、何でも入れられます。
一度、点検のために屋根裏に作業の方が入りましたが、
「ここの屋根裏は涼しい」
とおっしゃっていました。断熱を多くするくらいだと大した差額ではないので、ぜひお勧めします。

どれか一つでも、参考になれば幸いです。
家づくり、大変ですが、楽しんでくださいね。

我が家は自由プランでしたが、キッチンやお風呂などは限られた中から選ばなければなりませんでした。
それによる失敗です。

お風呂
蛇口の下に、テーブルのようなものがあり、洗面器を置いたり、シャンプーを並べるのには重宝するのですが、テーブルが取り外せないのでものすごくカビが生えます。
絶対にスポンジやブラシが届かない入り組んだ構造で、カビキラーなどのスプレーも届きません。
いっそ、はずしてしまいたいです。
あと、壁面のパネルがピンク系の大理石のような模様なのですが、汚れが見えにくく、...続きを読む

Q部屋の温度を教えて

朝起きた時(6時)の寝室の温度は7°位です。リビングもほとんど同じくらいの温度です。
寝る前の3時間くらいはエアコンで寝室の温度をあげています。
また、寝るときにはエアコンは消しています。
木造で築4年、断熱材はグラスウールを使用。地域は埼玉。
皆さんのお宅の部屋の温度を教えてください。

Aベストアンサー

実験しました

12時就寝
就寝前までは24℃ 就寝時に空調OFF
7時起床 室温は18℃でした

7時の屋外の気温は2℃でした

以上、実験終わり

Q2階の部屋の暑さをなんとかしたいです。

主人の両親と同居で、私達夫婦と一歳の娘は、主に2階で生活しています。
この時期、一階の屋根の瓦が太陽で熱くなり、2階の暑さは耐えがたいです。
窓を開けても、熱い空気が入ってきます。
夕方家族が一階の風呂に入ると、蒸し暑い空気が2階に上がってきて、
さらに室温と湿度が上がります。熱中症になりそうなくらいです。
娘が小さいので、できるだけクーラーは使いたくありません。
私自身もクーラーの温度差で、体の調子が悪くなります。

何かよい知恵はないものでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

娘さんが小さいからこそクーラーを使って温度を下げ、体調管理をしてください

家を工事して、屋根に接する面と天井に接する面に断熱材を入れ、天井の熱が室内に影響を及ぼさないようにします、また1階の湿気が2階に上がらないように工事します。

熱その物は、屋根にパイプを張り巡らし、そこから水を散水する事で気化熱により温度を下げる事ができます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング