知人から相談が来ました。
商売は素人ですが、yahooオークションでトラブルになりました。

1 あるネット販売業者から、品物を買わずにオークションに出品した。

2 ネット販売業者で売られている値段よりも3千円高く、1万3千円で第3者Xが落札した。

3 知人はネット販売業者に1万円を支払って商品を購入し、商品は直接Xに届くように依頼した。

4 知人はXから1万3千円を受け取り、3千円の利ざやを稼いだ。

5 オークションに出品に出品する際、ネット販売業者のHPで使用されている写真を無断で使用した。

以上の行為に犯罪を構成している要素はあるでしょうか?

もしくは、民事で訴えられた場合、賠償の対象となるような行為はあるでしょうか。

ご教示いただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

まず、このような売買について


yahooオークションでは、このように、商品がないのに取引をする事を禁じているはずです。

写真の無断使用に関して
商品自体が、ネット販売業者の創作物であれば、確実に無断使用で違法です。
しかし、メーカー製品である場合、メーカーの広告用の写真であれば、全く問題ありません。
また、中古など現物写真として載せているのであっても、大きく問題にはならないと思います。
写真や画像の無断使用に触れるのは、著作物である、著作物であり著作者者から許可を得ている載せているものっである、に限られると思います。
つまり一般に販売している商品の写真については、商品価値を損なわなければ、特に問題はないでしょう。
もちろん、そこ(写真)に販売者などの名前が入っている状態で載せれば、
その名前を無断使用しているので違法です。

ただ、それ以前に問題なのは、架空販売です。
いわゆる架空循環取引です。これ自体は違法性はありませんが
ネット販売業者にとっては、その友人経由で販売すると言う契約がないのに、架空で転売されるのは信用問題になります。購入者にとっては、販売店の名前で送られてくるわけですから。
つまり、今のような状態ですね。
消費者にすれば、販売店に高く売りつけられたと思い、販売店はイメージを落とします。
企業努力により安値で販売している販売者の信用を失墜させるものです。
訴えられても仕方ないですね。

きちんと、あなた(の友人)のところに、発送してから、再度送るということをするか、
転売と言うことをきちんと書いておくことですね。
そうそう、詳しくはわかりませんが、あなた(の友人)は完全に営業目的での転売ですよね。
以前から継続的にされているのでしたら、商売として行っているとみなされる恐れがあります。
つまり、裁判になったとき、そのあたりも無届営業と言うことであかるみにでることになり
別のペナルティが加わる恐れもありますね。
    • good
    • 0

法律のことはわかりませんが、少なくともYahooオークションでは写真の転載も商品の購入代金充当目的の出品は禁じられていたはずなので、Yahooのオークション利用停止は免れないと思います。

    • good
    • 0

最近はYAHOOのオークションなどの


売買に関する被害がとても
多いです
そのたびにYAHOOを捜索するわけですが
当然 何も手がかりはないわけですよ
さて この話は はじめから
儲けようと考えておられるわけですか?
となると これ 両当事者が揃った場合
第三者から 1項詐欺で 訴えられる 可能性は
ありますよ いわゆる詐欺罪になるというメール
あれ 脅しじゃないですよ 気をつけて下さいね 

この回答への補足

ご回答感謝いたします。
手がかりに関してですが、知人はネット販売業者に対して住所氏名をあかして注文していますので、ばれています。
それから、知人は「儲けよう」という意志はあったようです。
両当事者については今のところ結託した動きはないようですが。
当然、どちらも怒っているでしょうね。
刑法はまだ調べていませんので、早速見てみます。

補足日時:2000/12/05 12:27
    • good
    • 0

初めまして


売買に関しては、法律的のは、瑕疵は、ありませんね。但し、その写真を勝手に流用したというのは、問題ありです。著作権侵害を問われてしかたないでしょう。
特に気を付けなければならないのは、その写真の著作権が、販売業者になく、そのもののメーカーや制作者にあった場合は、そちらから訴えられるケースもあります。その場合、相当な金額の支払いを求められる場合がありますのでお気を付け下さい。
画像の流用は御法度ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとう御座います。
仰せの通り、売買取引に関してはなんとか問題なくいけるという感触を持っていますが、問題はやはり写真の流用ですね。この写真を使用したことが、店・メーカーに対しては著作権侵害、落札者に対しても惑わす商法だと受け取られ、最悪取引そのものの違法性(虚偽の写真で惑わした)を問われる可能性が有るのではないかと思っています。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

これって、いわば「先物取引」ではないでしょうか?


だとすると、問題はないですよね。
違法になるとしたら「写真を無断」の部分かも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘ありがとう御座います。著作権侵害の可能性もありますが、実際に告訴された場合、やばそうなのは写真の無断使用が、ネット販売業者の営業を混乱もしくは妨害する要素を持っているという点です。実際、同様の写真がネット販売業者のHPで使用されているため、今回の件が通報により発覚したようです。これが認められると、ある程度の損害賠償を請求されるかも知れませんね。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

誰と誰が(一人はあなたの知人ということはわかります。

)トラブルになったのですか?

いろいろトラブルになりそうな要素はあると思いますが、これでは答えようがないです。

この回答への補足

補足いたします。

トラブル自体の内容。

ネット販売業者が、知人に対し「詐欺罪・民事で名誉毀損に対し損害賠償で告発する」とメールで通告してきた。

ネット販売業者が「落札者Xは高く買わされたと怒っている」知人に対して言った。

補足日時:2000/12/04 11:29
    • good
    • 0

 売買は他人のものであっても有効に成立します(民560)。

その場合、売主は、その権利を取得して買主に移転する義務を負います。しかし、そのオークションで他人の物を禁止していたり、自分のものと明記してあれば、取り消しも許されるといます。yahoo では、禁止はしていないようですね。
 したがって、いかなる場合でも犯罪は構成しません。自分のものと偽った場合は、相手から取り消しされても仕方ありません。でも、相手にわかると、不快にさせることは間違いありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なご回答ありがとう御座います。早速自分でも民法(全く疎いもので)調べてみました。確かに、売買契約というのは当事者間の意志のみによってその効力が生じるのであり、他人物の売買自体が何か法に抵触するものではないことがわかりました。問題となるのは、他人の所有物を自分の者であると偽り、かつ買い主(この場合落札者)に対して売買契約不履行が生じた場合だと思います。売り主(知人)と買い主(落札者)、知人とネット販売業者それぞれの間で売買契約は正当に行われており、民法上は問題とならないようですね。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA社ブランド品XをX製造業者B社が買取り販売することは違法?

すみません。初歩的な質問かも知れませんがご教授願います。

例えば、A社(商社)のブランドとして販売されているXという商品があって、A社ブランド品Xは、下請けであるB社が製造しているとします。
B社は全面的にA社にXを卸しているのですが、B社と付き合いの深いC社がXをB社から買いたいとした場合、勿論XはA社ブランド品ですのでB社から直販するのはいけないですよね。
なので、B社が一旦A社に卸した商品XをA社から買い受け、C社に販売すると、どうなるのかという話しをした時、それは法律違反になると言われました。
C社はA社とではなく、B社と取引をしたいとのことで、法律に問題のない方法でXをB社とC社間で取引できるようにするにはどのような方法をとればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

B社が紹介してA社がC社に売ってしまえば良いだけです。物の流れはB社から直接C社でも良いし、A社を通しても良いですけど。
いかにしろ、A社経由じゃないと問題がありますよね。まあA社の承諾があれば別ですが。

Qネットオークションの出品での違法性

私の勤務先は新幹線沿線に何点か事業所(東京・名古屋・大阪・広島・福岡等)が有り、月に5回以上の出張があります。日帰りもあれば泊まりもあります。

この為新幹線に乗車する機会が多く、事前に出張が判明していれば会社は新幹線回数券を金券屋から購入して支給されます。
また急遽出張となればJRの駅で切符を購入した領収証を総務に提出すれば旅費精算をしてくれます。

事前に出張が判明していれば、運賃を立替で高速バスを利用して、使用しない新幹線回数券は金券屋に売却orネットオークションで売却しています。これについては会社も業務に支障が無い限りは承認しています。

また出張で疲れた時は、自腹で新幹線グリーン車に乗車することも多々あります。
新幹線回数券は差額を払えばグリーン車には乗車出来なくは無いですが通常料金となり割高の為、支給された回数券は使わずに、完全自腹で乗車して回数券を金券屋orネットオークションで売却します。


以上の為、ネットオークションで新幹線回数券の出品が必然的に多くなる次第です。

先日、私の住む警察本部生活○○課(名前失念)から自宅に電話があり、私の新幹線回数券出品について「ダフ屋行為と同じで迷惑防止条例に違反する」と突然言われました。
恐らく過去に取引した人物が警察に通報し、私のIDや電話番号を告げたと思います。

警察は「個人取引にしては異常な取扱量で、その為相談を受けている。」
と言って、私の勤務先や自宅住所等を聞き出そうとしましたが拒否して電話を切りました。



私の住む地区の「迷惑防止条例」http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/3870/1-oosaka/jyorei_meiwaku_oosaka1.html

の第二条の
「公共の場所」がネットオークションも該当するのでしょうか?

長文になりましたが、補足があればお答えしますので宜しく回答をお願い致します。

私の勤務先は新幹線沿線に何点か事業所(東京・名古屋・大阪・広島・福岡等)が有り、月に5回以上の出張があります。日帰りもあれば泊まりもあります。

この為新幹線に乗車する機会が多く、事前に出張が判明していれば会社は新幹線回数券を金券屋から購入して支給されます。
また急遽出張となればJRの駅で切符を購入した領収証を総務に提出すれば旅費精算をしてくれます。

事前に出張が判明していれば、運賃を立替で高速バスを利用して、使用しない新幹線回数券は金券屋に売却orネットオークションで売却し...続きを読む

Aベストアンサー

 オークションは条例の「公共の場所」に当たらないものと考えます。なぜなら、ダフ屋行為禁止の趣旨は、まとわり付いて通行人が迷惑だからに他なりません。条例自体も「暴力的不良行為」とかいう名前になっているでしょ。資本主義自由経済を取る以上、商品の価格を政府が統制するのは筋違いというものです。

Qネットオークションのダフ行為について

ネットオークションにおいて、コンサートチケットを売っていますが、
この行為は、転売行為という事でダフ行為になると思うのですが、ネット上のストアーとして売っている会社は、違法にならないのでしょうか?法律で調べた所、転売でなければ、古物商許可を取って入れば違法にはならないと書いていたのですが、ストアーでファンクラブの会報とかをオークションで出している店舗があったのですが、そういう商品を扱ってるという事は、転売の可能性がかなり高いと思われますが、違法にならないのでしょうか?(まあ、本当に転売をしているかは、解からないのですが・・・)オークションのガイドラインなどの問題もあると思いますが、法律的な部分でどこまでが違法で、どこまでが合法かを詳しく教えて頂けますか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 転売は原則として適法ですよ。転売の自由を前提に、自由主義経済は成り立っています。私に言わせれば、ダフ行為が横行するのは、商品の価格設定が実体経済に適合していないのだと思います。商品を安く仕入れて高く売るのは商売の基本ですよ。
 路上など公共の場で、通行人の迷惑になる可能性があるような転売行為は自治体の条例で禁止されることがあるようですが、それ以外は適法と考えます。

Qオークション代理出品の行為は違法でしょうか?

オークション代理出品の行為は違法でしょうか?

~内容~
内容は倒産処分品、特に大型液晶テレビの販売です。
倒産寸前の会社から商品を現金で買い叩いてきたものを売っていただきます。
こちらにはオークションでの販売ノウハウがあるので、すぐに売れ(落札され)ます。
落札されたら、落札者から代金を受け取り、報酬を差し引いた残りを当方に送金していただきます。
卸売りのお仕事はここまでです。報酬は1台について25000円になります。

代理出品の場合は、落札後当方のメールアドレスを落札者に通知していただければ、その後の代金の回収等はこちらで行います。
落札者から代金の送金があり次第、あなた様の口座に報酬をお振込みします。報酬は1台について15000円になります。

Aベストアンサー

誰が何をやるのかよくわかりませんでした。
約定レベルできちんと説明できないようであれば、契約や履行義務で揉める可能性が大きいですから
考え直したほうがいいと思います。

Qネットオークションでの情報出品の違法性について質問です。

私はネットオークションで情報として雑誌感覚でこんなお得な事がありますと、割安で物が買えたりするお得なホームページの情報を販売しています。500円です。

これって違法性はあるのでしょうか?
内容に偽りはありませんし、HPもリンクフリーのHPで特に無断でどうのとういHPではなく、そのHPの顧客獲得にも貢献してますので迷惑はかけてはいませんが・・・・

違法性がある可能性があるかどうか教えてください。

Aベストアンサー

ネットオークションという手段で販売することによって、特別に違法性を問われる出品物とは無いと思いますので、ホームページで通販したり、対面で販売することが可能なものであれば、特に違法というわけでは無いと思います。
情報=違法ということも無いでしょう。

オークションの利用規約で特に制限されている可能性はありますが、その場合は契約違反であり、規約の内容や違反したことによって生じた結果によっては、損害賠償責任などを負う場合があると思います。

それについては、個々のオークションサイトの管理者に個別に確認をなさった方がいいと思います。

情報については、「思っていたものと違う」「羊頭狗肉」などと批判される場合がよくあるようです。
客観的に宣伝文句から考えて絶対におかしいだろうというものについては、故意に錯誤させたとして詐欺で訴えられないとも限りません。
民法の錯誤無効規程で契約無効による代金返済の集団訴訟を起こされるかもしれません。
そういったことには充分に配慮して、誤認の無いように説明責任を果たして、客観的に価値が認められる情報を出品なさるよう注意なされば良いのではないかと思います。

ネットオークションという手段で販売することによって、特別に違法性を問われる出品物とは無いと思いますので、ホームページで通販したり、対面で販売することが可能なものであれば、特に違法というわけでは無いと思います。
情報=違法ということも無いでしょう。

オークションの利用規約で特に制限されている可能性はありますが、その場合は契約違反であり、規約の内容や違反したことによって生じた結果によっては、損害賠償責任などを負う場合があると思います。

それについては、個々のオークションサ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報