最新閲覧日:

「生きる」ことへの深刻な相談に答えるのは難しいです。僕は言葉がなかなか見つかりません。知人の意見、過去レス、他のページなどを頼りにいろいろ考えてみたのですが難しいです。

『否定派』
1.自殺は逃避である
2.自分の命は自分だけのものではない
3.自分の人生を否定する行為
4.人生の物語りは自分でつくるもの
5.愛は消えてもまた現れる
6.死にたいは生きたいの裏返し
7.生き甲斐がないから死を考える
8.人生がつらいのはみな同じ
9.死は人間の義務である、ならば生も人間の義務である

『肯定派』
1.自殺は選択である
2.他者のために生きるは自己犠牲である
3.自殺は自己の表現である
4.人生の物語りを完結するために死ぬ
5.ひとつの愛のために死ぬ
6.自分が死んだように生きるのが問題
7.みんな死を忘れようとして生きている
8.苦労話は自慢話に他ならない
9.生きる自由があるならば、死の自由もある

売り言葉に買い言葉だとは思わないでくださいね。生と死は一体なので、ある意味仕方ないです。みなさんはどちらの立場でどう思われてるでしょうか?他の意見もあればお聞かせください。お返事必ず致します。
(なお、あくまでこの質問はこの場でみなさんの意見を聞きておきたいという主旨です。審判をしていると誤解しないでくださいね。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

「暇なときに回答を」というのはどういうお考えでしょうか?


生と死って、そんなひまつぶしに考えるものですか。
真剣な相談に答えてあげたいなら、真剣に聞いてください。

私自身の相談への回答は、その相談文を読んで、その時に感じたことを書きます。
ですから、場合によって全く違う意見を言うこともあります。
人それぞれですから、その人に向けてアドバイスする言葉も違ってくるでしょう。
自分のこれまで生きてきた体験を元にして、話すことしかできないと思います。
言葉が見つからなければ、相手の話を聞いてあげるだけでも役に立つはずです。
その場限りの借りた言葉はしょせん借り物です。
あなたの「生きている言葉」を話してあげることが一番効くのではないでしょうか。

質問の答えにはなってないと思いますが、参考になれば・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。先に誤解を解いておきますが、僕はこのサイトの「困り度」「種類」「どんな人」「自信」の項目はほとんど無視しております。質問においても回答においても全て文面から判断致します。僕の言葉足らずから気分を害されたようなのでお詫び申し上げます。それと真剣な思いから「言葉が見つからない」といっておりますので御理解下さい。
「暇つぶしに考えるものですか?」にあえて申しますとその通りです。日常会話で生死は話しません。毎日生活に追われて考える暇もありません。時間が空いた時にこそ考える価値があると言わせてもらいます。身近に突然問題が現れた時に真剣に考えてるようでは手遅れになる場合があるのです。子供の異変に気付かなかった?手遅れになる場合があります。自分の経験を話すのはもちろん良いのですが自分の経験だけでは視野があまりに狭いです。
この質問理由はそこにあります。話しを聞くだけでももちろん役に立ちます。しかし視野が狭かったらすぐに息切れするでしょうね。借りた言葉は話し方次第で効果があるものです。自分の生きた言葉は視野を広め、自分の知らない事を知ってはじめて生きてくると考えています。いちいち言葉に反論してしまいましたが腹を立てているのではないと御理解下さい。shortさんがその時感じた事を書いていただいたことに本当に感謝しています。

お礼日時:2001/11/02 16:08

肉体は生きようとしてますよね。

痛みとか条件反射とか、生命の危機から肉体を守ろうとする信号だと思います。

それに反して積極的に死を望むというのは、脳のバグだと思います。バグが出る原因、プログラムミスは、複雑な社会のストレスに晒される事を軽く考えた結果ではないでしょうか。

ねずみのような動物の集団がつぎつぎに海に身を投げている映像を見た事がありますが、その当時謎といわれたこの行動も伝染病か何かで脳に異常が起こった為ではないか、と推測されてました。
イルカの集団自殺、何頭もが砂浜に屍を晒すシーンも衝撃的でしたが、これは寄生虫の仕業だという事だったようです。

好んで死を選ぶというのは、特異な環境、想定外の状況が生命プログラムを狂わせた結果だと思うわけです。
特異な環境を作ったのは人間自身ですから、人間の知能の限界というのか、あるいは組み込まれた淘汰のシステムなのか、ともかくこれが完璧でない為に起こる歪みなのだという気がします。

逆にいえば、死を望む人については、大きく環境を変える事ができれば、自死は回避できるのではないかと思います。とりまく人間関係、過去の体験の記憶、社会的立場など、そういったものが刷新できるものであれば、積極的に死を呼び込む気持ちも消えるのではないかと思うのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御意見ありがとうございます。生態学上で考えると僕も同意見です。ねずみの集団自殺は僕も知っていますが、強いストレス(生息密度の過剰)が長期にわたったのが原因のようです。解剖してみるとホルモンを出す副腎がだめになっていたようです。人間も同じですよね。怖いです。「大きく環境を変える事」はほんとうにそう思います。一時報道されたドクターキリコの草壁竜次君はインドに行って自殺を思いとどまったようです。小学生中学生の方は自分ではそうはいかないので周りの方が気付いてくれれば幸いです。
家族全員の環境一新は難しいですが。

お礼日時:2001/11/02 14:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ