これだっ!と思って決めた転職先。
でも勤めてみたら、求人とはかけ離れた内容。
こんな経験している人少なくないと思います。

苦杯を嘗めたみなさんの失敗談、経験則をお願いします。
また、こんな内容の求人には注意したほうがイイというアドバイスも
お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

tweetieさん、maisonfloraさんに激しく同感します。


私はバイトとパートしか経験がありませんが、
バイトとパートでは最近は労働基準法ギリギリというのは
あたりまえだし、平気で労働基準を守らない所はかなり
多いと思います。ですからとにかく多く面接を受けて
たちの悪いとこは早めに辞めたほうが良いのでは と
思います。ただこれはバイトとパートの話。定職では
簡単に辞めるわけにはいかないんですよね。だからみんな
困ってるんですよね。
    • good
    • 0

NO,2に同意、No.3に否

    • good
    • 0

ご自身の入社後のイメージがわかないような会社は、やはりやめておいたほうが


いいでしょうね。

(1)社長の大風呂敷
「ああしたい」「こうしたい」という夢ばかりを語っていて、「じゃあいまは?」
というとはっきりしない会社。中小企業やベンチャー企業でネタがないときに、
このような表現になりがち。

(2)市場環境ばかりを語る
市場の将来性があるということばかりを語って、自社の優位性がはっきりしてい
ない会社。IT関連企業で、数年前に出した求人広告をいま胸を張って出せる会
社が何社あるか・・・。いまだと環境、福祉、教育など。有望な市場は競合も多
い。

(3)特定の社員だけが登場
大きなプロジェクトに関わった人、高収入の人を前面に出してアピール。全員が
同じ条件で仕事ができるわけではない。ほとんどの社員が高収入なのなら、平均
年収が書けるはずだが、あまり見かけない。

(4)趣味・嗜好の違い。
Uターンものも(3)と同様。地方の生活を満喫しているのはその社員(本人)
だけかも。配偶者の理解、子どもの教育などの問題があり、都心から地方に転職
するのは意外と大変。

(5)仕事の話をしない
福利厚生や会社の事業の役得(商品がもらえる、有名人に会えるなど)などの話
しかない。食品会社で商品もらえるより、その分給料が高いほうがいいはずだが。

---------------------------------------------------------------
以上は表現に関するものですが、面接・説明などで、以下のような場合は、
会社として要注意!

(1)締め切ったと言われる
求人誌が出た日にすぐ電話したのに、「もう定員がいっぱいになった」といわれ
る。とくに年齢、性別や居住地を先にたずねられてからそう言われたら悪質。
求人がおとり広告なのか、雇用機会均等法に違反する採用の可能性あり。

(2)おとり広告
「広告で出した仕事はいっぱいになったが、他の職種ならある」「他の勤務地な
らある」、いちばん悪質なのは「グループ会社の○○社でどうだ」といわれる。
求人広告に記載されていない会社を斡旋するのはもちろん違法。

(3)広告がウソ
「求人広告に記載したのは一般的な給与で、うちの社員でも半分以上がその給料
をもらっている。あなたもすぐそれぐらいは取れるようになる(実は完全出来高
制)」など。

(4)費用負担がある
「面接費用、審査費用、登録費」などの名目を要求される(業種、業態、契約
形態によっては可)。業務に必要不可欠な資格(宅建、運転免許など)の受講・
受験費用を給料から引かれる。
※違法ではないですが、入ってからわかるという点に問題あり。

(4)実は派遣
契約社員などで雇用しておいて、実は客先にデスクがある派遣。教育研修も会議
も打ち合わせも何もなし。会社でのチームも上司が誰なのかも不明。
会社がなんらかの理由で派遣の免許を取らないか取れないか。派遣だと最低時給
など条件が厳しく定められているが、それを守れない(守るつもりもない)ので
「契約社員」という形態にしている場合もある。ソフトウェア開発、メンテナン
ス会社などでよくある。ただし「派遣でばりばり稼ぐつもりもないし、仕事も定
期的にあるので、それでもよい」とわかって入っている人も少なくない。
※もちろん、客先にデスクがあっても、研修をしっかりやり、保険などの制度も
しっかりし、会社でのミーティングや上司との面談などをちゃんとやっている会
社もあります。
    • good
    • 0

1.給料、年収が高いとアピールしている。


 特に、「固定給」をアピールしている会社は、危ない。
2.毎週のように求人広告を出している。
 出さないと、離職者が多くて、補充が間に合わない。
3.会社規模を大きく見せようとしている。
 グループ会社をずらっと書いたり、資本金・売上高・社員数をグループ計で表示したりしている。
4.スペースがあるのに、職務内容や会社説明が、わかりにくい、不親切。
 会社の姿勢が見える。
5.雑誌でいうと、デューダが多い(掲載料が安い、審査基準が甘いなど)。
 新聞では、日経・朝日・読売以外は、要注意求人の割合が多い。
    • good
    • 0

うーん・・・あんまり豊富な情報じゃないけど・・・痛感しているのは、求人雑誌にずーっと載りっぱなしの企業ってありません?いつどの求人雑誌を見ても載っているという企業。

これは逆を言えば、定着率が悪いということ、条件のよさにつられて入った数人の知人の意見は、サイアク・・・でしたね。あれじゃぁ続かないだろうとの事でした。

あと、給与条件などを○○円から・・・といった風に曖昧に書いてあるところ。面接のときによほどクリアに聞いておかないと、まぁ嘘はついてないわけだけど、その際定額しかくれない上に、さらにそこから引かれものや、社内預金だといって天引きされたり・・・。

ほんと、就職ってお見合いみたいなもので、中に入ってみないと分からないことってありますよね。よほど自分がやりたい仕事(だったら少々の不満は我慢できるかもしれないのですが)でないのなら、試用期間を、こちらの見極める期間として考えても良いかもしれませんね。

頑張ってください!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60歳以上の方の趣味を教えてください。

こんにちわ。現在、60歳以上の方の趣味を調べています。
そこで60歳以上の方にお聞きしたいのですが、ずばりご趣味はなんですか?
また、年齢、性別も教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の両親のことでもいいですか?

母(64歳)
 ・地域の体育施設に通ってエアロビクスと器械体操  の指導を週一回受けている
 ・独学でパソコンの操作を学習
  ワード・エクセルはモチロンの事
  キーパンチもブラインドタッチが出来るまでマスター 
 ・読書
 ・日帰りバスツアー
 ・季節の花めぐりの旅行
 ・シニア料金での映画鑑賞
 ・ベランダ菜園の手入れ、世話
 ・旅日記の編集(PCで)
 ・デジカメ撮影、アルバム作り
 
父(62歳)
 ・競馬
 ・ガーデニング
 ・銭湯めぐり
 ・自宅の手入れ(日曜大工)
 ・パソコンでゲーム 
 ・日帰り旅行

二人で一緒にしている事も多いんです。
この頃とっても仲良しです。 

Q求人内容と実際の内容。

こんにちは。
就職活動で先日、面接に行った企業があるのですが面接時に、
「働いてもらう会社は求人票に載せてある企業の子会社になります。」
と言われました。
求人票にはそういった内容は全く記載されていませんでした。
こういった場合は労働関係の法律等に抵触はしないのでしょうか?
面接に行くと求人票と違う事を言われる事がたまにあって困ってしまいます。
行ったら全く違ってたと言う無駄足みたいな事はしたくありません。
面接時に「うちの会社はコンプライアンスやCSRはしっかりやっています。」
とよく言われますが、求人と違う内容からして全く説得力が無いように思います。
事前にこういった情報(求人内容と実際の内容)が分かる方法はないのでしょうか?
教えていただければ幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。久しぶりに訪れ、参考のひとつにでもなれば幸いです。

まず、良くありがちなのは給与や時間面、また仕事の内容がいざ面接に行くと求人票の記載と違うというケースも多いと思います。

求人側の記載とは全く違う、また子会社ということですから、就業場所も違うことなどはありませんでしたか?

通勤交通費の負担なども実際には違うこともあると思います。法律に抵触することも内容によっては様々なケースがあり、その程度や解釈の相違などにより、一概には言えない場合もあると思います。

例えば入社して、転勤などを指示されれば仕方のない面や、給与面での計算方法から、思っていた金額とかなり相違しているケース、例えば基本給が実際のところは求人の際の金額より低く、○○手当という形になっていたり、ある程度、時間外勤務の含めて掲載している場合もあること…など可能性はあります。

安全な方法のひとつとして応募の前に電話等で調べてみる。あるいは民間の求人誌や広告などにも同じ会社が掲載されていることもありうるので可能な限り調べてみる。(募集職種により違いがあるのは仕方ありませんが)またハローワークに相談して確認してもらう…などが懸命かもしれません。

また以前、別の質問でもありましたが、実際の給与と面接に行き、提示された賃金と明らかに相違している。というのもありました。
理由は求人を一旦出したものの、内容が違っていて差し替えるところであった。などというのもありました。

法令遵守といいつつ、肝心なこれからの担い手である若い労働力の不足が言われている中、後に後悔しないように、可能な限りで事前の調べも重要かと思います。

また、ハローワークに早急にご相談されることをお薦めします。

こんにちは。久しぶりに訪れ、参考のひとつにでもなれば幸いです。

まず、良くありがちなのは給与や時間面、また仕事の内容がいざ面接に行くと求人票の記載と違うというケースも多いと思います。

求人側の記載とは全く違う、また子会社ということですから、就業場所も違うことなどはありませんでしたか?

通勤交通費の負担なども実際には違うこともあると思います。法律に抵触することも内容によっては様々なケースがあり、その程度や解釈の相違などにより、一概には言えない場合もあると思います。

...続きを読む

Q60歳以上の人の年金の手続きについて。

10月から新しい社員を雇用したので、
保険の手続をしなければならないのですが、
年金の手続で疑問が生じたので教えてください。

(1)今月から雇用した社員は60歳以上なのですが、
その場合、年金の加入はどうすればよいのでしょうか?
 「社会保険の事務手続」には、「20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入する」とありますが、60歳を越えている場合は年金に加入しなくてもいいのでしょうか?

また、その場合、この方の配偶者の年齢は60歳未満で、まだ年金の第3号被保険者になるとおもわれるのですが、配偶者の方についての事務処理はどうしたらいいのでしょうか?

今まで60歳以上の人を雇ったことがないのでよくわからないのですが・・・
お分かりになる方がいらっしゃったら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雇用された方が一般社員と変わりない勤務実態である場合か、一般社員の4分の3以上の勤務時間と勤務日数の場合として考えると、70歳未満の場合は厚生年金に加入しなければなりません。
「20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入する」という文は、あくまでも国民年金に関するものであり、厚生年金は70歳まで加入することとなっています。
もちろんのことながら、健康保険も社会保険または組合保険の保険証を取得することとなります。

雇用された方が一般社員の4分の3未満の勤務実態である場合は、社会保険に加入する資格に届いていませんので、国民年金と国民健康保険となりますが、前記のとおり60歳以上の方は国民年金には加入しなくてよいこととなっています。


さて、その方の60歳未満の配偶者のことですが、だんなさんが65歳未満で、厚生年金に加入している場合は国民年金の第3号被保険者となります。
この場合は国民年金種別変更届にて、社会保険事務所に届け出ることとなっています。

Q求人広告の「経験者優遇」の真意は?(未経験者は駄目?)

パートで職探しをしている者です。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
病院の受付の募集があったのですが「経験者優遇します」と
ありました。
「経験者優遇」というのは、未経験者の応募は遠慮して下さいと
いうことでしょうか?

Aベストアンサー

経験者の優遇とは、
・経験者と未経験者が同時に応募して来たら、経験者を取ります
・経験者は見習い期間など無しにすぐに給料全額を出します
・未経験者は見習い期間があって見習中は給料減額
などを言います。

未経験者でも応募は出来ます。条件が悪いだけで「ご遠慮下さい」ではありません。

Q国内どこでも60歳以上が資産6割保有していますか?

国内の金融資産の約6割を、
60歳以上の方が所有していると
聞いたことがあります。

近所(都内)では、団地などで細々と暮らしているご年輩の方が多いです。
ということは、ご年輩の方々の中でも相当な格差があるということでしょうか?

確かに東京の港区(平均所得が23区平均の2約倍)に住んでいる高齢者と、
足立区に住んでいる高齢者では結構な格差があるとは思います。

ただ、足立区に住んでいる高齢者でも、基本的には6割の金融資産を、
60歳以上の方が所有しているという日本の統計に近くなる訳ですよね?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

間違って理解されているようですね。

計算が面倒なので、この国の人口を100人、60歳以上の方を20人
国民の総資産を1億円とします。この状態でもし仮に、Aさんが
総資産6000万円で、Aさんの年齢が60歳以上だとすると

「国内の金融資産の約6割を60歳以上の方が所有している」

こういうことになりますが、当然のことながら、残りの60歳以上である
19人の資産が仮にゼロでも、「」内の結論は変わりません。

60歳以上の方の資産が多いんじゃないんです。
資産の多い人は60歳以上である可能性が高い、ってだけです。

Q薬剤師と看護師の求人倍率をネットで調べたら薬剤師の求人倍率は10.05倍なのに看護師の求人倍率は2.

薬剤師と看護師の求人倍率をネットで調べたら薬剤師の求人倍率は10.05倍なのに看護師の求人倍率は2.76倍しかありませんでした。メディアでは医師、看護師不足の深刻さを大々的に拡散してますし、薬剤師は今後需要がなくなると煽ってますがどうなってるんですか?(笑)質問サイトもメディアに踊らされた回答者がいるみたいですが、どうなってるんですか?(笑)本当に看護師不足って深刻なんですか?新聞には看護師が働きやすいように支援してるとか煽ってますが、悪意があるのかなと思いました

Aベストアンサー

その倍率の根拠は。民間機関の調べは(タメにする数字を出したりしますので)当てになりません。

Q60歳以上の人が入れる保険

60歳以上の健康な人が入れる死亡、(入院)保険はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

60代の方なら、健康状態に問題がなければ、ほとんどの保険商品に加入可能です。

ただし、保険料の設定は年齢・性別により行われますので、(保険期間をいつまで設定するかによりますが)それ相応の保険料負担が発生することだけは覚悟しなければなりません。

Q求人広告を見て、このワードがあったらヤバイというものありますか?

閲覧ありがとうございます。

転職を考えてますが、求人を見ていて色々蘇るトラウマ・・

アットホーム・一から親切に教えます・みんな仲良く・・

全てギスギスした人間関係や陰湿ないじめなどがあり、耐えれなくなると転職。。

何でそんなに恨み合いするのーー!仕事なんだから割り切ってやろうよおお?

お局さんは何でみんな 和○アキ○みたいなの?メモとったら怒るから!とか意味分かんないよー!

はあ~~スイマセン。

求人広告でやばそう・・うさんくさそう・・プンプンさせるワードとか感覚でいいので・・

私、そういうの引っかかりすぎみたいです。 何かございましたらアドバイスください┏○))

Aベストアンサー

質問者さんもお気付きの通り、「形容詞」は全て無意味ですから、無視したら良いですね。

たとえば「一から親切に教えます」なんてのは、ウソに決まってます。
「初心者歓迎」とかも、実際の企業側は、経験者の方が良いに決まってるんだから。
従い、せいぜい「初心者可」くらいまで。

それを「歓迎!」とまで言う様な会社は、「ちっちゃなウソを、平気でつく会社」くらいに考えて、ちょこっと減点しておけば良いと思います。

更に「安心/安全」とか「信用/信頼」などの文言は、むしろ警戒した方が良いくらい。
そもそも全く不安や不審な部分が無い会社は、「当社は安心です!」なんて言う必要が無いのですから。
世間一般的に、何らか不安や不審がある業種や企業が、「当社は安心です!」と言うワケです。

何よりは、高額な給料で釣ろうとする求人は、ほぼ必ず「裏」があると考えて良いでしょう。

Q60歳以上のアルバイト

60歳以上でアルバイト探しています。神奈川県相模原市ですどこが探しやすいですか

Aベストアンサー

65歳までならアルバイト・パート探しは容易だと思います。
スーパーや外食産業なら大体人手不足で困っているようです。
コンビニもそうですが、オーナーの気持ちひとつで、年齢制限はないものの
若い人を採ろうとする傾向が強いです。(老人は扱いにくいと思われているかもしれません)
と言いましたが、そこで同年齢の方が働いているなら問題ないと思いますが。

Qルート配送、企画営業経験者、採用経験者の方お願いします

こんにちわ。

都内でのバイトもしくは就職を考えています。
ルート配送や企画営業に興味があるのですが、漠然としたイメージだけで
実状をまったく知りません。

クルマに関しては普通自動車の運転歴は12年で、ほぼ毎日乗ってますがワゴンやワンボックスは
ほとんどありません。 これに関しては慣れ次第だと思っています。

必要な技能、向いてる性格もしくは向いてない性格を教えてください。
企画営業に関しては、通信業界は考えていません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ルート配送といっても、ただ決まったルートに従って荷物をとどければいい、というものではありません。それは最低限の仕事。そこで、お客様に喜ばれることによって、売上の向上にもつながるのです。例えば酒屋さんにコーラを納品する場合でも、単に注文された数量を納品するだけなら、誰でもできます。よその店ではどうやって売上を伸ばしているのか? という情報や、近隣での催し物の情報、お客様の紹介など、いろいろな面で役にたつことで、次回選んでもらえる人になることが大切です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報