シルクロードとはどのようにしてできていったのですか?
ご存じの方、是非教えてください。
お願いします。m(__)m

A 回答 (1件)

シルクロードといっても、高速道路のように一本のルートじゃないですからね。

北路と南道がありまして、時代によって変動していたはずです。海のシルクロードっていうのもありますが、、、

参考URL:http://lib1.nippon-foundation.or.jp/1996/0863/co …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシルクロードの西の果てはどこになるのでしょう。

シルクロードの東の果ては西安ですが、西の果てはどこになるのでしょう。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シルクロードは国道のように基点と終点が決まった道ではなく,ルートも砂漠ルート・草原ルート・海上ルートがあると考えられています.
しかし一般的に「シルクロード」といって思い浮かべる砂漠ルートの場合,西安を東の玄関と考えると,西の玄関はイスタンブールじゃないでしょうか.

広い意味での両端はローマと奈良かと思います.

Qレポートで困っています。(シルクロードに関して)

シルクロードに関してのレポートを4000字書いて3日後に提出しなければいけないのですが、正直言って何をテーマに4000字も書けばいいのか大変困り果てています。
何かいいサイトやテーマ、文献は無いでしょうか?本当に困ってます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Wikiを参考すれば4000字ぐらい簡単ですよ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89

Qこの写真のお城の名前を教えて下さいm(__)m

この写真のお城の名前を教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

小田原城によく似ているように思います。
こちらと見比べてみてください。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/
http://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=25141001475&GroupCD=0&no=

Q土方歳三はどのようにして帯刀していたか?

お世話になります。
土方歳三は、鳥羽・伏見の戦い以来洋装をしたと聞きます。
居合道や古流剣術経験者ならばお気づきになると思いますが、
日本刀は角帯等を用いないと帯刀できません。さらに天然理心流は
脇差しがずれないように帯をもう一度巻くのです。
洋装でもベルトをすれば一応帯刀は出来ますが、実際はどうだったの
でしょうか。ご存知の方、ご教授願います。

参考:
http://en.wikipedia.org/wiki/Hijikata_Toshizo

Aベストアンサー

刀吊りというものが当時ありました。肩から襷掛けに吊るすものです。

Qシルクロード

こんにちは。
シルクロードについて教えて下さい。

1.シルクロードは、中国と欧州を中央アジア経由で結ぶ「東西貿易路」として有名ですが、中央アジアとインドを結ぶ「南北路」としては活発ではなかったのでしょうか。インドは現代のみならず古代も重要な巨大市場だったと思われるので、貿易が活発になりそうなものですが、それにもかかわらず中央アジア・インド路が発達しなかったのは、中央アジアとインドを結ぶ道(アフガニスタン)が険しいため、中央アジアを経由しない海上交易が主流となったからでしょうか。

2.もしそうだったとすると(海上交易が主流であったとすると)、古代インドの人々が中国の絹を手に入れるのも、主に中国・インド間の海上交易によったのでしょうか。ローマ・インド間の海上交易については歴史の教科書にありますが、中国・インド間の海上交易については聞いたことがありませんので、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

陸上路が険しいことも事実ですが、当時イスラム諸国ではインド中東間の海上交通が極めて盛んだったのです。当然こちらが主要交通路になります。

中国産の物資となると、インドでとれないものは絹はそうですがそのくらいでかなり限定的です。そして市場としてもインド国内での中国市場となるとヨーロッパにおけるものよりかなり小さいです。

そうなると経済の必然で、中国物資はイスタンブールやロンドンに流れ、そちらから海路インドに行くのが主要な流れとなります。

それに昔の貿易(交易)ですから、ヨーロッパ行きにインドの物資を載せて、帰りは空荷で行くわけはありません。インド行きのヨーロッパ物資と一緒に扱われるのが一般的だと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報