お聞きしたいんですが、年賀状や初詣は新年の正月の行事になってますよね。そこで、疑問なんですがこの風習はいつから出来たものなんでしょう?由来や歴史について知っている方は教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初詣の由来と考えられるのは「年籠(としこも)り」というもので、


これは大晦日の夕方から氏神さまのおやしろに籠(こも)ったり、神社の前で夜を明かすというものです

また、恵方詣もその由来とされています。
恵方とはその年の歳徳神がいて、たたり神が来ない良い方向と考えられていました。
毎年の恵方は干支によって決まります。


年賀状の由来は下記URLに詳しく載っていますので参考になさってくださいね。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~PF5K-KDM/manaa9912.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくかつ丁寧に教えていただいて本当に助かりました!ありがとうございます!!

お礼日時:2001/11/04 23:34

初詣は、平安時代の年篭りに由来するようですが、氏神さまのおやしろに籠ったり、神社の前で夜を明かしたもので、また、「恵方詣(えほうもうで)」で、その年の歳徳神(としとくしん)に詣でることが行われておりました。


現在でも、このような風習が残っている地域があります。というより、どこの神社でも氏子が篭っているのが普通かもしれません。形だけのところも増えているようですが・・・。

最近のように、参拝客が有名寺社に殺到するようになったのは、交通機関が発達した近年からのことでしょう。
http://isweb20.infoseek.co.jp/area/kinzan/shouga …

年賀状のはじまりは、当然郵便制度が始まってからですが、爆発的に普及したのは、お年玉付き年賀はがきが売り出されてからでしょうね。
最近は、全体の1/3ほどがインクジェットプリンタ用のはがきのようです。
http://www.asahi.com/edu/nie/syasin/a-point28.html
http://www.asahi-net.or.jp/~PF5K-KDM/manaa9912.htm

参考URL:http://www.asahi.com/edu/nie/syasin/a-point28.ht … http://www.asahi-net.or.jp/~PF5K-KDM/manaa9912.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく教えていただきありがとうございます。(^^)参考にさせていただきます!

お礼日時:2001/11/04 23:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年賀切手を貼った私製年賀状の出し方

私製ハガキを使って年賀状を作りました.

これに年賀切手(下記URL参照してください)を貼れば,年賀状受付期間に差し
出すことによって,無条件に元日に配達されるように手配されるのでしょうか?

それとも,いちいち切手の下に赤字で”年賀”と書かないと,普通のハガキ
として取り扱われ,年内に先方に届いてしまうのでしょうか?

http://www.post.yusei.go.jp/kittecolle/h1423.shtm

Aベストアンサー

元・郵便局員です。

 まず、規則的なところを・・・

年賀郵便物とは
(1)「年賀」と朱書された、
(2)「郵便はがき・第一種定形郵便物・郵便書簡・第四種盲人用点字郵便物」
をいいます。
この2つの条件が揃って、はじめて年賀郵便物として取り扱われます。

 このため、年賀切手(くじ付き、くじ無し)を貼った場合でも、「年賀」の朱書がない場合には、通常の郵便物として処理される事になります。(年内に配達される可能性があります)。
 ということで、「年賀」の文字は必要という結論になります。

 では、実務的なところを申しますと、通常郵便物と年賀郵便物は「混在しないように」作業を行っております。
 が、不慣れなアルバイトの方が万一誤って取り扱った場合、通常郵便物に混在してしまうと、年内の配達の可能性が否定できません。
 このとき、「年賀」の文字があれば、どんなに最悪の場合でも配達郵便局、配達中の配達員によって発見される可能性が高まりますので、年内配達防止の意味合いで「必要」とお考えいただければと思います。

 また、12月27日の最終便までに投函された切手を貼った年賀郵便物を差し出された場合には、1月1日付の年賀の文字入り消印で処理されますが、それ以降のものは12月28,29,30,31日それぞれの普通の日付印が押印されます。

元・郵便局員です。

 まず、規則的なところを・・・

年賀郵便物とは
(1)「年賀」と朱書された、
(2)「郵便はがき・第一種定形郵便物・郵便書簡・第四種盲人用点字郵便物」
をいいます。
この2つの条件が揃って、はじめて年賀郵便物として取り扱われます。

 このため、年賀切手(くじ付き、くじ無し)を貼った場合でも、「年賀」の朱書がない場合には、通常の郵便物として処理される事になります。(年内に配達される可能性があります)。
 ということで、「年賀」の文字は必要という結論...続きを読む

Q今年の年賀状→来年の年賀状に交換は可能?

今年の年賀状(未使用)が死ぬほど余っています。
5円の手数料で年賀状→官製はがきに交換は可能のようですが、
これを来年の年賀状に交換することは可能なのでしょうか?
・・・やはり無理でしょうか?

余った年賀状の使い道は何かないものでしょうか???教えて下さい。

Aベストアンサー

元・郵便局員です。

残念ですが、今年用の年賀はがきから来年用の年賀はがきへの交換はできません。(区別して取り扱われます。)
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/hagaki/kaki_sonji/index.html

今年の年賀はがきから交換可能な郵便商品につきましては、
・通常郵便切手(お祝い用・お悔やみ用を含む)
・通常郵便はがき
・郵便往復はがき
・くじの付いていない郵便はがき
・簡易書簡(ミニレター)
・定形小包包装物(EXPACK500用封筒)
となります。
交換の手数料が提出されるはがき1枚について5円かかりますので、
私が過去に同様のことがあり、実際に行ったのは、お祝い用の50円切手と交換し、年賀状を私製はがきで作成、その切手を使用して差し出しました。

Q書き損じ年賀状→新品年賀状に交換不可と言われました

去年の12月中旬頃ですが、書き損じた年賀はがきを郵便局に持って行って
新品の年賀状に交換をお願いしたのですが、
通常はがきには交換できるが、年賀はがきには交換できない、と言われました。
(切手面の汚損等、持参したはがきに問題があるというのではなく、
年賀はがき→年賀はがきの交換自体ができないという事でした)

年賀状自体は普通に販売していましたし、
郵便局のサイトを見ても、販売期間中ならば交換できるとあるので
できないと言われた理由がわかりません。
結局交換ではなく新規に年賀状を購入したのですが、書き損じたはがきは残ったまま…
日頃はがきや切手を使うことがないので、ここで年賀はがきに交換して使用できなかったことで
非常に損をした気分です。

本来はできるはずの年賀はがき→年賀はがきの交換が、
この時できないと言われた理由として何が考えられますでしょうか?
ちなみに当該郵便局は地域を管轄している大きめの郵便局です。

Aベストアンサー

販売期間終了後に年賀はがき→年賀はがきの交換ができないのはわかりますが、販売期間中だったのに交換してもらえなかったのは謎ですね。

1、対応した郵便局員は年賀はがきを年賀はがきに交換はできない。って部分だけ覚えていて販売期間内なら交換できることを知らなかった。

2、あなたの持参した書き損じ年賀はがきが今年用(23年用)ではなかった。
過去の年賀はがきを今年の年賀はがきには交換できません。

まぁ、2はないと思いますが念のため…

Q喪中で年賀の遠慮のはがきが来た相手には年賀状は出さない?

タイトルのとおりです

私はそう思ってきましたが、
相手が遠慮して年賀状を出さないだけで、
こちらからは出すべきなんでしょうか?

不安なので、ご意見をお伺いしたいと思います。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 いまの風習では、出さないのが一般的です。どうしても出したいのでしたら、普通郵便で1月7日以降に寒中見舞いとして出した方がいいです。

 あなたが心配されていますように、本来「年賀欠礼」のはがきは、自分が喪中である事、そして、申しわけありませんが、新年のご挨拶を辞退させていただきます。という事をお伝えします。それが本当の意味なのですが、いつのまにかそれが転じて、今では「年賀欠礼」のはがきを貰ったら、年賀状を出さないという風習になっています。
 
http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20011121A/index4.htm

参考URL:http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20011121A/index4.htm

Q田舎の掟や風習などについて。

最近、近畿の山奥の集落に療養のため引っ越してきたのですがいろいろ掟?みたいなものが多くてとても苦しいです。
引っ越してきた日に村の神社の神主さんがきてしてはいけないことリストみたいなものを渡されました。
内容が「村の祭りには必ず参加しろ」(祭りの中には深夜2時から開始するのものがちらほらある)「午後4時から日没まで神社の前を通るな」(山を下りるためにはそこを通らないといけない)「白い蛇がでたら区長(神主)に報告しろ」などなど胡散臭いものばかりでした。
さらに行事ごとに使うと狐のような変な白いお面まで渡されて失くしたら村を出てもらうとまで言われました。
私は山奥でくらすのは今回が初めてなので普通の田舎がよくわからないのですがこんなに掟みたいなものがあるものなのでしょうか?
また、夜中によく人とすれ違います。
今も窓から外を見ると結構な数の人が歩いています。
田舎でも夜そとにでることはあるのでしょうか?
なんだかよそものの私を追い出すためにやっているみたいできぶんがわるいです。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何事も「悪く取っては」いけませんよ。

郷に入れば郷に従え と言われるように

そこでの習慣ややり方に従うのが賢い生き方だと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報