ただいま卒論で苦しんでいます。テーマは、人事改革についてです。
特に、なぜ必要とされているのか、その背景を調べています。

皆さんを力を貸して下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>人事改革について、その背景



従来の人事制度と変更することが必要になったのは、企業経営における環境が大きく変化したことにあると考えます。これだけですと、1行で終わってしまいますのでもう少し、私なりに深く掘り下げてみます。

1.インフレ(右肩上がり経済)の終焉とデフレの出現
1990年頃まで、株価が右肩上がりのトレンドで上昇していたことに代表されるように、インフレ状態にあったと考えられます。一方で足元の2~3年においては、株価が下落していることに代表されるようにデフレ状態にあると考えられます。インフレ下においては、物を作って直ぐには売れなかったとしても時間が経てば物価指数の上昇(貨幣価値の下落)で何れ売れるという見込みが立ちました。この場合、シェアをどれだけ拡大できるかという面に企業経営の力点が置かれ、労働生産性の低い人であってもいないよりはシェア拡大に貢献できるという意味があったと考えられます。これに対して、デフレ下では、売れる以上のものを作ってしまって時間が経てば物価指数が低下し、損失を発生させるという部分が問題となってきました。この状況においての企業経営は、効率(少ない費用で最大の効果を与えること)重視となってきています。従って、人事面では利益を生み出すことのできないような労働生産性の低い人は不要であるとの考え方が台頭しています。

2.米国と日本のリストラに対する考え方の相違
米国においては企業が不要と判断した人がいた場合、解雇という方法を用いることに何ら抵抗がありません。しかし、日本においては数年前まで終身雇用という制度が前提であった(30~40代以上がそうでしょう)ことから、米国型リストラを導入することが憚られました。しかし、効率性を上昇させるために給与制度に能力給や実績給を導入し、労働生産性の高い人と低い人の給与格差をつけるようにして費用に対する利益を拡大することを図っています

3.ITによる中間管理職の不要論
企業において、部店間の意見調整や役員と部下の間の情報の流通において中間管理職というものは必要でありました。しかし、メールによる同時通報や掲示板機能などを社内に配置することで、社内ネットワークに精通した中間管理職の必要性が著しく低下したと考えています。情報の共有化を構築できれば、中間管理職の仕事の大半がなくなります。この結果、部下の評定を行うという仕事だけが残りますが、これも実績給や能力給の導入とともに必要性が薄れています。中間管理職をなくしてフラットな組織にすることが今後の人事改革としては重要な案件だと考えています。

私が考えるところではこのような点です。他にも理由はあるとは思いまし、掘り下げ方も未熟ですので、肉付けしていただければ良いものがかけるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます!!!こんなにすばらしい答えがくるなんて(^。^)
ちょうど、息詰まっていたところなので何か光が見えてきました。

このアドバイスをかてに、これからの卒論作業頑張りたいと思います。
本当に有り難うございました。

お礼日時:2001/11/02 20:44

明確な回答が得られる質問ではありませんが、


補足で質問事項があれば質問するか
質問事項がないならば締め切るかをしていただけませんか。

補足にも答えるように心がけているのですが
数が増えてきたので、チェックできなくなっています。

甚だ身勝手なお願いですが宜しくお願いいたします。
    • good
    • 0

 うーーん、テーマが大きいですね・・・


 「特に、なぜ必要とされているのか、その背景」ですか。
 
 あくまでも小生の主観ですので、参考になるか・・・
 まず、経営者は経営にあたり何を「目的」としているかを明確におさえる必要があります。この目的により以降方向性が全く異なります。
 一般的には株主に対する責任、社会に対する責任、従業員及びその家族に対する責任を見据えています。まれに「当該業務そのものが純粋に好きだから」というケースもありますが、ここでは、前者の一般論でお話します。

 株主に対する責任とは「安定的に利益を出し続けること」でしょう。社会に対する責任とは「その会社は社会にとって有用とされること」でしょう。更に従業員及びその家族に対する責任とは「従業員及びその家族にとって幸せを継続的に保障することでしょう。これは乱暴に申し上げると高い処遇(賃金等)となりますか」

 これら3つを同時に実現させねばなりません。優先順位はありません。どれが欠けても会社経営は継続的につづきません。

 さて、目的に関し少し書いてきましたが、ココからが本題です。
 現在の低成長期に前記目的を達成するため「従業員の仕事に対するモチュベーション(動機)を保ち、また更に向上させるか(やる気にさせるか)が、人事改革の主たる目的」でしょう。そのためには「公平性、制度のオープン化、納得性等」がキーワードとなりますか。
 
 過去の高度経済成長期は皆に高い処遇とポスト(役割)、また成果に賃金を払う考えより生活型の処遇(賃金等)制度の代表である[年功序列的な処遇]で当初の目的を達成できましたが、現在の資本主義経済の行き詰まりを背景に、また今後マクロ経済において低成長が続くと考えられる中、全従業員に高い処遇を与えるのは困難であり、また公平でもない(成果高い人間は成果低い人間と自分を比較し、仕事をやってもやらなくてもほとんど処遇にかわり無いのなら「楽しよう」と感じさせたら最悪ですネ![社会主義失敗の一要因]]
 
 このような背景のもと「年功序列型」「保有能力型」「職務型」人事処遇制度より「成果型」「発揮能力型」人事処遇制度への改革移行が必要とされていると考えます。
 
 また、成果評価に関し常にその客観性・妥当性が求められますが、ムリを承知でお話すれば人が評価する以上どのような定量的指標をもって来ても評価者の主観は入り絶対評価は困難です。制度またはその運用を複雑してしまう恐れも有ります。より定量的指標を作くりは永遠のテーマです。そもそも人が人を評価すること自体にムリがありますので・・・。
 
 従って、「人事制度改革」は企業にとって常に取り組まねばならない重点項目でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!こんなにすばらしい答え、感激です(^。^)/

今ちょうど、息詰まっていたのでこのアドバイスで、更に良い卒論を制作したいと思います。

本当に有り難うございました。

お礼日時:2001/11/02 20:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小泉改革(派遣法緩和)について

所謂、小泉改革について、世間では派遣法規制緩和について
「派遣労働者を増やし、貧困を助長した」
とやり玉に挙げられています。
今回は上記の様な意見をお持ちの方に質問したいと思います。

仮に法律が改正され派遣労働が禁止された場合、
製造業を例に取ってみると、
企業は
(1)派遣労働者を正社員雇用に切り替える
(2)生産を海外移転する
(3)事業規模を縮小する
の3つから1つを選択することになると思います。

恐らく小泉改革反対派の方は(1)になることを期待している
のだと思いますが、法改正があったとしても、
企業が使える人件費が増えるわけでは無いですし、
そもそも労働者を正社員雇用できる資力が無いので、
派遣雇用していたわけですから、
(1)が選択されるケースはかなり少数だと思います。
法改正が(2)に大きく弾みを付けてしまうことは明らかですし、
その資力すら無い場合には(3)が選択され、
周辺事業も含め更に大量の雇用が失われるだけではないでしょうか?

結局、法改正によって派遣労働が廃止されたとしても、
派遣労働者の大半が失職して終わるか、
最悪それ以上に雇用が失われることになるかと思います。

「正社員雇用が増える」
「生産の海外移転は起こらず、産業の縮小もあり得ない」
あるいはその他雇用問題に良い影響がある
という方がいらっしゃったら是非理由を経済的な観点からご教授いただければと思います。

所謂、小泉改革について、世間では派遣法規制緩和について
「派遣労働者を増やし、貧困を助長した」
とやり玉に挙げられています。
今回は上記の様な意見をお持ちの方に質問したいと思います。

仮に法律が改正され派遣労働が禁止された場合、
製造業を例に取ってみると、
企業は
(1)派遣労働者を正社員雇用に切り替える
(2)生産を海外移転する
(3)事業規模を縮小する
の3つから1つを選択することになると思います。

恐らく小泉改革反対派の方は(1)になることを期待している
のだと思いますが、法改正があったと...続きを読む

Aベストアンサー

小泉政権は色々問題が有るとは思いますが、最大の功績はアメリカのご機嫌を取りまくって円安方向を継続したことかもしれません。

日本も正社員だから給料が高いと言う時代も終わってますので上場会社の社員でも生涯賃金1億5千万位から4億位まで差が付く時代になれば派遣もなくなる可能性が有ります。
ある意味同一賃金を求める組合が癌なのでしょう。

Q日本の社会をよくするために、どのような改革をすべきだと思いますか。

日本の社会をよくするために、どのような改革をすべきだと思いますか。

突拍子もない意見でもかまいませんので、教えてください。

Aベストアンサー

金権政治の禁止、此れを法律に歌うだけで
日本は良くなると思います

Q米国企業の人事

現在日本企業で働いています。
日本企業ではお昼休みの過ごし方も、職員の評価の1部になっているところがあるかと思います。たまに一人で外食に行くと、何か仲間とうまくいかないことがあるのではないか、とか、それをわざわざ確かめるために、上司も時間をずらして昼食時に席に残って部下を見ていたりといったことがあると思います。
米国企業ではこのあたりは如何でしょうか?十把一絡げにはいかないでしょうが、米国企業で働いている方、あるいはその経験がある方がいらしたらご教示頂ければ幸いです。
社員同士のコミュニケーションは常にとっておいたほうが楽しいですし、仕事もうまくいくとは思います。ただそういったことが日本企業では深く人事評価に繋がったりするようで、時として腑に落ちない気持ちを覚えます。

Aベストアンサー

現在、米国系企業で働いている者です。

会社によって職場文化はかなり違い、ほとんど日本企業化しているIBMのような例もあれば、以前は日本文化への適応を熱心にしていたのに昨今は何でもアメリカ流がグローバルスタンダードだと思っているMSのような会社もあります。

よって、あなたが外資系に転職されるのであれば、ホームページから読み取れる会社沿革や、面接等の逆質問の機会で、会社ごとに雰囲気を探っていくしかありません。

また、株式交換による買収が解禁された今、入った時は日本企業だったのが、途中で外資に変われて企業文化が変わってしまったという例も出てくるでしょう。旧DDIポケットのように、米国投資会社のカーライルに買収されWillcomへとブランド変更したものの、社風は全く変わっていないという例もあります(カーライルは今評判の悪いスティールパートナーと違い、堅実に投資し、自分たちは通信については無知であることを自覚して、経営を日本人に任せ、新社長には日本IBMの出身者を引き抜いたのです)。

私の会社の例でいえば、規則では12:00~13:00が昼休みですが、エレベーターが一斉に混雑するので、時間をずらす人のほうが普通です。みんなバラバラの時間に、勝手に食べに行っても、評価が下がることはありません。私なんか、2時とか3時とかに昼を一人で食べるのが普通です。同僚のうち、一人は自宅から弁当を持ってきており、ひとりはいつもSubwayのサンドイッチを買ってきます。ただ、ある程度は昼飯を同僚と食べに行くようにしないと、会社内の噂に疎くなるというデメリットもありますが。

現在、米国系企業で働いている者です。

会社によって職場文化はかなり違い、ほとんど日本企業化しているIBMのような例もあれば、以前は日本文化への適応を熱心にしていたのに昨今は何でもアメリカ流がグローバルスタンダードだと思っているMSのような会社もあります。

よって、あなたが外資系に転職されるのであれば、ホームページから読み取れる会社沿革や、面接等の逆質問の機会で、会社ごとに雰囲気を探っていくしかありません。

また、株式交換による買収が解禁された今、入った時は日本企業だったの...続きを読む

Q人事異動

私は大手衣料メーカーの販売員をしております
入社して1年足らずです
数ヶ月前に配属になったお店の店長が最悪です
ある日、人事権のない営業に
辞めるか、ブランド異動するか、店舗を異動しろ
と言われました
あなたがいるから、売上が上がらない。とか
異動なんて考えたことないと答えたら考えなさいよ
とか。結構無神経とかも
私の口の利き方が悪いから店長と仲が悪いんだとか
一方的に言われてしまい言い返すことができない私は
何もいえませんでした。私の言い分を言うべきでしょうか
人事権のない人にここまで言われて黙っているべきなんでしょうか

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
他の方への補足も参照させていただきましたが、残業手当が出なかったり、有休が勝手に消火されたりというのは、労働基準法違反ですね。
ぜひ、最寄の労働基準監督署へ行ってみてください。
「労働条件相談コーナー」というものが設けられています。
そこで一度実情をお話すべきだと思いますよ。

あと、今回のようなケースで離職に追い込まれた場合、「労働条件の相違による離職」ということで、自己都合退職にはなりませんから、雇用保険に加入されているのであれば、制限期間なしで受給できますよ。

Q人事部ってどんな所?

人事部って何をする所ですか?

Aベストアンサー

こんにちは♪
#1の方の「人事管理」の他に、会社によっては「労務管理」を行っている場合があります。(総務部が行っている場合もありますが・・・)
勤怠管理~雇用契約、出勤、退勤、休暇関連、退社処理
給与管理~給料、ボーナス、退職金、慶弔費
福利厚生関係~社会保険、福利厚生制度関連
同和問題対策、などですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報