先月、吐き気、頭痛で主人が入院しました。検査の結果、ちくのうの膿が顔面下に
たまる「前頭胴脳炎」と診断され、現在は一時退院し、通院しながら、2カ月後頃
受ける手術待ちの状態です。今の所で、手術するのがいいのでしょうが夫婦共々、悩んでます。オペ担当医師が、経験不足のようで・・・。救急車で運ばれてもその医師は4日間病名が診断できず、病名を告げられた際も、「自分経験上、主人みたいな症状の患者は過去にいなかったから、わかりにくかった」と
聞かされ、その医師に、手術してもらうのが、不安でたまりません。ちくのう手術を受けられた方、専門知識のおありの方、ぜひ、アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お礼について



大学ごとに各科目分野で得意、不得意があります。
耳鼻科で名古屋地区であれば、記入した病院の派遣元大学は信頼ができます。また手術の技量については、その病院の部長医師が信頼できるか、手術時に大学から専門医の派遣が期待できるところであれば同等かそれ以上の診療が期待できると考えて、私は色々な病院を『独善的に』評価しています。あくまで個人的な好みであり、これによって社会的な評価までを変えようという意図はありません。
・・・ですから、私が行くのなら(笑)です。
これ以上は突っ込まないで下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切にいろいろ教えて下さりありがとうございます....。これからの、医者選びに大変参考になりました。<m(__)m>

お礼日時:2001/11/04 07:38

名古屋市立東市民病院


名城病院

私が、自分が耳鼻科領域の手術を受けるならここにしようかと考えているところです。
ただし、副鼻腔は専門領域の医師が耳鼻科医の中でも少ない分野ですので、どうしてもその分野の専門医でなければいやなのでしたら、大学病院へ行きましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ひとつ、お聞きしてもいいでしょうか?shu.sさんは「ご自分が手術されるならここ」・・(名古屋市立東市民病院・名城病院)は、何が決め手でそちらに決められたのですか?教えて頂ければ、ありがたいのですが・・・

お礼日時:2001/11/02 22:40

以下の本はいかがでしょうか?


(医者がすすめる専門病院(東海版))

さらに、以下の本はいかがでしょうか?
==================================
日本全国病院ランキング この病気にはこの病院!
降旗正子∥〔ほか〕編
版表示 :増補・大改訂
出版地 :東京
出版者 :宝島社
出版年月:1996.8
資料形態:365p  21cm  1000円
シリーズ名: 別冊宝島  
件名  : 病院
ISBN:479661107X
NDLC: EG231
========================================
この本に記載があれば良いのですが・・・?

お近くの図書館で探されてはどうでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://mediazone.tcp-net.ad.jp/Life/book/book00a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にしてみます。

お礼日時:2001/11/02 22:45

救急車で運ばれたとするとERの有る大病院か、救急受け入れる小病院でしょうが、その時の医師がそのまま担当しているのですか?  時間がわかりませんが、夜は何科でもベテランはあまり遣りません。

 

病棟の医師に代わった場合、それほどの重症ではないと見て、多分研修医を割り当てたのでしょう。または症状から専門外だったのかも・・・(「自分の経験上・・・」とは正直だと思いますが(;^_^A))、前頭部の痛みも有るし、鼻腔内を見て、透視をすれば分かるものですし、4日も分からなかったと言うのは・・・・・

2ヵ月後の手術と言う事は、様子を見ようと言う事だと思いますが、Empyema of the frontal sinus(前頭洞蓄膿症)は保存的なのが一般的です(重症は除く)。

腕の程は別にして(;^_^A・・・良心的で自信があるのかどうかは、セカンドオピニオンをしたいので、と担当医に言って、他の専門医を「気持ち良く」紹介してくれるかどうかで分かるでしょう。 昔は意味も無く?えばる人がいましたが、今は大体自信がないと怒ります。


お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なお答えありがとうございます。専門家、fukunokamiさんにお聞きしたい
事があるのですが...。「保存的なのが一般」と、ありましたが、その、一般の状態
で、オペは必要なのですか?例えば薬を飲み続けたとして膿が完全にはなくならないのでしょうか?本人は、再発して(今は薬でおさえられているのでしょうが)辛い思いをしたくないのです。

お礼日時:2001/11/02 23:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵巣のう腫と中絶手術

現在卵巣のう腫と診断されているのですが、生理が2週間ほど遅れています。
妊娠しているかもしれないのですが、今は産める状況ではないので中絶を考えています。
もし中絶するとなると卵巣のう腫も一緒に手術する事になるのでしょうか?
まだ下の子供が小さいく長期入院が難しいので出来れば中絶のみ行いたいのですが無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

ほんとにそうですよ。ご自身の中で回答を出す前に、まず担当の先生に相談してください。

私は卵巣膿腫の中でも子宮内膜症タイプの、いわゆるチョコレート膿腫でしたがやっぱり妊娠反応が出て、手術の3日前に担当医のところに行きました。
まだ妊娠5週目だったのにしっかり胎児の心臓まで見えましてね。

私ももう予備検査も一通り終わっていましたし「手術決まってるんですから堕胎してください」と言われると思ってたんですが
「おめでとうございます。妊娠によるホルモンバランスの変化が、この病気には一番いいんですよ」
と言われて妊娠を継続しました。

もちろん、胎児が大きくなって、腫れている卵巣を圧迫しては危険ですので、安定期に入るのを待って卵巣内部の病巣を処置しました。これは日帰りの手術でしたが、胎児に危険の少ない部分麻酔+睡眠導入剤で眠っているうちに膣口から針を入れて卵巣から病巣の組織を吸いだす処置でした。

私は卵巣膿腫の前に既に子宮筋腫で手術を受けていましたので、予定帝王切開が決まっていたのですが、おなかを切った際に担当医が卵巣の状態も確認してくれて「キレイに小さくなってるから、このまま閉じておくね」と言われました。

卵巣膿腫は、そのタイプにもよると思うのですが私は体質的に繰り返しやすいのか、元気な長男が生まれてからもう一度罹っています。
その際には普通の内視鏡手術で病巣を摘出。このときは長男は1歳半でしたが、1週間ほどの入院を祖母に預けて入院しました。遠方に住んでいたのでおばあちゃんに預けるのは初めてだったのですが、我が家は何とか無事に大過なく乗り越えることが出来たようです。

この手術のあと、我が家ではまた元気な次男に恵まれて、そしてその後流産した際には入院中夫が2日間仕事を休んで子どもの面倒を見ました。
お母さんが病気で入院した場合などには、保育所でも一時保育の特別な枠があるはずですので、市の窓口などに相談するとよいと思います。
妊娠を継続できる場合でも今回は諦める場合でも、それなりに安静が必要になりますから、お母さんが少しでも休めるように今のうちに色々考えてみたほうがよいですよ。

私の体験が少しでも役に立てば幸いです。
卵巣膿腫も心配ですね。お身体を大事にして、頑張ってくださいね。

ほんとにそうですよ。ご自身の中で回答を出す前に、まず担当の先生に相談してください。

私は卵巣膿腫の中でも子宮内膜症タイプの、いわゆるチョコレート膿腫でしたがやっぱり妊娠反応が出て、手術の3日前に担当医のところに行きました。
まだ妊娠5週目だったのにしっかり胎児の心臓まで見えましてね。

私ももう予備検査も一通り終わっていましたし「手術決まってるんですから堕胎してください」と言われると思ってたんですが
「おめでとうございます。妊娠によるホルモンバランスの変化が、この病気に...続きを読む

Q78歳卵巣のう腫の手術の全身麻酔大丈夫でしょうか?

78歳になる母が茎捻転を起こし、卵巣の摘出手術を受けることになりました。
(激痛がある程度治まったので、手術は入院4日後です)
その際、手術担当の医師から
・全身麻酔
・術後の痛み止めの為、背骨から麻酔
という説明を受けました。
説明を受けてる時は、重大な病気では無い事や、
高齢者でも卵巣摘出手術を受けてる人は多いことを知り安心してしまったのですが、
いざ1人で家に戻ると、全身麻酔を受けて大丈夫なのだろうか?
ネットで調べると、高齢者が全身麻酔を受けると認知症になるなどの記事を見てしまうと
不安で不安で、死にそうになります。
私は母と二人暮らしなので、母が認知症になったり寝たきりになったりしたことを考えると
今まで苦労させてきた母が可哀そうで物凄く辛いし、また
自分も「仕事を続けつつ介護できるだろうか?」などの将来の不安も重なって
今どうしたらいいかわからず、パニック状態です。
せめて結婚でもしていたら、この不安を相談できるのだろうけど、
1人者なので誰にも相談できず、不安を抱えたままどうしたらいいかわかりません。
前置きが長くなってしまいましたが、
78歳という高齢でも全身麻酔を受けても認知症になることは無いですか?
術後、どうすれば認知症にならずに済みますか?
尚、余談ではありますが担当医の先生は
母が今まで大病を患わず、入院手術はしたことがない。
毎年簡単ではありますが、定期健診(会社で受ける健康診断みたいな簡単なもの)を受け、
そのリストを見る限り、不安材料が無いこと。
毎朝、30分ぐらいのウォーキングや家事を1人で出来ること。
食事も無理なく出来ること(飲み込みとか問題なし)
等を考慮しても、全身麻酔の手術が耐えられると思ったのじゃないかと思われます。

78歳になる母が茎捻転を起こし、卵巣の摘出手術を受けることになりました。
(激痛がある程度治まったので、手術は入院4日後です)
その際、手術担当の医師から
・全身麻酔
・術後の痛み止めの為、背骨から麻酔
という説明を受けました。
説明を受けてる時は、重大な病気では無い事や、
高齢者でも卵巣摘出手術を受けてる人は多いことを知り安心してしまったのですが、
いざ1人で家に戻ると、全身麻酔を受けて大丈夫なのだろうか?
ネットで調べると、高齢者が全身麻酔を受けると認知症になるなどの記事を見てし...続きを読む

Aベストアンサー

私も専門家でもなんでもないので、確たることは言えませんが…危険性については昔に比べれば「格段に向上した」というのは言えると思います。

麻酔にはたしかにリスクはあります。
糖尿病とか、呼吸器疾患とか、いろいろな既往症があるとリスクは高くなりますが、質問から見るとそうではないようです。
なので、医師の方も許可されたのだと思います。

全身麻酔の後遺症によるものでは「術後せん妄」というものがあげられます。
http://www.tyojyu.or.jp/hp/page000000800/hpg000000773.htm
しかし、これは一過性の場合が多く、また、認知症とは別に分けて考えられるものです。
また「痛み止め」などの服用によっての幻覚なども見られる時がありますが、これも認知障害とは少し違います。

詳しいことは、専門的知識が豊富な方にお任せしたいと思います。
とりあえず、ということで。

Q2年前の背中の手術跡が痒くてたまりません

ちょうど丸2年前に背中にできものができ、(良性ではありましたが)放っておけばどんどん大きくなってしまうということで、全身麻酔で取り除く手術をしました。
傷跡は10センチ程度です。
気になってはいたのですが、最近特に痒さが増してきました。
傷跡のケロイドの状態も少しずつ大きくなってきています。
部分的にケロイドがないところもありますが、縫合をもう少し上手にやってくれていたら、こんな状態にはならなかったように思えます。

手っ取り早いのは、おなじ箇所にもう一度メスを入れ、上手に縫合してもらうのが良いようにも思えますが、つらい思いをして再手術をしても、本当に治るという保障もない気がします。
手術をしたヤブ外科にもう行きたくないのですが、今の状態を改善するためには、近所の皮膚科だけで済みそうなことなのでしょうか。
(今の時期、メチャメチャ混んでいますが・・・・)

どなたかこの分野に明るい方、何かアドバイスいただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私はトクダームという貼付剤とアンデベートという塗り薬は使ったことが無いのですが、たぶんステロイド系のお薬なんだと思います。
先生は副作用を心配されているのだと思います。
http://www.e-skin.net/ds_steroid-sef.htm
ですので、先生のおっしゃるとおり長時間は止めた方が良いですね。
薬無しで圧迫だけされたらどうでしょうか?
完治はしませんが、少しずつ平らになりますょ。
その内、お時間が出来たら形成外科にも行かれたら良いと思います。
皮膚科は当たり前ですが、皮膚の病院です。形成外科はくずれてしまった形を、より良くする病院です。
あまり痒かったり痛みが酷くなった時は、形成外科なら注射をしてくれます。
この注射はすごい痛いですけど、一時的に痒みや痛みは治まります。
一時的ですけどね・・。3週間くらいおきに続けるとだいぶよくなりますが、この痒みと痛みには一生付き合うことになると思います。
それを解消したいなら、強いレーザーで焼くことです。
強いレーザーで焼くと、ずいぶん平らになります。
平らになればなるほど、痛みや痒みは無くなっていきます。
ただレーザーはお金がかかりますけどね。
ご質問の「貼り薬の時間」からはだいぶそれてしまってすみません。
こちらの答えは「長時間の使用はさけたほうが良いと思います。」になります。

こんにちは。
私はトクダームという貼付剤とアンデベートという塗り薬は使ったことが無いのですが、たぶんステロイド系のお薬なんだと思います。
先生は副作用を心配されているのだと思います。
http://www.e-skin.net/ds_steroid-sef.htm
ですので、先生のおっしゃるとおり長時間は止めた方が良いですね。
薬無しで圧迫だけされたらどうでしょうか?
完治はしませんが、少しずつ平らになりますょ。
その内、お時間が出来たら形成外科にも行かれたら良いと思います。
皮膚科は当たり前ですが、皮膚の病院...続きを読む

Q顔面痙攣 神経血管減圧術(NVD)手術に熟達した医師の探し方

掲題の通りです。
神経血管減圧術(Neurovascular Decompression: NVD)手術に熟達した医師を探してます。

該当手術に熟達した医師を【探す方法】のみでも御教えください。

次のサイトは確認済みです。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/Thaz6/hfs/choices.html#jannetta

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

記載があるかどうかわかりませんが、一つの探す方法として
----------------------------------------
日本全国病院ランキング この病気にはこの病院!
降旗正子∥〔ほか〕編 別冊宝島/1996
関東病院ランキング/丹羽幸一/洋泉社/2001.4
関西病院ランキング/丹羽幸一/洋泉社/2001.7
いい医者いい病院がよくわかる本/米山公啓/三笠書房/2001.9 
良い病院・悪い病院の正しい選択/松下一成/全日法規/2001.6 
良い病院、悪い病院の見分け方/メディカル・ブレイン…/三笠書房/2001.3
========================================
お近くの図書館で探されては如何でしょうか?

ご参考まで。

Q医師間の意思疎通不足による再手術は医療ミスと言えるのでしょうか?

私(息子)の母(70代)は掛かりつけの医院にて腹部のできものが
あまり良くないと言われ近くの皮膚科の病院を紹介され、診察して
もらった所、ボーエン病(高齢者の体幹や四肢に好発する境界の
はっきりした径数cmの褐紅色斑)と診断され切除手術が必要なため、
大学病院(診断した医師が在籍している病院)の紹介を受けました。

母は大学病院に行ったのですが、当日はその医師が不在であった
ことからその部下の医師が私でも出来ますからと言われて切除手術を
受けました。
ところが患部が暫くしてもピリピリするため再度診てもらった所
(この時は最初に診断した医師(上司))、褐紅色斑部分が切除
されていないためピリピリと痛むとの事で、上司本人が手術して
いたら一度の手術で切除すべき患部全てを取っていたと言うのです。

たまたま部下の医師が手術したため、上司との医師疎通が
出来ていなかったのか?それとも技術不足だったのか?
いずれのせよ、一度の手術で済むところが二度もやる羽目になって
しまいました。母も上司の医師がいる日を確認してから行けば
良かった言っていましたが、部下の医師に大丈夫と言われれば
信頼してしまうと思います。私はどうしても医師間(上司・部下)
医師疎通が出来ていなかったために再手術(医療ミス?)になった
としか思えないのですがどうでしょうか?
ちなみに再手術は5日後に控えています。

私(息子)の母(70代)は掛かりつけの医院にて腹部のできものが
あまり良くないと言われ近くの皮膚科の病院を紹介され、診察して
もらった所、ボーエン病(高齢者の体幹や四肢に好発する境界の
はっきりした径数cmの褐紅色斑)と診断され切除手術が必要なため、
大学病院(診断した医師が在籍している病院)の紹介を受けました。

母は大学病院に行ったのですが、当日はその医師が不在であった
ことからその部下の医師が私でも出来ますからと言われて切除手術を
受けました。
ところが患部が暫くしても...続きを読む

Aベストアンサー

部下といっても大学内で自分で切除予定を組めるくらいですからスタッフと考えられます。よって、彼なりにここを切除すべきという理論があると思います。したがって、一般的な医療ミスとして立証するのは困難です。

大学内で全員が一致して治療を行う訳ではなく、中には対立関係にある場合があります。こういう場合、一方の医師がもう一方の医師のやり方に対して非難することはよくあることで、一方の言い分だけ信じて大げさにするとやっかいな事になります。

基本的にボーエン病の切除は患部を切り取ることが目的で症状をとる事が目的ではないので、ピリピリ感が残っていたとしても不十分な手術であったという事にはなりません。再手術で取り切れていなかった部分が残っていたという証明が病理学的になされるまでは、不十分な手術であったかどうかは言えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報