こんにちは。今化合物名を勉強しているんですが、次のものが何だかさっぱりわかりません。教えて下さーい!ちなみになぜそのような名前になるのか命名法があれば詳しく教えて下さい。

・(CH3)2CHCH2CH2CH2CH2OH
・NH2CH2CH2NH2
・CBrClF2
・CH2=CHCH2CH=CH2

なにやら色々つながっているんですが、、CH3COOHが酢酸くらいなら私でもわかるのでが、後はギブアップです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> なにやら色々つながっているんですが・・・



「なにやら色々」とは何でしょう? つながっているものの意味すらわかりませんか?

もしも化学を専攻されていて今後も化学の勉強をしたいのでしたら、IUPAC命名法というのを根本的に勉強してください。これが分からない人には化学を職業とすることは無理です。

ちなみに、もう質問されてから十分時間が過ぎているので敢えて回答させて頂くとしたら、次のようになります。

5-methylhexanol、
1,2-diaminoethane、
bromochlorodifluoromethane、
1,4-pentadiene

IUPAC命名法の勉強をされている方にはすぐにわかることです。
    • good
    • 0

 「今化合物名を勉強しているんですが、」とありますが,どんな勉強をされているのでしょうか。

化合物名の勉強といえば,まづ命名法(命名規則)の勉強だと思いますが。

 簡単に命名手順を示しますと,

1)規準になる炭素鎖を決めます。
2)規準になる官能基を考慮して,炭素鎖に名前を付けます。
3)他の官能基の名前と位置を接頭辞として付け加えます。
4)立体を示します。




 です。詳細については,kawariv さんもお書きの様に,教科書等(有機化学の教科書には必ずのっています)の具体例を見ながら勉強して下さい。
    • good
    • 0

 arere さんの他の質問と併せて考えると、arere さんは高校生ではないですよね? 大学生でしたら、まず図書館に行って「有機化学の基礎」だとか「IUPAC命名法」だとかいうタイトルの書籍を探してみて下さい。



 有機化合物の命名は、基本的には「IUPAC」の規則で行います。これを説明し出すとすさまじく長くなります。それに、書籍で具体例を見ながら命名の仕方をマスターする方が長く頭の中に残ると思いますよ。なんでメタノール、エタノール、プロパノール・・・というのか、それがメタン、エタン、プロパンとどういった関係にあるのかや、接頭語のジ、トリ、テトラは何を意味しているのか、など。

 それでも理解できなかったら補足下さい。

 決して質問にあきれているわけではなく、手取り足取りは arere さんのためにならないと思うからこそですので、ご理解願います。
    • good
    • 0

>今化合物名を勉強しているんですが、


以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で#3で紹介した成書等を参考にして、arereさんが正しいと思う答えを書かれて、回答を求められては如何でしょうか・・・?

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=92046
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=96734

補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=70663
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有機化学の問題です。 CH3COOH, HSCH2COOH, HOCH2COOH を酸性度の高い順に

有機化学の問題です。
CH3COOH, HSCH2COOH, HOCH2COOH
を酸性度の高い順に並べるとどうなりますか?
理由も教えてください。

Aベストアンサー

HOCH2COOH(グリコール酸)>HSCH2COOH(チオグリコール酸)>CH3COOH(酢酸) です。

カルボキシル基に何がくっついているかで、カルボキシル基の-OHのOの電子密度が影響を受けます。
-OHのOの電子密度が小さくなるほどHが電離しやすくなり酸性度は大きくなります。

酢酸は-COOH基にほぼ電荷的にバランスが取れたメチル基が付いていて、Cを通して-OHの結合になっているのですが、
-OHのOに対して電荷の影響を及ぼさないです。

一方、チオグリコール酸とグリコール酸ですが、-COOHに付いているのは、それぞれHOCH2とHSCH2です、
どちらも電気陰性度が高いOとSの影響が-CH2-と-COOHのCを通して-OHのOの電子密度を低くします。
酢酸よりも、チオグリコール酸とグリコール酸の方がカルボキシル基の-OHのOの電子密度を低くして電荷が+寄りになっているのでHが電離しやすく酸性度は高くなります。

チオグリコール酸とグリコール酸ですがSよりもOの方が電気陰性度は高いので、カルボキシル基の-OHのOの電子密度を低くしますので、グリコール酸の方が酸性度が高くなります。

酸解離定数pKaで比較すると、
グリコール酸pKa=3.1 チオグリコール酸pKa=3.52 酢酸pKa=4.70 
くらいだと思いますがこの数値はネットで色々と拾ってきた数値なので便覧か何かで調べたほうが正確な数値が得られると思います。

HOCH2COOH(グリコール酸)>HSCH2COOH(チオグリコール酸)>CH3COOH(酢酸) です。

カルボキシル基に何がくっついているかで、カルボキシル基の-OHのOの電子密度が影響を受けます。
-OHのOの電子密度が小さくなるほどHが電離しやすくなり酸性度は大きくなります。

酢酸は-COOH基にほぼ電荷的にバランスが取れたメチル基が付いていて、Cを通して-OHの結合になっているのですが、
-OHのOに対して電荷の影響を及ぼさないです。

一方、チオグリコール酸とグリコール酸ですが、-COOHに付いているのは、それぞれHOCH2とHS...続きを読む

Q酢酸(CH3COOH)の酸解離定数

酢酸(CH3COOH)の酸解離定数なんですが、文献によって(解離定数の逆数の対数値)pKa=4.56のものと4.76のものなどがあったのですが、正しくはどれなのでしょうか?また、なぜ違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

化学便覧 基礎編 改訂5版(丸善)によると、酢酸の pKa は
 4.76 (25℃,無限希釈溶液)
 4.57 (25℃,0.10 mol/L)
とのことです。

濃度によって pKa が変わるみたいですね(より正確には、濃度ではなくてイオン強度に依存するので、共存する電解質の濃度によっても変化します)。

Qα-アミノ酸は同一炭素に-NH2、-COOHが結合

質問です。

教科書、参考書を読んでα-アミノ酸は同一炭素に-NH2、-COOH、-Hが結合しているものだと理解しました。

ですが、私の持っている本では全て
「α-アミノ酸は同一炭素に-NH2、-COOHが結合したもの」
と書いてあります。

この説明だとα-アミノ酸はR-R'-C-NH2-COOHというように炭素に水素以外の炭化水素基が結合する可能性があるので不適切だと思います。

同一炭素に-Hが結合していることを意図的に説明していないように思うのですが、何か理由があるのでしょうか?

お手数ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

kamonanbaさんのおっしゃるとおりです。若干補足しますと
天然のα-アミノ酸は20種ということを参考書などで見たことが
ありませんか?
こういった記述を裏返して意味を取れば、天然には存在しないアミノ酸
があるということです。すなわち、kamonanbaさんのおっしゃるように、
α炭素にその他の官能基がさらについたり、置換基Rが例えばエチル基
だったりしてもです。
「α-アミノ酸は同一炭素に-NH2、-COOHが結合したもの」、これがα-アミノ酸の定義となります。
つまり、α-アミノ酸の数は無限にあるということです。

Q酸性アミノ酸と塩基性アミノ酸のCOOH/NH2の解離について

初歩的な質問で申し訳ないんですが、酸性アミノ酸において、側鎖のカルボキシル基とα炭素につくカルボキシル基では、どちらが先にイオン化するのでしょうか?

また、同様に、塩基性アミノ酸の側鎖のアミノ基とα炭素につくアミノ基ではどちらが先にイオン化するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

R-COOH ⇔ R-COO^- + H^+

基本的にはα-位の-COOHが最も解離しやすく、離れる程し難くなります。


R-NH2 + H^+ ⇔ R-NH3^+

「イオン化し易い順」つまり塩基としての強い順ですね。

基本的に-NH2はα位から離れる程、塩基として強くなります。

QCH3C≡Nと(CH3)2=CH2とHClの反応

http://d.hatena.ne.jp/ao-1/20090616/1245161313

この反応では、H+が炭素の二重結合と反応する事から始まります。

ですが、次の反応は起こりうるでしょうか?

H+がCH3C≡Nと反応しCH3C+=NHになってCH3)2=CH2とHClと反応する。

Aベストアンサー

CH3C+=NHのC+のところで付加するかということでしょうか?
実験結果からすればそれは起っていませんね。もしもそうなら付加の方向が逆になるはずです。極めてわずかながら起っている可能性は否定できませんけどね。
また、その場合、HClはどうなっているというお考えでしょうか。その辺りも含めて考える必要があると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報