質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

氷が水の中ではくっついたのにジュースの中ではくっつかないということに気付きました。これってなにか理由があるんですかね?

A 回答 (2件)

水はは摂氏0度で氷になりますが、さらに冷やすと0度以下になります。


水に氷を入れると、氷と氷の間の水が凍って氷同士がくっつきます。
しかし、ジュースなど不純物を含んだ水は、凝固点が氷よりも低いため、0度より低い温度でもなかなか凍らないのでくっつかないのです。
    • good
    • 1

No.1さんのお答えでいいのですが若干補足。



氷が水またはジュースの中で溶けている状態では、
水またはジュースの温度は0℃です。

水は0℃ですが氷の内部はマイナス温度です。
だから氷に触れた0℃の水は0℃より少し温度が下がり凍って氷同士をくっつけるのです。

ジュースは融点(凝固点)が低いので、0℃では凍りません。

余談ですが、氷の柱を2点で支えて針金の輪をかけ、重しを吊るすと
、氷の中を針金が通り抜けて行きます。
氷は切れません。
圧力をかけると氷は融けるのです。圧力がなくなると又すぐ凍ります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理科の自由研究で悩んでます!

飲み物に氷を複数入れると、くっつくという疑問を調べるために実験をしました。結果として、氷の表面が一旦解けて、また凍って氷同士がくっつくのではないかと考えました。それを証明するにはどういった実験をすれば良いのですか?また、この考え方は合ってるでしょうか?

いろいろと用事があるのでなるべく早い回答をお願いします。
ご協力宜しくお願いします。

Aベストアンサー

氷も水であると考えると、(1)氷同士の隙間の水(2)氷から溶け出した水、この二点が氷の溶着に関係していると思われます。(2)が支配的の場合は氷が溶け出す速度が速いほど溶着し易いと考える事が出来ます。

氷の溶着と言っても、結晶の成長に似ていると思うので糖などの不純物は結晶化を遅らせる要因になると思います。これは(1)が支配的な事を示していると思います。

(1)と(2)について考えて見る為の準備として,

・冷えてる飲み物と冷えてない飲み物と言うのではなく、温度を測ってやって見る事。
・糖の濃度を変化させてやって見る事。
・氷の溶着をどう表現するか?デジカメ?

自由研究のストーリとしてはこうです。
●・・・について調べて見た。
●冷えている飲み物より、あまり冷えていない飲み物の方が氷がよくくっつきました。また、どんな飲み物で氷がくっつかないかという実験をしたところ、糖が関係しているのではないかという結果が出ました。
●そこで詳細に調べて見た。・・・。
●まとめとして,例えば冷えてない場合は糖の濃度は余り関係なかった。例えば冷えている場合は糖の濃度が影響した。など。

氷と水の様子を分子の図を取り入れて見ていて分り易く書けると良いですね。

氷も水であると考えると、(1)氷同士の隙間の水(2)氷から溶け出した水、この二点が氷の溶着に関係していると思われます。(2)が支配的の場合は氷が溶け出す速度が速いほど溶着し易いと考える事が出来ます。

氷の溶着と言っても、結晶の成長に似ていると思うので糖などの不純物は結晶化を遅らせる要因になると思います。これは(1)が支配的な事を示していると思います。

(1)と(2)について考えて見る為の準備として,

・冷えてる飲み物と冷えてない飲み物と言うのではなく、温度を測ってやって見る事。
・糖...続きを読む

Q氷が指にひっつくのは、なぜでしょうか?

化学の宿題で
「冷凍庫から出してすぐの氷はなぜ指にひっつくのか?」
というのがでました
今、授業で凝固点降下とかを勉強しているのですが
やはりそれと何か関係があるのでしょうか
もし、わかる方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください

Aベストアンサー

0度近くのやや暖かい?氷では引っ付きません。
-10度以下の物が引っ付きやすい。
指に付いている水分が氷を触った瞬間に凍ってしまうためですね。
指を十分乾かして触るとつきにくい。

例えば、カラカラに乾燥した手袋で氷を持つとくっつかない、ぬれた手袋はくっついて離れない。(一度実験してみましょう)
凍りも出来るだけ低温のものを用意すること。

Q氷の溶け方について質問です。

自由研究で「どの飲み物に入れた氷が早く溶けるか」を実験しました。
飲み物は、コーラ、オレンジジュース、牛乳、水、コーヒーです。
飲み物の温度、量はすべて同じです。
その中に氷3つを入れどの飲み物に入れた氷が溶けるか調べました。
氷の大きさ入れた時間すべて同じです。
それで1番早く溶けたのは水でした。
2番がコーヒー。
3番が牛乳。
4番がオレンジジュース。
最後がコーラでした。
この結果を見て普通は炭酸のコーラが早く溶けるって言うんですが
私の実験はコーラが最後でした。
これってやっぱり実験に失敗してしまったのでしょうか?
それと水が1番早く溶けた理由も分かりません。
私なりに調べてみましたが分かりませんでした。
なので分かる方いましたら
なぜ水に入れた氷が早く溶けるのか?
なぜコーラに入れた氷が最後なのか?
教えてください。
お願いします!!!!

Aベストアンサー

さほど不思議な結果ではないように見えます。
液体に入れた氷が溶ける速さに影響するのは主に液体の粘度と熱伝導率です。
粘度が高いと熱の対流(拡散)が起こりにくくなります。水をかき混ぜると氷が速く溶けることを考えれば分かるように、かき混ぜる効果が小さいほど氷の溶ける速さは遅くなります。

つまり例えば牛乳と水とを比べた場合、おそらく牛乳の方が粘度が高いことが予想されるので、水の方が熱を拡散させる効果が高く、より速く溶けることが予想されます。
また、熱伝導率の大きさも一つの要因です。
90℃のサウナと90℃の熱湯は同じ温度でも熱湯の方がより熱く感じると思います。これは理由があって、液体というのは気体に比べて熱を伝えやすいのです。熱湯は自らの温度を素早く物体に伝えるため、より熱く感じるというわけです。
だからコーラが最後なのはかなり納得できる結果です。コーラに入れた氷はたくさんの炭酸ガスの粒で覆われているはずです。水やコーヒーなど完全な液体に包まれた氷と比べると、氷に熱が伝わっていくスピードはかなりゆっくりなものなはずだと考えられます。
またこれは何も液体と気体の間だけにある違いではありません。熱の伝わり易さというのはあらゆる物体の間で異なります。コーヒーと水との間では、水の方が熱伝導率が高いということもあり得ます。

なので、この実験結果はさほどおかしなものとは思いません。きちんと分析すれば優れた自由研究になると思いますよ。

さほど不思議な結果ではないように見えます。
液体に入れた氷が溶ける速さに影響するのは主に液体の粘度と熱伝導率です。
粘度が高いと熱の対流(拡散)が起こりにくくなります。水をかき混ぜると氷が速く溶けることを考えれば分かるように、かき混ぜる効果が小さいほど氷の溶ける速さは遅くなります。

つまり例えば牛乳と水とを比べた場合、おそらく牛乳の方が粘度が高いことが予想されるので、水の方が熱を拡散させる効果が高く、より速く溶けることが予想されます。
また、熱伝導率の大きさも一つの要因です。...続きを読む


人気Q&Aランキング