最新閲覧日:

能動形磁気軸受ってなんですか?”Virtually zero-powered Magnetic suspention”といいJ.Lymannという人が米国特許を1975年に取得している。らしいのですがよくわかりません。教えて下さい!!

A 回答 (1件)

その特許の内容はわかりませんが、能動形磁気軸受けの概要について説明します。



磁気軸受けは、磁力によって軸を浮かせたまま回転させる軸受けであり、反発式と吸引式があります。
反発式は磁石の同極同士が反発する性質を利用したもので、反発力と軸の荷重がつりあった位置に軸が浮きます。
吸引式は鉄などでできた軸を電磁石で引きつけることにより軸を浮かせるものですが、軸が電磁石に近づくと吸引力が強くなってさらに近づき、逆に遠くなると吸引力が弱くなってさらに遠のくので、軸の位置が不安定になります。 これを解決するため、軸の位置によって磁力を調整する機能を持ったものが作られました。 これが能動形磁気軸受けです。

磁気軸受けは、接触する部分なく回転するので低損失で耐久性に優れた特性を持ちますが、軸が浮いているため荷重の変化や振動によって軸の位置が変わりやすいという欠点があります。 このため反発式でも、一方の磁石を電磁石にして反発力を変えて、軸の位置を調整する機能を持ったものがあります。 これも能動形磁気軸受けです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報