交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。



 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 
    • good
    • 15
この回答へのお礼

分かりやすい丁寧なご回答、大変感謝いたします。
本当にありがとうございました。

おかげさまで、すっきりいたしました。

お礼日時:2005/09/01 18:47

 ご質問の回答を致します。


任意保険会社は仮払いした分の内120万円を自賠責保険から回収いたしますので、任意保険会社は120万円を超えた分だけの負担に成ります。ですから総額が120万円内なら相手の保険会社は一銭も負担しない事に成ります。
参考までに自賠責保険の慰謝料は
 実日数73日×2=146日<総期間148日
 4,200円×146=613,200円に成ります。任意保険の慰謝料は隔日で約5ヶ月ですので55万円位でしょう。しかし任意は受傷状態や部位で金額が考慮されます。120万円での示談なら120万円から治療費を引いた分があなたの取り分です。任意ならしっかり事故での損害を主張して交渉して下さい。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

数度に渡る詳しい回答をありがとうございました。
おかげで大変助かり、またすっきりしました。

お礼日時:2005/09/01 18:46

皆様沢山の回答を寄せているようですが、任意保険の考え方に、自賠責保険で払えないものを払う、という考えがあります。



自賠責の上限以内であっても、自賠責と同じ金額を上限とした慰謝料の上乗せ払いが可能です。
しかし、近年、保険会社も経理内容を良くしたい、と考えるあまり上乗せ払いをする会社が減っているのも事実です。
要は、任意保険を使うだけの理由があるかどうか、ということです。
内容を読んでいますと、休業も8日と短期であり、実質損害は補填されていますので、これ以上の上乗せは無理でしょう、事故太りになるように見えます。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

自賠責限度額で示談することにします。

お礼日時:2005/09/01 18:48

訂正m(_ _"m)ペコリ


×慰謝料は51万
○慰謝料は55万
    • good
    • 8

ん?過失相殺がなければそんなおかしなことにはならないはずなんですけど・・・


(1)と(2)で治療費が10万違うのは何故ですか?
そもそも治療は症状固定または治癒で完了したのですか?

その計算始期が正しければ自賠責基準での計算では126万で自賠責を超えるので任意基準となり、任意基準の計算で69万+50万で119万が自賠責基準を下回るので120万までの支給=慰謝料は51万支払われるという実務になろうかと思われます。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/01 18:49

追伸 そういうことになります。


例えばのケースでいえば、#3さんの書き込みのとうりになります。
被害者からすれば、自賠責は規定の範囲内 最低限度保障と考えられ、任意にかかればもっと多くの保障が得られると勘違いされるので敢えてお得になるケースもあると申し上げました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お忙しい中、丁寧なアドバイスをありがとうございました。
NO3さんに補足でお願いしましたが、もう少しですっきりしそうなのですが・・・・

お礼日時:2005/08/31 21:59

 NO.1さんのご回答通り、自賠責保険の限度額を超えますと基礎から任意保険の計算に成ります。

従って過失相殺もされます、しかし自賠責保険の総額で傷害の限度額120万円を下回る事は有りません。これは自賠責保険の支払い基準で決められています。例えば賠償金の総額が150万円で過失が30%で有ったとしますと計算では105万円に成りますが、自賠責枠の120万円までは支払う事になります。ですから自賠責保険内で示談した方が得くであると言うことは絶対にありません、なぜなら自賠責保険の金額を減額する事は出来ないからです。任意保険を使う場合前記のような例で考えますと総額が150万円で過失が10%の場合は賠償金額は135万円になり15万円は相手の任意保険会社の負担に成ります、ですから任意保険の計算に成りますと過失が大きく影響するのです。自賠責保険内で示談すれば相手の保険会社は自社の負担金が有りませんので自賠責保険内で示談したいはずです。

この回答への補足

すみません。おぼろげには理解出来たのですが、
未だ分かりかねている部分があります。
お手数をお掛けして恐縮ですが、ご教授をお願いできませんでしょうか?

◆賠償総額について

私の過失は0です。
(信号待ちで止まっている所に後ろから追突されました)

通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)
交通費 5万円

これを自賠責基準で算定すると
慰謝料等 76万3200円です。・・・・★
これに病院に払う治療費が50万円。
賠償総額は、76+50=126万円
ですよね。
(1)保険会社が提案しているように
これを自賠責基準の限度額内で収めようとすると
 120万ー50万治療費=70万・・・これが私の受領額となります。

しかし、限度額120万円を超えているから、
慰謝料を任意基準で算定すると

慰謝料 54万円 休業補償・交通費(15万円)
で私の受取額は54+15=69万円となります。

(2)この場合の賠償総額は、69万+60万(治療費)=129万
 となります。

お金の出所は、
(1)の場合はすべて自賠責保険。(120万以内で収めるから)
(2)の場合はすべて保険会社持ち
と考えて良いのでしょうか?

それとも、(2)の場合は賠償総額129万円のうち9万円が
保険会社から拠出されるのでしょうか?

いずれにしても★部分の76万円の補償は難しいってことですかね。

補足日時:2005/08/31 21:54
    • good
    • 10

過失相殺の法的根拠は民法722条2項です。



第722条(損害賠償の方法及び過失相殺) 
2 被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。

よって任意基準を適用する場合には、総損害額から過失相殺を適用して支払いという形になります。
自賠責はあくまで被害者保護の観点から重過失以外は過失による減額はないとしているだけですから、任意基準になった場合には必ずしもこれに従う必要はないということです。

もう少しわかりやすく説明しますと、実際の処理ではありえませんが、総損害額を任意基準で算出し、相手の保険会社から過失相殺されたものを受け取り、これが自賠責の120万未満であれば、差額を自賠責から回収することができるということです。
※実際の処理ではこれはありえない話なので、あくまで考え方の仮定の話として下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
今回は過失相殺が全くありません。

お礼日時:2005/08/31 21:56

自賠責120万超えて任意保険に係る場合は根っこから任意基準で計算されます。

 任意の慰謝料計算についてはよくわかりませんが、たとえば過失相殺事故などは任意で請求するより、自賠責120万で納めた方が結果的に得な場合がおうおにしてあります。(過失相殺されないため)
自賠責120万を超えた部分の差額計算ではなく総額計算です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>自賠責120万を超えた部分の差額計算ではなく総額計算です。

そうなのですね。私はてっきり保険会社に丸め込まれてるんだと思ってました。

それでは、
慰謝料等の被害者の受け取り額は、120万を境に逆転現象が起こるんですね。

すると、任意基準ではじくと120万円以内に収まるまることになりますが(今回のケースでは)、その額を保険会社が自賠責に請求して、自分の会社の腹は痛まないということで、よろしいのでしょうか?

補足日時:2005/08/31 17:53
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物損事故ですが、このような場合、自賠責保険は適用されますか?

車同士の衝突事故(物損事故)がありました。(過失割合はまだ決着がついていませんが、保険屋さん同士の話合では、私2:相手8という明らかな相手の過失です。)
お互いに怪我はなかったのですが、私が今妊婦なので念の為に病院へ検査に行きました。検査結果は、赤ちゃんは無事で元気でいてくれました。そしてその時の医療費は事故によるものとして全額私が立て替えました。(金額は1万円未満です。)
私の保険担当者より相手の保険屋さんへ医療費の話をしたところ、相手より「医療費なんか支払うかっ!」という言葉を返されただけで、もう支払ってくれる気配もないので、保険屋さんと相談した結果、自賠責保険へ請求することになりました。
ですが、自賠責保険は人身のみと聞いています。
物損事故での自賠責への請求の場合は、理由書のようなものをつけて請求することも可能ということも聞いたことがあるのですが、今回の私のような場合は、出るものなのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問文を読ませていただいた限りでは医療費が1万円未満で済んでることから一般的に"軽微なおケガ"だったと察することができると思われます。
前置きとして最終的には自賠責保険会社が判断することですが、今回の場合ではおそらく人身届がなくても請求されてもいいと思います。
【必要なこと】
(1)自賠責保険金請求書類をあなたが加入している保険会社もしくは相手の加入している保険会社で貰ってくる。
#1にもありますが「人身事故証明書入手不能理由書」も貰っておくことです。
あくまで請求先は"相手の自賠責保険会社"です(事故証明に相手自賠責保険会社と証明書番号が記載されてます)
※被害者請求になるのでこの件(自賠責保険請求)に関しては示談書は必要ありません。
(2)免許センターに「事故証明書」を発行してもらう・・・有料(600円程度)
(3)病院に(1)の中に入っている自賠責保険請求用の「診断書」および「診療報酬明細書」を発行してもらう。・・・有料(病院によって料金はマチマチですが高いところでも1万円はしないです)
(2)および(3)でかかった金額も認定されればあとで回収できますのでご安心ください。

その他として車で通院されていれば通院交通費(1Km=15円)も請求できます。
慰謝料も「通院した回数×2倍×4,200円」もしくは「総治療日数×4,200円」のどちらか少ない方が対象になります。(診断書の結果「治癒」ではなく「中止」もしくは「継続」の場合は上記の金額に加えて3万円弱ほど余分に貰える可能性があります)

基本的にいろいろご自身でやらなければならないので、もし面倒なのであれば治療費で自己負担した分はあきらめるしかないです。

P.S.>私の保険担当者より相手の保険屋さんへ医療費の話をしたところ、相手より「医療費なんか支払うかっ!」という言葉を返されただけで、もう支払ってくれる気配もないので云々・・・。
当然です。 人身扱いになっていないので相手(任意)保険会社はその責任はありません。 加えてあなたが加入している任意保険の「人身傷害保険」および「搭乗者傷害保険」も対象になりません。

ご質問文を読ませていただいた限りでは医療費が1万円未満で済んでることから一般的に"軽微なおケガ"だったと察することができると思われます。
前置きとして最終的には自賠責保険会社が判断することですが、今回の場合ではおそらく人身届がなくても請求されてもいいと思います。
【必要なこと】
(1)自賠責保険金請求書類をあなたが加入している保険会社もしくは相手の加入している保険会社で貰ってくる。
#1にもありますが「人身事故証明書入手不能理由書」も貰っておくことです。
あくまで請求先は"相手の自...続きを読む

Q交通事故の主婦の休業補償に関することです。治療費と慰謝料、休業補償費が自賠責保険の限度額の120万を

交通事故の主婦の休業補償に関することです。治療費と慰謝料、休業補償費が自賠責保険の限度額の120万を超えたので、任意保険から出すが、休業補償は出ないと、保険屋から言われました。これは正しいですか?

Aベストアンサー

ずっと以前は主婦=無職という考えで審査していましたので
無収入の主婦に休業損害なんてありませんでした。

でも、最高裁が主婦(正確には「家事従事者」)と言えども
それを職業と見なすという判決を出し、保険もそれに
従わざるを得なくなりました。

そこで、自賠責では最高裁の判例に従い、5700円/日を
実治療日数分出すようになったのです。

でも、任意保険では最高裁の判例では算出基準までは
出されていないので、通院日数=休業損とはみなしません。
それは丸1日病院に居て、主婦業ができないなんてありえない
という事で、2日で5700とか3日で5700円とかの計算に
しています。

また主婦業が本当にできないのかも問題にしますので
自賠責を超えたものは払わないというケースもあるのです。

Q物損事故と人身事故の違い(自賠責と刑罰)について

車の追突事故にあいました。。
納得はしていませんが、こちらにも過失があるということで処理が終わりそうです。
過失割合は、最悪でも5:5と思われます。
運転手は双方に怪我があり、当方の搭乗者が一番重いけが人となっています。
重い、といっても軽いムチウチで、後遺症などはないものと思われます。

そこで教えていただきたいのですが、
・物損事故での処理を勧められています。
相手の保険会社から連絡があり、物損のままでも、運転手、搭乗者ともに怪我の治療などは相手の自賠責を使うとのことですが、そんなことは可能なのでしょうか? 可能なばあい、人身事故との違いは一体どこにあるのでしょうか? また、運転手と搭乗者で受けられる補償はおなじですか?

・人身事故にした場合、双方の運転手が受ける罰則はどのようなものですか?
5:5の場合、先方6:当方4の場合、先方4:当方6の場合、それぞれで刑量に違いがあるのでしょうか?

・相手の保険会社から、同意書が送られてきました。これを送り返さないと病院への照会ができず困るそうです。物損事故か人身事故が決まっていませんが、何も気にせずに署名して返送しても大丈夫でしょうか?

・本来、 搭乗者はどちらの車の自賠責保険から補償を受けるのでしょうか?


事故にあい、納得できない挙句に、自分が無知だと思い知らされております。。。。
何卒よろしくお願いします。。。。

車の追突事故にあいました。。
納得はしていませんが、こちらにも過失があるということで処理が終わりそうです。
過失割合は、最悪でも5:5と思われます。
運転手は双方に怪我があり、当方の搭乗者が一番重いけが人となっています。
重い、といっても軽いムチウチで、後遺症などはないものと思われます。

そこで教えていただきたいのですが、
・物損事故での処理を勧められています。
相手の保険会社から連絡があり、物損のままでも、運転手、搭乗者ともに怪我の治療などは相手の自賠責を使うとのことですが、...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
私事で忙しく、ついつい返事が遅れてしまいます。
事故処理が済んでしまっていたら申し訳ありません。

あなたの前回の補足で、7割5分くらい、疑問が解けました。
物件事故は何100件あっても「事故」ではありません。
逆に、どんな軽微なけがでも人身事故は、「事故」1件として扱われ
しかも、けが人が3人も増えてしまいます。
特に責任ある立場の警察官にとっては、にぎりつぶしたいでしょうね。

しかし、それによって、損害の割合が5:5になってしまうとしたら、
これほどあなたに損なことはありませんよね。

まぁ、いろいろ複雑なようですから、ご自分に罰則が及ばない、
タクシー会社(の保険会社)が、全額を負担するというのが、
現実的な落としどころだと、やっぱり思いますが、いかがですか?
これは、少し大人の解決法だと思いますけどね。

しかし、それで、どうしても納得がいかないということなら、
前にも書きましたが、人身扱いにして、同乗者とあなたが一緒に、
「被害者」として、診断書を提出すべきだと思います。
「あとから人身に…」もできなくはありませんが、
だったら警察に「物件扱い」を宣言する必要はありません。
「時効」が成立するまでは、
いつでも人身扱いに切り替えてもらうことは可能です。
その期間は3年のはずですが、ここ1か月くらいのうちなら、
なんの差し支えもありませんよ。
もし、金曜日に「物件扱い」と連絡してしまっていたとしても、
もう1度蒸し返すことも可能です。
「書類を破棄した」とか言い出したら、
「申し訳ありませんが、保険の関係もあるので、
 もう1度調べ直してください」と言えば良いでしょう。

警察が、あなたも相手の運転手も被疑者と言うのは、ある面、建前論です。
警察が事故の責任を決めるわけではないのですから、
同等に「自動車運転過失傷害」の被疑者として扱う…これは当然と言えば当然ですよ。
最終的に、当事者に対する刑罰は裁判所が決めますが、
大岡越前ではないのですから「けんか両成敗」はありえません(笑)

これも前に書きましたが、人身事故として届け出て、調書が書かれる場合、
警察がどう言うかにかまわず、同乗者の方の調書には、
「相手のタクシーが乱暴な運転をしなければ、事故は起きなかったと思います。
 私は○○さん(あなた)の車に善意で乗せていただいていたので、
 ○○さんの責任を問うつもりはありませんが、
 相手のタクシーの運転手は、今後2度と乱暴な運転をしないために、
 厳しく罰していただきたいと思います」と、書いてもらってください。
何か言われたら、「法律のことは分かりませんが、
調書には、私の思うことをそのまま書いてください」とでも答えておけば良いでしょう。
その1文を滑り込ませることができ、全体の内容に納得が行けば、
調書に署名捺印してください。
ここでの供述が裁判でも証拠になりますから、決して妥協はしないことです。

動くつもりがあるのでしたら、月曜からでも動いてみたほうが良いですよ。
金曜日までに人身の扱いを提出するよう言われていたそうですが、
それは単に口約束の範囲で、法律的な縛りはないと思われます。
しかし早いに超したことはないですよ。

最初に7割5分と書きましたが、
正直、あとの2割5分は、なんとなく釈然としないんですよね。
突き進もうと思っておいでなら、ここの相談だけでなく、
無料の法律相談とか、いろいろ手を尽くして理論武装したほうが良いと思いますよ。

こんばんは。
私事で忙しく、ついつい返事が遅れてしまいます。
事故処理が済んでしまっていたら申し訳ありません。

あなたの前回の補足で、7割5分くらい、疑問が解けました。
物件事故は何100件あっても「事故」ではありません。
逆に、どんな軽微なけがでも人身事故は、「事故」1件として扱われ
しかも、けが人が3人も増えてしまいます。
特に責任ある立場の警察官にとっては、にぎりつぶしたいでしょうね。

しかし、それによって、損害の割合が5:5になってしまうとしたら、
これほどあなたに損なこ...続きを読む

Q自賠責の120万円を超えると慰謝料がやすくなる??

お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減ってしまうという事なのでしょうか?何処かで 自賠責基準<任意基準<弁護士基準見たいなのを見た気がするのですが気のせいでしょうか?

(2)自賠責の120万円は慰謝料よりも治療費に充てられたという考え方で良いですか?

(3)だとすると自賠責の120万を超えないようにしなくてはいけないという事ですよね?
 自由診療だと1点当たりの値段が医者によってバラバラだそうですがそれでは何を基準にして
 治療費を見極めればよいのでしょうか?例えば医者に直接治療費を聞いたりしたら教えてくれる
 ものでしょうか?逆に保険会社に問い合わせたら教えてくれますか?

(4)難しい質問だと思いますが腰を痛めて数回のレントゲン、痛み止めやシップ、リハビリ等の治療を
 行い40回程、通院した場合、慰謝料等含めて120万円超えてしまうと思いますか?自転車の弁償は自賠責関係ないですよね??

御指導宜しくお願い致します。

参考

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1462191964

お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減って...続きを読む

Aベストアンサー

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日)単位で慰謝料の日額単価は逓減していきます。
ご質問のケースで、実治療日数118日であれば治療費・通院交通費など他の損害額が226,000円以内に収まらないと、保険会社は任意保険基準で慰謝料を算定します。治療費は、健康保険を使用した場合でも、本人負担分だけでなく、健保負担分も合わせた額ですから、まともな治療をしていたなら収まるはずがありません。
ちなみに、ご質問のケースで、任意保険が642,000円であれば、弁護士基準でも970,000円程度になるはずです。

(2)違います。そもそも慰謝料の算定基準が違うだけで、治療費・有職者の休業損害など実損害額の算定基準は、任意保険・自賠責保険・弁護士基準でも同じです。
ただ、健保の使用で治療費を抑制することは、自賠責限度額を有効に使う上で必要なことです。

(3)治療費の累計額を把握している医師は少なくないですか。個人医でも、医療事務スタッフが健保・損保への請求をしているはずですから。対人一括払いの場合、病院は毎月、診断書と診療報酬明細書(レセプト)を、月末締めで翌月中・下旬に損保に送付します。レセプトに毎月の治療費の総額が記載されていますから、それで確認できます。また、レセプトの送付時期に病院の会計窓口の人に尋ねると、教えてもらえると思います。

(4)健保使用であれば、治療費+慰謝料では越えません。休業損害があれば別ですが。自転車の賠償は物損ですから、自賠責は無関係です。

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日...続きを読む

Q物損事故→人身事故? 自賠責か労災?

回覧ありがとうございます。
14日に朝の通勤中事故起こしてしまいました。
相手の車が前を走っていて減速したので、左にホームセンターがあり左折するのか、止まるのかと思い、のろのろ運転だった為にいつも追い抜かさないですが、追い抜ことしたら、相手がウインカーあげずに右折、そのままぶっかってしまいました。
相手に怪我なく次の日診察し私は一週間の加療になりました。
その場は物損事故扱いになりましたが、今日診断書を出しに警察へ行った所、診断書を出すという事は運転注意義務がなかった為減点、点数をひいて下さいの意味しかなく相手にも迷惑がかかる。物損事故処理の方がいいと、かなり高圧的に言われました。
もちろん減点覚悟でいきましたが、点数引かれる以外なんのメリットもないと言われました。相手にも迷惑かかるし…と
今後物損事故→人身事故にしなくて大丈夫なのでしょうか?
治療も今後続くと思うので…回覧お願いします。
あとこの場合自賠責と労災ではどちらを使えばいいですか?
長文すいませんでした。回答いただければありがたいです。

Aベストアンサー

診断書が提出されれば、人身事故に切り替えるのは警察官の義務です。

今回の警察官の言動は、服務規定に違反しています。

交通事故の場合は、労災適用でも過失割合に応じて労災が自賠責・任意保険へ請求をします。

今夏は、そのままで人身事故にすることを薦めます。

警察官が、執拗に拒否をする場合は事前に警察本部の電話番号を調べておき、目の前で監察官室へ電話してください。

Q自賠責保険の慰謝料はどれくらい治療の期間が空くともらえなくなりますか?

自転車に乗っていて、居眠り運転の車にはねられました。(当方の過失は0です。)

質問1)その時のむち打ちで整骨院に通っていましたが、家庭の事情や年末年始の病院の休み等で、通院の間が1ヶ月半ほど空いてしまいました。
まだ痛みがあるので再度通院したいのですが、この場合は、もうこれ以降の通院の慰謝料はもらえないのでしょうか。

質問2)
傷跡が残ったので、後遺症認定をしてもらいたいのですが、それにかかる治療費は実費なのでしょうか。

基本的なことかもしれませんが、調べてみても事例が見つかりません。お詳しい方がいらっしゃりましたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交通事故経験者です。1ヵ月半なら大丈夫でしょう。示談して無いならOKです。が、保険会社によって言うことが違うので保険会社の担当者に聞いてください。(保険会社としてはなるべく払いたくないのでダメって言う担当者がいますが、そんなことはないはずです)
万が一自賠責で出来ないとしても、第三者行為による被害届を出せば健康保険で通院できるはずです。
(が、書類書いたりするのが面倒です)
治療が開くと、痛みがあっても交通事故のものと認められない場合がありますので、痛みがある間はなるべく続けて通院したほうがいいですよ。というかリハビリ続けないと治らないです。
また、近年整骨院への自賠責の審査が厳しくなっておりますので、痛みがある間は月に数回は整形外科でお医者さんに時々診てもらった上で整骨院へ行ってくださいね。
後遺症認定は医者しか出来ないのでお医者さんで聞いてください。
どうぞお大事に。

Q交通事故 自賠責のみで物損の請求額が加害者(自分)のほうが多くなりそう

交通事故 自賠責のみで物損の請求額が加害者(自分)のほうが多くなりそうなのです。

先週 自転車(中学生)バイク(自分)で事故を起こしてしまいました。
こちらが走行中対抗側から自転車の急な斜め横断(後方を見ながらの)での事故です。

幸い相手方は軽い胸の打撲で軽症でした。しかし自転車は前車輪が曲がり走行不能です。
自分は右足のくるぶしに剥離骨折があり、医師に仕事は最低1週間は休むように言われました。

その日の夜 相手宅に電話をした際 相手側の保護者から
治療費、自転車の買い替え、保護者の就業保証(加害者を迎えにくるのにパートを休んだ
そうです。)を請求されました。


任意保険には自家用車の保険にくっつけて入っていたつもりが入ってなかったので
自賠責だけでなんとかしなくてはいけません。
人身事故なので相手側の治療費は自賠責でなんとかなるのですが
物損のほうが示談で過失割合を決めるところなのですが
自分はバイクの修理費、就業保証(副業もしているので日給にすると23000円弱で2週間弱
休んでいる状態です。)をあわせるとこちらに過失があっても相手側の請求額
を上回ってしまいそうです。
このことを相手側に伝えると話がこじれそうなのですがどうしたらいいでしょうか?

自分としては自転車を保障してそれで終わらせたかったのですが、
相手側は10:0で考えているのかかなり強気でした。

よろしくお願いします。

交通事故 自賠責のみで物損の請求額が加害者(自分)のほうが多くなりそうなのです。

先週 自転車(中学生)バイク(自分)で事故を起こしてしまいました。
こちらが走行中対抗側から自転車の急な斜め横断(後方を見ながらの)での事故です。

幸い相手方は軽い胸の打撲で軽症でした。しかし自転車は前車輪が曲がり走行不能です。
自分は右足のくるぶしに剥離骨折があり、医師に仕事は最低1週間は休むように言われました。

その日の夜 相手宅に電話をした際 相手側の保護者から
治療費、自転車の買い替え、...続きを読む

Aベストアンサー

対抗側からの急な斜め横断ですか。交差点でしょうか。
横断歩道付近の歩行者でも3割の過失がありますが。
状況がよく分からないけど、多分自転車に6割以上の過失があるかと思います。
相手の方(家族)は免許を持たないのですかね。。強気だなぁ・・。
あなたの希望は自転車の弁償をして即示談と言うことですね。
キッチリ話しを付けて損するのは相手だと思うので、これは相手にとって嬉しい話しだと思います。
相手の方が過失0を主張してる事には(今後争う事を考慮して)否定した上で、「トラブルが嫌だから早く示談をしたい。自転車の弁償だけはするので、それで示談と言うことでどうでしょうか?」と返事に数日の猶予を与えれば、多分飲むと思いますよ。
余計な事をいうと脅しと取られかねませんからお気をつけ下さい。

Q交通事故の任意保険基準の慰謝料の額

交通事故(右足打撲と事故の衝撃によって腰を打ち、ずっと腰痛に悩まされていたので、MRI検査を受けた結果、医師いわく元々の素因はあったと思われるが、事故の衝撃で症状が出てしまったのだろうとの見解でした。坐骨神経痛の症状が出ています。まだ、少し痛みます。)で通院期間約6カ月で実通院日数は接骨院50日、整形外科30日です。過失は当方は10%です。、自賠責の120万超えはしておりますので、任意保険基準になると思うのですが、そこで質問です。

1、慰謝料は任意保険基準でおおよその金額を教えてください。表のようなものを見てもよくわかりません。

2、上記の程度の症状では後遺症の申請は難しいでしょうか?

3、過失分の10%は自分の車の人身傷害保険で負担してもらえると聞いたのですが、満額(過失の10%分)支払ってもらえるものなのでしょうか?


何卒、アドバイスの方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1、慰謝料は任意保険基準でおおよその金額を教えて
  ください。表のようなものを見てもよくわかりま
  せん。

これは素人には解りません。だから被害者はこの金額
でいいのか?と必ず悩むんです。
俺は、保険屋に「あなたの怪我では、全ての人におい
てこれしか慰謝料は出していません。もしこれに不服
ならあなたが不服の根拠と金額を提示してくれれば再
度検討します」と言われました。

2、上記の程度の症状では後遺症の申請は難しいでしょうか?

後遺症の申請は簡単です、主治医に交後遺障害診断書
を書いてもらうだけです。(5000円くらいかかり
ますが)
でも認定されるかどうかは別問題です。
書いてもらって提出してはどうですか?

提出先は任意保険屋ですが、その後どこぞやの
第3の機関で2,3ヶ月かけて審査します。

3、過失分の10%は自分の車の人身傷害保険
  で負担してもらません。

 っていうかosukaru-samaさんが負担する必要な
 いですよね?
 相手の補償は
 osukaru-samaさんの任意保険屋が10%分
 だけ相手に補償するのですから。
 osukaru-samaさんが自腹で10%分補償し
 ませんよ。

 ただ自分が10%悪いので、補償額の10%
 は、手に入らない計算ですが、これはosukaru-sama
 さんが1割悪いのですからしかたありません。

 せめて生命保険にでも加入していればそっちから
 お金もらえますが。
 生命保険に加入していますか?

1、慰謝料は任意保険基準でおおよその金額を教えて
  ください。表のようなものを見てもよくわかりま
  せん。

これは素人には解りません。だから被害者はこの金額
でいいのか?と必ず悩むんです。
俺は、保険屋に「あなたの怪我では、全ての人におい
てこれしか慰謝料は出していません。もしこれに不服
ならあなたが不服の根拠と金額を提示してくれれば再
度検討します」と言われました。

2、上記の程度の症状では後遺症の申請は難しいでしょうか?

後遺症の申請は簡単です、主治医に交後...続きを読む

Q物損事故で自賠責しかなく相手に支払えない場合

100%本人が悪くて修理費を請求され払えない場合は
どのようになっていくのでしょうか?

Aベストアンサー

最悪の場合にはですが、請求された方の財産や預貯金を差し押さえられたり、また、勤務者であれば給料等の差押えも、裁判所からの礼状が出れば実施されますし、住まいの差押えなども。
親や兄弟や知人や友人や金融機関等からの借金をしても、少しでも支払いに応じられることをお勧め致します。

Q相手の自賠責保険と任意保険は、まとめて任意保険の会社に任せた方がいいの

相手の自賠責保険と任意保険は、まとめて任意保険の会社に任せた方がいいのか?

連投失礼します。
交通事故の被害者です。

加害者の任意保険の会社からの問い合わせで
「自賠責保険と任意保険とありますが、我々の任意保険(加害者側)の会社で自賠責の方の処理も一括していいですか?」
と聞かれたのですが、これもお願いした方がいいのでしょうか?

なんだか、任意保険の担当の人が印象悪いので
自賠責保険と任意保険と別々の窓口にしてもらったほうがいいのかな?なんて思っています。
結果は同じですか?

ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

印象が悪かろうとなかろうと、今では一括払いが常識ですよ。

自賠責の保険会社は事故に関しての処理は何もしてくれませんよ。
また事故の報告もする必要はなく、貴方が自賠責の保険会社に勝手に
請求すればよいだけです。

ただし、他の回答にもあるように、事故処理のノウハウもない貴方
には無理でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報