電気通信に比べて光通信はなぜ速い(高容量)のでしょうか?
光信号伝達速度と電気信号伝達速度って基本的に同程度のオーダーですよね。
低伝送損失、耐ノイズなどにより中継、エラー訂正などの余計な処理が少ないからでしょうか?
光の方が周波数を細かく分割利用できるから帯域の利用効率が高いのでしょうか?
原理的(基礎的)な質問です。
細かいところは結構ですから、主だった理由をお教えください。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

変調をかけて信号を載せた場合、データ量は基本周波数に依存するからでしょう。


電気信号=電波としてもせいぜいGHzですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/02 18:14

こんにちは。

Pesuko さんの仰るとおりでしょう。

最近、CPUなどでGHzのやつが出て来てますが、半導体レーザーで有名な赤い光でもPHz(ペタヘルツ=1000THzテラヘルツ=1000000GHz)帯ですからね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFTTHでインターネットとフレッツ網での速度測定をしましたが。。

Bフレッツマンションタイプを
導入しました。プロバイダはぷららです。
うちのマンションにおいては下り最大100Mbpsときいています。

下りの速度について、

インターネットでは概ね15Mbps
フレッツの速度測定では86Mbps
でした。

この差は何(どこ)が原因と考えられますか?
また改善することができるのでしょうか?
せっかく光にしたのに、今のところインターネットでも意外と遅くて残念です。

Aベストアンサー

インターネットの速度を測定する場合、各測定サイトの混雑具合などによって速度が大きく変わることがあります。
ですから複数のサイトで測定してみましょう。
Yahooなどで「スピードテスト」で検索すれば測定サイトがたくさん出てきますよ。

ちなみにBフレッツの構成は以下のようになってます。
[PC]----[フレッツ網]----[プロバイダ]----[測定サイト]


どのサイトでも遅いとなるとプロバイダ側の問題も考えられます。こうなるとプロバイダを変えるしか方法はありません。

QBSとUHFの伝送帯域幅から情報レートの算出

BSとUHFの伝送帯域幅から情報レートの算出

BSデジタルの伝送帯域幅34.5MHzと、地上デジタルのUHF伝送帯域幅5.7MHzから情報レートを算出する方法が分かりません。
BSデジタルは8PSKで3bit、地上デジタルのUHFは64QAMで6bitだという事までは分かるのですが、具体的な計算式をご存知の方がおられたら教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

伝送帯域幅から伝送速度を算出する事は出来ません。
おおよその値を推定する程度は出来ます。
たとえば地デジだとOFDMですからGIなどの、情報以外の時間がそれに使われています。
誤り訂正の為の冗長な部分もあります。
地デジの伝送レートが分かれば良いというのであれば↓
http://www.ite.or.jp/study/musen/tips/tip01.html

Qインターネットの速度測定について

このたびNTT西のフレッツ光ネクスト隼(Ipv6)にしました。

NTT通信網内の速度はIpv6測定で最高747.45Mbpsで、その他の一般の測定サイトでは80~90くらいです。

一般のサイトでも次のサイトは「553.3Mbps」出ました。

http://www.nuro.jp/speedup/nuroCheck.html

次のサイトは一度「155.13Mbps」出ました。

http://www.musen-lan.com/speed/

ほかの一般測定サイトは大体「80~90」くらいなんですが、これは何が考えられますか?こんなもんでしょうか?

PCはWin8.1UPDATEでプラウザはIE11です。もちろん有線接続です。

Aベストアンサー

インターネットは、複数のユーザで共有したものです。
サーバにより経路が異なります。
そのサイトへの速度がそれだけであり、すべてのサイトでその速度が出るとは限りません。サイトによっては、数Mbps以下になる場合もあります

ベストエフォートですから、こんなものってものが、数Mbps以上でも言えたりします。
ただ、90Mbpsとかそれ以上でると現実的には早い方に分類されるのが現状

Qベースバンド伝送の信号

ベースバンド伝送では単にケーブルを接続するだけでデータ伝送できる、とあります。確かにRS-232Cインターフェースでパソコン同士を直結するとこれはベースバンド伝送です。このときの信号レベルはMAX+15V~-15Vの複流RZの直流電圧パルスです。これはベースバンド伝送の説明としては私のような通信ビギナーにもわかりやすい。ところがものの本に「ベースバンド伝送とは元の信号波形の周波数スペクトルをほかの周波数に移動することなく、ある周波数帯域全部を使用してひとつのディジタル信号を伝送する方式」などと、厄介なフーリエ変換の理論を使って説明されたりします。ベースバンド伝送の信号形態はは単なる直流のパルス信号だ、と思っていた質問者はこの説明の前に困惑するばかりです。そこでご質問です。
・ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号とは違う信号形態である。(とすると なにものか?)
・ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号であるがこれを専門的に説明すると周 波数スペクトルのお話になる。
質問者としては後者の答えを期待しますが、そんなに簡単なお話でもないような?どなたかご回答いただけたら幸甚です。

ベースバンド伝送では単にケーブルを接続するだけでデータ伝送できる、とあります。確かにRS-232Cインターフェースでパソコン同士を直結するとこれはベースバンド伝送です。このときの信号レベルはMAX+15V~-15Vの複流RZの直流電圧パルスです。これはベースバンド伝送の説明としては私のような通信ビギナーにもわかりやすい。ところがものの本に「ベースバンド伝送とは元の信号波形の周波数スペクトルをほかの周波数に移動することなく、ある周波数帯域全部を使用してひとつのディジタル信号を伝送する方式」など...続きを読む

Aベストアンサー

No.2の回答者:anisolさんの回答に同調します。

ベースバンド伝送の要件は
(1)(直流)パルス信号の直接伝送(変調は掛けない)
(2)1チャンネルだけの伝送(多重化しない:出来ない)
だと思います。
もう一つ付け加えると(言いかえると)、「直流を含めた全周波数帯域を使った伝送」と言えるでしょう。理由は無限の高調波があるから。ただ、符号設計によっては直流成分ゼロも可能ですから直流成分の有無は必須条件ではないでしょう。

本題に戻って、質問者:sm123さんの質問に対して答えれば、ご期待通り、後者が答えでしょう。

もともと矩形波のパルスは無数の高調波を含んでいますよね。これをそのまま遠距離伝送すれば波形が崩れるのは当たり前です。ここでフーリエ変換の登場となります。

次に周波数帯域の話ですが、パルスの直接伝送よりも変調したほうが占有周波数帯幅が狭いのですね。逆説的ですが、直接伝送では矩形波の伝送が前提です。ところが変調した場合、基本波成分の伝送に中心が移り、高調波は軽視されます。

ベースバンド伝送は(直流)パルスの伝送でフーリエ変換と無縁だと思いたいが、結局は波形の崩れや、変調を掛けたときの話で、フーリエ変換から逃れられない。
そんな気がしています。

つまり、「ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号であるがこれを専門的に説明すると周波数スペクトルのお話になる」と言うことだと思います。そして、パルスの遠隔伝送時の波形の崩れに対しては(一つの方法として)フーリエ変換に登場してもらうしかないと言うことでしょう。

私も過去に、質問者と同じ疑問を持っていて、伝送時の波形の崩れはLCR回路の充放電でも感覚的な解釈は可能だったのですが、フーリエ変換で疑問は全て氷解しました。

No.2の回答者:anisolさんの回答に同調します。

ベースバンド伝送の要件は
(1)(直流)パルス信号の直接伝送(変調は掛けない)
(2)1チャンネルだけの伝送(多重化しない:出来ない)
だと思います。
もう一つ付け加えると(言いかえると)、「直流を含めた全周波数帯域を使った伝送」と言えるでしょう。理由は無限の高調波があるから。ただ、符号設計によっては直流成分ゼロも可能ですから直流成分の有無は必須条件ではないでしょう。

本題に戻って、質問者:sm123さんの質問に対して答えれば、...続きを読む

Qフレッツ速度測定サイトと一般測定サイトとの差は?

最近、ADSLから@nifty光ライフwithフレッツ(戸建、ファミリーハイスピードタイプ) に乗り換えました。
回線のボトルネックとなった部分の改善した結果、フレッツ速度測定サイトでは平均400Mbps出るようになりました。
しかし、Radishなどの一般速度測定サイトでは20~60Mbpsしかでません。
両速度測定サイトの違いは、この質問サイト等で理解しているつもりですが、皆さんの書き込みを見ると、だいたい1:0.7~0.5位のスピード差のようです。
私のように1:0.1の差というのは、あまりにも大きいような気がします。
私は東北のはずれの田舎に居住していますが、Radishなどのサーバは東京が多いようです。このため遅くなっている。また、私の地区へのプロバイダーのバックボーンが細いと思っていたのですが、電話局は違いますが同県の同じプロバイダーの友人は、フレッツ速度測定サイトでは平均180Mbps、Radishなどの一般速度測定サイトでは平均90Mbpsだそうです。
この違いは、何があるのでしょうか。

Aベストアンサー

http://flets.com/customer/tec/square/speed/speed1.html
の図を見るとわかるとおり、速度測定サイトはフレッツ網内までの速度、一般測定サイトはA装置~ISP~インターネットを経由した速度です

ですので、フレッツ網内までは比較的空いているが、A装置~ISP~インターネットのどこかがボトルネックになって20~60Mbpsに落ちているということになります

ファミリータイプでも近所の人たちと、
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071225/290222/zu02.jpg
のような感じで光ファイバの帯域を共有しますが、田舎だとユーザが少なくて共有している人数が少ないのかもしれません

Q光ケーブルでの通信速度の劣化

 光ケーブルではADSLに比べて速度の劣化がほとんどないというような事
をどこかで耳にしたことがあるのですが、本当でしょうか?

それと、ダイヤルアップ接続ではアクセスポイント、ADSLではNTT局舎を経て
インターネットに接続していましたが、光ケーブルではどうなのでしょう。

わかる方 おられませんか。お願いします。

Aベストアンサー

Q/光ケーブルではADSLに比べて速度の劣化がほとんどないというような事をどこかで耳にしたことがあるのですが、本当でしょうか?

A/事実ですと言うより、光ケーブルは数百キロ単位でわずかな劣化しかありません。理想的な通信網です。
(よく考えてください。海底ケーブルなどは光ケーブルですが、これが長距離通信で劣化するような物だと、海外に電話できませんし、通信も・・・それがないわけですから・・・現状では最高の通信です)

光ケーブルはデジタル信号を光に乗せて通信します。
対して、ADSLはメタル(同軸)ケーブルに電波を流しそれに乗せます。前者は光を使うため、外部からの干渉はきわめて受けにくく、直角に曲げたりして光が届かなくならない限り、信号がとぎれることはないです。
対して、メタルケーブルでは光とは違い。電話線も古くからある物で、高速なデータ通信に適した物を使っているわけでもなく、外部干渉を受けやすい上に、メタルケーブルで信号伝達するために、現在の無線信号を扱ったりする世の中では、干渉が極めて起きやすいです。(まあ、それだけの問題ではないですが・・・わかりやすく)

Q/ADSLではNTT局舎を経てインターネットに接続していましたが、光ケーブルではどうなのでしょう。

A/どれも同じです。NTTのフレッツADSLとBフレッツ(FTTH、光ファイバ)での比較がわかりやすいでしょう。どちらも全く同じで、家庭から送られる通信データはNTTの交換機で地域IP接続網にブリッジ(橋渡し)します。
(電話はここで電話交換され電話番号先に近い交換機とリンクします。)
これは、ADSLもFTTHも同一です。
そこで、ブロバイダ認証を受けてネットへ接続となるのです。
変わるのは、電話局の交換機と家庭までの回線や設備がアナログのメタルケーブル(ADSLの場合)か、光ケーブルのデジタル接続か(FTTHの場合)という違いだけです。

Q/光ケーブルではADSLに比べて速度の劣化がほとんどないというような事をどこかで耳にしたことがあるのですが、本当でしょうか?

A/事実ですと言うより、光ケーブルは数百キロ単位でわずかな劣化しかありません。理想的な通信網です。
(よく考えてください。海底ケーブルなどは光ケーブルですが、これが長距離通信で劣化するような物だと、海外に電話できませんし、通信も・・・それがないわけですから・・・現状では最高の通信です)

光ケーブルはデジタル信号を光に乗せて通信します。
対して、A...続きを読む

Q回線速度測定について

いまNTTのフレッツ光を使ってます。

ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。
しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、
【あなたの回線速度は94.034M】

どっちが正しいですか?
その理由も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、【あなたの回線速度は94.034M】

NTTの顧客情報サービスサイドとは、正しい名称は、NTT東(西)の「サービス情報サイト」で、旧「フレッツスクウェア」のことですね。(名称が変更になったと、画面に出ています)
こちらの測定サイトは、プロバイダの混み具合も、プロバイダへの接続回線等々も、「含んでいない」測定サイトです。
この測定サイトはNTT東(西)のフレッツ網内での測定サイト、プロバイダや回線等の混み具合に影響されません。

なお、この、NTT東(西)の「サービス情報サイト」(旧フレッツスクウェア)は、NTT東(西)のフレッツ契約のインタネット回線だけに無料で接続できるサイトです。
フレッツ契約以外のインタネット回線は、接続出来ません。
フレッツ契約なのに、NTT東(西)の「サービス情報サイト」へ接続出来ないかたは、接続用の設定が出来ていないと思われます。

フレッツ契約かどうかを確認するには、NTT東(西)からの請求書・契約書等のインタネット回線にフレッツと付いているなら、フレッツ契約です。
または、プロバイダとの請求書・契約書等の料金プラン名に、やはり、「フレッツ」、または、「FOR フレッツ」と付いているなら、フレッツ対応のインタネット回線です。

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線...続きを読む

Q光の通信速度が遅くなりました。。

今までNECデスクトップVALUESTAR(VS5007D) XP HOME Celeron2.4GHz メモリ768MBで光(Bフレッツ)の通信(LANケーブルで接続)30~40MBあったのですが、最近購入したノートVAIO(VGN-SZ70B) XP HOME Core Duo 1.66GHz メモリ1GBで接続したところ通信速度が10MBに落ちてしまいました。。NTTの接続ツールで直接接続でも、高速ルーター(BUFFALO WZR-G144N)経由でも同じくらいの速度です。パソコン自体に設定や問題があるのでしょうか。。また、ノートなのでこのくらい速度が落ちてしまうのでしょうか。。詳しい方おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!

RWinの設定で変わると思いますが、ルーター等を通すと速度は落ちてしまいます。

DVSL(終端端末装置)からランケーブルでPC接続で最速と成りますが、ルターや無線LAN等を使用すると激減しますね、ですが使用に関しては左程の変化は無いと思います。

RWinの設定方法と解説です。
http://www.bspeedtest.jp/speedup.html
※尚設定等は自己責任で判断して下さい。

Q複数の速度測定で結果バラバラ

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版 回線速度測定結果
http://zx.sokudo.jp/ v3.0.0

回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/
サービス/ISP:光プレミアム ファミリータイプ/その他
サーバ1[N] 16.1Mbps
サーバ2[S] 17.1Mbps
下り受信速度: 17Mbps(17.1Mbps,2.13MByte/s)
上り送信速度: 32Mbps(32.1Mbps,4.0MByte/s)
診断コメント: 光プレミアム ファミリータイプの下り平均速度は
31Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、
もし無線LANを使用している場合は問題ありません。(下位から30%tile)

PCはバイオノート ペンティアム4 2.4G メモリ1Gです。
この測定ってどのように判断すればいいのですか?
下の測定が正しいならちょっと遅いような気がしますが・・・。
何か設定があるのでしょうか??

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版...続きを読む

Aベストアンサー

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大速度を知るためであるため、遠く離れた海外のサイトで速度を測って、遅いなぁという結果が出てもあまり意味はありません。
ですから、自分の回線からより近く、太い線でつながっている信頼できる速度測定サイトの結果を信用するのがよいと思います。

フレッツの場合、フレッツスクエアに速度を測る場所があり、ここで計るとインターネットのバックボーンの影響を受けずに正確な数値が得られます。
http://flets.com/customer/tec/square/speed/speed1.html など
フレッツ以外でも例えばeoなどのプロバイダは、自己のネットワーク内に独自の速度測定サイトを持っているのでそう言ったところを利用するのも方法です。

それらが無い場合は、インターネット上のサイトを利用するしかありませんが http://netspeed.studio-radish.com/ などが正確な結果を出しているように思います。
ある程度混雑の影響を受けるため、正確な結果を得たいのなら、最も空いている平日の午前4時頃に利用すると良いかと思います。

注意しなければならないのは、これらの方法で計った言わば最高速度はネット上では出ない場合がほとんどという事です。
ネット上では相手までの回線全てが影響しますから、最適な環境で測った速度はほとんどアテになりません。
最高速度を測るのは、問題のない環境で接続できているかの確認、他の人と比べて早いかどうかといった事に使われることが大抵です。

お使いになっている環境を見る限りPCの性能は不足していないと思いますよ。
上りがやや遅いですが、これはAFDの設定で改善できるかもしれません。
Nettuneを使用すれば簡単に設定できます。
あるいは、無線LANを使っているならそれくらいで妥当だと思います。

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大...続きを読む

QHD信号の120GHz帯ミリ波無線伝送について

HD信号の120GHz帯ミリ波無線伝送について

いつもお世話になっております.
最近,フジテレビ・NHK・NTTが共同で開発した「120GHz帯ミリ波無線伝送」のニュースを見ました.
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100405/346632/

距離にして5.8kmの無線伝送に成功したようなのですが,
現行の無線伝送システム(マイクロ波帯FPU)ではどのくらいの伝送距離が距離があるのですか??

現行のシステムと新システムの性能比較の情報をご存知の方,もしくは,参考になるサイトなどを
ご存知の方がおられましたら教えていただけないでしょうか??

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

民放の伝送装置(FPU)はたしか7GHz,10GHz,13GHzに割り当てがあります。
局によって持っているチャンネルが違うので13Gを持っていない局もあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報