日銀が今年3月に操作目標を金利から日銀当座預金残高に変えました。そして同残高をどんどん増やしています。そこで質問です。

1 残高を増やしたらどうして金融緩和なの?
 民間の銀行が日銀の口座にたくさんお金を預けたら、貸出すお金が少なくなるはずなのに、なぜ当座預金残高を増やすことが金融緩和につながるのですか?

2 どのようにして残高を増やすの?
 経済学の教科書には、金融政策の手段として、1公定歩合操作、2公開市場操作、3預金準備率操作の3つがあると書いてあります。そのうち実際に機能しているのは公定歩合操作と公開市場操作。でもどちらも当座預金残高を増やすための手段とは考えにくいのです。日銀はどのような手段を講じて当座預金残高を増やしているのですか?民間の銀行に「当座預金しろ」って命令してるってことはないと思うんですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1.日銀の口座は無利息です。

低いながらも利息を払う必要のある預金等で調達した資金を寝かすよりは、貸し出した方が銀行の経営上も良いわけですから、貸し出しにまわる資金が増えます。その結果市中に出回る資金が増えますから金融緩和となります。
2.銀行間で資金をやりとりする市場において、国債や手形を日銀が購入し、その対価として資金を供給する公開市場操作を使います。供給された資金は銀行の日銀口座へまず入ります。通常であればこの額は必要最小限なのですが、金融緩和期はその額を必要以上にするので、残高が増加することになります。

参考URL:http://www.boj.or.jp/about/about_f.htm

この回答への補足

「経験者」からの返答があるとは思いませんでした。ありがとうございます。
良く分からない点がありますので質問させていただきます。

 日銀の口座は無利息なので貸出した方がいくらかの利子が手に入るので貸出が増えるというのは分かります。でもじゃあ、日銀口座にお金を寝かすより貸出した方がいいんですよね。必要以上に残高を残すということは、その「必要以上」の部分が市中に出て行かないということを意味するのではないのですか?

すいません。こういう分野は素人なので、そもそもの議論がはずしているかもしれません。

補足日時:2001/11/05 10:31
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足を出してから、日銀のホームページや日経新聞、さらにNo2以降に答えていただいた皆様からの回答をよく読んでみました。
その結果、どうやらgreenspasoさんの回答が全て私の疑問に答えているのだと気づきました。ズレた補足を入れてしまってごめんなさい。これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/08 11:16

なんどもすみません。


日銀のほかのページを見ていたら、私自身の理解が少し深まったので、付け加えさせてください。

・日銀当座預金残高の操作は、教科書にものっているマネタリーベースの操作を意味する。というのも、マネタリーベース=「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」+「日銀当座預金」 だからです。マネタリーベースはマネーサプライと違い「中央銀行が供給する通貨」ですので、中央銀行が操作しやすい。
・公開市場操作とは、このマネタリーベースの調整を意味する。

金利を調整するケインズ的な手法から、通貨流通量を調整するマネタリズム的な手法への政策変更と考えられます。

私の経済学の知識は独学で手に入れたものですので、上記のことは、ぜひマクロ経済学の教科書でご確認ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3回も回答していただきありがとうございます。私も「教えてGoo」に質問する前も質問してからも日銀のホームページは調べてみました。hazenokiさんの解釈の通りのようですね。これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/08 11:12

再び登場です。



今日、日銀のホームページをぶらついていたら、関連したページを見つけました。
参考にしてみてはいかがでしょうか? 以下のページです。

「わかりやすい金融経済」 http://www.boj.or.jp/wakaru/wakaru_f.htm の中の
『2001年 2月以降の一連の金融緩和措置等に関する主な決定内容は?《基礎編》』です。このページからリンクされていた『「(参考2)新しい金融調節方式Q&A」( 3月19日)』が特に参考になりました。

これによると、当座預金残高を増やす手段は、オペレーション(債権や手形の売買取引)で、その目的は、消費者物価指数をゼロ以上にすることと長期金利をさげることだと、私は解釈しました。

参考URL:http://www.boj.or.jp/wakaru/wakaru_f.htm
    • good
    • 0

素人考えなのですが、私は以下のように推測しています。



まず、2の回答(残高を増やす方法)から。
(1) 日銀は国債などを買いまくる。
(2) 市場金利が低くなる。(ゼロ金利になる)
(3) それでもかまわず日銀は買いまくる。
(4) 銀行が国債を買いたくても買えなくなる。
(5) 銀行は買うものがなくなったので、リスクが高いけど企業に金を貸そうかと考える。
(6) でも、貸すところもないので、しょうがなく日銀に預ける。
(7) 利子の付かない、資産が増える。(利子を付けて調達してきたお金なので損をする。)
(8) そこで、もう一度企業に貸すことを考える。
(9) (6)から(8) を繰り返す。

1の回答は、まず金利が低くなります。いわゆるゼロ金利政策です。
といっても、国債やCPにはわずかに利子が残る。銀行の資産に対する
日銀預金(完全にゼロ金利)の割合を増やすことにより、銀行保有資産全体の
平均利まわりを下げる。利まわりが下がると、リスクをとってでも貸し出しに
お金を回す方が得する企業が、増える。
TANAKA1942b さんが言うように「水を飲むかどうかは馬次第」だと思いますが。

あくまでも、素人考えなので私が勘違いしているかもしれません。
専門の人にフォローしていただきたいです。
    • good
    • 0

民間の銀行が企業などに資金を貸し出したら、その金額に応じて日銀の口座に預金をしなければならない。

貸し出し額に対して何%か、というのが預金準備率です。準備率が高いと、多くの資金を日銀に預けなければならないので、貸出額は減る。
民間の銀行は一般の預金者から預金を預かる。それに対してどの位貸し出しできるか?は預金準備率によって決まってくる。
通常は貸し出した額に応じて日銀の口座に積み立ていく。
今回の日銀の政策は、「日銀の口座に通常より多額の資金を積み立てるよう指導する」です。日銀口座に多額の積み立てがあるので、多額の貸し出しをする権利を得るわけです。
日銀の考えは「多額の貸し出し権利を得たのだから、多額の貸し出しをするだろう。そうすれば通貨流通量が増え景気を刺激するだろう」との考えです。この考えは従来の「公共投資による景気刺激策」とは違います。
民間などからの要望により補正予算が組まれることになりましたが、そうしたケインズ主義とは違った経済政策を取り入れた、とも言えると私は思っています。一般のマスコミの反応は鈍いようですが、今までの経済政策と違うので評価し難いのではないでしょうか。
具体的には通常4兆円だったのを、3月に5兆円に、8月には6兆円にと引き上げています。
しかしこれは「馬を水飲み場につれていっても、水を飲むかどうかは馬次第」と同じで、民間銀行は貸し出す権利は手に入れたが、限度いっぱい貸し出すかどうかはそれぞれの銀行次第、という面も確かにあるのですが、私は好感を持って期待しています。
たしかにこの金融政策は経済学の教科書にはないようですね。「世間のエコノミストの言うなりになってたまるか。ゼロ金利政策に続いて、誰も考えなかった政策で日銀マンの知恵を見せつけてやろう」との意地を感じて、私は好感を持っています。
ちょっとまとまりが悪くなりました。次の2冊を読み比べるとよく分かります。雑誌で論争した2人が、それぞれの立場から主張を纏めています。
<参考文献><岩田規久男著 「金融政策の経済学」 日銀理論の検証 日本経済新聞社 1993年8月 >
<参考文献><翁邦雄著 「金融政策」 中央銀行の視点と選択 東洋経済新報社 1993年11月 > 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素人にも分かるようにかみ砕いて説明していただいてありがとうございます。「馬を水の見場に連れていっても・・・」の下りは、言い得て妙ですね。
実はこの質問をする前に、同じ質問が無いかなと検索したのですが、似た質問にTANAKA1942bさんが答てらして、ご自分のホームページを紹介してあったので読んでみました。「趣味の経済学」とのことですが、趣味であれだけのことが出来るのはすごいことだと思います。

お礼日時:2001/11/08 11:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日銀の金融政策 公定歩合操作について

教えてください。金融資格を受験する予定で勉強していますが、
種類の違う参考書が2冊あり(共に19年度版)、1冊には日銀の金融政策は、
(1)公定歩合操作
(2)預金準備率操作
(3)公開市場操作 の3つがあげられていますが、もう1冊の方は(1)公定歩合操作が除かれていて、(2)と(3)だけです。一体どっちが正しいんでしょうか?

Aベストアンサー

公定歩合操作は2つの効果を目的に行われています。この内の一つである直接的な金利指標としての効果(コスト効果)は、金融の自由化に伴い日本ではほとんど失われていますが、もう一方の中央銀行の姿勢を示すという効果(アナウンスメント効果)を狙った公定歩合操作は、今年に入ってからも公定歩合操作は行われているので、残っていると見るのが妥当でしょう。
まぁ、名前は変わりましたがね。

というわけで三つ全部あるのが正解。

Q日銀が国債を買えば日銀当座預金残高は無限に増えるか

黒田日銀総裁は2014年度末には日銀当座預金残高を175兆円にするという目標を発表しました。これは主に国債を日銀が市場から買うことによって実現するというシナリオのようです。素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。だから銀行はそのような取引はしない。国債よりももっと高い利子の金融商品に乗り換える、あるいは融資に回すことができるなら国債を日銀に売ってもよいがそうでなければ売らないのではないでしょうか。その場合は日銀は市場から十分な国債を買うことが出来ず、日銀当座預金も増えないことになります。

もちろん土地や株への投資が進むとか、景気が回復して融資が伸びるとかあれば国債を日銀が大量に買えるかもしれません。でもその場合、銀行は日銀当座預金から引き出して使うのですから、やはり日銀当座預金は増えないということになりませんか。

Aベストアンサー

> 素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。

#1の回答では利子がつかないということを言っていますが、現状ではついています。いわゆる「付利」と呼ばれるもので、現在では年0.1%となっています。この金利は国債の金利(10年国債の利回りベースで0.45%程度)よりも低いため、そのまま当座に預けたままでは、国債を持っていた方が金利が大きくなります。

したがって、国債を日銀が買い入れた代金を引き出してどこかに投資するか再度国債を購入するか、何らかの方法で投資を行うことが期待されています。その過程で、例えば投資が活性化し経済が活性化することによる物価上昇や、国債の増発を政府が行っても支えられることが期待されています。

とはいえ、限度があります。ざっくりといって日本の市中銀行は大体400兆円ほどの国債を保有しています。なので、上限は最大で400兆円です。
国債を買い入れるとして、現在、日銀当座の残高は45兆円ほどなので、175兆円までは130兆円ほど買い増さなければなりません。したがって、少なくとも3割、引き出し分を考慮すれば半分近くの国債を購入することになります。

これが可能か、ということですが、買いオペは現在は現先取引で行われています(これを変えるとは聞いていませんので)。
この方法では、一定期間後に売ることが定められていますので、実質的には日銀が国債を担保にお金を貸しているのと同じようなものです。また、売り直す価格を操作することで、国債を持ち続けた場合と同じかそれ以上の利回り(用語の使い方が少しおかしいけれども)にすることも可能です。
したがって、可能か不可能か、ということであれば、市中銀行側の事情からは可能です。


因みに。
> 準備預金制度というのがあって、銀行は預金規模(銀行にすれば借金)の一定割合を日銀に預けることが義務付けられています。

というのは、結構古い話です。実際には、近年の銀行は準備に必要な額の2倍~3倍程度を預けています。
http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/cabs/jcabs.pdf

> 素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。

#1の回答では利子がつかないということを言っていますが、現状ではついています。いわゆる「付利」と呼ばれるもので、現在では年0.1%となっています。この金利は国債の金利(10年国債の利回りベースで0.45%程度)よりも低いため、そのまま当座に預けたままでは、...続きを読む

Q日銀当座預金残高についてお聞きしたいのですが、都市銀行や市中銀行は法律

日銀当座預金残高についてお聞きしたいのですが、都市銀行や市中銀行は法律によって準備金として日銀の当座口座に預金が義務付けられてると思います。

量的緩和や金融引き締めを日銀が行う際、この当座預金口座の金額を増減するよう銀行に命令するものですよね?

たとえば量的緩和を行う際、口座預金金額を増やし流通する資金の量を増やすものですよね。
ここで疑問があります、間違っていたらご指摘いただけないでしょうか。

都市銀行、地銀は口座に預ける最低当座預金金額が法律によって決められてるんですよね?
それは義務である最低預金金額を下回らせず常に口座を預金で満たしておくということでしょうか?
そうであるならば、口座に資金が眠ってしまうわけで、流通する資金がどう増えるのかと疑問を持ちました。

経済に疎く初心者です、どなたかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

量的緩和は、また少し話が違いまして・・・

民間銀行が、すでに必要な(定められた)十分な額の当座預金をしているとします。

このとき、日本銀行が短期金融市場において、
民間銀行に対してさらに強力な資金供給を行ったとします。

民間銀行は、日本銀行の強力な資金供給によって、希望以上・必要以上の資金を調達してしまいます。
自ら望んだわけではありませんが、結果として大量の資金調達をさせられてしまうわけです。

当座預金の額は必要な額に達しているので、それ以上の当座預金を積む必要なありません。
(日本銀行への当座預金は無利子で、そこに必要以上の資金を寝かせておくことはまったくの無駄です)


通常であれば、民間銀行は調達した資金を企業への貸付に振り向けるはずです。

しかし、
(1)優良な企業、すなわち銀行からみたとき融資をしたくなるような企業は、十分な資金を保有しており、融資を必要としていない。

(2)一方、実際に融資を必要としている中小企業などには、返済の不安があるため、銀行が二の足を踏んで、融資が行われない。

という状況が生まれます。

このとき、銀行はどうするか。

(1)(2)のような理由で融資先がないとき、その資金を札束のヤマにして倉庫に保管するという方法もないではないかもしれません。

しかし、それでは危険なので・・・どうしようもなくなって、とりあえず日本銀行に預かってもらうという方法をとります。

つまり、日本銀行の当座預金に預金するわけです。

このとき、必要とされている金額以上の当座預金が発生します。


この後も、日本銀行による短期金融市場への大量の資金供給が続いたとしましょう。

民間銀行のなかでは、行き場をなくした資金がどんどん増えて、それが結果として日本銀行の無利子の当座預金にどんどん積みあがっていきます。

ここで、民間銀行の立場になってかんがえてみます。

選択肢は3つあります。

積みあがった(当座預金の)資金を
1.しかたがないので、無利子の当座預金でガマンする。
2.融資以外の方法で運用する。例えば国債。
3.覚悟を決めて、中小企業向けに融資をする。

政府・日本銀行はこう考えました。
「民間銀行はしかたがないので中小企業向けの融資を増やさざるを得なくなるだろう」

これが量的緩和です。

したがって、質問者さまがおっしゃるように、
量的緩和のもとでは、民間銀行による日本銀行の当座預金は、まったく別のメカニズムで増加します。

謝謝

量的緩和は、また少し話が違いまして・・・

民間銀行が、すでに必要な(定められた)十分な額の当座預金をしているとします。

このとき、日本銀行が短期金融市場において、
民間銀行に対してさらに強力な資金供給を行ったとします。

民間銀行は、日本銀行の強力な資金供給によって、希望以上・必要以上の資金を調達してしまいます。
自ら望んだわけではありませんが、結果として大量の資金調達をさせられてしまうわけです。

当座預金の額は必要な額に達しているので、それ以上の当座預金を積む必要なありませ...続きを読む

Q日銀当座預金の「維持」と金融緩和の関係

日銀は国債等の買いオペレーションにより金融緩和を行い、その代金が日銀当座預金のそれぞれの銀行の口座に振り込まれるため、日銀当座預金の増加とは即ち金融の量的緩和であると、別記事で拝見しました。
一方、今朝の朝日新聞の記事で「日銀、(当座預金の残高目標)維持に必死」とあります。
しかし、日銀当座預金残高を「維持」しても、当座預金に眠っている限り、民間企業等にお金が流れないと思います。「維持」するということは、一般銀行が民間企業に資金を貸し出す(当座預金が取り崩す)ため、日銀が一生懸命、国債等を購入して代金を振り込んで「維持」しているということでしょうか?
つまり、明るいニュースなのでしょうか?

Aベストアンサー

obasuteさんの仰るとおり、日銀が「一生懸命に」残高を維持しているのが現状だと思います。日銀の中からも、残高の維持を疑問視する声も出ているようです。おそらく福井総裁も、その考え方を完全には否定していないでしょう。

現に総裁は会見などで「当座預金目標が同じでも、経済の回復が進めば実体的な緩和度合いは変わる」と言っています。

つまり、「景気が回復してきたのだから、残高目標を引き下げても、量的緩和自体に変化はない」と言いたいのでしょう。

その意味で、この発言は残高目標引き下げへの布石を打ったものと解釈していますが、目標残高を引き下げるとなると、即「金融引き締め開始」と解釈する人が多くいるのも事実です。そうなるとマーケットに無用の混乱を引き起こしてしまうので、それを避けるために今のところは(必要ないと思いつつも)一生懸命に残高を維持しているのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、私自身、日銀のこの動きは「いいニュース」ではなく、が仕方なくやっていることだと思っています。勿論、これによって景気がおかしくなるという類の「悪いニュース」でもないのでしょうが。

obasuteさんの仰るとおり、日銀が「一生懸命に」残高を維持しているのが現状だと思います。日銀の中からも、残高の維持を疑問視する声も出ているようです。おそらく福井総裁も、その考え方を完全には否定していないでしょう。

現に総裁は会見などで「当座預金目標が同じでも、経済の回復が進めば実体的な緩和度合いは変わる」と言っています。

つまり、「景気が回復してきたのだから、残高目標を引き下げても、量的緩和自体に変化はない」と言いたいのでしょう。

その意味で、この発言は残高目標引き下げ...続きを読む

Qなぜ日銀当座預金を増加させると「金融緩和」になるのでしょうか?

私が思うには、日銀当座預金を増加させるという事は、市中銀行が日銀に預金しなければいけないので、市中銀行は自由に運用する資金が減り、企業への貸出を抑え、株・国債なども買い控える。結果として金融緩和とは逆の方向に行くような気がするのですが。どういう事なのでしょう?

Aベストアンサー

 日銀は国債の買いオペレーションを行って、金融緩和を行ってることはご存知でしょうか。買いオペレーションとは日銀が市中の銀行から国債を買うことです。買った代金は市中銀行のものとなるので、民間に多くのお金が流通し、景気が好くなります。
 ところで、日銀が市中銀行から国債を買ったら、代金は日銀当座預金のそれぞれの銀行の口座に振り込まれます。現在日銀が日銀当座預金を増加させることによって金融緩和を行うということは、買いオペレーションをじゃんじゃんやって、多くのお金を日銀当座預金の市中銀行の口座に振り込もうとしていることなのです。つまり「金融の量的緩和」ですよね。
 これは日銀に限ったことではないのですが、当座預金というのは預けても利息が付きません。だから、市中銀行としてはお金を日銀当座預金に寝かせておくというのはもったいない話なので、企業に貸し付けたり、株を買ったりして運用しなくてはなりません。理屈では企業貸し付けや株価の上昇などで景気が好くなるはずです。でも、今はお金を貸す相手も見付からないみたいで、なかなか思惑通りに事は運んでいないようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報