先日父がなくなりました。生前からの希望で葬式などはしませんでした。
寺が地方なのですが、ダビの際はご住職が東京までお経をあげに来ていただけました。その際。車代5万円お経料20万がいいでしょうと葬祭業者にアドバイスされてそのようにしました。
それからは何もお布施などしていません。
49日になりそのお寺へ納骨に行くのですが、いったいどうしていいのやら?
いったいいくらぐらいが相場なのか?わかりません。
葬式などをしていないので普通の包み方と変わってくると思うのですが、今回の納骨でお寺にいくら出せばいいですか?
お墓は代々の墓がありそこへ納骨する事になると思います。

親戚が少ないのでたずねることができずに困っています。

ずばり! いくら?
戒名にもよりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お悔やみ申し上げます。


amida3@坊さんです。
御布施は料金ではありませんので、非常に難しいご質問です。
田舎など日常の付き合いの密接な所ほど日常の負担がある反面、ご法事、葬儀などの御布施は少なめであり、逆に都会など日常疎遠な所ほど御布施は高めになります。結果的には一生涯の負担は同じぐらいになると思います。

失礼いたしました。内容がご質問からそれてしまいました。ゴメンナサイ。

御布施について、よく「お布施をいくらぐらいお包みすればよいのでしょうか。あまり少ないと失礼ですので…」とか「相場はどのくらいでしょうか?」といった相談を頂戴いたします。こういうご質問をされる方は、日常の習慣の中で、つい、御布施を一種の報酬、僧侶が読経したことに対する代価、御礼のように捉えているようです。
御布施は、僧侶への報酬ではありませんから金額は決まっていません。それぞれの方のその時の経済状態における最大限のお気持ちです。たとえば、お仏壇購入時の入仏法要でも、年金生活の方が毎月2千円、3千円とコツコツ貯めてやっと購入した3万円の仏壇の入仏法要に5万円の御布施はいただけませんでしょうし、100万円の予算の方が70万円で購入した仏壇の入仏法要で10万円のお布施をいただいてもおかしくはありません。要するにその時の精一杯を喜捨する心が御布施の意味合いなのです。

さて、ここまでお読みいただきましたので、参考までに関東の都市部である私の経験を述べますと、だいたい1つの法要で、もちろん3万円から10万円以上までいろいろですが、その内の半数は5万円程度(御膳料、御車代込み)の方が多いようです。また、お車代こみで、合計で3万円から7万円までの方で90%以上を占めているのではないかと思いますが、農村部ではこれより2~3割方は低いのではないかとも思います。
49日法要と納骨と厳密には2つの法要を同時に行うのでしょうが、どうも一般的には、1つの法要で3万円、同時に他の法要を行えばプラス2万円という風にお考えの方が多いようにも思います。
合掌
    • good
    • 0

 ご愁傷さまでした。



さて、相場といいますが、地方、お寺の格、戒名等、
変動要素がたくさんありますよね。

 今後、そのお寺とのお付き合いは長いものになりますので、率直に”どれほどお包みすればいいですか?”
とお聞きになられたほうがよろしいかと思います。

 すぐ、一周忌が来て、新盆の行事があったり、
三回忌があったりで、そのたびOKWebで聞くのも
大変ですよね。

 ですから、いろいろな相談毎を通じて、
相互の信頼関係を築かれることが肝要かと思われます。

それでも『お気持ちで』と言われたら、
お布施は”支払うモノ”ではなく、
”納めるモノ”という建前があることを認識されて、
あなたさまご自身でお決めになられてください。

 「できる範囲でいい」と思います。
「できる範囲のMAX」にしてもいいとおもいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺の敷地内に有る先祖代々の墓をお寺の都合でお寺が作った新しい場所に移動してくれと、言われ新しい場所

お寺の敷地内に有る先祖代々の墓をお寺の都合でお寺が作った新しい場所に移動してくれと、言われ新しい場所の代金も請求されたが支払わないといけないのか?

Aベストアンサー

現在のお墓の場所は、その場所をお寺さんに永久に借りるという契約です。

この場所をお寺さんの都合で別の場所に、というのであれば、お寺さんによる契約の一方的な解除です。

当初の契約で支払った永代使用料を返金してもらって、新たな場所の契約をする、というのが筋だと思いますが。

現在のお墓の永代使用料は返金しない、新しい場所の永代使用料は請求する、では永代使用料の二重取りでしょう。

Qお墓について、困っています。代々の墓に今度結婚する兄嫁の先祖お骨を一緒に納める事は出来るのでしょうか

今度 兄が結婚します。
相手の家にお墓がありますが、一人っ子で結婚後お墓を守る人が居なくなってしまうため、こちらの代々の墓と一緒にしたいと相談されています。
父は、いいんじゃないか と暢気に言っていますが、どうなんでしょうか?
全く違う家が一緒の墓に入れるものでしょうか?
同じ区画内に新たに墓を立てるといった方法もあると思うのですが、そんなに広くないし..。
お墓は、市営の墓地にあります。(お寺の境内ではありません)
アドバスがありましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

坊さんです。宗教上、仏教上特に問題はありません。
ただ、墓地使用契約上等の関係で、寺院墓地なら宗派が異なると典礼権の関係で納骨不可。
霊園等納骨後も何の宗派でも良いところや公営墓地等の場合には、墓地使用者から見て納骨できる親族の範囲が使用契約や自治体の条例で定められており(墓地により異なる)、その範囲に入ればOKですが範囲外なら不可。となります。
したがって、ご質問のケースでは、市営の墓地なので、当該自治体の墓地使用条例に拘束されますので、市の墓地管理担当課に問い合わせるしか答えは出ません。今度結婚する兄か兄嫁が墓地使用者なら可能性はありますが、いずれかの両親が使用者の場合には親族間ではないので不可のはずです。

Q納骨堂はお葬式をしたそのお寺にしなければ

納骨堂購入はお葬式をしたそのお寺にしなければいけなのでしょうか?
(浄土真宗です)
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ここに質問されても、回答を書くことは難しいと思います。浄土真宗と書いてありますが、同じ宗派だとしても、お寺の住職さんのお住まいの地域やお寺の考え方によって、意見が全く異なることですから、直接、葬式されたお寺さんなどに問合せされるしかないと思います。お葬式と納骨堂への納骨は一対として考えて、葬式を受けられるお寺さんも数多く存在します。

Q納骨堂へ納骨した際の諸費用の領収書はお寺に請求できますか?

1昨年、父が他界し地元付近のお寺の納骨堂へ納骨しました。
この時の納骨・永代供養料の領収書をまだもらっていないのですが、こういったものは「○○の領収書を下さい」とはっきり言っても良いのでしょうか?
また、もし請求する場合どういうふうに言えば失礼に当たらないのでしょうか?
詳しい方、具体的に教えてください。

Aベストアンサー

通常は、領収書を請求できますし発行もします。ただ、一昨年前ですよね。難しいかもしれません。
民法では第486条に基づき領収書の発行を求めることができます。また第533条の「同時履行の抗弁権」の規定もあります。
これを代金を受け取る側から見ますと、支払いを受ける際に同時に領収書の発行を求められなければという前提で、交付を求められずに支払いが済めばそれで取引は完了したことになり、後日に領収書を発行する義務はない、ということになります。
少なくとも二重発行になっていないかどうかの確認を一昨年前の記録を調べてからで無いと発行はしないと思います。書類は、税理士事務所等に行っている事もあるのでその場で確認が取れないこともあるでしょうから、事前に、領収書の必要な事由とあわせて問合せをするのが良いでしょう。

Qお墓を改造します。お寺にお経を上げて頂きますが、その時のお礼は何と書い

お墓を改造します。お寺にお経を上げて頂きますが、その時のお礼は何と書いたら良いのでしょうか。私の宗派は浄土真宗です。

Aベストアンサー

御布施、志、回向料、等が有りますが、一般的に御坊さんへのお礼は宗派を問わずに「お布施」となります。(仏教の場合)
他に出向いて頂いた場合に「お車代」や、食事を差し上げる代わりに「賄い料」などを別に包む場合があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報