反意語の表わし方に un in im を付けて表わす言葉がありますが
こういう訳でこれには、これ、という約束があるのでしょうか。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

専門的な解説は、下の方がなさってますので、


少々補足というか追加を。

moral という語については、4つの異なった否定接頭辞が付いた、
unmoral, immoral, nonmoral, amoral という、
異なったニュアンスを持つ4つの否定形があることになります。

日常会話でよく使う「ナンセンス」という語は、
「アンラッキー」や「イレギュラー」などと違って、
sense (意味) に否定接頭辞 non- が付いた名詞であるということは、
あまり意識せずに使われているように感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

unmoral immoral,nonmoral,amoralがそれぞれ異なったニュアンスをもっているのですか?
その違いが嗅ぎ分けられるようになりたいです。
どうも、有難う御座いました。

お礼日時:2001/11/03 19:23

 


  これは、一応の基本的な約束のようなものがあります。
  元の単語の「意味」ではなく、その単語の語源が関係します。
 
  つまり、反意語を形成するのに、一種の「否定接頭辞」を付けて造るのですが、これらの接頭辞は、ラテン語の否定辞やその類縁語であったり、ギリシア語の否定辞やその類縁語であったり、古英語、古フランス語等々の否定辞やその類縁語であるのです。基本的な約束とは、元々、或る語が、語源的にラテン語起源の時には、ラテン語系統の否定接頭辞を付け、ギリシア語起源の場合は、ギリシア語系統の否定接頭辞を付けると言うような規則です。
 
  無論、これは初期の、原理的な話で、否定接頭辞が、自由に使用されて、或る語からその反意語が造られるようになるので、その場合は、この基本的なルールは意味がなくなりますが、多くの基本的な反意語単語では、この規則に従うことが多いです。
 
  具体的に例を述べますと、in- で始まる反意語は、ラテン語の系統で、元々のラテン語で、すでに in- が付いた形で反意語であったのが、英語に入って来たという例が多いです。例えば、「信じがたい」は incredible ですが、このラテン語の形は、incredibilis で、credible に当たるのが credibilis ですから、この単語の場合、ラテン語段階で、否定を示す接頭辞 in- を付けて、「信じられる」から、「信じられない」が造られたということになります。uncertain とか uncommon の un- は古英語の否定辞ということですが、certain とか common はラテン語起源です。しかしラテン語には、incertus などがあり、un- も本来はラテン語起源だった可能性が高いです。なお、il-, im- などは、次に続く語の最初が子音で l や m の時、in- の n が音韻変化を起こしているので、in- と同じ接頭辞です。
 
  別の例だと、abnormal(異常な)とか amoral(不道徳な)などの ab-, a- は、ラテン語の前置詞 ab が語源で、ab とは、「……から離れて」という意味で、「正常から離れて」「モラルから離れて」という意味で、「異常」「不道徳」なのです。anti- は、ギリシア語の前置詞に anti があり、「……に反して、抗して」という意味で、antinomy(矛盾撞着)は、anti-nomos で、nomos は「法」とか「規則」という意味ですから、「規則に反する=整合がない」で「矛盾」となります。この場合、anti- はギリシア語の前置詞で、nomy は、ギリシア語 nomos の英語的な変化です。disorder(無秩序)の場合、これは dis-order で、order はラテン語の「秩序 ordo」の変化で、dis- は、古フランス語の否定接頭辞 des- の変形だとされますが、des- 自身は、de- のヴァリエーションで、de はフランス語にもありますが、ラテン語の前置詞 de が語源で、これも、「……から」の意味で、接頭辞として色々な意味があるなかで、「ordo(秩序)から離れる」のは、つまり「無秩序」というようにして、反意語となっています。また、non- は、ラテン語の否定接続詞・否定副詞であり、文字通り、否定辞に使われますが、この場合も、ラテン語起源の単語に付いていることが多いのです。
 
  基本的には、反意語を造る接頭辞は、最初に述べた通り、ラテン語系統の語につくものは、ラテン語系、ギリシア語系の語にはギリシア語系……というような対応規則があるのです。(これは丁度、日本語での反意語を造る接頭語「反」「非」「不」などが、漢語であり、これが付いて否定語になるのは、「漢語」だというのと対応しているでしょう。日本語だと「犬……」という言葉があり、これは「偽……」の意味であることが多いですが、この「いぬ……」が付くのは、和語に限られているというような例が、比較になるでしょう)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわぁぁ・・!
言語の「起源」に係わってくるのですねぇ。
これは、エライことです。
英語初心者にとっては、とても難しいことですが、コピーをとっておいて
何年か先に、ふむ、ふむ、なるほどと、頷ける日の来たらんことを祈るのみです。
丁寧に教えて下さってありがとうございました。
最後の部分の漢語と日本語の反意語についても、ほとんど意識をもっておりませんでした。
これからは、もっと言葉を意識的に考えたいとおもいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/03 19:12

dis order


de select
ab normal
il legal
non sence
anti modern


も有るので、何とも...


強いて言えば、語頭の文字に依存する場合が有ります。

illegal  illegitimate illiterate
immortal  immobile   immodest
innumerate innutrition
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでした、de,ad,il,non,anti,もあったのですね。
>強いて言えば、語頭の文字に依存する場合が有ります。
やはり、口癖のようにして覚えるしかないのでしょうか・・・?
こつこつ、やるしかないですね。
がんばります。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/03 08:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接頭語 unが付く単語とinが付く単語の覚え方

自分でネットで調べた限りでは、inがつくかunがつくかはっきりとした法則はないようなのですが
覚えた方はどのように覚えましたか?

Aベストアンサー

>覚えた方はどのように覚えましたか?

接頭辞のin がつくとか unがつくとかで、基幹部分から派生して覚えず、出てきた単語そのものを覚えるようにしました。必ずしも、不とか非とかではないように思います。もし、inやunをつけて、基幹部分の反対語のように覚えたら、逆に混乱してしまいます。

機械的な単語の増やし方をせずに、私は、単語のもつ語感や例文を重視し、単語の組成や語源などは、ほとんど考えないようにしています。知っている単語が教養のあるネイティブレベルに至らない段階では、そのようなことはしないほうが良いと思っています。

例:indifferent
People have become indifferent to the suffering of others. (Cobuildより)


アルクのSVL(7-12)から、いくつか抜き出してみました。
以下の単語の中では、insolventやundueは、派生で覚えようとすると間違えてしまいます。

incessant     unanimous
inactive      unofficial
incorporate    unskilled
intolerable    uneven
invaluable     unequal
inseparable    unethical
inefficiency    unfriendly
inexplicable    unleash
invincible     unidentified
invariable     undone
infamous      unorthodox
inertia      unspoken
inflate      unearth
infinity      unravel
influx       undue
instill
insolvent
ineligible
infirm

>覚えた方はどのように覚えましたか?

接頭辞のin がつくとか unがつくとかで、基幹部分から派生して覚えず、出てきた単語そのものを覚えるようにしました。必ずしも、不とか非とかではないように思います。もし、inやunをつけて、基幹部分の反対語のように覚えたら、逆に混乱してしまいます。

機械的な単語の増やし方をせずに、私は、単語のもつ語感や例文を重視し、単語の組成や語源などは、ほとんど考えないようにしています。知っている単語が教養のあるネイティブレベルに至らない段階では、そのようなこと...続きを読む

Q英語 not 形容詞とin[im]-形容詞の違い

タイトルがわかりづらくて申し訳ありません。
英単語帳の“compatible”の例文で、
The proposed new regulation is not compatible with our existing policy.
という文がありました。
対義語にincompatibleということも近くに紹介されていたのですが、not compatibleとincompatibleでは印象などは変わってくるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>対義語にincompatibleということも近くに紹介されていたのですが、not compatibleとincompatibleでは印象などは変わってくるのでしょうか?

「not compatible」=「(理由はともかく)一緒にいることが出来ない、共に存在することが出来ない」

「incompatible」=「基本的な点が違うので両者がともに生きていくことは不可能である:両者に重要な差異があるということを含意している言葉」

以上、参考まで。

Q■ and不使用時の並列の不思議 in A, in B, in C,D,E ■

下記の英文において、納得できない並列が存在しています。
--------原文------------------------------------------------------
A sensitive and skilful handling of the language in everyday life,
in writing letters, in conversing, making political speeches,
drafting public notices, is the basis of an interest in literature.
------------------------------------------------------------------
この文章にはinを使用した並列が複数含まれています。
最初の”日常生活において”は明らかに他とは違う表現なので
除外できるのですが、その次に続く、
writing、conversing、making、drafting は全て似たような表現だと
思うのです。ですから、並列するならば、

in everyday life,
in writing letters,
in conversing,
making political speeches,
drafting public notices,
というような並列ではなく、

in everyday life,
in writing letters,
conversing,
making political speeches,
drafting public notices,
こうすべきだと私は思うのです。それとも私は何か重要な法則を
見逃しているのでしょうか?教えてください。

下記の英文において、納得できない並列が存在しています。
--------原文------------------------------------------------------
A sensitive and skilful handling of the language in everyday life,
in writing letters, in conversing, making political speeches,
drafting public notices, is the basis of an interest in literature.
------------------------------------------------------------------
この文章にはinを使用した並列が複数含まれています。
最初の”日常生活において”は明ら...続きを読む

Aベストアンサー

 筆者の書いたときの気分だとしかいいようがありません。私などがここで回答するときも,後で読み返すと下手な日本語になってしまうことがよくあります。もちろん,この英文を書いた人は,私などより文章力はあるでしょうし,一時的な回答というのでなく,もっと重要なものなのかもしれません。しかし,推敲や校正を重ねていったとしても,つい流してしまう部分というのはあるものです。

 前置きが長くなってしまいましたが,英文としては,in の後,conversing と making ~と drafting ~が並列になっていて,in writing ~と in conversing, making ~, drafting という2つの in ~が並列になっています。「手紙を書く際であったり,おしゃべりや,政治に関するスピーチや,公的な通知の下書きをする際であったり(における)」が handling of the language「言葉の扱い」にかかっています。

 内容的には,making ~と drafting ~は writing ~や conversing と比べて特殊なものであるという意識が making を書く時点ではたらき,結果的には全体として,並列関係が微妙なものになってしまったのかもしれません。

 in everyday life が in writing 以下を総括するものか,(~ing を用いていないという違いはあるにしても)並列的なものかも,筆者の気分でないとわかりません。「政治的なスピーチ」や「公的文書の下書き」などというのは誰でもがするわけではないといっても,everyday life の一環であると考えることができすので,前者なのかもしれません。

 筆者の書いたときの気分だとしかいいようがありません。私などがここで回答するときも,後で読み返すと下手な日本語になってしまうことがよくあります。もちろん,この英文を書いた人は,私などより文章力はあるでしょうし,一時的な回答というのでなく,もっと重要なものなのかもしれません。しかし,推敲や校正を重ねていったとしても,つい流してしまう部分というのはあるものです。

 前置きが長くなってしまいましたが,英文としては,in の後,conversing と making ~と drafting ~が並列になってい...続きを読む

Qqualityの反意語?

こんばんは。中3のailuvu4everと申します。
今、英語の反意語同意語の表を作っています。
それで質問なのですが「quality(質)」という単語の反意語って何なんでしょう?
いろいろ辞書とかで調べているのですが全く分かりません;
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

私も「quantity(量)」と習いましたね。
厳密には反意語に該当するか微妙なところですけれど。
慣用的には、例えば「若者の食べ物は『質より量』、食べ放題の店がいい」なんて表現をしますからね。

Q時間帯の表わし方について

(1)2009年6月27日24:00から6月28日08:00
(2)2008年6月27日24:00から2009年6月28日08:00

の期間を英語で表現したいのですが、宜しくご指導願います。

Aベストアンサー

(1)は、12midnight - 8am on June 28, 2009
(2009年6月28日の深夜12時から午前8時)
と書けば、夜中の12時が午前8時よりも前のもの、つまり28日になった瞬間のことだと明示できます。

(2)は、from 12midnight on June 28, 2008 to 8am on June 28, 2009
と from/to を使って、どこまでがどの日付のものかを明示します。この場合、2008年6月27日24:00 ではなく、2008年6月28日24:00 という考え方をする人も少しはいますが、後者なら既に29日じゃないか、という人間が大半です。

契約などでこのような曖昧さを無くしたい場合は、確実に28日である 00:01 からに設定したり、23:59 まででうち切るなどの策をとります。(飛行機などの離発着で日付変更線をまたぐなどでややこしくなる場合なども、このように1分ずらすことで日付の間違いを防ぎます)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報