はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

特定口座と一般口座についてです。源泉徴収なしの特定口座(書類は証券会社が用意、申告は自分でとあります)の役割が今ひとつわからないので質問します。

一般口座(書類も申告も自分で)と違うところは書類を会社が用意してくれるところだけですか?

新聞では上手に節税するためには、特定と一般を使い分け、譲渡益が20万以下に収まるようなら、特定から一般に移し変えて売却しましょうと書いてあります。

20万以下の譲渡益は申告不要(=無税)を活用するためには、一般で売却しなければならないのですか?

もし、源泉徴収なしの特定口座で売却して、20万以下=
申告なし で放っておいたら何か不都合がありますか?

もし、それで不都合がないのだったら、一般口座を使って面倒な書類まで自分で用意する人はいないのでは?とも思いますが、どうなのでしょう?

源泉なしの特定口座と一般口座の使い勝手の違いがわかりません。

どなたか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本の税制は難し過ぎますよね。



源泉徴収なしの特定口座の役割は、還付申告または損益通算することにあります。
これが新聞に書いてあることの結論です。

特定口座内の20万円の譲渡益には源泉徴収されてしまいますが、これを源泉なしの
特定口座または一般口座にすれば源泉徴収されずに自分で申告することになります。

給与所得者で20万円以下であれば、「給与所得以外の所得が20万円の場合には
申告を要しない」のですから、結果的に納税はゼロとなりますよね。
これが新聞に書かれていた節税ではなかろうかと。

あとは証券会社に置かれているパンフレットや、星の数ほどもある特定口座を
説明したサイトを巡って研究してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお世話になり有難うございます。

証券会社のサイトを5社くらい熟読して突合せ、やっと機能の差などが理解できました。

取引している証券会社の説明だけではわからなかったことが明確になり、もやもやが解消しました。

有難うございました。

お礼日時:2005/09/04 11:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング