今日献血をしてきたのですが、なぜ日本では売血制度に
移行しないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

献血については、私も色々と疑問があり


随分調べました。偶然日赤の知人が出来て
色々聞いたのですが・・・。

誤解1
ネットで検索かけると、200cc献血は、
職員に(どうせ捨てるだけやと)
嫌味を言われる献血センターがある。
解決1
私は血液は、一度大きなタンクに入れ、
それを小分けして使うと思っていました。
これが、大きな誤解で、輸血される
患者さんの拒絶反応を少しでも減らすため、
できるだけ、少人数のからの輸血が望ましいと
知りました。
ですので、400cc3本といった注文があり、
200ccは、600ccと言うような半端の稀な
注文ぐらでしか使われないと言っていました。
さらに、捨てるのではなく、血液製剤に使われたりもし、二次利用もできるそうです。
最後に、先進国で200cc献血を採用しているのは
日本ぐらいらしいです。戦後の栄養不足の時の
習慣がまだ採用されているからだとか・・。

誤解2
献血は、誰のため?
解決2
献血の達人たちは、献血の後、粗品等の
受け取りを拒否する人がいるそうです。
この景品代分も、患者の負担を少しでも、
軽くしてあげてくださいと言うらしい。
成分献血の使い捨ての機材は実は非常に
高額だそうです。

●そして、本題の売血。
これも聞きました。
売血制度にすると、疑問2とも少し関係がありますが、
それ以外にも、売血をする事によって、
患者を助けると言う意味合いから、
お金儲け中心に変わってしまう。
それにより、血液の質(病気のキャリアの問題を含めて)の低下。
さらに、血そのもの質の低下が考えられるそうです。
お金がもらえるとなると、献血可能間隔を
偽装してでも、献血をする人が出てくる可能性が
あると言うことらしいです。

確かに、現状の助け合い精神で、献血を
行っている人は、献血可能間隔を無視してでも
献血に行こうと言う人は、いないでしょうからね。
    • good
    • 0

当初は、血液は売買されていましたが、この方法による血液の質の管理、お金が目当てで血液を売り健康を害すること、等の理由により、商業ベースから公的機関が実施することにより、健康保持への献血思想の啓蒙や質管理を確保するようになったようです。



参考URL:http://www.jrc.or.jp/katsudo/blood/h.html
    • good
    • 0

 かつては売血制度でしたが、人々の努力によって献血制度になったのです。



 参考URLに、プロジェクトX調で詳しく書かれています。

参考URL:http://www.accessclub.jp/kenketsu/sellblood/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。献血制度について大変詳しいサイトで、
斜め読みさせていただきました(あとでゆっくりよまさせていただきます)。

ここでまた疑問に思ったのは、売血だと血液の質が落ちたり、
社会的な問題が起こる、というのはわかったのですが、
それは制度側で解決できることではないのでしょうか。
身元の確認とか、でです。

今日も献血会場の前ではマイクを持った方が献血を呼びかけられていて、
献血だけでは駄目なんじゃないか、と思った次第です。

お礼日時:2001/11/02 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血の結果で・・

献血をすると血液検査の結果も後日通知してもらえるそうですが、どんな病気が分かるんでしょうか?
HIVは通知しないそうですが、例えばガンや糖尿病などは分かるのでしょうか?
今後病院などでも血液検査をしてみたと思っているのですが、病院の検査とは違うのでしょうか?
不謹慎かも知れませんが、献血する機会があるので聞いてみたいと思いました。

Aベストアンサー

詳しくは、日本赤十字社のHPを見てもらえればわかります。
結論から言うと、
HIV→通知してくれません
肝炎→希望者のみ通知してくれます
梅毒→希望者のみ通知してくれます
ガン→血液だけでガンとは確定できません。
GOT、GOPなどの数値が高ければ医療機関でも診察を勧められます。
糖尿病→これも血液を一度だけ採取してもわかりません。
食事後はだれでも血糖値があがります。しかし、以上に高ければ医療機関での診察を勧められます。

よって、献血時にやってくれる生化学検査では、健康診断以下、参考程度にしかなりません。ちょっとしたサービスだと思いましょう。
病院でやる血液検査は、特定の病気を疑って検査しますので、いろいろわかります。
肝炎・梅毒等は感染していればわかりますが、検査目的の献血はゼッタイにしてはいけません。
輸血・血液製剤として使用される前に安全な血液かどうかチェックしますが、感染症の感染後すぐは検査に引っかからないことがあるからです。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/

Q医療制度について教えてください。病院が血液検査を保険診療でやりたがらないのはなぜですか? 今日、あ

医療制度について教えてください。病院が血液検査を保険診療でやりたがらないのはなぜですか?
今日、ある病気(症状なし)が心配で血液検査を保険診療で頼んだら、微妙な反応で、仮に保険診療にしてあとから保険診療が認められなかったら病院が差額を払うかもしれないからできないと言われました。
ちなみに、症状があっても保険診療で検査できないと言われたんですが、どういう仕組みなんでしょうか。

Aベストアンサー

ある病気と言うところがミソですね、

保険診療の対象で無いのかも知れませんね、

全ての医療行為が丸々保険点数でカバーされる物では有りませんから其処は自ずとね、

自費を覚悟なら当然検査はして貰えます。

Q献血の結果

献血をして検査結果通知がきました。
B型肝炎のHBs抗体検査の結果が陽性とありました。
HBs抗原検査の結果と核酸増幅検査でHBV-DNAは陰性とあります。
よって「現在HBVに感染していない可能性が極めて高い」と。
これは一体どういうことなんでしょうか。
以前にB型肝炎にかかっていたことがあるということでしょうか。
振り返ってみても感染するようなことは身に覚えがありません。
母子感染も決してないです。
今後献血はしないでくださいということも書いてありました。
HBs抗体がなくなればできるのでしょうか。
今後どうしていいかわかりません。
同じ通知をもらった方、専門家の方のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

以前にかかったB型肝炎ウィルスを自分の体が免疫機
能でもってやっつけた。現在は、ウィルスは残ってい
ないと考えられる。

という状態が一番可能性が高いと思われます。

貴殿の年齢がわかりませんが、昔は、血液を介して感
染する事が知られていなくて、集団予防接種の針を通
じて感染した場合などもあるようです。その他の場合
だとしても、どこから感染したか特定することは、ま
ず不可能です。

「今後、献血ができない」。というのは、

B型肝炎ウィルスが、検出限界以下であるが、病気の
ため免疫機能の落ちた人に輸血をしたら、元気になっ
て、弱い人なら発症するかも知れない。

感染する機会があったことを示すので、他の未知のウ
ィルスがいるかもしれない。

などという事に対する保険的に、輸血用血液としては
使わない。ということです。残念ながら、日赤に登録
されており、例え、チェックを通り抜けて献血された
としても、その後、廃棄するという結果になります。

ご本人にとっては、「異常がないのに」という不満が
あるかも知れませんが、「まあ大丈夫だろう」という
事で許可して、薬害などを起こしてきた過去の反省か
ら、このようなシステムができあがってきました。残
念ながら、現在は、「ずっと献血はできません」とい
うお答えになります。

以前にかかったB型肝炎ウィルスを自分の体が免疫機
能でもってやっつけた。現在は、ウィルスは残ってい
ないと考えられる。

という状態が一番可能性が高いと思われます。

貴殿の年齢がわかりませんが、昔は、血液を介して感
染する事が知られていなくて、集団予防接種の針を通
じて感染した場合などもあるようです。その他の場合
だとしても、どこから感染したか特定することは、ま
ず不可能です。

「今後、献血ができない」。というのは、

B型肝炎ウィルスが、検出限界以下であるが、病気の
...続きを読む

Qなぜ日本では臓器移植が少ないのか。

海外では 普通に普及している臓器移植ですが、

なぜ日本では 移植数が少ないのでしょうか?

できれば、 具体的なHPもありましたら幸いです。。。

Aベストアンサー

日本では国民皆保険とされており、どのような貧乏人でも少額の負担で医療行為を受けられます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA
アメリカなどでは貧乏人は治療を限定された保険にしか入れなかったり、保険そのものに入れなかったりして、経済的な理由で治療を断念する人も多く、そういった人から新鮮な臓器の供給がありますし、日本のように臓器提供の意思確認が難しく無くレシピエントに有利な環境にあります。

一方、日本での終末医療において、死亡時以外の医療行為の停止は認められていません。
そのため、治療を長引かせることによって臓器の状態が悪くなり移植に対応できるような臓器の供給が難しいのではないでしょうか?

日本の医療では臓器移植は不得手だと思いますが、その他の医療行為では外国に負けない高度な医療を受けられます。
それは金持ちだろうと貧乏人だろうと、一定レベル以上の医療を受けることが出来ますので、臓器移植だけをもって日本の医療が遅れているとは言わないでほしいと思います。

日本では国民皆保険とされており、どのような貧乏人でも少額の負担で医療行為を受けられます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA
アメリカなどでは貧乏人は治療を限定された保険にしか入れなかったり、保険そのものに入れなかったりして、経済的な理由で治療を断念する人も多く、そういった人から新鮮な臓器の供給がありますし、日本のように臓器提供の意思確認が難しく無くレシピエントに有利な環境にあります。

一方、日本での終末医療において、死亡時以外の医療行為の...続きを読む

Q感染を防ぐため、献血後にエイズ検査の結果報告を

エイズは発症までに数年かかる病気です。ですからエイズにかかっているのを自覚無しに献血する人もいるでしょう。
献血検査段階で必ずエイズ血液検査や他のC型肝炎等の感染血液検査は実施されているはずです。
献血血液検査段階でエイズ感染が疑われた場合は、本人に通知すればエイズの拡散化も防げるはずです。
献血時の事前検査に「エイズの検査が目的ですか」との問いがあり、○をすると献血できないのはおかしいのではないでしょうか。
献血とは他の人の生命を助けるのが目的ですが、知らずに他人に移してしまうことを防ぐのも
医療じゃないんでしょうか。
私は50回以上献血しています。
エイズ感染を知らずに善意で何回も献血を繰り返す人への注意の促しと、知らずにエイズを広げてしまう現状を改善できませんでしょうか。
エイズ検査を目的で検査がてら多くの献血者が来すぎる事も怪訝されますが、献血者の住所、名前その他何かの方法を考慮できないものでしょうか。

Aベストアンサー

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血ルームに押し寄せ、検査を擦り抜けた血液が患者に輸血されてしまう危険があります。現状では、このウィンドーピリオド問題が解消しない中で、通知しないという方針は変えられないことを理解する必要があります。献血しても何ら通知されない、検査は保健所や病院でしか受けられないと強調することでしか、輸血される患者を守れないのです。HIVに感染していると、皮膚や粘膜の異常・痒みや発熱、倦怠感などの体調変化、白血球数や肝機能の数値で異常値を示してくるため、自覚無しに献血を繰り返す、などは難しくなるのでは。



【東京都赤十字血液センターWeb】より
Q なぜエイズ検査をしていないのですか?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。


Q エイズ検査結果も教えてほしいのですが?
A エイズ検査の結果を通知すると、HIVに感染しているかもしれないと思っている人が、HIV検査の結果を知る目的で献血する恐れがあります。現在の科学技術では、感染してすぐの時期にはHIVを検出できません。特に感染を起こす恐れのある行為をしたばかりで不安なために検査をしたいと思っている方の場合には、感染していても検査でわからないことが多いと思われます。そのような時期に献血されますと、検査をすり抜けた血液が患者さんに輸血されてウイルスが感染してしまう恐れがあります。このような理由でエイズ検査結果はお知らせしていません。より安全な血液を患者さんに届けるためにもご理解をお願いいたします。


Q 献血をするとエイズに感染しているかわかると聞いたのですが?
A 輸血用の血液として患者さんにお渡しするために、献血された血液に対しては非常に厳格なHIVの検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。献血ではない一般の方のためのエイズ検査は保健所などで行われています。
http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

参考URL:http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/qa/index2.html

私も同じような疑問を持ち、日本赤十字社に回答を求めました。血液事業本部の担当様より、「感染者に対して早期治療を促す、または拡散防止についての重要性は認識しているが、検査目的の献血を誘発させないためにも、通知も告知もしないという方針を貫くことが、輸血を受ける患者を守ることになる」という趣旨のメールを戴きました。HIVなど、感染初期の一定期間は検査をしても反応しない空白期間(ウィンドーピリオド)が存在するため、もしも通知するというサービスがあると、この期間に当たる感染者が献血...続きを読む

Q【献血】なぜ両腕に針を刺す機械が消えた・・?

私がよく行く献血センターでは、両腕に針をさして採血する機械が無くなって、すべて片腕用になりました。両腕用の方が所要時間が短くて好きだったのに残念です。なぜ両腕用はなくなったのでしょうか?
看護師さんに聞いても理由は知らないみたいです。
私は神奈川県ですが、他の地域では両腕用も使われているのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは、こちらは北海道です。
私の地元では片腕も両腕もいまだにありますよ。

>両腕用の方が所要時間が短くて好きだったのに残念です。
必ずしも両腕のほうが短い時間で済むとは限らないようですよ(下記サイトを参考にしてください)。

時間が短いほうがいいという人もいる一方で、2本も針を刺されるのはイヤ!両腕に刺されたら身動き取れないからイヤ!という人もたくさんいて、献血提供者にとってどっちがメリットがあるかは難しいところですね。
単に両腕の機械のほうが古くなったので、片腕の機械に更新されたんじゃないでしょうか?看護師さんの針刺しの手間も半分で済みますしね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/tamako/2-3seibun.htm

Q献血後に届く血液検査の結果

献血をして何日か後に送られてくる成分検査の結果についての質問です。

過去20数回献血をしています。
私はかなり太っていて、
もちろんカロリーの高い油ギッシュな物もよく食べますが、
「コレステロール値」はいつも標準値の真ん中ぐらいです。
これだけで、「自分のコレステロール値は正常だ」と思っていいのでしょうか?
それとも、その中で善玉とか悪玉があるって事ですか?
血圧も特に「高い」と言われた事はないです。
自分の体型・食生活からすると、とても不思議なのですが・・・。

ちなみに他の成分も標準値を外れた事はありません。
この結果だけで自分が健康だとは思いませんが、いつも届くのが楽しみです。

Aベストアンサー

かなりの肥満や高コレステロール食をたくさんたべる人でも、高コレステロール血症にならない人もいれば、ほんのちょっとでも標準体重をオーバーすれば、コレステロールが上昇したり、糖尿病になったりする人もいます。

こういう体質は遺伝的に決まっているようで、ご質問の方は、それだけ、健康な体質をお持ちということだろうと思います。(^^)

コレステロールには、総コレステロール、HDLコレステロール(いわゆる善玉)、LDLコレステロール(いわゆる悪玉)などの測定値がありますが、総コレステロールが正常範囲であれば、通常は、それだけで十分かもしれません。

どこかの文献で、定期的に献血をしてる人は、長生きをするという報告がありましたが、献血の検査値のフィードバックは健康管理に有用だと思います。(^^)

Q国民皆保険制度はもう限界ではないですか?

ここ最近、国は高齢者の自己負担金を引き上げたり現役世代の保険料を引き上げたり小手先の改革で制度を維持しようと四苦八苦していますがもう限界に感じます。
自己負担金や保険料を引き上げ続ける事は不可能ですし(今までのように医師の技術料を不当に安く押さえt続け医療費を抑制すればイギリスのように医療そのものが崩壊します。
一部の開業医を見て‘医者は設け過ぎている‘と主張するのは医療費を抑制したい政府のプロパガンダに過ぎません。
多くの勤務医はテレビ局社員より低い年収しか得られない代わりに重い責任&重労働を背負わられています。医師の技術料は種類によっては中国より安いです。
やはり米国のように医療分野も市場原理を導入し国民皆医療制度か混合診療を全面解禁をしないと総倒れになると思います。
経済格差により受けられる医療に差が出る事は当然だと感じます。
日本の医療制度はどうしたらよいと思いますか??

Aベストアンサー

我が国の国民皆保険制度は、比較的安い値段で、等しく医療にアプローチできる、世界に自慢できる制度です。

但し、保険料と医療費とのバランスが崩れてしまっており、いずれ崩壊の危機にあります。

アメリカのように規制がない国では、多くの国民が医療保険(民間)を買うことができず、無保険のままで必要な医療が受けられないことや、能力の乏しい医師や高齢の医師が市場から淘汰されたり、産科や麻酔科の医師が賠償責任保険が手配できず、やむなく廃業という事態も生じています。

イギリスでは、自由に医師を選ぶことができず、まずはかかりつけ医のフィルターを通さなければなりません。そのために民間の保険会社が、自由に医師を選ぶことができる、医療保険を販売しています。

ドイツでは、国家が運営する公的保険と、民間保険会社の売る医療保険が競争状態にあり、国民はいずれかを選択することができます。

さて、我が国では、無能あるいは高齢の医師が市場から淘汰されることがないよう、日本医師会が医療の自由化を拒否し、公的医療保険制度の維持を主張していますし、官僚のサイドでも、国民皆保険制度の維持を図ろうとしていますので、しばらくは保険料の値上げ、税金の投入、医療費の削減、窓口での医療費の引き上げなどで凌ぐことになります。

さてどうするのか、難しい問題です。

年寄り、低所得者の医療をアメリカのメディケア、メディケイドのように国営にし、あとは、国保、健保を民間の保険会社に開放するか、

自動車の自賠責保険のように基礎医療を国保、健保にし、上乗せの医療費部分を民間保険会社に全面開放するのが良いと思います。

我が国の国民皆保険制度は、比較的安い値段で、等しく医療にアプローチできる、世界に自慢できる制度です。

但し、保険料と医療費とのバランスが崩れてしまっており、いずれ崩壊の危機にあります。

アメリカのように規制がない国では、多くの国民が医療保険(民間)を買うことができず、無保険のままで必要な医療が受けられないことや、能力の乏しい医師や高齢の医師が市場から淘汰されたり、産科や麻酔科の医師が賠償責任保険が手配できず、やむなく廃業という事態も生じています。

イギリスでは、自由...続きを読む

Q献血時の検査結果

献血センターで献血を行う前に、一度採決し、血液検査をしますが「血液比重」「肝機能」は献血前にわかるそうです。これ目以外に献血前にわかる検査項目はありますか?又、献血した血を用いて色々検査をしてくれるそうですがどんな、検査項目があるかわかりますか?教えてください。

Aベストアンサー

献血前に調べる検査は比重と血型だけだったと思います。
肝機能はさすがにわかりません。
検査内容は参考URLに詳しくありますのでそちらをご覧下さい。

参考URL:http://www.jrc.or.jp/active/blood/flow/test.html

QITPにかかったことがある人が、献血をしても良いのか、いけないのか。

昔、ITPっていう病気にかかったことがある友人が居ます。
ITPはなんの略かは知りませんが、血小板が少なくなる、
まだ治療法の見つかっていない病気って聞きました。
その人が、基準を満たしているので、献血をしたいと言い出したのですが、
血液の血小板が少なくなる病気だし、治療法も見つかっていないんだし、
そんな友人が献血した血を輸血された人に悪影響が起こるんじゃないかと思って、
僕は止めました。
しかし、科学的な根拠もなしに止めてよかったのかと疑問を抱いています。

そこで質問です。
ITPとかいう血小板が少なくなる病気にかかったことのある人は
やっぱり献血するべきではいのでしょうか。
それとも、血が不足しているらしいので、その気があれば献血してもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんわ。ITPは、Idiopathic Thrombocytopenic Purpuraの略です。

>昔、ITPっていう病気にかかったことがある友人
昔って何時なんでしょうね?
急性ITPの多くは、小児がウイルス感染症の後遺症のような感じで発症し、その殆どは数週間で自然治癒します。
慢性ITPは、殆ど治りません。(摘脾術を受けた症例ですと治癒率約5割といったところでしょうか)

一般論としては自己免疫疾患的に捉えられているのですが、未だ確たる原因が分かっていない状況ですから、#2様の仰るように「お断りする」との基準が定められているのかも知れませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報