税理士に通帳・印鑑・インターネットバンクを奪われて,精神的圧迫を受けています.とても怖いです.どこに相談すればよいか教えてください.お金を搾取され始めているかもしれません.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

税理士検索サイトを運営しているものです。



まずは弁護士に相談しましょう。
相談料がかかりますので、事前に状況をまとめて、簡潔に説明できるようにしましょう。

また、並行して税理士会にも連絡してみましょう。
    • good
    • 0

はあ?あんた脱税でもしてて脅されてるん??


でなけりゃ、なんで税理士がそんなことを?
じゃなかったら警察行って、あと銀行の口座差し止めするんだね!
    • good
    • 0

証拠を持って、警察へ告訴することです。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税理士の相場について

はじめまして。相続の件についてお聞きしたいんですが、兄弟二人で母親(配偶者は死亡)の財産を相続した場合基本控除を超えるため相続税の申告を税理士に任せようかと思いますが税理士にかかる費用の大体の相場(費用の計算方法)などわかる方がおりましたら教えてください。相続する額は総額約1億円です。相続する内容は戸建の家屋と保険金や会社の退職金などです。税務署から税理士のリストをもらいましたが、費用などがあまりにも高い税理士はなるべく遠慮したいのでくわしい方いましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは、基礎控除ですが、兄弟二人が相続人ということですので「5000万+1000×2=7000万」になります。

次に「相続する額は総額約1億円」とありますが、これは単純は時価もしくは相続税評価額の合計でしょうか?

相続税評価の方法についてみていきますと

1.居住用家屋…固定資産税評価額(経過年数等によっても違いますが、時価の7割程度)

2.居住用土地…市街地ですと路線価を基に算定しますが、土地の形状によっては評価減ができますし、居住用土地の評価はそこに居住している人などが取得すると240平米以下の部分まで80%の評価減(つまり、20%の評価)ができます。(小規模宅地等の評価減といいます)

3.保険金…非課税枠「500万×法定相続人数2人=1000万」を死亡保険金から差引けます。

4.退職金…非課税枠「500万×法定相続人数2人=1000万」を死亡退職金から差引けます。

つまり、上記3.4.で確実に「1000万+1000万=2000万」は課税対象額が減額できますし、居住用家屋も通常時価よりは低い金額であること、土地については80%(240m2まで)の減額が可能です。

仮に単純な時価の総額が1億円というここであれば、そこから非課税枠合計2000万を差引いて8000万。8000万から基礎控除7000万を差引いて1000万。ということは居住用不動産の財産評価や他に負債によっては相続税はかなり圧縮できます。

ただ、相続税がOであっても、小規模宅地等の評価減を使用してOになっている場合には相続税の申告が必要です。

税理士に依頼すれば、#1の回答の通り数十万の報酬は必要になりますが、親族関係も特に複雑でなく、分割方法も決まっていて、財産内容も上記のものでしたら、ご自身でも申告書作成は可能です。わからないことがあれば税務署に資料を持ち込んでお尋ねになれば教えてくれます。

もし、税理士に依頼されるのであれば下記のような紹介してくれるサイトもありますのでご参考までに。(同じ税理士でも相続申告の経験があまりない税理士もいますので・・・)

http://www.expert-net.com/samurai/ad/

http://www.jalic.jp/

参考URL:http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-now/1_30.html

まずは、基礎控除ですが、兄弟二人が相続人ということですので「5000万+1000×2=7000万」になります。

次に「相続する額は総額約1億円」とありますが、これは単純は時価もしくは相続税評価額の合計でしょうか?

相続税評価の方法についてみていきますと

1.居住用家屋…固定資産税評価額(経過年数等によっても違いますが、時価の7割程度)

2.居住用土地…市街地ですと路線価を基に算定しますが、土地の形状によっては評価減ができますし、居住用土地の評価はそこに居住している人などが取得すると240...続きを読む

Q通帳の印鑑 配偶者と同じ印鑑は?

タイトルのとおりなのですが・・・。
現在、私名義の通帳の印鑑が主人と同じものです。
そこでお聞きしたいのですが。

遺産相続、生前贈与などの場合、不都合になりますか?

違う印鑑に変更した方がいいでしょうか?
教えてくださいm(__)m

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

印鑑は、個人の識別にも使われる道具です。
通帳の印鑑が同じものですと、離婚した後に困ります。
仲の良いうちに別々になさることを強くお勧めします。

Q税理士費用について

小規模法人ですが税理士費用の相場について教えてください。現在の契約は月に2万円強、決算6ヶ月分、年末調整4万円前後です。中長期の経営コンサルタント的な契約も含んでおりますが、年間40万円を超える額を払うのは高すぎだと思っています。一般的な相場などがありましたらお教えください。

Aベストアンサー

相場の話になってしまえば、現在の数字は、そうかけ離れたものでもないと思います。
記帳代行を含み、コンサルタント業務に一定の信頼が置ければですが。

税理士さんの仕事は、原価が有って無い様な物ですし、法人の利益の上下によって仕事の内容が、そう変わらないのが良し悪しのようです。

一寸関係ない話のようですが。

仕事の取引先であれば、提供された商品・仕事の質について不満があれば双方の要望をぶつけ合うわけですし、また、その質によって値引きの交渉をなさる場合もあるでしょうし、さらに、厳しい状況なのだから、同業者どうし助け合おうや、などと言う場合もあるわけですよね。

税理士さんとの関係も、それと同じだと思います。

今まで、会社の数字について、損益状況であったり、財務体質であったり、あらゆる面で何らかの共同作業をなさって来たと思うのですが。
そうであれば、今の会社の状況で、どうしても支払額が負担であることを、率直に御相談なさったほうが良いと思います。

私の知り合いの社長のところでは、残念ながら売上の減少傾向が止まらず、社長・奥さんとも役員報酬の減額を止むを得ずする状況になったら、税理士さん自ら、報酬の減額を言ってきたそうです。

「経営の負担になるような報酬まで頂くわけにはいかない」、「今はお互い我慢の時期ですが、一緒に乗り越えて、将来一緒に笑いたいから」、との考えでそうしたらしいです。

一度今後の経営状況の見通しを中心に、今の状況の厳しさをどう一緒に乗り越えて行こうとしてくれているのか、きちんと御意見をぶつけたほうが良いと思います。
その話し合いの中で、「この人は真剣に会社の将来を考えてくれていない」と判断なさったのなら、次の段階にお進みになればよいと思います。

その場合、下記を一つのご参考までに。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1270932

相場の話になってしまえば、現在の数字は、そうかけ離れたものでもないと思います。
記帳代行を含み、コンサルタント業務に一定の信頼が置ければですが。

税理士さんの仕事は、原価が有って無い様な物ですし、法人の利益の上下によって仕事の内容が、そう変わらないのが良し悪しのようです。

一寸関係ない話のようですが。

仕事の取引先であれば、提供された商品・仕事の質について不満があれば双方の要望をぶつけ合うわけですし、また、その質によって値引きの交渉をなさる場合もあるでしょうし、さら...続きを読む

Q【金】お金って弱者から搾取するために出来た仕組みなのでしょうか。 外食。料理が作れない弱者から搾取

【金】お金って弱者から搾取するために出来た仕組みなのでしょうか。

外食。料理が作れない弱者から搾取するためのもの。

新聞。遅い情報を金を出して買う。

高齢者は情報弱者。若者はネットでタダで読む。

要するにお金は弱者のために存在するってことですかね。

強者は弱者を助けてるんじゃなくて、弱者からお金を巻き上げることがお金社会のシステム循環だと思いました。

Aベストアンサー

お礼じゃないでしょうか。
料理を作ってくれた人への、「労力と材料へのお礼」
新聞を作ってくれた人への、「情報の提供、印刷、配達へのお礼」
ある程度、金額が決めてあるのは、それを作ってくれた人の収入になる為でしよう。
物品でのお礼でも良いかもしれませんが、要らない物をお礼にもらっても無駄になる為、お金なら自由に使えて便利という所でしょう。
心の余裕の持ち方で、お金は、良くも悪くも考えられるかもしれません。

Q税理士、適切な費用は?

10年間やってもらった知り合いの税理士が病気で突然引退しました。適当な人(会社)を探していますが費用がまちまちのようで、どうしたらいいか迷っています。
私は個人営業でパートが一人だけ。やっていることが毎年同じで、税理士に質問することもとくべつありませんので税理士への費用はできるだけかけたくないのです。
今までの税理士と会うのは年に一回だけ。そのとき、一年分の毎日の売り上げや出費をEXCELで書きこんだものを渡しちょっとした話をし、あとは6月と12月にパートの人の給料をメールで知らせるだけの関係でシタガ、税務署の立ち入りを含め問題になったことはまだありません。
節税対策の知恵は不要です。しかし税理士に対する費用を節約したけっか,申告手続きがおざなりになり税務署ににらまれるようになるのも困るのですができるだけ少ない費用で、安心できる税理士を見つける方法,適切な費用(謝礼)をおしえてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
10年間継続している税理士がいなくなると不安ですね。

質問者さんはきっちりと出納帳もつけられているようですし、内容も軽そうなので税理士のかかる負担は抑えられるかと思います。
もちろん青色申告かと思いますが、その場合での相場は月額10,000円~15,000円、決算料(確定申告料)60,000円~80,000円くらいの相場かと感じます。つまり年間全て含めて20万円前後には納まる内容だと思います。

探し方は、ネット、タウンページ、税務署の名簿など多々ありますが弊社で税理士紹介事業を行っていますので、もしよろしければご利用いただければ幸いです。
税理士紹介おまかせナビ http://www.omakase-zeirishi.com/
女性税理士紹介Net  http://josei-zeirishi.net/

価格だけでなく、相談しやすいか、誠実か、など相性の部分もありますので、複数名の税理士に会われて、決めるということも大事かと思います^^

参考URL:http://www.omakase-zeirishi.com/

Q通帳と印鑑だけで引き出せない銀行は?

普通の銀行は窓口では、通帳と印鑑だけで預金を引き出せるようですが、はっきり言って不安です。
私の地域の銀行は200万以上の高額取引に限り本人確認などをするそうですが、私としては5万円以上でも本人確認してもらいたいです。
仮に通帳と印鑑の盗難に遭ったとき、それ以上の額が引き出されるかもしれないと思うと納得いきません。

聞いた話では巣鴨銀行が本人確認などを厳しくやっているそうですが、
残念ながら私の近辺にはありません。地方銀行だと参考にならない可能性が高いと思いますので、都市銀行や郵貯などを参考にしたいと考えています。

そんなわけで、どなたかセキュリティーの厳しい銀行をご存知でしたら是非教えてください。

Aベストアンサー

私はゆうちょ銀行をおすすめします。下記のようなサービスを申し込むといいと思います。

1.暗証番号の入力を必須とする(暗証取扱い)
キャッシュカードを発行している場合で、特に希望すれば、窓口で郵便貯金残高を減少させる取引(払戻しや送金など)をする際に、印鑑照合だけでなく、端末機による暗証番号の確認をあわせて行うことになります。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kitei/pdf/ansyou-toriatukai.pdf

※以下の情報は郵便貯金時代のものであり、ゆうちょ銀行でも同様のサービスがあるかどうかはわかりません。参考程度にしてください。

2.あらかじめ決めた郵便局以外では印鑑を取引に使えなくする
郵便貯金通帳には届出の印鑑が押捺されていますが、押捺を省略する代わりに、あらかじめ決めた郵便局以外では、郵便貯金残高を減少させる取引を印鑑照合によって行うことができなくなります。

Q税理士へ確定申告を頼みたいのですが、相場を教えてください。

税理士へ確定申告を頼みたいのですが、相場を教えてください。

Aベストアンサー

青色申告なら、10万程度
白色申告なら、5万円程度・・・が相場だと思います。
自分は、その程度の金額でやってもらっていました。

Q通帳の印鑑をなくしてしまいました

通帳の印鑑をなくしてしまったようなのですが、
どうしたらよいでしょうか。
市役所の手続きで必要なのですが…
通帳をもっていきそこから、引き落としをしてもらうためです。
通帳とその印鑑をといわれたのですが、印鑑は必ず必要なのでしょうか。

Aベストアンサー

既にアドバイスが有りますように、
・通帳
・本人確認書類(保険証や免許証など)
・新しい印鑑
を持って銀行に行き、失くした印鑑の「紛失届け」をして、
新しい印鑑を登録する。

市役所には、通帳と、新しい印鑑を、持っていけば良いのです。

Q税理士資格を取得した後の費用について

税理士資格を取得した後の費用について
税理士資格取得後、税理士資格維持のため費用(更新料、研修・講習料など)は、1年にいくらぐらいかかりますか。(登録料は日本税理士会連合会にありました。)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

税理士資格の維持だけでしたら各エリアの税理士会への会費だけです
ちなみに近畿税理士会では本会費 82,800円、支部会費 12,000円です。
地域によって違いますが年間10万くらいですね

研修費は無料のものとかいろいろあります。現状では年間研修を36時間受けるよう努力目標が定められていますが、強制ではないです。

研修費は無料が多く、1回、1000円、2000円程度のものが多いです(だいたい2~3時間コースです)

Q郵便局の通帳の印鑑のところに貼ってある緑のシール

以前こちらで「郵便局の通帳の印鑑のところに緑のシールが貼ってあるからコピーしても陰影は写らない」ということを知り、早速コピーしたら、ばっちり陰影が写ってました。がっくしでした。
では、あの緑のシールは何のために貼ってあるのでしょうか。

Aベストアンサー

印影がこすれてしまわないようにでは?

最近は印鑑偽造を防ぐ意味でも通帳に印影をもたないのが銀行系ではふつうですが、郵政公社では違うのですね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報