マンガでよめる痔のこと・薬のこと

先日、床下に潜り、確認したところ、我が家の床下は、家の中央部で換気が悪く、少し湿気ているようで、カビを若干見つけました。
恐らく内基礎に囲まれて、床下の空気の流れが悪くなっているのが原因だと思います。

そこで、床下換気扇を検討したのですが、本来の設置方法である基礎の換気口に数台設置するより、空気の流れの悪いところ(家の床下中央)にパイプを伸ばし、外部に排気する方法も、有効ではないか、と思います。

方法としては、
 1、外部に床下換気扇1台を設置。
 2、外部基礎に塩ビパイプ径の専用穴を開ける。
 3、換気扇に囲いをつくり、パイプと直結する。
     (換気扇が空気を吸いこめるようにする)
 4、パイプを空気の流れの悪い床下中央部まで伸ばす。
を考えているのですが、問題はありますでしょうか?

この方法だと、換気扇1台で済み、中央部の湿気も確実に排気でき、自分ひとりで簡単に出来、安上がりにもなります。
換気扇の代わりに、安いトイレファンも考えています。
基礎に穴を開けられるコアナの道具は借りられます。

意見のほどお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>カビが増加していくようであれば、ほって置いてはダメということですね?



あのですね、先ずふき取る。そしたら通気を確保する。後は観察。今の時期は湿気も多いですし、かびやすいと思うので他の季節の観察も必要だと思います。今の季節だけ酷いのかもしれませんし。


>また、どれくらいまでなら許容範囲なのでしょうか?

これは・・・^_^;現場を見てないのでなんとも言えませんが木材の表面がカビで真っ黒になると結構危険だと思います。もう少し進むと木材がぐさぐさと崩れ始めます。腐朽菌の繁殖ってやつです。



繰り返しますが他の場所はかびてないんですよね?でしたら多分心配いりませんよ。かびている所を今まで述べた方法で通気さえとってやれば。

今気付いたんですが、もしかしてカビってのはシロアリのように腐食していくものだとお考えでしょうか?
今回のカビの一番の原因は湿気(この場合結露ですね)。結露の発生を抑える為に通気を取ります。最近の問題になっている壁体内結露だって通気で全て解決なんですから。

なので湿気をを通気でふきとばしてやれば広がりません。部分で考えてOKです。一部がかびているからと全体を怖がる必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私が見た床下のカビは、白いカビです。ちょうど物入れの下(ベニア板の裏側)と廊下のフローリングの裏側あたりに、白くて丸い(斑点模様のように)カビが、いくつかありました。部屋側というか、床下でない方には、カビは見当たりません。
また、大引き(?、土台では会いません)にすじ状の白っぽいものがあり、これはカビだと言われたのでカビだと思っているところです。
私の見たところ、黒いカビは見当たりませんでした。
bianchi326さんの言われるように、一度発生したカビはどんどん腐食が進行していくものだと思っていました。
築20年近くなれば、この程度ならいいのかな、とも思います。
業者の5年もすれば大変なことになる、といわれたのが気になっていました。

お礼日時:2005/09/10 17:24

#4です。

なるほど、そういうわけでしたか。
今後は絶対に知らない業者は家に入れないほうがいいですよ。
「訪問販売禁止法」も施行されてますし、飛び込み営業なら違法です。

「5年くらいで大変な事」になる可能性は極めて低いと思いますが、ご心配なら他の部分の土台もカビを観察しておいて、一年間観察してみるのがよいかと思います。

>また、外壁にはカビらしきものは発生していませんが、内側は不明です。

「通気胴縁」がとられていれば問題ないんですが、ここ10年くらいの建物であれば大体とってあると思うんですが。

>換気口の増設は基礎の状態・強度に取り返しのつかない影響を及ぼすのでしょうか?

取り返しが付かないとは言いませんがちょっと心配ですね^_^;
・鉄筋を切ってしまう恐れがある
・応力が小さい所ならいいんですが図面を見ないと判断できない
からです。

落ち着いてもう少し様子を見て、あまりカビが発生しまくるようでしたらもう一度プロにご相談なさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
我が家は、平成元年築の木造在来工法で、布基礎です。恐らく「通気胴縁」はないと思います。
しばらく、このまま観察してみます。
カビが増加していくようであれば、ほって置いてはダメということですね?
また、どれくらいまでなら許容範囲なのでしょうか?
よろしければ、お返事ください。

お礼日時:2005/09/09 22:19

#4です。



>扇風機で攪拌すれば、カビを撒き散らすことになるようで、心配になります。排気のパイプファンで吸い出した方が良い様に思ったのですが。
扇風機を床下で回していても、問題はないでしょうか?

えーとですね、大丈夫ですよ。
質問文から察するに、布基礎、床下換気口、防湿処置なし、の状態で一箇所しかかびてないんですよね?
前回書いたように、湿気が多い土壌ならもっとかびていると思いますから、他の心配をした方がいいでしょう。又は湿気が多少あってもきちんと床下換気がなされていて、カビが発生していないものと思います。
一箇所がかびてたから「こりゃ大変」というわけではないですよ。

カビは、温度、湿度、淀んだ空気、の3種類がそろって発生するんですね。一番手っ取り早いのは淀んだ空気の解消です。
それから、カビは空気中に普通に存在するので「撒き散らす」事を心配しなくて大丈夫ですよ。とりあえず発生しているカビをふき取るくらいはした方がいいかもしれませんね。

どうしても排気でお考えならきちんとかびている所を空気がなでて通るような工夫をした方が良いでしょう。

3つの内の湿気を解消するなら板状超湿建材等も考えられますが、通気のない状態では少々不安が残ります。


それはそうと、住宅を大切になさっているようですね。設計者の端くれですが、嬉しく思います。
ついでに他のカビもみてみてらいかがですか。北側の外壁の裏とか。押入れの裏側、仕上材を剥がしてみてみるとか。
こういうところがかびてなければ住宅は健康だと思いますよ。

あと心配するのは構造でしょうけど、一般にはなかなか判断が難しいので(施工も関わるので)それは図面をみて確認するのがいいかもしれませんね。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も、回答ありがとうございます。
実は、先般床下専門業者にも見てもらった時に、
「カビがあり床下換気扇を設置しなければ、あと5年ぐらいで大変なことになる」と言われ、ものすごく不安になりました。私もそれから、自分で床下に潜ったのですが、確かに白っぽいカビがありました。
床下換気扇のほうは、すごい押しの営業トーク嫌だったこと、値段が高かったこと、本当に必要性があるのかが分からなかったので、断りました。
でも不安です。
床下の土は、サラサラと乾燥しきった状態ではなく、といってジュクジュクでもありません。
また、外壁にはカビらしきものは発生していませんが、内側は不明です。
友人等は、もっと換気口を増やせば良いのではと、言っていますが、換気口の増設は基礎の状態・強度に取り返しのつかない影響を及ぼすのでしょうか?
お礼遅くなり、申し訳ありませんでした。

お礼日時:2005/09/07 22:35

床下除湿機を置いてはいかがでしょうか?


しかし通気口を閉じないと夏場は湿った外気が入ってくるだけなので何台も置かなくてはいけないと思います。
例えば海苔が湿気らないように海苔の缶に通気口をあけたりしませんよね。逆に湿気ります。
普通シリカゲル(家の場合除湿機)を入れますよね。

僕は今家を建築していますが、床下は密閉してはじめから床下除湿機1台だけ設置しました。

下記の参考URLの床下除湿機は湿度が70%を超えたときのみ自動で作動するので稼動するのは夏だけなので経済的です。
一番下の床下換気口は無い方が良いというのも続けて読んでみて下さい。

床下が湿気っていると土台などが腐るし、シロアリ被害の原因になりますので早めに対策しておいた方が良いと思いますよ。

リフォームで付けられるは分かりませんが、確認してみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.izzat.co.jp/technology/tbt/dehumidify …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
床下除湿機というものがあるのですね。初めてしりました。参考にさせて頂きます。
既存の我が家にこれから設置しようとすると、かなりの費用がかかりそうですね。建坪30坪でしたら何台必要なのでしょう?

お礼日時:2005/09/07 22:11

こんにちは。



議論が無理に難しい方向に向かっていそうな感じがしましたので回答させてください。

カビは、空気が動きさえすれば発生しないですよ。
たとえ一時的に結露が発生しても空気動かせば蒸発しますのでカビには至りません。

文章を拝見した様子ではカビているのは一部なんですよね?他はカビが発生しておらず、密閉もされていないようですね。

極端な話、そこに小型の扇風機置いておいてもOKだと思いますよ。

何も下からの湿気を全部遮断するほどのこともないと思いますが・・・。
というか、泥地などで湿気が多い所はもっと他にも気を配らなくてはいけないです。それから、炭などの調湿も、ベタ基礎とか、ある程度は基礎が閉じた状態でないと余り効果があるとは思えません。



質問文のような解決法だと、もしかしたらあまり効果が上がらないかも知れないとおもいました。
理由は、ファンは排気で使うんですよね?でしたら無尽蔵にあたりの空気を吸ってしまうかもしれないので肝心のかびている所の空気を動かしてくれないかもしれないと思ったからです。
コア抜きもちょっと心配ですね。鉄筋を切ってしまいそうで(^_^;)

要するに淀んでいる部分の空気を動かしてやればいいわけです。あまり大げさに考える必要ない状態だと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
扇風機で攪拌すれば、カビを撒き散らすことになるようで、心配になります。排気のパイプファンで吸い出した方が良い様に思ったのですが。
扇風機を床下で回していても、問題はないでしょうか?

お礼日時:2005/09/05 23:41

#1です。



床下の通気口ってどのような形ですか?
床下の状態って土ですか?

基礎に付いている通気口だったら周辺に植木を植えたり物を置くのを止めましょう。

床下が土の状態だったら換気扇をつけても効果は得られないでしょう。
土壌からの湿気の量が多いので難しいです。
もし土の状態なら換気扇よりも先に
隙間の無いように防湿シートを敷き、上から乾いた砂で覆う。
元を断たないといくら換気をしても湿度は下がりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
床下の換気口は、一般的な大きさ(約230×150)位のサイズです。数は足りていると思います。

床下の状態ですが、土です。床下が土の場合換気扇は効果がないのでしょうか?

換気口が十分あると思うのですが、内基礎が中央部で囲まれている部分が、通気が悪いようです。内基礎には、人が潜って通れるくらいの通気口はあります。
1箇所行き止まりのようになっているところがあり、そこが悪いようです。

防湿シートは素人でも敷き詰めることが、可能でしょうか?大変な作業になりそうですね。

お礼日時:2005/09/02 22:00

基礎に穴あけちゃ、まずいでしょう。

結構大きな穴になるでしょう?

代わりに、吸湿物を床下に敷く、という方法もあります。私は炭を勧められましたけど。
防火上、燃えない炭、セラミック炭というものがあります。
袋に入ったものを敷いていくようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
基礎に開ける穴は100mmのパイプを考えたのですが、これぐらいの穴なら、開けても大丈夫と思いましたので。
炭関係は、床下全面に敷きつめるとなると、かなりの費用になりそうなので、出来るだけ、安く済ませたいと思っています。

お礼日時:2005/09/02 21:49

問題はあると思います。



その理由として
・1台では能力不足
・基礎に穴を開けることによる基礎への影響
 (強度の問題や内部の鉄筋を避けて穴を開けられるか)
・吸気量とのバランスがとれないと上手く排気できない
・パイプ内の抵抗による圧力損失(・長さ・パイプ径・曲げの多さなど)
(パイプの距離が長くなれば圧力損失が大きい)
・屋外への換気扇の設置の為の防水処理

などがあげられると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
1台では能力不足ですが、空気が流れればそれだけでも有効かな、と思いました。吸気量とのバランス、パイプ内の抵抗による圧力損失は、私も心配していましたが、やはり問題がありますか?
屋外への換気扇の設置の為の防水処理については、屋根がありますので、なんとかなると思います。
発想は「イケル」とおもったのですが。いろいろ考えて見ます。

お礼日時:2005/09/01 23:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qできるだけ安く、かつ効果的な床下の湿気対策を教えて下さい!

ゆるい傾斜地に家が建っているためか、床下の湿気に悩まされています。
ちょっとでも油断すると、押入れでも畳でもカビが繁殖してしまい、大変困っています。
できるだけ安く、かつ効果的な床下の除湿方法を教えて頂けませんでしょうか。ホームセンターや家電量販店が近くにあるので、できれば自分でできる方法だと助かります。
自分で考えついたのは、何かを敷くこと(ゼオライト?という物が良いと、知り合いからは聞きました)、安価な換気扇(扇風機でも代用できるでしょうか?)で湿気を追い出すこと、市販の適当な扇風機を一台・または複数台置き、床下の空気をかき回すこと…などです。いかがでしょうか…?
ちなみに、自宅は木造(プレハブ方式ではなく、大工が作りました)、壁は土壁、建築年は昭和42年か43年です。

どうか知恵をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の外から空気を入れるためには、そこそこのパワーのあるファンが必要になります。扇風機は風をふきつけることはできますが、淀んだ空気を排気する力は期待できないでしょう。
換気扇も、台所にあるようなやつは、口径が大きくないと床下通気口にあわない。

(参考URLのBBSで関係者のアドバイス聞けます。)


なお、#5で紹介されてる業者、業界では胡散臭がられていますよ。
ソーラーファンを40万円とか、ぼったくりだと思うな。
施工会社のくせにHPで価格を書いていないのが大体…。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の...続きを読む

Q床下換気扇の効果は?

床下がカビ臭いので床下換気扇を取付けようかと考えています。

取り付け自体は、知人が電気屋をやっておりますので、
機械はこちらで購入して取り付けだけ頼もうかと考えていますが、
効果の程は分からないとのことです。

そこで、取り付けされた経験がある方に、
効果を教えて頂きたいのです。

私は、今までは他人事だったので、
高い床下換気扇を取り付けさせられたなと思うくらいの人間でしたが、
建物も古くなってくると、対策をせざるを得ません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。
先ほどはモバイルから要点のみの書き込みなので、補足内容を付け加えさせていただきます。

床下換気扇は悪徳リフォームの専売特許のような印象の商品ですが、実際はこれほど有用な製品はないと云えるほどに優れたものです。
とにかく、付けてみたら必ず効果が得られる製品です。
特に、床下が湿気てる建物に取り付けたら、間違いなく湿度は下がります。
それも南側の乾いた空気を北側に抜かすことで、確実に湿度は下がります。

製品には二つの種類があり、床下で空気を攪拌するものと南側の空気を北側に抜くものと二つのタイプがあります。
前者は空気を動かすもので流れを作るものではなく、後者は空気の流れを作って湿度を下げます。
この時期、室内にいる時に扇風機を動かすだけで、体感の湿度が変わるのはご存知と思います。
床下も同様の理屈で、空気を動かすだけで湿度は下がります。
今回の製品はそれを応用したもので、効果は必ず得られます。
ただ、床下にある基礎によっては結果が変わることを念頭に置かれますように。。。。

Q床下換気扇の値段について

床下が土の為床下換気扇を湿気対策に付けようと思っています。一応業者には頼んであるのですが、ホームセンターで,4万円ぐらいからあったのでびっくりしてしまいました。機能に差がだいぶあるのでしょうか。何十万もするものもあるのに…幾らくらいが妥当なのでしょう…

Aベストアンサー

機能については、「太陽電池」のやつは、はっきりいって、パワー不足です。
(太陽が照っている間だけまわる、という発想は面白いけれど)
あの程度の換気で十分だ、という家であれば、無理に換気しなくても大丈夫だと思います。(なくても問題ないような家に売りこむために作っているんじゃないか?と思います)

パワーは「シロッコファン」(円筒形の回転しているやつ。地下鉄のエアコンの吹出し口にある)方式ですね。細長い換気口を効果的に使えるから。(プロペラのやつは、限られた口径の中心をモーターがふさいでいるので、パワーとしては落ちる)

床下に潜って、動き回った時に、作業着が「土」でなくて「泥」で汚れるぐらいの家でなければ、わざわざ買う必要はないと思います。(ウチの実家は、まさに「泥」でしたからつけました。)

「配線」の必要な電気製品は、素人がやっちゃいけないので、業者に頼む方がおすすめですが・・・。「炭」ぐらいなら、「袋いり」をホームセンターで買ってきて(大きいものなら軽トラ貸してくれるし)、休みの日に家族総出で(業者は1人がいちいち袋を持って移動するけど、家族で「リレー」すればもっと早い)

ステンレス製のシロッコファン3台つけて、工事費込み14万ぐらい(生協でも、「通販生活」でもそのあたりでしたから、「相場」じゃないですかね。メーカーは同じで)。
「1台4万」を3台つけて、本体だけで12万するなら、業者に14万でやってもらいますね。「5年保証書」がついていれば、故障しても、もぐって直してもらえるけど、自分でつけたやつが故障したら、自分ではずして修理を依頼しなくちゃいけないでしょ。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/sikke.html

機能については、「太陽電池」のやつは、はっきりいって、パワー不足です。
(太陽が照っている間だけまわる、という発想は面白いけれど)
あの程度の換気で十分だ、という家であれば、無理に換気しなくても大丈夫だと思います。(なくても問題ないような家に売りこむために作っているんじゃないか?と思います)

パワーは「シロッコファン」(円筒形の回転しているやつ。地下鉄のエアコンの吹出し口にある)方式ですね。細長い換気口を効果的に使えるから。(プロペラのやつは、限られた口径の中心をモーター...続きを読む

Q床下換気扇の取り付けを自分でやることは可能?

こんにちは。床下の湿気対策に、床下換気扇の取り付けを検討しています。

床下換気扇を3箇所くらいつけ、昼間換気扇をまわし夜止めることができるもので、ソーラータイプでないものを取り付けたいと思っています。

ソーラータイプの床下換気扇は、自分で取り付けられるということを聞いたのですが、ソーラータイプでないものは、外部コンセント設置以外の電気配線も含めて自分で取り付けられるのでしょうか?ちなみに、我が家は1階平屋建てで外部コンセントがありません。少なくとも、外部コンセントは電気屋さんに頼まないとならないとは思っています。

ご経験のある方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

こんばんは家電屋です。
床下換気扇の工事は一見簡単に見えますが実際にやって見ると案外難しいものです。

素人が行うとしての問題点は
(1)電気工事士の資格をお持ちですか?外部コンセントでは無く配線接続、アース工事などをどうするか。他の方もおっしゃっていますが配線の処理はどうします?

(2)外から取り付ける方式として通気口は殆んどの場合小さすぎるのでハツリ工事が必要だが専用工具をお持ちですか。またコンクリートにネジ穴を開けて固定するとして電気ドリルは持っていますか。
また各種工具を使いこなせますか?

(3)換気扇を取り付ける位置、これが最適でないと効果が弱くなります、これらをキチンと把握できますか?

私が思うに経験豊富でていねいな仕事をする地元の電気店がベストかと思います。特に訪問販売はお気を付け下さい、価格、仕事内容など想像を絶するほどの悪質な業者が居ますから。

Q床下換気扇について

よろしくお願いいたします。
当方、築25年中古の戸建てを買ったのですが、前の持ち主がよくありがちな訪問販売で床下換気扇を設置していました。24時間タイマーで決められた時刻に一定時間動いているようです。
そこで質問ですが、本当に床下換気扇は必要なのでしょうか? 私的には電気代ももったいないし、布基礎で地べた丸見えなので、高々3つのファンで地面からの湿気に対抗しようなんて無駄なことのように思えます。
 また、冬場は乾燥しているし、うちの床には(壁もですが・・・)一切断熱材が入っていないので、床下換気口を一時的にふさぎたいのですが、やめたほうがよいでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

いい時も悪い時もあります。
夏場は床下がしけってしまうので止めたほうがいいです。
外の湿った75パーセントの暖かい空気が床下に入り冷やされ湿度100パーセントになることがあります。
換気はしたほうがいいとかふさいだ方がいいとか簡単に言えません。
古民家などでは完全開放した家も完全密閉している家もあります。
どちらも腐らず長持ちしているのです。
この場で結論の出る問題ではないと思います。
基礎の状況、地面の状況により変わるでしょう。
現在の床下を見て何も問題なければ、あっても問題無いということです。
ふさいでもいいかどうかはわかりません。
地面からの湿気がどのくらいあるのかわかりませんが、ほとんどないところでしたらふさいでもいいような気がします。
地面からの湿気が激しいところもありますので、ファンをしばらく止め止め一度床下を確認してみてはいかがですか。
専門家と名乗る人たちも意見が分かれるような気がします。
私の家は密閉しています。

Q家の基礎にある通気口や床下換気口を塞ぐことの幣害

家の基礎部分に通気口がありますが、本来これは床下内の換気口とされていると思います。

特に夏場の湿気などを逃がす役割をもっていると思いますが、冬場は何かの役割があるのでしょうか。

想像するにこの通気によって、床面下から冷気が入り込んで、せっかくの暖房も少しながら無駄になっているように感じます。

そこでこの通気口を寒い冬場だけ塞ぐことによって、少しは家中を保温しておくことは有効なのでしょうか。

何か幣害はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

まったくお見込みの通りです。
床下換気は湿気の多い夏場は必要ですが、乾燥して寒い冬に開けっ放しは床下を冷やすだけで何のメリットもありません。(太平洋側気候の場合)
世の中にはスライド式で冬場には閉めることが可能な換気口もあるのですが、なぜか普及しませんね。
開閉しないものより二倍ほど高いからでしょうが、暖房効率を考えればすぐに元が取れる程度なのですが・・・。
http://www.uk-usami.co.jp/page/yukasita/detail_yuka_yk.html#Anchor-41648

下記のように自動で開閉できるものさえあります。
http://www.imcompany.com/kan/auto_yukashita_kan.html

換気口を取り替えるのも大変ですから、とりあえず冬場はダンボールなどでふさいでしまいましょう。もちろん夏に向かって外すのを忘れないように。

Q床下調湿炭の必要性

いつもお世話になっております。
この度、新築からのシロアリ保証(5年)が切れたことにより、床下に再度シロアリ防除薬剤の散布をすることになりました。
今回も引き続き新築した時の業者にお願いしようと思うのですが、
業者の方いわく、
「浴室下がやや湿気がこもった感じがする」
「そのあたりの木材がやや黒ずんでいる」とのことで床下調湿炭を敷くようにすすめられました。
2万5000円@1坪の竹炭です。

業者の方が帰られた後、私自身も床下にもぐってみたのですが、
その部分に湿気がこもっている感じはしません(鈍感?)でしたし、
木材の黒ずみは確かに微妙でしたが元々新築のころと変わってないようにも見えました。

皆様に質問なのですが
このような現状で床下調湿炭を敷くべきかどうか、迷っています。
どれほどの効果なのかも不明ですし・・・敷いた方がよいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.)「床下調湿炭を敷く」必要はありません。
床下調湿炭の敷設は、木材の腐朽を予防する、木材の腐朽を食い止める、いずれの効果も期待できません。即ち建築物の強度を保つという目的を達することはできません。

2.)養分、水分、空気、温度、菌や種(菌糸胞子など)の混入・侵入のいずれか一つまたは複数を、生息限界値から外せば、木材腐朽菌(ふきゅうきん)、黴(かび)を環境的な作用によって防除することができます。
ここでは、木材の含水率を低く保つことで、環境的に防除できるか、ということになりますね。
多孔質の石や炭などには、水分や微粒子やガスを吸着する性質があります。しかし、外気が通風されている床下を、環境的防除の目的で「調湿」(湿度調節)できるほどの作用は「無い」と言って間違いではないと思います。

3.)効果があるか無いか、ご自分で科学的に調べる方法もあります。
木材の含水率を調べるには、問題の木片を切り出して重さを量り、加熱して水分を抜いて重さを量るわけです。しかしこれを非破壊で現場でワンタッチで測れる器械が安価にネット販売されています。
2本の針を刺して電気抵抗を測り、木材の種類ごとの測定データと参照して、含水率を表示してくれます。 簡易なものは2万円台からあると思います。シロアリ防除業者の中には、持っているところもありると思います。
このような木材含水率計にはイエロー・レッドのゾーンが示されていることが多いです。イエローだから直ちに心配する必要があるとは限りませんが、炭に何十万もかけるのでしたら、一家に一台買っても良いかな、という値段と思いませんか? 私の事務所にも1台あります。

4.) 床下の気温・湿度を間欠的に自動測定してメモリに記録する「データロガー」も同じくらいの値段からあります。
これは本当に便利なので、私の事務所でも数台備えて次のように使っています。
・断熱工事の評価 いわゆるビフォーアフターです。例えば室内、床下、天井裏、押入れ、外気のように2~3台同時に使うと興味深い事実が分かります。
・床下調湿剤(施工)の評価 いわゆるビフォーアフターでも良いのですが、同じ設計の実際の家屋が並んでいるところで、温湿度データロガーを1年使って実験したデータを見たことがあります。
カンタンに言えば、床下調湿剤を敷設しても湿度変化が遅れるだけで、除湿効果は無い(腐朽菌防除に役立たない)という結果でした。
・空調の効き方の評価 事務所などで「この席は冷える冷えない」とか「湿気が溜まる」「隙間風」などの問題の解決。省エネしつつ快適に過ごせます。微風(0.2~2m/s程度)も測れる風速計もあると便利です。

5.)床下換気扇 床下換気扇そのものにはシロアリ防除効果、腐朽菌の防除効果は無いと言って間違いではないと思います。
つまり、現場ごとの調査による根拠・目的なしに目分量で床下換気扇を付けても、「木材の強度を保つ」「快適な住環境を保つ」という目的に合う処置になっているかどうか、甚だ怪しいということです。(私見ですが無駄骨も多いように感じます)
床下の換気量が確保できていない(基礎の換気口で風量ゼロ)とか、床下で空気の滞留が無くなっても、がけ下の敷地で地下水の染みだしで家の周りが湿気ているため、床下湿度が下がらないとか、調査するとエッというような事が分かることがあります。

参考になりましたでしょうか。

1.)「床下調湿炭を敷く」必要はありません。
床下調湿炭の敷設は、木材の腐朽を予防する、木材の腐朽を食い止める、いずれの効果も期待できません。即ち建築物の強度を保つという目的を達することはできません。

2.)養分、水分、空気、温度、菌や種(菌糸胞子など)の混入・侵入のいずれか一つまたは複数を、生息限界値から外せば、木材腐朽菌(ふきゅうきん)、黴(かび)を環境的な作用によって防除することができます。
ここでは、木材の含水率を低く保つことで、環境的に防除できるか、ということになりま...続きを読む

Q床下をコンクリートすれば湿気はあがらなくなりますか

主屋に建て増しした勉強部屋ですが下から湿気があがり畳にカビが出たり根田がギーギー言います
床下換気扇とか言いますが、いっそコンクリートしてしまえば湿気は上がらなくなりますか?
8畳押入れ付き平屋安物木造です

Aベストアンサー

床を剥がして、土の部分を均して、土に直接防湿シートを敷いて土間コンを50mm流してシートを押さえて下さい。これで湿気は止まるでしょう。
土間コンを押さえた後は二日ぐらい乾かして(出来れば一週間くらいコンクリから湿気を抜いて下さい)
床下換気口さえあれば、換気扇などはあえて必要ありません。

床板をはがした際は、大引、根太、土台などの腐朽の状態を専門家に見てもらい、必要なら交換して下さい。放っておくと床が腐り、抜けます。

Q新築中の基礎に、コア抜きってどうなんでしょうか?

はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題ない。」と言われましたが、やはり新築で基礎に穴を開けるというのは納得できない思いがあります。主人は「初めからスリーブを入れておけば、穴を開ける必要もなかったのに!」と怒っていました。

そもそも、基礎に10センチものコア抜き(しかも鉄筋が縦横6本ほど切断されている状態)をされて、強度には問題が出ないものなのでしょうか?また、何かそれを補強できるような技術ってあるものでしょうか?

このような工事をされたことで、工務店に対し主人は非常に疑心暗鬼になっており、訴訟を起こそうかとまで言っている状態です。こういう工事についても、訴訟を起こせるものなのでしょうか。

私としてはちゃんとした家に安心して住みたいだけなので、訴訟云々よりも、強度がしっかりしていれば問題ないのですが…。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、どなたかこういったことにお詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題な...続きを読む

Aベストアンサー

住宅の基礎(布基礎)で100φの穴は 嫌ですね、

しかし 100φで 縦横 6本の鉄筋にヒットとは・・・・あたり良すぎでしょ?

通常立ち上がりの基礎部分の配筋ピッチは150~250ダブル筋だったとしても・・・


いずれにしましても 精々 400~500程度の基礎部分に100mmもの欠損部分を作るのですから

嫌ですよね?

通常は スリーブを入れておき なおかつ構造上問題が有れば補強筋を入れます。

何らかの補強をお願いするのが良いのでは?

たとえば コア貫通をされた部分を 内側に基礎を増し打ちしてもらうとか、

土間と布基礎 両方に刺し筋と云う 後施工の鉄筋を配筋し貫通部分の立ち上がり面と平行に

1m程度 厚みを現在の布基礎のお倍程度になる様に。

まぁ 実際の施工はどうなるかわかりませんが、

高い買い物ですから 此処は譲れないと補強を申し出るべきかと。

http://astamuse.com/ja/published/JP/No/2007023711

写真は ウエブレンと云う 補強筋です。

Q農協【JA】の床下消毒25坪30万円って・・・

私の実家の母親が農協【JA】の床下無料診断というのを
してもらった所、白カビや、ゴキブリの卵、カマドウマが
繁殖していると言われ、床下を消毒して防腐剤を
散布した方がよいと言われ、届かないところは
基礎割りをして基礎を壊して撒くと言われ
25坪で30万円と言われたようなのですが
親は契約してしまったらしいのです。
同居の姉夫婦の了解も得ずに・・・。
私も姉も心配しています。今、テレビでそういう詐欺が
流行っているみたいだし、
でもJAだから まさかそんなことはないだろう、とかも
思うのですが、25坪で30万円の防腐剤散布【基礎割り付】は
正当な値段なのでしょうか?
私は法外に高いと思うのですが・・・・
24日に工事だと言うので23日のお昼ごろまでに
お答えを頂きたいのですが・・・。困っています

Aベストアンサー

生協は名前を貸しているだけで実際作業を行うのは近場の業者(下請け)です。
シロアリ駆除等にはうさんくさいイメージが付いている為「生協ブランド」を全面に出す事で信用を得ようと考えていると思われます。(推測ですが)
推測が当たっていればマージン取り放題ですよね、上手い商売だと思います。

ゴキブリやカマドウマでしたら御自分でも対策は立てられますし建築的な問題も発生しません、神経質になる必要は無いと思われます。
カビのみ土台等木材の腐朽を早める可能性が残りますが、猛烈に発生(例えば木が見えない状態)でなければ拭き取り、その上に市販の防カビ剤を塗布しておけば十分でしょう。
あとは、まめに一年に1回は覗いてみる。

>基礎を壊して撒くと言われ

イメージ出来ませんねえ。
やみくもに壊すわけには当然行きません。
厳密に言えば建築士の判断を仰ぐべきです。
私は建築士ですが、常識的に考えれば「届かない所は床をはずして」対処する、となりましょう。
実際見ておりませんので断定は出来ませんが。

まず「床下無料診断」をして完全にOKは有り得ないでしょう。
少し落ち着いて考えられればお解かりですよね、ビジネス、しかも資格の不要な根拠の極めて薄いビジネスです。
新築、ベタ基礎、築半年でもない限り何かしら難くせつけるのが当たり前に思われます。

取り合えず止めましょう。
不安であればカビに関しては他に2社程度見積りを依頼され比較して下さい。

契約はしてないんですよね、大丈夫です。
違約金等訳の解らぬ事を言ってきたら消費者センターに電話してみて下さい。http://www.kokusen.go.jp/map/

憶測が多いです、間違っていたら御免なさい。

生協は名前を貸しているだけで実際作業を行うのは近場の業者(下請け)です。
シロアリ駆除等にはうさんくさいイメージが付いている為「生協ブランド」を全面に出す事で信用を得ようと考えていると思われます。(推測ですが)
推測が当たっていればマージン取り放題ですよね、上手い商売だと思います。

ゴキブリやカマドウマでしたら御自分でも対策は立てられますし建築的な問題も発生しません、神経質になる必要は無いと思われます。
カビのみ土台等木材の腐朽を早める可能性が残りますが、猛烈に発生(例...続きを読む


人気Q&Aランキング