主人(25歳)のことなんですが・・・
仕事中に機械の条件の設定をきちんとしていたのに、
いつの間にか設定値が変わってしまっていたらしんです。
その設定を変えるには時間にして5分ほどかかり、
勝手に変わることは絶対にないそうです。
その間、機械のそばで仕事をしていたのは主人だけで
他の人は機械に近づいていないということです。
主人は自分が機械の設定を変えた記憶が全くないため、
相当ショックを受けています。
5分間ほどの記憶が飛んでしまう事ってあるのでしょうか?
主人は記憶障害だったらどうしようと心配しているようです。
ちなみに頭を打ったりはしていません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

機械が本当に勝手に誤動作した可能性は?


1)機械の周辺に強い電磁波や違法無線など
2)仕事場の電力供給が不安定で電圧が不安定
3)機械そのものの欠陥(製造メーカー責任)
などなど。
最近の機械、家電、おもちゃ、何でも、マイコンが使われていますから。
    • good
    • 0

 


  専門の者でも何でもありませんので、自信はありません。
  説明では、まだ状況がよく分からないのですが、5分程度の記憶が消えるということは、あっても珍しくないことです。普通は、重要なことでないので、5分とか10分とかの記憶が消えても、気にしていないだけです。(貴方ご自身でも、朝起きてから色々なことをして、夕方になって、その日いちにちを振り返って、5分刻みですべての記憶、何をしたかを思い出せるかと考えると、全部は無理なはずです。何か印象に残っているものが想起できるはずです)。
 
  この場合、機械の設定という仕事の上で重要なことだったので、非常に気になるのだと思います。ただ、仕事の上で重要なことでも、別のもっと個人的に、その時に重要と思えることなどが、その操作中、またはその直後に、意識に昇っていると、その時点での重要度・印象度の強さから、機械の設定作業をした記憶が、別の意識に昇った事柄によって塗りつぶされるというか、印象が弱くなり、想起できなくなることがあります。また、設定の記憶印象を弱めた、その時、意識の関心を占めていた事柄そのものも、いまは仕事中だと思うと、これも塗りつぶされるということがあって、結局、関係したことの記憶が想起できなくなるということは、ありえますし、これは、問題ではありません。
 
  ただ、もし、こういう風に、重要と思える作業や手順や行動の記憶の想起不能が、しばしば、かなり頻繁に起こるようなら、心因性か、別の理由か、または器質的な、何かの問題である可能性があるので、一度、医者に相談されることです。
 
  素人なので、間違っているかも知れませんが、心因性の想起不能というのは、意識では自覚していないが、何か、ある種の事柄は、忘れたいという必要が、無意識レヴェルで存在する場合で、これは、臨床心理のカウンセラーなどに相談されることです。
 
  二番目のその他の理由というのは、最近TVなどでよく紹介されていますが、睡眠中の無呼吸により、睡眠が十分にとれていないので、仕事中に知らない内に眠っていたというような場合です。眠っていて自覚がないことがあるのかと言うと、ふっと睡眠レヴェルに意識が落ち込んで、ふっと覚醒するということがありえますから、本人が気づかない場合があります。ただ、この場合だと、他の時間でも、眠くて仕方ないなどの症状になります。
 
  器質的な理由というのは、脳の何らかの機能障害です。突然、意識がなくなり、突然また快復し、その間、意識がなかったという自覚もないというのは、作家の故色川武大がその症状を持っていた脳の機能障害ですが、これは、非常に珍しいです。他に、脳の腫瘍などが原因で記憶障害が出てくることがあります。
 
  脳腫瘍などと言うことを述べましたが、これは、あくまで、重要な記憶しているはずのことが想起できないという事態が、反復して起こる場合で、数ヶ月に一回とか、半年に一回などなら、あまり関係がありません。また、かなり頻繁に起こる場合でも、心因性の場合や、色々なケースがありますから、現在、一回だけなら、あまり心配なさることはないと思います。(器質的な場合が、一番深刻ですが、この場合は、必ず反復します。反復して、こういうことが起こる場合、心因性かも知れませんし、ともかく医者に行かれることです。……あまり、気になさることはありませんと言っていて、実は、器質障碍の前駆症状の可能性もありますから、後、一度か二度、そういうことが、近い将来起こるようなら、念のため、専門家に相談されることが無難です)。
   
    • good
    • 0

専門家でなくまた、TV(NHK)で見たときの記憶なのであいまいですが、、、



人間の記憶方法は、過去15分程度を一時的に記憶しその後脳が勝手に必要だと判断したものだけを記憶する仕組みだそうです。

また、人間の記憶は、あいまいで不確かなものです。(メモをとる事が大事)
記憶違いは良くあることです。大事な設定事項でもありえることですし、慣れが生まれれば記憶違いは多くなってきます。
設定の変更をチェックシートのようなものでチェックしていけば間違いは減るでしょう(結構面倒だけど記憶でやると失敗の元になりやすい(私は良くやる))

やろうと思ったことと違うことをやると「いま、私何しょうとしたっけ」てありませんか?(私は良くあります)

それと同じようなことがあったのではと思います。
気にする必要はないと思いますよ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父が今日の朝からの記憶がないそうです。母が今病院に連れていきました。力を貸してください。

父は50代後半です。
さっき父の友人から電話があり、友人の家にいた父の様子がおかしいそうです。朝からの記憶がないそうです。
父は今朝会社に行き、そのままその帰りに友人の家にいったようです。
母は健康保険証とお金をおろして、友人の家に父を迎えにいきました。
そのまま脳の関係の病院に連れていくそうです。
わたしは家に残っています。
私は父と昨日けんかして口をきかなかったので、父がこうなったのは私のせいだという思いがあります。
もしこのまま父に何かあれば、一生後悔して生きていくことになると思います。涙がとまりません。
何かあれば母が電話してくるそうですが、不安でたまらなく、ここで質問することにしました。
父はどんな病気であることが考えられますか?
命に別状はあるのでしょうか。
また病院では検査をすることになると思うのですが、時間が時間ですしそのまま入院になるのでしょうか。
どなたかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここは病気等を断定する場所ではないので、何とも言えませんが
50代後半ということは認知症の可能性などもあります。
どちらにしても病院にいかれているとのことですから、結果を待つしかないのでは??

Q主人が糖尿病

病気がわかってから摂取カロリー1600を半年間つづけ
一日3回のインスリン注射の量が10・10・8から5・5・4とほぼ半分になりました。
ヘモグロビンA1Cは二週間前の検査では5.3でした。
数値だけみればよくなってるのかなと思いますが
食事のたびに注射する姿は痛々しくなんとか薬を飲むだけにならないのかとおもいます。

そこで教えていただきたいのはどのような状態になれば
飲み薬だけになるのでしょうか?
また血糖値がある程度安定した状態であれば
注射であるとか薬であるとか
こだわる必要はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
既に知っているかもしれませんがインスリンには何種類かあります。
I型糖尿病であれば持続型のインスリン、II型であれば医師の指示によって1~4回/日。
血糖の状態によってはさらに内服によるコントロールも必要になります。
また、境界型糖尿病であれば生活習慣を改善することで内服が要らなくなる場合もあります。

糖尿病発覚からインスリンが段階を追って減量されている状態であれば、今後内服のみに変更となる見通しはあると思われます。
しかし現状でインスリンが適量で血糖が良好に保たれている状態なら、現状維持をされたほうが良いのではないかと思います。
血糖が高い状態が持続している状況下だと(すぐに出現するわけではありませんが)年齢を重ねていくにつれて徐々に網膜症や神経障害、腎症などの合併症が出てくる可能性があります。
それらが出ることを承知されておりどうしても内服への変更を希望される、というのであれば医師と相談してみれば内服治療への切り替えも可能かもしれません。
ご主人様の年齢にもよると思いますが、まだ働き盛りの年齢であるのであれば現在の治療を継続していった方が良いのでは?と思います。
#1さんが色々なサイトを載せてくれているので、それらも併せてご主人様と相談されてみてはいかがでしょうか。

また、
>血糖値がある程度安定した状態であれば
>注射であるとか薬であるとか
>こだわる必要はないのでしょうか
とありますが・・
糖尿病の方の治療で大事なことは食事療法、運動療法、薬物療法です。
インスリン注射も内服治療(血糖降下剤)も、大まかにひっくるめると「薬物療法」です。
血糖値が安定しているのであればあまりこだわらなくても良いのではないかと思います。
薬物療法をしていくうえでは血糖が下がりすぎる状態になる可能性もあるので、くれぐれも低血糖には注意してくださいね。

こんにちは。
既に知っているかもしれませんがインスリンには何種類かあります。
I型糖尿病であれば持続型のインスリン、II型であれば医師の指示によって1~4回/日。
血糖の状態によってはさらに内服によるコントロールも必要になります。
また、境界型糖尿病であれば生活習慣を改善することで内服が要らなくなる場合もあります。

糖尿病発覚からインスリンが段階を追って減量されている状態であれば、今後内服のみに変更となる見通しはあると思われます。
しかし現状でインスリンが適量で血糖が良好に保...続きを読む

Q主人の母。

主人の母。
10年前から糖尿病を患っているのですが、先日肺炎をおこして肺に水が溜まり
二週間の入院となりました。今は水を抜いてもらって落ち着いていますが、
呼吸ができないくらい苦しくなって病院に駆け込んだようです。

一週間ほど熱が続き、かかり付けの病院でみてもらったら“風邪”と言われた
みたいで、そのまま我慢していたら肺炎になっていました。
糖尿病を患っていると、感染症などから色々な病気になりやすいと聞きました。
糖尿病をみてもらっている病院で受診したのに、肺炎の可能性を疑うことは
できなかったのかと、少し疑問に思います。
それとも、患者本人がもっと強く症状を訴えて検査をお願いしなかったのが
いけなかったのでしょうか。

実は主人の母の病状(糖尿病)が、今どんな感じなのか把握できていません。
主人にも私にも何も教えてくれないのです。(聞いてもはぐらかされるので。)
話してくれない理由はわかりません。単に心配をかけたくないのか、知られたく
ない理由が他にあるのか…。
でも、主人は一人っ子なので、両親になにかあったら助けてあげられるのは私達
だけなのです。
今後のことも心配なので、母の病状を知りたいと思うのですが、本人抜きで主治医
に話を聞く事は不可能なのでしょうか?

質問が多数になって申し訳ありません。
ご回答くださる方は、宜しくお願いします。

主人の母。
10年前から糖尿病を患っているのですが、先日肺炎をおこして肺に水が溜まり
二週間の入院となりました。今は水を抜いてもらって落ち着いていますが、
呼吸ができないくらい苦しくなって病院に駆け込んだようです。

一週間ほど熱が続き、かかり付けの病院でみてもらったら“風邪”と言われた
みたいで、そのまま我慢していたら肺炎になっていました。
糖尿病を患っていると、感染症などから色々な病気になりやすいと聞きました。
糖尿病をみてもらっている病院で受診したのに、肺炎の可能性を疑うことは
...続きを読む

Aベストアンサー

一般論ですが、ただの風邪症状から数日で肺炎になった、
ということはあり得ます。
受診した時点で、お母様はどのような症状だったのでしょうか。
ひどい咳症状がなく、聴診で肺の音がきれいだったなら、
一般的には肺炎を疑わないと思います。
その時点ですでに咳が大変ひどく、
しかも聴診で肺に異音があったのだとしたら、
レントゲンを撮って確認すべきだったと思いますが。

本人抜きで主治医に話を聞くのは、本人の了解なしでは無理だと思います。
お母様が認知症などで正しく判断する能力がない場合は別ですが、
ご本人様の承諾なく個人情報を漏らすことは、たとえ家族でも、
2005年に施行された個人情報保護法に違反することになります。

Q主人が糖尿病といわれました

ご主人が糖尿病という奥様、どんな風に対処されていますか?

うちの主人は境界型という感じで、糖尿病に足を踏み入れました。

まだ、養生次第では、改善もされるレベルだと思います。
しかし、それだからこそ、本人は糖尿だという事を認めたがりません。
親戚や親も糖尿になっていて、それぞれの生き様を観てきているのに、
軽いうちに治そうと
思わないのか、中々食事療法に積極的になってくれません。

ご主人にどう接しておられますか?
生活など、変えられましたか?

主人は単身赴任で、一人で食事療法にも取り組まねばならないので、厳しいのですが。

私は、糖尿病の教室には、母の時にも参加して一応の知識は持っているつもりです。

Aベストアンサー

義弟がそうです。
まだ独身の時に診断されて、当時は知識もなく認めたく無い様子でした。
その後結婚し子供もいるというのに自覚するまで4年くらいかかっています。
その間に食事指導や指導入院などを受け、いよいよ目の手術となってからでしょうか、
タバコも止めて少しは気を付けるようになったようです。
今でも気がゆるむ事があり、家族や奥さんから口酸っぱく言われています。
糖尿病食は男の人にとって本当に味け無いもののようですが、単身赴任で奥様が一緒に
行けないなら、取り扱っている業者に依頼するしかないのではないでしょうか。

糖尿になると、今までやっていたことがだるくてやる気がなくなるといいます。そして風邪にもかかりやすくなります。なるべく早く自覚してもらわないと、本人も家族も辛いです。義弟の会社は病気について理解してくれているので、平日病院へ行くことなどを認めてくれていますが、理解を示してもらえない会社もあります。ですから進行させないように早めに自覚するように促してあげて下さい。

参考URL:http://wellness.nichirei.co.jp/Goods/GoodsCategory/CATE000005.html

義弟がそうです。
まだ独身の時に診断されて、当時は知識もなく認めたく無い様子でした。
その後結婚し子供もいるというのに自覚するまで4年くらいかかっています。
その間に食事指導や指導入院などを受け、いよいよ目の手術となってからでしょうか、
タバコも止めて少しは気を付けるようになったようです。
今でも気がゆるむ事があり、家族や奥さんから口酸っぱく言われています。
糖尿病食は男の人にとって本当に味け無いもののようですが、単身赴任で奥様が一緒に
行けないなら、取り扱っている業者に...続きを読む

Q糖尿病  母親が糖尿病で 月2回ほど病院にかよっています。

糖尿病  母親が糖尿病で 月2回ほど病院にかよっています。
75歳と高齢で、糖尿病の検査日(血糖値など測る通院日)には朝 食事を取らずに病院に行き、帰りが
お昼ごろになるのですが、先日、空腹で帰ってきたら、具合が悪そうだったのですが、本人に聞くと
「お腹が減ったから・・」と ちょっと言っていました。

糖尿病で血糖値を測る日には、なんとしても、朝は食事は取らないで 病院にいかなければならない ものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 朝食を摂った上で採血していいかどうかは、
かかりつけの医師に確認してみてください。

現在糖尿病ということで、採血をされているのであれば、
おそらく血液の検査項目に

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

と言う項目があるかと思います。
これは、「誤魔化しの利かない」、「過去3ヶ月程度遡った」、
血糖値の成績表とでも言うべき、数値の出る検査項目です。

検査の前の晩と当日の朝だけ、「イイ子」にして血糖値を誤魔化しても、
この数値を見れば、どういう生活をしていたかと言うのが、
おおよそ想像がつく検査項目です。

食事療法や血糖値のコントロールがうまく出来ていない方は
「血糖値低かったのよ♪」と、
喜んで見せられる検査結果の紙の項目に並んでいる、
HbA1c数値の横には、
「H」マークや、なんらかの異常を示す印がついてる方ばかりです。

現在の糖尿病の判定は、この数値と、
糖を摂取して、自身分の膵臓から出る、
インスリンの分泌具合と、効き具合を調べる、
糖負荷試験によって判定する場合がほとんどですので、
血糖値を気にするより、HbA1cの数値を下げれるような生活をするようにしましょう。

話がそれましたが、医師に確認した上で、
「絶食で採血を受けてください」と言うことであれば、
採血後、速やかに食事を摂取してください。

 もし食事を取るまでに気分が悪くなったり、
寒気や動悸等の低血糖症状がでたらブドウ糖をお使いください。

 服用されているお薬がわからないので、市販の飴や角砂糖ジュースなどはオススメしません。
飲まれているお薬によっては、糖変換(果糖→ブドウ糖)を阻害するお薬がある場合があります。
この場合果糖で作られた飴だと、低血糖状態を解消するため、
速やかに血統値をあげる効果が期待できません。

もし飴を持たれるのであれば、ブドウ糖で作られた専用のブドウ糖飴をお持ちください。

 朝食を摂った上で採血していいかどうかは、
かかりつけの医師に確認してみてください。

現在糖尿病ということで、採血をされているのであれば、
おそらく血液の検査項目に

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

と言う項目があるかと思います。
これは、「誤魔化しの利かない」、「過去3ヶ月程度遡った」、
血糖値の成績表とでも言うべき、数値の出る検査項目です。

検査の前の晩と当日の朝だけ、「イイ子」にして血糖値を誤魔化しても、
この数値を見れば、どういう生活をしていたかと言うのが、
おおよそ想像...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報