【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

こんにちわ!
私はいまアメリカにいます。

私はいつも日本の占いサイト(Yahoo!など)
で今日の占いなどをみています。

が、いつも困っているのが時差です。
日本で3日だと、アメリカでは2日なのです。(微妙にちがいますが)。

ちゃんと占いをみるためには、アメリカでの2日分を
日本での占いの3日をみたほうがいいのか
そのまま同じ日付の2日をみたほうがいいのか
どちらがいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

占い否定派から「占い中毒だ」とか心無い書き込みがありそうな質問ですが・・・折角だからマジメに回答します。



一番確実なのは、yahoo.comのトップからHoroscopesとたどると、アメリカ版Yahooの星占いが(当然英語ですが)読めます。郷に入っては郷に従え、と言うではありませんか。アメリカではアメリカの占いをご覧なさい。

西洋占星術は、星(惑星)同士の角度や、黄道12宮のどこに何の星が入っているか、によって運勢を割り出します。で、各国の占い師はグリニッジ標準時間からどの位の時差があるかを考えて、その国用の占いを書いているのですから(マジメな占い師ならね)どうしても日本の占いを見たければ(アテにしたければ)アメリカの2日分の占いは日本の3日の項を読んだ方が良いでしょうね。

ところで、マツイ選手は今日も活躍してましたか??

P.S.真珠湾攻撃はハワイでは日曜日で仏滅、日本では月曜日の大安だったそうですよ。日本軍にとっては大安でもアメリカにとっては確かに仏滅でしたね。

参考URL:http://astrology.yahoo.com/astrology/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカ版の星占いありますよね。
でも日本語の方がわかりやすいんですよね~(汗

アメリカの2日分は日本の3日分としてよむことにします。

松井選手は(10/1/05米国時間)今日もうちましたよ~~!!さすが松井です!アメリカで活躍してるのみるととてもうれしくなります。

回答ありがとうございます!

お礼日時:2005/10/02 11:35

多くの占いは、その人の生まれた時(年・月・日・時刻)を基準にしています。

占い以外では、バイオリズムなどもそうですね。

その考え方でいくと、質問者さんが日本で生まれた方なら日本時間で見た方が良いし、アメリカで生まれた方なら米国時間で見た方が当っていると言えるでしょう。

現在いらっしゃるのが東部なのか中西部なのかわかりませんが、時差の関係で、たとえば朝の7時で運命が変わると言うようなとらえ方になってしまうでしょうね。これにサマータイムが入ってくるから、え~と、え~と…? あーややこしぃ! (^ ^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当ややこやしいですよね!
今度時間が変更するんですけど、
これだと本当にアメリカと日本ちがいますから
アメリカから日本の占いに適応するのは
大変だとおもいました。

日付けはきにしないで
時差はありますが
日本時間の1日の時間でしたら、アメリカ時間の
30日でみるようにします。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/10/02 11:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"卒業"と"修了"の違いは?

タイトルそのままなのですが、
"卒業"と"修了"違いはなんなのでしょうか?

広辞苑によると、下記のようになっていました。
 "卒業":1つの業を終える事。学校の全課程を履修しおえる事。
 "修了":一定の課業を修めおえる事。

一般の学校以外ですと、"修了"が使用されることが多いような気もします。

卒業の方が修了よりもいっぱいの授業数を受ける事は分かるのですが、
厳密にはどのようになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を

 大学は、所定の単位(普通130単位程度)を取得すれば、学士(現在は、学位になっています)として、卒業します。すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。

 大学院は、博士課程前期(修士)と博士課程後期(博士)があります)。大学院でも、授業(人数が少なく、ゼミに近い)や理系ならその上に実験など、所定の単位(30単位程度)が、修了のために必要です。
 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格して、初めて修士号、博士号の学位がとれ、「修士」「博士」を名乗れるのです。

 修士に関しては、修了者は、修士論文の審査もほぼパスできます。指導教員か面子にかけても、とれるように指導します。
 博士については、所定の単位をとっても、博士号はスンナリ取れません。理系はともかく、文系は、ほとんど取れなかったのです。理系の教員は、ほとんど博士号を持っていますが、文系では教授でも、持っていない人は、少なくありません(若い人はともかく、40才以上の文系の博士は貴重品です)。
 その時代は、『そんなに簡単には、取らせないぞ』という風潮があったのです。ですから、大学院後期課程(博士)で、授業などの単位は取得し、修了として、院を終えるというのが一般的でした。指導教員も、敢えて、取らそうとはせず、「研究が完成したら、もってきなさい」程度でした。

 すなわち、大学院後期課程(博士)修了とは、所定の単位は取得しているので、これ以上大学院生として在籍はできません、ということになります。文系の場合は、社会も、修了者の学力や研究能力は、大学院レベルである、として待遇しました。
 理系は、博士号を持っていないと、一人前の研究者として扱ってもらえません。
 
 大学の卒業生は、必ず「学士」という学位があります。大学院生は、前期課程の2年、後期課程の3年で、所定の単位を取得しても、「修士」「博士」の学位論文が合格しない場合(合格させなかった場合)も少なくないので、「修了」と区別するのだとか。

 もしも、終了時に取れた場合は、履歴書に、2005年 大学院後期課程修了(学位取得)など、付け加えて明らかにします。最近は、「取得させるように」という文部科学省の指導があります。

もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を

 大学は、所定の単位(普通130単位程度)を取得すれば、学士(現在は、学位になっています)として、卒業します。すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。

 大学院は、博士課程前期(修士)と博士課程後期(博士)があります)。大学院でも、授業(人数が少なく、ゼミに近い)や理系ならその上に実験など、所定の単位(30単位程度)が、修了のために必要です。
 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格し...続きを読む


人気Q&Aランキング